クロト提督と17夏イベ Extra Operation ~当鎮守府の設定と はるかぜとともに 編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

クロト提督と17夏イベ Extra Operation ~当鎮守府の設定と はるかぜとともに 編~

2017-09-14 02:54


    ※この記事は割と設定メインです。

    ※クロト提督

    ⇒ 元人間の転生者なメダロット系提督。
      パーツ構成が『メダロット5』のKBT型、
      KBT-0C クロトジル一式なので『クロト提督』。

      かつてのマスター(所持者)も提督であり、
      メダロットでありながら、クロト提督自身にも艦娘提督としての素質があったため、
      当時からマスターと同じ大湊警備府に着任し、副提督として補佐をしていた。

      深海棲艦の大規模な本土強襲(時期的には14夏)の際にマスターが
      死亡し現在は、実質的な所持者のない野良メダロット状態となっている。
     (現在の書類上の所持者は当鎮守府の秘書艦である五十鈴)


     その後は暫く、日本各地を一人(一体?)で旅していたが、
     初期艦である漣からの打診を受け、嘗て着任していた大湊警備府に舞い戻る。
     そして、同警備府で試験運用され始めた『艦娘運用特化型護衛艦の試作艦、
     『やまと型護衛艦1番艦 やまと』を任され、同艦の艦長 兼 提督となる。
     ※ちなみに今回の17夏イベの『欧州救援作戦』も、当鎮守府では
      この『やまと』で地中海並びにドーバー海峡まで殴り込みをかけたという設定。

     また、クロト提督のメダロットにおける頭脳であるメダルは、
     『当艦隊の最後の切り札』ともなっているメダフォースが使える天然のレアメダル。
     この世界においてレアメダルは世界中でも
     10枚程度しか発見されておらず、研究資料としても超貴重な存在。

    この世界のメダフォースの威力は『ちょとsYレならんしょ…?^^;』
     な感じで、厳重にリミッターをかけて安易に発動しないようにしている。
     それこそぽこじゃが気楽に使ってると惑星一つ軽く吹っ飛ぶレベル。

     ちなみにクロト提督のリミッターを全解除して放つ
     『いっせいしゃげき』の威力は素の状態でも核兵器
    相当な上、
     艦娘提督と言う立場もあり、下手すると、女性メダロッターと
     メダロットとの間に起きるある種の共鳴現象である『オーガ化現象』すら
     引き起こしかねないため、どんな威力が出るか全く持って未知数。)

     ちなみにレアメダル装備のメダロットによるメダフォースは、
     艦娘が現れるまで、ほぼ唯一の深海棲艦への対抗手段でもあった。
     ※ただ周辺への被害が大きすぎるので、
      もっと別の対抗手段が必要とされた結果、艦娘の開発が進んだ。
      ちなみにこの世界の艦娘の艤装や装備にはメダロットにも使用されている
      ナノマシン技術やスラフシステムなどが大いに活用されている。



    『やまと型護衛艦』洋上を航行する『移動鎮守府』あるいは
     『艦娘空母』というコンセプトの艦娘運用特化型護衛艦で、
      設計ベースは海自のいずも型護衛艦。

     名称が『やまと』なのは、人類にとって嘗てない強敵である
     『深海棲艦』に真っ向から立ち向かうための『人類の希望』となるべき艦
     という事で、永久欠番扱いだった『やまと』の名が使われた。

     内部には工廠は勿論、艦娘用の入渠ドックなども多数備える。
     当艦所属の艦娘たちの事を考え、女性向けの設備も完備。
     また、艦娘たちを作戦海域へ速やかに輸送するためのヘリなども搭載。

     艦から直接出撃する場合は、飛行甲板の端に
     備え付けられている昇降用ワイヤーを使って昇り降りする。
     これは艦娘によって評価はマチマチで駆逐艦らには評判は余り宜しくない一方、
     川内らはかなり好んで使用している。やはりニンジャ
     (後に建造される『改やまと型』では艦内ドッグから
      直接出撃や着艦が可能な艦娘用水上カタパルトやハッチなどが設けられた。)

