• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2016/08/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ【DMMラウンジ通信】~大阪「シン・ゴジラ」オフ会!?~
    • 2016/08/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「大阪芸術大学におもしろい学生がいる」

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 3分動画「英国EU離脱も若さの特権@ひと夏で変わる国家論講義 」

    2016-08-24 06:0011時間前
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫のニコ生では言えない話
     岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2016/08/24
    ───────────────────────────────────
    おはよう! 岡田斗司夫です。
    今日は、6月26日(日)ニコ生 岡田斗司夫ゼミ のハイライト動画をお送りします。
    岡田斗司夫の最新生放送はこちらです⇒http://ch.nicovideo.jp/ex
    ───────────────────────────────────
    3分動画「英国EU離脱も若さの特権@ひと夏で変わる国家論講義 」
     動画はこちらから→https://www.youtube.com/embed/S-SC6rVYctk
     (※3分動画は、3分では無い場合があります)

     文章はこちらに掲載しています↓
    ───────────────────────────────────


     フェイスブックでも紹介したんですけども、『アメリカを変えた夏 1927年』という本が、すごく面白いんです。
     今回は新しい試みなのですが、この本を説明することに1時間30分を使おうと思います。

     この本は分厚い本なので、どうやっても1時間30分に収まらないんですけどね。
     この本の3分の1くらいで、1時間30分位になるんじゃないかなと思います

     営業妨害じゃないですよ。

     僕の解説は“21世紀の浜村淳”とも言われてるんですから。
     自分で呼んでいるんですけどね(笑)

     聞けば、本が読みたくなる、映画が見たくなる解説を目指していますから、大丈夫だと思います。

     ネタバレは しますけど、ご安心ください。
     この本は、ノンフィクションですから。

     皆がほとんど知っていて、ウィキにも書いてあることなんですよ。
     けども、書き方がすごく面白いし、上手いんですよね。

     それに頑張っても、前半3分の1位しか説明が出来ませんしね。


     せっかくなので、イギリスがEUを抜けるニュースに引っ掛けて話します。
     これは、“終わりの始まり”と言われてますね。

     EUとは、ヨーロッパが作った国連みたいな物です。
     よく言う“世界大戦”の“世界”とは、“ヨーロッパ”の事なんです。
     彼らの勝手な言い方なんですよね。

     “世界が”、つまり、ヨーロッパの国々が平和に暮らすには、どうすれば良いのか?
     それには、世界統一しかない。

     国際連合は他の国が遅れているから、バラバラの国が集まるだけのところに過ぎない。
     なので「私達は世界に先んじて国際連邦を作ってしまおう」というのがEUの実験なんです。
     さすが自分達の内輪もめを“世界大戦”と言う国々ですね。
     
     なのでEUの圏内では、“人”や“もの”の行き来が自由で、通貨も統一しちゃった。

     実は、あれは人類の統一帝国“地球”という、1つの国を作るための大規模な実験だったといえるんですよ。
     それは地中海統一の頃から、ギリシャ・ローマ時代から、ヨーロッパの巨大の夢というやつですね。

     僕ら日本人は、いずれ国連が音頭を取って、“地球”という1つの政府になると思っていた。
     ヨーロッパの人達は、EUが統一政府のモデルケースだったんですね。
     そして、それが失敗してしまったということなのでしょう。

     実は“EU”とは、第一次大戦・第二次大戦などのヨーロッパ戦争を、2度と起こさない為に出来たシステムなんですね。

     では、そのヨーロッパ戦争、特に第一次世界大戦は、なぜ彼らにEUを作らせるほどのショック与えたのか?
     その話から始めようと思います。

     ずっと追いかけていたニュースで、言っていました。
     イギリスのEU抜けに関して、イギリスの若者が怒っているそうです。
     「老人がイギリスの未来を台無しにした!」「選挙やり直せ!」って。

     まあ、同じ事を言う日本人も多いのですけどね。
     こういう単純な悪者探しは、頭が悪くなるからお勧めしないです。
     けど、同じような事を言ってる人が海の向こうにもいるのは、なんだか楽しいと思います。

     こういう悪者探しは、いかんよ。
     とは言っても、「頭が悪いのは若者の特権だよな」とは思うんですよ。

     というのも、今回の話をまとめる為に、昔の自分を思い出さないといけなかったんです。
     20代の頃の自分は、どんなに頭が悪かったのかを思い知らされたんですよね。

     20代の頃の自分は、「僕は世界とは、関係が全然ない」と思っていたんでですよ。
     
     僕が浪人して大学に入った1977年は、『スターウォーズ』が公開されました。
     1978年には『さらば宇宙戦艦ヤマト』
     1979年に『起動戦士ガンダム』がオンエア。
     1979年は『銀河鉄道999』と『カリオストロの城』が公開された年です。

