• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2018/02/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「悩みのるつぼ【夫の喫煙が嫌】」
    • 2018/02/27
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「シャーデンフロイデの謎 1・“ざまあみろ!”という感情」
    • 2018/02/28
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「シャーデンフロイデの謎 2・人とサルの違い」
    • 2018/03/01
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「シャーデンフロイデの謎 3・心の毒は性格とは無関係」

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『ノートルダムの鐘』の謎 ~ほんとは怖いノートルダム~」

    2018-02-25 06:008時間前
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/02/25
    ───────────────────────────────────

    おはようございます。

    今日は岡田斗司夫が出演しているメディア、行っている講演などの紹介を行います。
    興味がわいた方は、ぜひ ご覧になってください!

    ───────────────────────────────────

    【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』
     今夜 20:00~21:30 岡田斗司夫ゼミ#219 https://goo.gl/MTsXve

     今夜の岡田斗司夫ゼミは、ディスニーの長編アニメ『ノートルダムの鐘』を取り上げます。

     原作は『ノートルダム・ド・パリ(邦題:ノートルダムのせむし男)』、作者は『レ・ミゼラブル』で有名なヴィクトル・ユーゴーです。

     実はこの原作、岩波文庫から発売されてはいるのですが、タイトルの知名度に反して、あまり読まれていない作品です。

     というのも、話があっちゃこっちゃいくし、主人公がなかなか出てこないし、登場人物の誰にも共感できないし、最後のオチもわけがわからない。

     僕は がんばって読みましたが、全く楽しめませんでした。

     ただ、タイトルは有名で、せむし男というキャラクター設定はインパクトがあるので、何度も映画化されています。

     そのかわり、どの作品も原作通りには作られていません。


     その中でも特に「原作通りやっていない」のが、このディズニーの『ノートルダムの鐘』です。

     原作からは、タイトルしか持ってきてないのでは? と思うくらい、原作から遠い作品になっています。

     ちなみに、劇団四季のミュージカルは、そのディスニーの『ノートルダムの鐘』をベースにしているので、更に歪んでいます。


     原作をゆがめてると言いましたが、それは決して悪いことではなく、ゆがめざるをえないのです。

     なぜか?
     そこを中心に語る予定です。


     実は『ノートルダム・ド・パリ』のテーマは、中世錬金術へのあこがれです。

     「科学は間違っている、錬金術は正しい」というのが、作品を通して語られているので、今の私たちにはわからなくて当然とも言えます。

     でも、そういう文脈で読むと、言いたいことが初めてわかる作品でもあります。


     ルネッサンスのあと、フランスでは「理性が正しいか」という大裁判が起きます。

     フランス革命自体は、理性と合理主義のかたまりだったはずですが、理性バンザイの世界観を批判するフランス人も多かったようです。

     「イタリアごとき後進国から与えられた理性主義で、フランスの伝統を捨ててなるものか!」

     原作者のヴィクトル・ユーゴーもその一人で、理性主義を醜くて劣っているものと考えていました。

     理性主義の科学より、錬金術の方が優れている。

     『ノートルダム・ド・パリ』は、そういう主張で貫かれている作品なのです。


     ノートルダム寺院自体も、錬金術師たちへ向けた石の書物だと言われています。

     その壁に掘られた絵は、どんなこと意味しているのか。

     解説している本を見つけたので、併せて紹介しながら、錬金術をよしとする世界観、価値観にせまります。


     また、当時、錬金術師として活躍した人たちが、実はフリー・メイソンの母体になっていたりします。
     誰も知らないフリー・メイソンのルーツについても語ります。

     お楽しみに!


     月一の、岡田斗司夫がなんでも答えるQ&Aコーナーもあります。

     お便り募集中、まだ間に合います! http://ch.nicovideo.jp/ex/letter

    **********************************

     ちなみに、前回の岡田斗司夫ゼミ#218 は
     表放送 https://goo.gl/F34FWm

     00:00 本日のお品書き
     02:30 シャーデン・フロイデとは何か
     11:34 不公平実験
     17:20 猿は目の前の結果で怒る
     21:40 猿はズルいものが罰されても分からない
     29:08 オランダの心理実験
     31:56 シャーデン・フロイデの仕組み
     38:36 サンクションの話
     48:33 人を見下げる喜び
     51:14 『THE WAVE』

     裏放送 https://goo.gl/4XwJoF
     00:00 サードウェーブとミルグラム実験
     09:00 SS型仮説
     15:35 サードウェーブ実験
     23:40 ミルグラム実験
     31:40 サンクションで得するもの
     41:22 オーバーロード仮説
     50:21 4つの塩基に対応する性格基
     54:05 まとめ サイコパスのすすめ


     上記ゼミ、時間がないからテキストで読みたい!
     という方は、 【ブロマガチャンネル】メルマガ専用岡田斗司夫アーカイブ がおすすめ。

     裏放送だけででなく、テキストデータをざっと読むことも、そのテキストで気になった箇所だけワンクリックで動画も見ることもできます。

     岡田斗司夫名言動画集のシステムも使えて、検索もらくらく。

     動画もテキストデータもコンテンツ見放題「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」は、月額2,160円(税込)。
     
     ご入会はこちらから! 

