• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2017/10/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「難解すぎる映画『エイリアン:コヴェナント』の読み方、教えます!<後編>」
    • 2017/10/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】 『機動戦士ガンダム』は崩壊寸前だった!? 富野監督の英断」
    • 2017/10/27
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「『アニメガタリズ』の『ミノア、アニメルーキー!』に“ウチの子たち”が出てる!」
    • 2017/10/28
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【捨てられないTシャツ・シリーズ】24時間営業のM.I.T.で、午前1時半から講義をした話」

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「難解すぎる映画『エイリアン:コヴェナント』の読み方、教えます!<前編>」

    2017-10-24 06:0010時間前
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/10/24
    ───────────────────────────────────
    今回の記事はニコ生ゼミ10/15(#200)よりハイライトでお送りします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────



    「難解すぎる映画『エイリアン:コヴェナント』の読み方、教えます!<前編>」


     『エイリアン:コヴェナント』について、「みんな、そろそろ観た頃だろうし、まだ観ていないという人は、観る気がないんだろう」と思ったので、ネタバレをガンガンしながら話していきますけども。

     この映画が何を意味しているのかのヒントは、「リドリー・スコットの発言が変化している」というところなんですよね。

     何週間か前に語った『デューン』の話を覚えていますか? リドリー・スコット監督というのは、『エイリアン』の前に、実はデューンの製作に関わっていた“魂の戦士”だったんですね。

     その時、ダン・オバノンに対して「俺、SFは全然わからない。でも、『2001年宇宙の旅』だけは好きだ」と話していたとされています。

     ところが、今現在のリドリー・スコットのインタビューを見ると、好きなSF映画として挙げる作品の中から2001年宇宙の旅が抜けているんですよ。

     なんか、もう「そんな映画など知らない」みたいなフリをしているんですね。
     
     これが、なぜなのかっていうのが、今日の話の肝なんですけども。

    ・・・

     『エイリアン』という映画は、前にも話した通り、あくまでもダン・オバノンという人の作品であって、実は、リドリー・スコットのものになりきらなかった映画でもあるんです。

     まあ、今回の『エイリアン:コヴェナント』とか、その1つ前の『プロメテウス』は、もう、誰がどう見ても“リドリー・スコット監督作品”なんですけども。


     エイリアンっていうのは、リドリー・スコットにとっては消化不良のようなもので。

     「ダン・オバノンが持ってきたものを、カッコよく映像化するために必死で作っていたんだけど、本人としては、いまいちテーマを掴み切れていなかった」というのが、僕の感覚なんです。


     ちなみに、これは『ブレードランナー』についても同じなんですね。

     ブレードランナーでも、リドリー・スコットは、あくまでも途中で指名を受けて呼ばれた監督なので、テーマを上手く掴み切れていない。

     いや、ブレードランナーという作品自体は面白いんですよ?

     作っていた当時は、リドリー・スコットなりに、そこにテーマも盛り込んだつもりだと思うんですけど。

     でも,この映画の原作は、もともと『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』というタイトルなんですよ。

     この「電気羊」というのは何かというと。
     あらゆる動物がほとんど死に絶えた後の地球、主人公のデッカードという男は、自分の家の屋上で電気で動く偽物の羊を飼っているんだけども。

     彼は、「いつかそれを、ほんの少しだけ残っている、とても高価な、本物の生きた羊に飼い直したい」ということを夢見ているんです。

     これが、原作小説 全体に流れているんですよね。

     こういった「なぜ、人々は、そんなに“生きている動物”を欲しがるのか?」みたいなエコロジー的な問題が、ブレードランナーの原作の中にはあったんですけども。

     リドリー・スコットは、そこをザクッと切ってしまって、「酸性雨が決して止まないロサンゼルス = ものすごい公害の世界」というような、ビジュアルだけでバーッと見せているんですね。

     画的なカッコよさはあるけれど、その反面、「なんで雨が降っているのか?」というようなことが、テーマ的な部分にはあんまり繋がっていないんですね。

     つまり、ブレードランナーという作品では、リドリー・スコットとしては、テーマを表現し損ねているわけなんですよ。


     だから、『エイリアン:コヴェナント』が、自分なりのテーマをちゃんと掴み切れなかったエイリアンのやり直しであるのと同じように、今回のブレードランナーも、実は“リドリー・スコット作品”になっていなかった、以前のブレードランナーの仕切り直しなところがあるんですよね。