     今回の『アメリカを変えた夏 1927年』という本は、たった5ヶ月間でアメリカが変わってしまって、いまだに世界に影響を与えているという内容なんです。

     誰しも、そういう季節があるんじゃないかな。

     オタクにとってはそれは1988年あたり。
     もしくは、1989年。

     いわゆる宮崎勤事件が起こったり、ゲームボーイが発売されたり天安門事件があったとき。
     それがオタクにとっては、特別な年だったんじゃなかったんじゃないかな。

     1970年代に生きていた僕にとって、“世界”とは「アニメやSFを生み出す土壌」みたいなものだったんですね。
     世界に何が起ころうと、別に自分とは関係がない。
     自分が何をしようとも、世界とは関係しない。

     そう思っていました。
     たぶん、今でもそう考えている人って、多いんじゃないでしょうか。

     だから1980年代の世界って、僕にとって「SFファンのままどう生きるのか?」を模索した時代だったんですね。
     たとえば僕は、1981年にはDAICON3をやっていました。

     実は、この年にロナルド・レーガンがアメリカの大統領になったんですね。
     “アメリカ”が、ポピュリズム、いわゆる人気取り政策によって国が変わった。
     今の日本と、かなり似ている状況になったんです。

     でも僕は、「自分には、そんなの関係ない」と思っていました。

     1983年にはDAICON4を、していました。
     東京にディズニーランドが出来た年です。

     日本中が「友達や彼氏・彼女がいなきゃ、いけない」とか言い出して、“リア充・非モテ”が、わかれだした年だったと思います。

     そして1982年に、僕は大阪にSFショップを開きました。
     その頃に、1万円札、5000円札、1000円札のデザインが変わったんです。

     本当は、世界で起きている事と、自分の事は、大きく変わっていたわけですね。
     レーガンが大統領になって、東京にディズニーランドが出来なければ、おそらく中曽根政権は新しいお札を作ったりしなかったと思うんですね。

     1987年に僕は『オネアミスの翼』というアニメをつくりました。
     その間の1985年に、ゴルバチョフがソ連の大統領になりました。

     1986年のスペースシャトルは、発射直後に大爆発したんですけも、自分の仕事に関わっていましたし、今に至る歴史の流れが、その時点で出来ていたんです。
     だけど1980年代の僕は、自分がやっているSF活動に必死だった。

     DAICON3、DAICON4のOPアニメから、オネアミスの翼に繋げるだけで精一杯だったんですね。


    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『セネガルの未来』に投資を考える」

    2016-08-23 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫のニコ生では言えない話
     岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2016/08/23
    ───────────────────────────────────

    おはようございます。

    今日は2013年の『岡田斗司夫の毎日メルマガ~力尽きるまで』から、セレクトしてお届けします。

    ───────────────────────────────────

    「『セネガルの未来』に投資を考える」


     おはよう! 岡田斗司夫です。

     先日、テレビで「我が家は国際結婚家族!」という番組を見ました。

     セネガルから日本に働きに来た若者・オスマン君。
     彼は日本人の国民性やサービスの豊かさに感動します。

     「こんなのセネガルにない!」
     「これからのセネガルには日本の良いところを取り入れたい!」

     そう決意したオスマン君は、居酒屋で毎日深夜1時まで働いています。
     同僚たちもオスマン君の動き惜しみしない態度に驚いています。

     オスマン君は、この居酒屋で貯めたお金で、【セネガルに保育園を作りたい】と語ります。

     「幼いうちから日本的な考え方を子どもに教えて、セネガルの未来を変える」

     宣言するオスマン君の姿に、スタジオのタレントさんたちも圧倒され、感動していました。
     さて、僕はここに「TV局の新しいビジネスモデル」を見つけました。

     なぜ番組中に募金を募集しないんだろう?
     オスマン君が働くよりずっと効果的に、セネガルに保育園100個ぐらい作れるお金を集められるだろうに。

     いや、募金じゃ面白くない。クラウドファンディングの方がゲーム性がある。
     番組予算が削られる中、TV局はCM費以外での稼ぎを増やそうと必死です。

     かつて、ヒットしたクイズ番組はかならずボードゲーム化されました。
     いま、ヒットしたお笑いバラエティは、かならずDVD化されます。

     じゃあ、これからの「感動系バラエティ」は、かならずクラウドファンディングとワンセットになるんじゃないかな?

     番組中に資金が集まって、本人が喜びの涙、とか流せるし。

     僕 自身は「感動系バラエティ」が好きだから、できれば番組内でお金集めとかして欲しくないです。
     オスマン君には、自分で働いたお金で夢を叶えて欲しい。

     でも、アイデアってそういう個人的な好き嫌いを超えて「思いついちゃう」もんなんです。

     数年後、感動系のバラエティでは常に欄外に「現在のクラウドファンディング~○円」と表示されているかもしれませんね。

     みなさんもテレビを見ながら、新しいビジネスモデルを考えてみませんか?