     外見はヘリ搭載護衛艦のソレだが、深海棲艦との交戦に入る場合は
     艦内には艦娘の艤装や主砲、対空機銃などをベースにした
     簡易自走砲が多数配備されており、これらをヘリ発艦用の
     飛行甲板上に戦況に合わせて『フレキシブルに』配備しての迎撃戦闘が可能

     このため、対 深海棲艦戦に限って言えば、それこそ『やまと』一隻で
     連合艦隊(艦娘12人分)ぐらいの火力や対空迎撃力は平気で叩き出せる。
     なお、この簡易自走砲による砲撃を行うには『艦娘の艤装』と
     リンクさせる必要があるため『艦内火器の管制用の艦娘』が必要になる。

     簡易自走砲1両につき計3名の艦娘が必要で、運転操縦を軽巡や重巡、
     あるいは一部の駆逐艦(陽炎型や白露型など年齢層高めの子)一名が担当し、
     砲手を駆逐艦や海防艦の子ら二名が担当している。
     ※基本的に艦内に残っている子でチームを組んで担当している。

     ちなみにこの自走砲だが、一部の駆逐っ子からは
     『戦艦になった気分を手軽に味わえる』と大好評だったりする。
     (実際、自走砲1両につき長門砲6機、大和砲4機、
      装備スロット的には10スロットもの装備ペイロードを備えているので、
      そんじゃそこらの戦艦クラスなら一撃で消し飛ばせるぐらいの火力はある。)

      ウチの鎮守府では、出撃してない子は基本的にこの艦内火器管制や、
     『やまと』のすぐ近くに出て、水上での当艦の護衛を担当している。

      緊急時には秘書艦の艤装と完全リンクさせる事により、より『感覚的な』操艦が可能。
      これは、イメージ的にはフルメタの『トゥアハー・デ・ダナン』の
      Tarosによるウィスパード単独での完全操艦みたいな感じと思って貰えれば。


    だいたいこんな感じの設定で、世界各地を『やまと』で
    転戦しつつ時々大湊へ帰還して物資を補給して…、という具合。



    【クロト提督の17夏イベ 
          前回までの三つの出来事!

    ・クリア報酬 <<(越えられない壁)<< グラーフ掘り

    ・ボスマスまでのボスラッシュ!!

    ・決まり手:大鳳の艦載機隊(601空)

    ※実際、決戦支援艦隊は不必要だった。無くても安定してS勝利取れた。

    ※ちなみにこの知人提督は最終的にE-6丙までクリア。
      E-7は戦力的にも残り資源的にも厳しすぎるので断念して、
      別の海域で掘りをしていた模様。

      しかし、初イベで明石、大淀、鹿島を筆頭に択捉や松輪、
      五航戦や長門、浜風、谷風、磯風、浦風、親潮etcと相当拾いまくった模様。
    ※しかしこの人、ほぼ沼ることなくE-7甲突破してて凄かった。
     つーか艦娘の練度や装備の構成が凄すぎるわ…。
     どの装備もめっちゃ改修してるし、艦娘は軒並みケッカリ済みだし。


    ※掘りに完全勝利したクロト提督.UC



    ※溶鉱炉に完全敗北したクロト提督.UC


    ※結局出ませんでした。また今度狙おう。


    【17夏イベ総評】
    ・BGMが凄い良かった。

    ・7海域もあるのにダブルゲージの海域多すぎる。
      大規模の時はダブルゲージは入れるなとは言わないが、少なめにして欲しい。

    ・流石に難易度がクソすぎる。結局E-4にギミックは無かったらしいが、
      E-4にちゃんと明確なギミックがあっても良かったんじゃないか?
      難易度を下げるのが難しいならせめて
      新任の提督にぐらい多少の救済措置があっても良かったと思う。

    ・ドロップ率は良かったと思う。ていうかコレ位の泥率で全然おk
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。