    ・・・

     この『エイリアン:コヴェナント』の話に入る前に、まず、前作である『プロメテウス』の話をしたいんですけども。


     「人類を創ったのは誰か?」というのが、プロメテウスという映画のメインテーマのはずなんですよ。

     ところが、この映画の中で語られる人間というのは、二重構造になっているんです。


     「人間が、自分たちを創った創造主を他の星に探しに行く」という話にも関わらず、この旅に一緒に連れて行くのが“アンドロイド”なんですね。

     アンドロイドというのは、人間が創ったものなんですよ。

     つまり、「人間というのは、神様によって創られた存在であり、アンドロイドを創った存在でもある」という、三者の真ん中にいる存在になっているんですよね。

     ここでいう人類というのは創造主であるのと同時に、被創造物であるという2つの役割を持っているんです。
     
     そして、今、公開しているコヴェナントというのは、「デヴィッドというアンドロイドが、創造主である人間を殺して新たな生命を創る、つまり、神様になる」というお話なんですね。


     要するに、このプロメテウスからコヴェナントというのは、かなり繋がったテーマを持っているんです。

     みんな、これらが「エイリアンのストーリーとどう繋がるのか?」っていう部分に注目しているし、そういう話だと思っているんですけど。

     僕が見るにね、もう、リドリー・スコット監督はエイリアンに繋げることを考えていないんですよ。

     というのも、最初に言った通り、彼にとってのエイリアンというのは、あくまで“借りてきた話”だから。
     最後にあそこに戻ろうだなんて、絶対に考えないと思うんですね。

     それよりも、もっと大事なテーマを見つけちゃったんです。
     神と人間の関係の話を描きたいというのが、もう、明らかなんですよ。

    ・・・

     僕ら日本人からしたら、『プロメテウス』って、何が何だかよくわかんない話じゃないですか。

     すごく期待して映画館に行ったんだけども、「え? これで終わり?」と思って。次に、「じゃあ、この続編のコヴェナントを見れば、わかるのか?」と思ったんだけど、コヴェナントもコヴェナントで、なんかスッキリしないんですよね、正直な話。

     なぜかというと、リドリー・スコットが何を描きたいのかが、僕らにはよく見えないからなんですよ。


     でも、実は、さっき話した『2001年宇宙の旅』も「人類が、人類を創った神様に会いに行く」という、似たような話なんですよ。

     たぶん、ブレードランナーを撮ってしばらくした時に、リドリー・スコットは「自分の生涯のテーマはあそこにある」って気が付いたんですね。
     
     「俺は2001年みたいなことをやりたいんだ!」と。そして、近年、やっと自分の好きなように映画を作れるようになってきてから、徐々に徐々に、そっちの方向に戻してきた。

     ブレードランナーを撮った当時のリドリー・スコットは、エコロジーとか、そういうものに興味がなかったので、原作の持っていたそういった要素を脚本からガバッと抜いちゃったんですけども。
     
     だけど、同時に、物語後半では、「ルドガー・ハウアー演じるロイ・バティが、自分の創造主であるタイレル博士に会いに行き、そして殺す」というシーンを描いているんですね。

     やっぱり、ここで描いたこういったテーマが、何年も経ってから、自分の中ですごい強い想いとして帰ってきて、「これを描くしかない!」というふうに思うようになった。

     それが現れているのが、『エイリアン:コヴェナント』と『ブレードランナー2049』だと思います。

    ・・・

     プロメテウスというのは、さっきも言った通り「人間が自分を創った神様に会いに行く」という話なんですよ。

     ところが、神様に会いに行く途中の人間は、冷凍睡眠で寝たきりなんですよね。

     それに対して、人間に創られたアンドロイドのデイヴィッドっていうヤツは、自分の創造主が寝ている間、ずっと起きていて、その周りで、楽しそうにバスケットボールをしたり自転車に乗ったりしてるわけですよ。