    **********************************

     【書籍】

     AmazonKindle 春間近!50%OFFフェアにて
     岡田斗司夫の「大人の教養として知りたい すごすぎる日本のアニメ」も半額セールです!

     期間: 2018年3月8日(木) 23時59分(日本時間)まで

    **********************************

     【イベント出演】

     <タイトル>「オモ論議Vol.2~笑って学べる言葉のコロシアム~」@渋谷無限大ホール

     <日程>3月6日(火) 20:45 開場 21:00 開演 22:30 終了予定  

     <出演者>
     MC:あべこうじ/門脇佳奈子(showtitle)
     文化人:岡田斗司夫(社会評論家)他
     お申込み https://goo.gl/Xsmv77

    **********************************

     【YouTube無料公開】
     以下の岡田斗司夫ゼミ(表放送)が無料公開されました。

     岡田斗司夫ゼミ2月11日号(表放送)
     「本当にあった『へうげもの』」

     【YouTube動画リリース】
     以下の岡田斗司夫ゼミ完全版(表放送+ 裏放送)がリリースされました。
     視聴料各800円。

     岡田斗司夫ゼミ#217完全版(表放送+裏放送)
     「17世紀日本発祥!世界最速感性ルネッサンス~本当にあった『へうげもの』古田織部の侘数寄と乙な世界へようこそ!」2018.2.11
     
    ───────────────────────────────────
    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【4タイプ】『へうげもの』の信長(司令型)と秀吉(注目型)の関係 」

    2018-02-24 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/02/24
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ2月11日(#217)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     【4タイプ】『へうげもの』の信長(司令型)と秀吉(注目型)の関係 


     『へうげもの』の中で描かれる織田信長も、もちろんあの本能寺の変で殺されます。

     でも、内情がかなり違うように描かれています。

     「光秀は詰めが甘いから火をかけるだけだろう。そんなものでは安心できない。」と秀吉が考えるんです。

     そこで、秀吉自身が忍者の格好をして本能寺に忍び込み、信長を一刀のもとに、バッサリ切ってしまうわけです。


     これが2巻のラストシーンなんですよ。


     3巻が始まった瞬間(連載で言うと)次の話数が始まった瞬間、信長は切られた上半身と下半身を「フン!」 と手で繋いで「まあ座れ」と言って、いきなりお茶を点て出すんです(笑)。

     自分の腹から出てくる血と抹茶を混ぜて、茶を点て出す。


     俺は、息子を可愛がりすぎた。お前らはそこが不満だったんだろう。

     日本国中平定しても全部織田家の息子たちが後を継いで、自分たちが取れる所領というのはドンドン少なくなってくる。

     働き甲斐もない、そう思っているのはわかってる。


     だけど、息子が可愛いというのはもうどうしようもねえんだよな、って言いながら、ちょっと自分を皮肉に笑うんです。



     で、俺はある人間には惜しみなく与え、ある人間からは一方的に奪い取りもした。
     
     だが、本音としてはギブ・アンド・テイクでいきたかった。


     秀吉、お前とはギブ・アンド・テイクだった。

     出来れば、そういう関係をあらゆる人間と築きたかったんだけどな。


     そう言いながら、秀吉にお茶を与えるんです。

     秀吉は信長の暗殺に来たんだから、本当はここでまだ生きてる信長の頭を割って、トドメをさすべきなんです。

     だけど、思わず手に持った刀を置いて、お茶を受け取ろうとします。

     その瞬間に、信長の上半身と下半身がズルっと分かれてそのまま息絶えるんです。

     秀吉はその信長の血でできたお茶をグッと飲み干すというようなシーンがあります。


     本能寺の変がなぜ起こったのかは、いろんな人が語ってるんですけど、この『へうげもの』の世界がやっぱり1番面白いですね。


     「あらゆる人間とのギブ・アンド・テイクが1番いいんだけどもそれが出来ない場合はしょうがないから、自分の都合のいい人間には与えて、逆に都合の悪い人間から全て奪ってた」という信長は、僕の言う4タイプで司令型です。

