• キャラランク(4/6)

    2017-04-06 16:04

    そろそろモチベが高まってきたのでメモ程度に。エアプのメモなのであてにしないでください。


    S
    該当なし。圧倒的なメガ進化ポケモンは現環境においてはいないと考えている。

    A+

    f:id:eLichiCa_cyclE:20170404003040p:plainf:id:eLichiCa_cyclE:20170404005428p:plainf:id:eLichiCa_cyclE:20170404002955p:plain

    リザードン:火力が魅力的。リザードン単体での評価はそこまで高くないが、自分の中で評価が高いカプ・テテフとミミッキュとの相性が他のメガに比べて良いことからこの位置に。

    ボーマンダ:火力・耐久・素早さどれも優れていて、型も豊富。メガ進化の中で一番無難な性能を持っている。

    A

    f:id:eLichiCa_cyclE:20170404002642p:plainf:id:eLichiCa_cyclE:20170404003058p:plain

    メタグロス:素早さがそこそこあり、範囲・火力もそこそこ。後手に回ると削りきれなくて負ける構築になりやすい。また、命中安定技からの追加効果の強さは歴然としているが、追加効果への依存度が高いことからリザードンとボーマンダより評価を低くした。


    ゲンガー:一番評価に悩んだが、「相手にした時の」催眠があまりにも強かったのでこの位置。自分で打つ催眠は気合玉以上に当たらず、相手に打たれる催眠は一撃必殺技を2回打たれる以上の命中率を誇っていると考えると、自分で使う時の脆さと、相手にした時の恐ろしさがわかる。

    滅びはバンギが少ないため、ループへの回答になるが、単体ではイーブイでうまく展開してくるバトンに勝てないため確実性に欠けるので少し評価は低め。

    鬼火は外したら対戦が終わりかねないのに当てても対戦がやっと成り立つだけなので論外と言っていいほど自分での評価が低い。

    催眠ゲンガーと他の型のゲンガーを別評価しようと思ったほど評価に悩んだ(2回目)


    B

    f:id:eLichiCa_cyclE:20170404010832p:plainf:id:eLichiCa_cyclE:20170404011548p:plainf:id:eLichiCa_cyclE:20170404011710p:plain

    ガルーラ:特性の弱体化による崩し性能の低下、Z技による奇襲を受けやすくなったことで、火力・耐久・素早さどれも中途半端な性能になってしまった。

    6世代での印象「多くのポケモンに負けない」

    7世代での印象「多くのポケモンに勝てない」

    サメハダー&プテラ:上から高火力で殴るのが強い環境なので、それが可能なメガ進化は強いと思いこの位置


    他のメガもたくさんいるが、すっと頭に浮かんでこないってことは評価するほど環境にいないということでご容赦。



  • 広告
  • 余韻

    2017-03-28 05:27
    前期使ってた自慢のポケモン

    バシャーモ@デンキZ  ようきAS かそく

     フレアドライブ ばかぢから かみなりパンチ つるぎのまい

    後出ししてくるドヒドイデとカプ・レヒレを倒したいということで採用。

    出した対戦全部負けたからもしかしなくても弱いかも。

    ドヒドイデ@くろいヘドロ おだやか さいせいりょく

    数値:157(252)-*-177(36)-73-209(220)-55

    ねっとう くろいきり じこさいせい どくどく

    あのショコなんとかさんから頂いた調整。ガルドの特殊ゴーストz+シャドーボールを確定で耐えるらしい。
    231ターン使って負けた私みたいにならないようにPPはしっかり増やしましょう。


    ぽよーん^ー^ー^






  • SMシーズン2使用構築 

    2017-03-21 05:14
    〈使用した並び〉



    〈コンセプト〉
    最終的にカプ・テテフを通すことを意識した。

    以下、採用順での個別解説


    カプ・テテフ@こだわりスカーフ
    性格:おくびょう
    特性:サイコメイカー
    実数値:145-*-95-182(252)-136(4)-161(252)
    技構成:サイコキネシス サイコショック ムーンフォース シャドーボール

