• 明日のM3に出ます!

    2015-10-24 22:18
    はい、最後の宣伝です。
    明日のM3は第一展示場K-11a"end and records"にてお待ちしています!

    新譜は艦これアレンジ。3曲入りのシングル"memories of sentient steels"です。
    300円です。ジャケットは清霜です。

    https://soundcloud.com/end-and-records/memories-of-sentient-steels-x-fade-demo

    1曲目の"small escort"が武蔵の帰投をアレンジしたものです。清霜が戦艦になりたいって言うのは武蔵を守り切れなかったからというのもあるのかな?という着想から始めました。
    2曲目"affectionate downpour"は雨音の鎮守府のアレンジ。土砂降りです。
    3曲目は"ULTRA CHINJUFU"、母港のアレンジです。ULTRAはあれです。EDMフェスで流れるような曲にしようと頑張りました。

    旧譜のさよならは遠い星にて、ShoeDjenter、relief in parallel、etude for requiemも持って行きます。

    そんな感じでよろしくお願いします!
  • 広告
  • nowhere land投稿しました、またはrelief in parallelについて

    2015-10-10 20:34
    というわけで、久々に動画投稿した気がします。



    春のM3で出したミニアルバム"relief in parallel"から1曲、ミックスに手を加えたものです。
    CDを作るごとにミックスは進歩している気がしていて、最初の"etude for requiem"と比べると音圧などが落ちついて聴きやすくなりましたが、最新作の"さよならは遠い星にて"ではより歌モノとして適したミックスになったのではないかと思います。
    今回は最新版に沿ったものです。

    "relief in parallel"はコンセプトで固めた非常に強固な1枚にしました。
    過去、現在、未来、そして並行世界というのが大きな軸です。
    どうしようもない現在、そこに至った過去、先の見えない未来。
    救いを求めるならもう並行世界しかないのではないか。しかしそれすらも夢想に過ぎず、結局は現在をなんとか生き延びていくしかない。
    それがこのミニアルバムのストーリーです。

    その中で、今回アップした"nowhere land"は現在を否定する役割を担った曲です。
    現在に位置する曲はもう1曲あり、それが"vivir"です。ある意味では対になります。

    "nowhere land"の前に入っている"myriad undertakers"は過去を否定する役割ですが、実はドラムトラックをブレイクビーツとして流用しています。過去から現在に受け継がれる部分も確かにあるわけです。
    余談ですが、"vivir"にはコード進行が受け継がれています。最後のアウトロとしてアコギの曲を入れましたが、myriad~とvivirのサビが綺麗に繋がっています。それは使っているキーもコードも全く一緒だからです。

    他の曲もざっとさらうと、"nubes"は未来否定、"逆相のフォルマテアル"は並行世界、"in a fog"は並行世界からの回帰(あるいは夢の終わり)という感じになっています。
    ありがたいことに在庫はほとんどなくなったのですが、10月25日のM3に最後の数枚を持ち込みますので、もしよかったら買ってくださいという宣伝をしたところで、解説は終わりたいと思います。

    最新作の"さよならは遠い星にて"は、強固なコンセプトの反動で、もっと気軽に聴けるCDにしたい!と思ってかなりポップになりました。こちらもとてもオススメです。


    そんな感じで諸々よろしくお願いします。動画見るのはタダなんで……!
  • 【C88】いよいよ明日!【西よ-42b】

    2015-08-15 20:59
    こんばんは、有間シンです。
    ついに明日、コミックマーケット3日目です。
    end and records、コミケ初参戦なのですよ!!

    ちなみに、夏コミに参加すること自体が6年ぶりぐらいなので、体力的にとても不安です。

    スペースは西よ-42bです。新譜は2枚あります。あと友達が無料配布するらしいです。

    1枚目はミニアルバム「さよならは遠い星にて」
    こちらはボーカルとして新時あさ美さん、moca.さん、とものさんに参加して頂いております……!
    春のM3にて先行で頒布したシングルで、夏(か秋)にボーカルものをやりますよ!ということを言いたかったのですが、順調に実現できて感無量です。
    ジャケットイラストは今回も未山りっかさんです。控えめに言って最高です。
    銀髪赤眼は私の趣味です。とても最高です。
    こちらの新譜は700円になります。デザインけっこう頑張ってますので、盤面とかチラ見してください……!
    CDの詳細はこちらの特設ページに、クロスフェードはこちらSoundCloudにあります。
    また、新時あさ美さんに歌って頂いた1曲目の"lost orbit"をフルで公開してますので、是非聴いて見てください。


    このミニアルバムのコンセプト自体は、end and records初めてのCD"etude for requiem"に入ってる"月の雨"という曲から来ています。
    あれは地球が滅ぶ前、最後に降った雨の下、といったイメージだったのですが、そこからさらに世界観を膨らませてみました。なので、今回の6曲に留まらず構想はあるのですが、そちらは早ければ来年初めになるでしょうか……。
    対になる構想の軸は、同じくetude~に収録の"慈悲"という曲が元になっています。実はジャケットの女の子は慈悲での登場人物だったり……?


    2枚目はシングル「ShoeDjenter」です。
    今回、実はタイミングが噛み合わずジャンルをボカロとして申請していたので、ボカロの新譜もないとまずいだろうということで、自分の尖ったジャンルばかり集めた先鋭的なものにしちゃおうということで、やりたい放題やったのがこのシングルになります。
    タイトルが浮かんだ時点で、シューゲイザーとDjentをやることは決まっていました。それと、せっかくなのでかなり尖っているのに好評を頂いている"漠"のリメイク版を新録しています。
    お値段は300円になります。新譜2枚合わせると1000円ちょうどという設定です……\
    歌唱は全てVocaloid 4の結月ゆかりです。
    詳細はこちらの特設ページへ、クロスフェードはこちらのSoundCloudにあります。

    Djentの曲の短い版はこちらです。収録しているフル版は7分弱あります。さすがプログレ。


    漠の元バージョンはこちら。


    1曲目の"羨望のアンタレス"ですが、前期に放送していたアニメ 放課後のプレアデスに影響を受けて書きました。みなとくんを含めた6人の輪に入れなかった世界のみなとくん視点みたいな感じです。プレアデス星団から地球を挟んでちょうど対極のあたりにあるのがアンタレスらしいです。
    シューゲイザーというよりポストロックに近いですが、シューゲイザーです。作者はそう言ってます。


    あと、前出の旧譜"etude for requiem"も持って行きます。
    今となってはミックスや演奏などが多少拙く感じますが、曲自体には非常に思い入れがあります。個人的には最近、"偽美の灯"なんてずいぶんとまぁ……って感じです。
    春M3での新譜だった"relief in parallel"はとらのあな様にて委託販売中です。今回、引き上げてないので手元には数えるほどしかありません。もし欲しい方がいらっしゃいましたら、委託か、こっそり言って貰えれば出せるかも知れません。
    旧譜は500円です。


    end and records的には以上ですが、もう1枚情報があります。
    過去2回のM3にて、制作メンバーでもないのに召喚され売り子をさせられている友達が"Magic Souvenir"というサークルを立ち上げました。
    で、うちのスペースで"Save Your Dream"という曲がフルで入ったCDを無料配布するらしいです。
    こちらの曲、僕もミックスで携わっています。今できるミックスの集大成になったと思います。よろしければ持って行ってください。


    というわけで、暑い中僕も生き残れるかとても不安ですが、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!