     彼にしてみたら、自分を創造した神様が、みんなグーグー寝ている中で、「早く起きねえかなあ」というふうに待っている。

     そういった、「俺の神様、早く起きないかなあ」と待っているデイヴィッドと、「神様に会いに行くんだ!」と思いながら寝ている人間という、この皮肉な状況というのをリドリー・スコットは作っているんです。

     この辺りに、この作品のテーマ性というのが強く出ているんですよ。

     ……ただ、そんなもん、非キリスト教圏の俺らには伝わらないし、下手したらキリスト教徒のアメリカ人やヨーロッパ人にも伝わってないんですよね(笑)。

     なんかね、やるんだったら、もっとハッキリとわかりやすくやらないとダメなのに、リドリー・スコット監督はね、まだまだ照れてるんですよ。

     ちょっとずつ、カードをチョイ出ししているんですね。


     たぶん、寝たきりの人間が神様に会いに行くっていうのは、アンドロイドのデイヴィッドから見たらすごく滑稽なんですよ。

     というのも、デイヴィッドにしてみたら、“自分を創った神様”の人間というのは、目の前にいるわけですからね。

     「神様に会いに行く」もなにも、自分にとっての神様すぐ側にいるし、会話しようと思えばできるわけですよ。

     つまり、デイヴィッドは神様を信じる必要がないんですね。

     ところが、人間にとっては、神様は見たことも会ったこともない存在だから、「神を信じるのかどうか?」というのが大きな問題になってくるんですよね。

     デイヴィッドに言わせれば、「人間って大変ですね。神様を信じるか信じないかで悩んでいる。私達アンドロイドは、あなたたちが“メーカー”だっていうのがわかっているから、不安なんてないですよ」と、すごい穏やかな気持ちでいられるんです。

     こういった「不安に煽られている人間と、落ち着いているデイヴィッド」という構図が映画の中にも出てくるんですけど。

     これは、ロボットと人間の違いというだけではなく、実は、自らの創造主というのが、手に届く範囲にいるか、噂でしか聞いたことがなく、信じるかどうかという問題であるかという、それぞれの創造主との関係性の差として描かれているんですね。


     今年の頭に、マーティン・スコセッシの『沈黙』という映画が公開されたんですけど。
     あれは「神様の声を聞きたがる人達」の話なんですよ。

     では、なぜ、神の声を聞きたがるのか?
     なぜ、神が近くにいると実感したがるのか?

     それは、キリシタンにしてもヨーロッパの宣教師にしても、当たり前ですけど、「神の存在を確信できないから」なんですね。
     
     我々人間は、神様の存在を確信できないからこそ、神の声を聞きたがったり、神様を信じたがったりするんです。

     だって、「信じる必要がある」ということは、イコール、「いないことが薄々わかっている」わけですから。

     もちろん、リドリー・スコットはイギリス人で、“神様を信じる文化圏”の人なんです。だからこそ、これを自身のテーマとして、なんとか扱おうとしているんですけども。

     神様がもし人間の主人だとしたら。

     たとえば、『エイリアン:コヴェナント』の中で、人間というのはデイヴィッドのようなアンドロイドを“自分たちが使う便利な道具”として創ったんですよ。

     「神様がもし人間を創ったのだとしたら、彼らも、自分たちの道具として、人類を創ったはずだ。なのに、なんで彼らは、今、自分たちの側にいないんだ?」、
     「主人のはずなのに、近くで命令してくれないんだ?」、
     「なんで神様はこんなに人間に対して無関心なんだ?」という、絶望というか、迷いが、神様を信じる人間にはあるんです。