    構築の軸。「サイコキネシス」「サイコショック」「ムーンフォース」の3Wである程度完結している。残りは、「シャドーボール」「10まんボルト」「めざめるパワーほのお」からお好みで。今回は、環境にいる個体数が多いと感じたメタグロス・ギルガルドへのダメージ量を意識して「シャドーボール」を採用した。
    ウルガモスはテテフで対処すると決めていたので、臆病ガモスに舞われると負けが決まりかねないが、幸い臆病ガモスと当たらなかったため、どうにかなった。



    カバルドン@ゴツゴツメット
    性格:わんぱく
    特性:すなおこし
    実数値:215(252)-132-187(252)-*-93(4)-67
    技構成:じしん こおりのキバ なまける あくび

    テテフが苦手とするミミッキュとメタグロスへの引き先。ミミッキュに対しては、「のろい」型であったり、後出しのタイミングで「つるぎのまい」を積まれたりと、処理が安定しないので、過信は出来ない。
    選出でカバルドンが腐らされても、「あくび」で対面操作ができるだけでも強力だった。
    「みがわり」を所持したメガボーマンダに負けることを嫌い、「こおりのキバ」を採用した。


    ミミッキュ@ゴーストz
    性格:いじっぱり
    特性:ばけのかわ
    実数値:131(4)-156(252)-100-*-125-148(252)
    技構成:じゃれつく シャドークロー かげうち つるぎのまい

    一定の対面性能があり、「つるぎのまい」+「シャドークロー〔Z〕」で強引に崩しを行える、自分で使っても相手に使われても最強のポケモン。
    スカーフ以外のテテフを上から殴れる可能性を上げるため、準速にした。



    リザードン@リザードナイトY
    性格:ひかえめ
    特性:もうか→ひでり
    実数値:173(156)-*-115(132)-211(100)-136(4)-135(116) ※メガ後
    技構成:ニトロチャージ オーバーヒート めざめるパワーこおり ソーラービーム

    H-B:ミミッキュの「シャドークロー〔Z〕」+「かげうち」確定耐え 陽気ガブリアスの「がんせきふうじ」確定耐え 陽気メガボーマンダの「すてみタックル」確定耐え
    C:耐久無振りガブリアスを「めざめるパワーこおり」で確定
    テテフを通す上での最大の問題は、相手の鋼タイプの存在である。それを解決しつつ、相手を全壊させにいけるリザードンYを採用した。「ストーンエッジ」などいろいろ切っているが、強引に居座れる口実があると、選出画面でできることが増え、難しい対戦を強引に有利に進められるので、この調整は正解だった。

    技構成について、Sが遅いのでミミッキュに対して「ニトロチャージ」から「オーバーヒート」でSを逆転させて処理するためこの2つを採用。
    残りは、ガブリアス、メガボーマンダに居座るため「めざめるパワーこおり」、カバルドンがいるためカプ・レヒレを誘うと思い「ソーラービーム」を
    採用した。



    ゲンガー@ゲンガナイト
    性格:おくびょう
    特性:のろわれボディ→かげふみ
    実数値:159(188)-*-100-190-124(68)-200(252) ※メガ後
    技構成:シャドーボール ヘドロばくだん まもる ほろびのうた

    レート終盤の環境下で、確率ゲーを仕掛けてくるバトン構築に負けるのを嫌い、「ほろびのうた」を採用したゲンガーを採用。
    ほとんど選出しなかったが、狙った構築には勝利を収めることができた。



    テッカグヤ@バンジのみ
    性格:ようき
    特性:ビーストブースト
    実数値:184(92)-138(132)-124(4)-*-125(28)-124(252)
    技構成:ヘビーボンバー いわなだれ ニトロチャージ やどりぎのタネ

    相手のスカーテテテフの一貫を切るために採用。最初はメタグロスを採用しようと考えていたが、3メガになるのを嫌い、適当に採用。


    ヒードラン+ポリゴン2の並びは確実に無理。それ以外なら選出、立ち回りで5分以上の対戦をすることが可能。
    基本選出は特にないが、カプ・テテフを通すことを意識して選出を組んでいた。

    主に最終日に使用  最高/最終 2206 13位 TN:Tapestry


    久し振りの2200、素直に嬉しいです。マッチングしてくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。


    〜Special Thanks〜
    リザードンを代わりに育成してくれたそそぎさん
    一緒に戦ってくれた通話窓のみんな


    改めてS2お疲れ様でした。