    以上、『岡田斗司夫の毎日メルマガ~力尽きるまで』よりお届けしました。


    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「父親が大嫌いです」

    2016-08-22 06:001
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫のニコ生では言えない話
     岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2016/08/22
    ───────────────────────────────────

    おはようございます。

    今日は朝日新聞2010年5月15日の『悩みのるつぼ』から、セレクトしてお届けします。

    ───────────────────────────────────

    相談文「父親が大嫌いです」

     十代の女子高生です。
     以前から相談したいことがあるので投稿しました。
     
     父のことです。
     父の休日は食べる、寝る、テレビの繰り返し。
     無趣味なので他のことは何ひとつやりません。

     強いて言うなら、買い物に行って無駄金を使うくらい。
     何もしないくせに食欲は人一倍あるので困ります。

     仕事は「忙しい」と言う時期もありますが、自営業で一日中テレビがついているようなところなのでちゃんと仕事しているのか不審です。
     また、最近は「疲れた」と言っているのにも関わらず、夜遅くまでずってケータイをいじっており、五十歳にしてケータイ依存症で、酒を飲みに起きたりと意味がわかりません。

     物心ついたときからこんな父が嫌いでした。
     母には「お父さんみたいにならないように」と言われ育てられてきました。

     幼い頃、真冬の二月の公園の噴水で私が遊びたいという理由で父が遊ばせ、肺炎になり入院したことがあります。
     父と遊んだ思い出やしつけをしてもらった記憶はありません。
     父に育てられたという思いはありませんし、感謝の気持ちはこれっぽっちもありません。

     だから、父の老後の面倒は見ないと決めました。
     野垂れ死ねばいいんです。

     友達はお父さんと一緒に買い物をしたり映画を見たりしているので、とても羨ましく思います。
     父を好きに・・なろうとしても、父のいいところなんてひとつもないし、考えるほど悪いところがあがってしまいます。

     子供のことに無関心で、全てにおいて母に任せっきりで、学校のテストや成績、最近は通知表も父には見せていません。 
     イジメられてる子はいないかなどと聞いて、おもしろがったり、今はロクな先生がいないと言ったりしています。

     母は父との結婚は失敗と言っており、私は離婚してほしい限りなのですが、やはり経済的なことを考えると離婚という選択は無理です。

     父がいる休日はイライラしてしまい、死んでほしいとか殺したいという気持ちが強くなっていくばかりで、いっそのこと虐待でもされれば訴えられるのにと思うようになりました。
     楽しいはずの休日はストレスがたまって辛くて泣くようになりました。

     私はどうすれば良いのでしょうか。
     思春期という理由で片付けないでほしいです。


    ───────────────────────────────────

    岡田斗司夫の回答文

     「お父さんみたいにならないで」
     母はいつも言う。

     不思議です。
     あなたは女、父にはなれません。
     なるとすれば母親でしょう。

     「お母さんのようになっちゃダメよ」
     こう言うべきです。
     なぜ母は「私のような母親になるな」と言えないのか?
     ここがポイントです。

     「私のような母親」とはどんな母親でしょう。
     答は簡単ですね。

     自分に無関心・無頓着な夫と結婚し、離婚もできず、思いつく限りの愚痴を幼い頃から言い聞かせ、やがて娘が「父など死ねばいい」と思いこみ休日に泣いて過ごすように仕向ける母。

     それが「私のような母」です。

     本当に最悪の父なら、なぜ母は離婚しないのか?
     これも簡単、ちゃんとストレスのはけ口があるからです。

     自分の言い分を全部 信じる娘に毎日 悪口を言ってストレス発散してる。
     だから母は耐えられる。つまりあなたの犠牲の上に、母は暮らしている。

     あなたの父親像は、母の愚痴でできている。
     寒い中、娘にせがまれて公園まで連れて行く父。

     はしゃいで寒いのも忘れ夢中であなたは噴水で遊んだ。
     でも風邪を引いたあなたに母は「父が悪い」と吹き込みます。
     繰り返される呪いの言葉が楽しい思い出を消してしまったのです。

     人間は弱い。
     誰かの愚痴や文句を言わないと生きていけない。

     母の不幸は、家に閉じこめられて、視野が狭いことです。
     趣味が「父のダメ出し→娘に吐き出し」だけ。
     こんなの誰の得にもなりません。

     ではどうするか?
     あなたがこのマイナス連鎖を切りましょう。
     
     誘ってあげて、お母さんの興味を外に向けさせる。
     これができれば、情況はかなり改善されるはずです。

     お母さんと一緒に映画やショッピングや旅行をする。
     そのために、あなたがバイトをするのもアリ。
     お母さんにもパートに出ることをどんどん勧めましょう。
     
     パートをすれば、お母さんの世界も広がるし、お金も、できることも増えます。
     本当に最悪な父なら、あなたと母が一緒に働いたら独立も可能でしょう。

     難しすぎますか?
     じゃああなただけでも逃げてください。

     たった三人家族で二人が一人の悪口を言い合ってる家は地獄ですよ。
     高校生ならもう働けます。
     逃げなさい。
     さもなければ、母を助けなさい。
     

    以上、朝日新聞『悩みのるつぼ』よりお届けしました。


    ───────────────────────────────────
    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501