     こういった迷いを描くために、リドリー・スコット監督は、今、2つの映画を作っているわけですね。

     1つは、プロメテウスから始まる新たなエイリアンのシリーズです。
     そして、もう1つがブレードランナーシリーズなんです。

     これ、今のうちに言っておきますけども。
      僕、この2つの映画シリーズは、将来、交わると思います。

     マーべル・ユニバースとか松本零士作品と同じく、リドリー・スコットも79歳になって、自分の作品を交ぜることを始めると思うんですよね(笑)。


     ブレードランナーというのは、人間という神様によって便利に創られちゃったレプリカントのお話なんですね。

     そして、新しいエイリアンは、神様に捨てられた人類と、エイリアンを創っちゃったアンドロイドとの話なんですよ。

     つまり、エイリアンというのはアンドロイドが創ったレプリカントみたいなものですから、これ、実はね、すごい繋がっている話なんですよね。

     今 現在、こうやって、1つの同じテーマを、2つのシリーズに展開させているリドリー・スコット監督は、たぶん、これを将来、交ぜるんじゃないかと、僕は思っています。


     次号に続く

    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「悩みのるつぼ【子育てって幸せ?】」

    2017-10-23 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/10/23
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今日は10月21日に朝日新聞に掲載連された『悩みのるつぼ』をお届けします。

    ───────────────────────────────────

     相談 「子育てって幸せ?
     
     34歳男性です。

     勝手ながら岡田斗司夫さんにご回答をお願いしたいと思います。

     現在、夫婦共働きで3歳の息子と0歳の双子を育てています。
     正直、仕事をしながらの3人の子育てはとても大変で、妻も殆ど眠らずに毎日頑張っています。

     こんな生活があと何年間も続くのかと思いながら、最近よく考えてしまいます。
     子供がいて良い事ってなんだろう?と。


     今日まで子供がいて大変なこと、苦しいことは幾つも経験しましたが、まだ心の底から「子供がいて良かった」と感じたことが私には無いのです。

     「子供の笑顔を見れば育児の苦労なんて忘れるよ!」といった言葉をよく聞きます。

     私も子供の表情や仕草が可愛いという気持ちはよく分かりますが、それでも日々の疲労は確実に蓄積しています。
     お互いに疲弊してしまい、ずっと円満だった妻とケンカが増えてしまった事も辛いです。


     最近は自分の仕事やプライベートを優先するため子供は作らないという夫婦もいるようです。
     
     またそういった夫婦が生きやすい世の中になってきているとも感じます。


    「子供が可愛い」というのは分かっていても、子育てにはたくさんの労力・時間・お金がかかります。
     私もそれらを自分の為に使えたらと考えてしまう時があるのですが、それは親として無責任過ぎるでしょうか?


     また、どんなに頑張って育てても、将来イジメにあったり、罪を犯したり、引きこもりになったりなど、幸せな人生を歩めないこともよくあります。

     とても嫌な言い方ですが、子育てというのはコスパが悪いのでしょうか?


     疲れて心が挫けそうな時、自分に言い聞かせたいので「これがあるから子育てはやり甲斐があるよ!」というようなものがあれば教えていただきたいです。

     ちなみに今のささやかな楽しみは、将来自分の好きなマンガやアニメについて子供と一緒に語り合うことです。

    ──────────────────────────────────────────────────
     

     コスパとは「投資に対して得られるものが同じ」時に、使える考え方です。

     たとえば「白菜なんてどれも同じ」と考えるなら、そりゃ安い方が良い。

     同様に「別に人生なんてどう生きたって変わりない」と考えるなら、そりゃ投資効率だけで考えるのが正しい。

     これが「コスパを前提とした人生観」です。

      ところが、そう考えるとスポーツ選手やアーティストは「ものすごくコスパの悪い人生」です。


     成功が保証されてないのに、子ども時代から遊ぶ時間を削って打ち込む。

     プロになれれば良いけど、99%の人はどっかの段階でプロを断念します。

     
      じゃあそういう人たちを私たちは「コスパが悪いから損」と笑うのか?
      いいえ。

     「打ち込む夢があって、いいなぁ」とうらやむんです。

     
      「白菜なんてどれも同じ」と考える味オンチは、白菜をコスパのみで考えます。

     同様に「人生なんてどう生きたってつまんない」と決めつける未熟者は、人生をコスパだけで考えちゃう。

     未熟者だから、自分の人生がどれだけ豊かになりうるのか、が発想できないからです。


     あなたの場合、「育児が好きでもないのに、子どもが三人もいる」という現状は、あきらかにコスパの悪い人生です。

     でも同年代やその前後の男性からみれば、あなたはメチャクチャ贅沢に見えるはず。

     
     「うらやましい」って言われるでしょ?
      で、そういう意見に対して「育児の大変さを知らない人は気楽だなぁ」って聞き流してたんじゃないですか?