     司令型だと考えると、この言い方もよくわかる。


     「お前だけは」と信長の最期の言葉を聞いてしまった秀吉は、生涯信長のこの最期の茶席が忘れがたくて、ずーっと後を引いてしまうはずです。

     そんな秀吉は注目型ですね。


     司令型と注目型の関係というのが、めちゃくちゃよくわかるんですよ。

     この漫画の中で描かれている信長と秀吉は、こういう関係になっています。


    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「マンガ『へうげもの』解説 徳川家に消された古田織部 」

    2018-02-23 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/02/23
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ2月11日(#217)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     マンガ『へうげもの』解説 徳川家に消された古田織部


     古田織部は徳川家に、徳川幕府に消されちゃったんですね。


     千利休は、何だかんだ言って秀吉に切腹を命じられた。

     つまり、徳川家の敵の秀吉に切腹を命じられたから、「だから、いいヤツだ」 という事になって、千家として千利休の名前は残ったの。


     どんな事を考えてたのかとか、弟子達の発言も、ちゃんと残ってるんですけども。

     ところが古田織部は大阪冬の陣で、レオナルド・ダヴィンチのスケッチを渡して豊臣の味方をしたという事で疑いを持たれて、その疑いだけで切腹させられた。


     本人だけじゃなくて、その子孫もすべて断絶されたり、もしくは切腹させられたり、首を切られたりして殺されてしまった。



     その当時、建築で自分の茶室っていうのが、何よりも大事な自分のアートの中心なんですね。

     作品そのものなんですけども。

     その家屋敷とか茶室も、焼かれたり潰されたりしてるし。


     あと自分が焼いたり集めた茶器も、すべて打ち壊されたりしてしまっているし。

     あと、その人の発言力とかの資料とかも すべて焼かれてしまって、もうほとんど残ってないんですね。


     それは何でかっていうと、漫画『へうげもの』の11巻で家康自身が言ってるんですけども、「数奇(すき)の分かる武士などいらない」と。


     「日の本には武人が多すぎる」

     「武人が多ければ、食うために戦が続くは必定」

     「徳川の世が成った暁には、削ぎ落とさねばならん」


     これが大阪 夏の陣・冬の陣 の理由だというふうに、このマンガの中では言ってます。


     つまり大阪 夏の陣・冬の陣というのは、天下分け目の関が原の後で、豊臣方が徳川と戦ったのではなくて、何よりも侍・大名の数が多すぎると。

     こんなに数が多かったら、絶対にこの後で揉めるに決まっているから、どうすればいいだろうと。

     「そうだ! 武将の数の半分ぐらい、ギリギリ自分達が勝てるぐらいで不満を持ってるようなヤツらを、ぜんぶ豊臣方に付かせて、彼らにケンカをさせよう」と。

     そうしたら、それを力押しで全部 滅ぼして、負けたほうは全部ホームレスにしちゃえば、日の本から武人がいなくなるってふうに考えたんですね。


     まぁ、武将のリストラです。


     で、「泰平創りに肝心な事はもう一つ」

     「皆 賢すぎるのよ」

     「かような物を良いと申す者がおる程に」


     という事で、みんな、こんなセンスが良い物を「良い」と言っているほど、江戸時代初期の、安土桃山時代の人たちが賢くなってしまった。

     こんな賢い者達がいれば、治まる世の中も治まらなくなるという事で、この古田織部が持つセンスそのものを邪魔なものとした。


     そうではなくて、武士でも分かる、真っ直ぐで格式ばったものっていうのを“良い物” だというふうにしたかったわけです。


     それで “武力” と “数奇” って言うんですかね。


     この “趣味の力” と “武力” 。

     この二つの価値が等しいというのは、信長が作って秀吉が茶の湯の形で広めたんです。

     だから戦国武将たちは、手柄を立てると良い茶碗がもらえたりした。

     それが城をもらったりするよりも、ずっと嬉しかった時代があったんですね。


     この時代、一時期は “武力” と “数奇” っていうのが、同じ力を持ってたんですね。

     でも石田三成と徳川家康だけは、この事をよく理解できなかった。

     というか、納得しかねていた。


     理解は出来るんだけども、「それはイヤだ」と納得しかねていたわけですね。


     この「暴力とアートは等価である」という、すごいテーゼですよね(笑)。


     「暴力とアートは等しい価値がある」というテーゼは、ピカソの『ゲルニカ』よりも遥か以前に、東洋の島国・日本で宣言されていたんですね。

     それは、圧倒的な革命だと思うんですね。


     だから現代の日本の陶器っていうのを見てるとき、僕らは傍で見てるから「あぁ、お茶が好きな雅(みやび) な方々だな」とか「趣味の人たちがやってるんだろうな」って思うんですけども。

     実はこの戦国時代を生き延びた茶道っていうのは、「武力とアートは等しい意味がある」「価値がある」といっていた、えらい革命思想だったわけですね。

     ae60c1a0b7238b2e58365fa1c01899e241909061

    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501