      いまどき、三人の子どもを持つ30代男性なんて、何十人に一人ですよ?

     周囲から見たらあなたはものすごく「ゼイタクで充実してる」んですよ。


     でも、今のあなたは「好きでもない育児」に疲れ果てて、周りの「うらやましいなぁ目線」にすら不感症になっている。

     
     ということで、私の助言は「思いきり手を抜け」です。

      現状は「たいへんだけど、他人から見たらゼイタクで充実してる人生」です。

     これを楽しめるように、夫婦揃って負担を下げましょう。


     三歳児神話なんてウソです。
     子どもはガンガン、託児所やシッターに預けましょう。

     
     夫婦二人きりの時間を作って、「子どものいない仲良し夫婦」と「育児に追われる大家族」のどっちもを味わってください。

      手を抜ける部分は思い切って、妥協はなにひとつしない。
     それこそが本当のコスパ追求だと思います。


    ───────────────────────────────────


    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    「番組内で取り扱う質問はコチラまで!」

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
    ───────────────────────────────────

    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「ガイナックスにも花束を」

    2017-10-23 00:10
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/10/23 増刊号
    ───────────────────────────────────
    今回の記事はニコ生ゼミ10/22(#201)よりハイライトでお送りします。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────



    「ガイナックスにも花束を」


     昔、僕がまだガイナックスの社長だった頃に、山賀くんの新作として『アルジャーノンに花束を』を考えていたんですよね。

     アルジャーノンに花束を をアニメ化しようと考えていて、その時に僕がプロデューサーとしてアメリカに渡って、権利交渉とかをしたんですけども。


     一応、原作者のダニエル・キースってSF作家には連絡が取れて、それで聞いてみたら7年間のオプションを売ってしまっていると。


     オプションとは原作権を買う権利の、権利です(笑)。

     それは誰かと言うと、クリフ・ロバートソンが持ってると言われたんです。


     実は、アルジャーノンに花束を が1970年代ぐらいに映画化された時に、『チャーリー』というタイトルでアカデミー賞まで取った映画なんですよね。

     日本語のタイトルが『まごころを君に』という。

     クリフ・ロバートソンとは誰かと言うと、その映画の主演俳優。


     その主演のクリフ・ロバートソンはアカデミー賞も取ったから、かなりお金を貰ったんですよね。

     それで、そいつはアルジャーノンのオプションの権利を買ってしまったと。

     その7年間のオプションというのを、もう3回、買いなおしてるのかな。


     だから20年以上もクリフ・ロバートソンが権利を持ったままなんですよ。


     それクリフ・ロバートソンは、その間、ずーっとハリウッドで「『チャーリー2』をやらないか?」と話していて。


     僕も通訳を介して連絡をしたら、アニメ化には興味がないと。

     「ただし、リメイクをするんだったらお金がいるから出資しないか?」と言われたんですね。


     で、「それだったら、もう関係 無いなぁ」と思って、ガイナックスとしては手を引いたんですけども。


     結局、クリフ・ロバートソンの『チャーリー2』は現実化せずに、クリフ・ロバートソン自体は『チャーリー』1作しか出てない俳優になってた。

     
     でも2002年になってから、アメイジングじゃ無いほうの『スパイダーマン』で、ベン叔父さんに。

     一番 最初にプロレス会場を出てきたところで強盗に殺されちゃう叔父さんがいるんだけども。

     
     そのベン叔父さんの俳優をやったのが、最後の当たり役立だったんですよね。

     
     こういう映画がヒットしたら俳優さんが映画化権を買うというのは、すごく当たり前にあった。

     それがハリウッドの俳優さんの“のし上がり方”なんですよね。


     日本みたいに、俳優さんで偉くなってきたらギャラが上がるという方法ではなくて。

     監督ではなくて、プロデューサー方向とか、脚本家 方向へ行くというのが、あちらの俳優さんのキャリアの積み方だと思ってください。


    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501