• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2017/03/31
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「復帰は失敗? 実はアスリートだった宮崎駿」

    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信】 『腐女子イズ・デッド』 いつから腐女子は“媚びた作品”がOKになったの?」

    2017-03-30 06:0019時間前3

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/03/30
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    DMMオンラインサロンの3月のオフ会で『腐女子・イズ・デッド』という面白い話題が出ました。
    今回はその話題について紹介します。

    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ─────────────────────────────

     「『腐女子イズ・デッド』 いつから腐女子は“媚びた作品”がOKになったの?」

    質問者:
     数年前までは腐女子に媚びているような作品は、逆に腐女子に受けなかったんです。

     それよりも少年誌のように、そこまでホモホモしくない作品の方が、同人誌で作る時に想像の余地があるので盛り上がっていました。

     ところが最近は、腐女子に媚びた作品じゃないと受けなくなっています。

     我々は、いつから“媚び”を受け入れるようになったんでしょうか?


    ─────────────────────────────


     それはハードユーザーとかコア層に関係するのだと思います。

     結論から言うと、「“バカ”でも腐女子になれるようになった」。
     これがポイントです。

     以前は“腐女子”は賭け算だったんです。

     “女子”
     “男性向けのマンガも見る人”
     “その中からホモ的な要素を抜き出す能力がある人”
     “こじらせている人”

     これらの条件が揃わないと、“腐女子”が発生しなかったわけですね。

     今までは「男性同士の友情の中に、ホモ的な要素を発見する」となると、その人のセンスが必要だったんですよ。

     それが今では、そのセンスが無くても“分かる作品”が溢れているわけですね。

     マニアックなものがメジャーになる事は、どの業界でも絶対な“流れ”なんです。

     コアな腐女子も、たまにはジャンクフードを食べるように媚びた作品を消費するようになる。

     知的でセンスがあるものが煮崩れて、“はっきりと媚びた作品”が、すべてを征するようになっちゃう。

     腐女子というホモ文化が、メジャーになっちゃったんです。

     おめでとうございます。

     腐女子は死にました。
     腐女子イズ・デッドです(笑)。

     おそらくこれから先は、ホモだけや異性間の恋愛だけを描いている作品はコアになります。

     今後は一つの作品内にヘテロ・ホモセクシャル・バイセクシャルな人たちを混ぜるのが、ヒット作品のポイントになると思います。

     自分が楽しむ方法としては、媚びている作品に関しても許すようになるか、許せないからガチの方だけで行くか、どちらかですね。

     僕はガチの方に行きがちなので、媚びているアニメは嫌いなんですよ。
     だから自分の興味の幅が狭くなっちゃうんです。

     なので「ガチの方は先がないぞ」と思っちゃうんですよね。 


    【まとめ】
     “腐女子”文化がメジャーになったので“媚びた作品”が受け入れられました。
     これからは媚びた作品を許すか、ガチの作品だけで行くかですが、ガチの作品だけだと将来がありません。

    ─────────────────────────────


    この他にも質問や回答は続きます。

    内容が気になった方は、ぜひDMM オンラインサロンへ!
    入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「SFファンのオジサンが語る『けものフレンズ』入門編」

    2017-03-29 06:007
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/03/29
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。
    今回はオジサンSFファンにとっての『けものフレンズ』入門編を話してみようと思います。
    そんなに特殊な解釈じゃないから、面白いかどうか分からないけどね。


    今回はニコ生ゼミ2/26(#167)より一部抜粋しました。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

    「SFファンのオジサンが語る『けものフレンズ』入門編」


     『けものフレンズ』とは巨大なサファリパークみたいな所が出てくるんです。

     その中で美少女が動物的な部分を付けて「動物だ!」と言い張っているアニメなんです。

     この作品を見ていると、「あ、これはSFなんだな」という事が分かるような仕組みになっている。

     人類がいなくなった世界に動物園だけが残っていて、いろんな動物が女の子の形になっていて、動物そのものが生き残ってるかどうか分からない。

     そしてメスばかりなんだよ(笑)。

     これは僕の妄想なんだけど、かつてあの動物園には本当の動物がいたんだ。
     
     そしてその動物たちとほぼ生態や能力を同じくしている女の子たちが、野生の環境の中で放されて動物たちといる。

     いわゆる動物の通訳の役割をしていたんじゃないかなと。

     そして人間も中に入っていくことで、動物の事がよく分かるようになっていた。

     だから“フレンズ”って言うんだと、SF的には解釈できる。

     それと「人間は滅んだ」ってセリフがあるんだけど、製作者側のヒネリがありそうで、僕は信じられない。

     人間が滅びたんじゃなくて、おそらくこの動物園は見捨てられたんじゃないかと思うんだよ。

     維持も大変で、おまけに儲からなかったから、撤退したんじゃないかと思うんだよね。

     そうじゃないと、記憶をもたない人間がいきなりポンと出てきた理由の説明が付かないんだよね。

     この作品は、すごく無理をしているのがよく分かる。
     どう考えても予算とスタッフに恵まれていない。

      それなのに普通の他の作品と比べられるから、可哀想。

     だけど全ての力を使って、“慎重にミステリー風に設定を出す”ことと、“女の子を可愛く描く”ことに精力を使っている。

     ただ、それぞれのキャラクターの歩き方に、ちゃんとクセがある。
     だから低予算なのに、押さえる所は押さえてる。

     「人類が滅びたかもしれない後の世界」の話という事で、おそらく元ネタは『アドベンチャー・タイム』だろうと思うんだよね。


    ───────────────────────────────────

     この続きを知りたくなった方、よければ下記へどうぞ!

     このゼミの動画を見たい人は
     『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』 https://goo.gl/q1gD1

     文字起こしも全文を読みたい人は
     『メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ』 https://goo.gl/0xppMW


    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
  • 岡田斗司夫の毎日ブロマガ「もう美少女は古い!?最近のワンフェスの中心『メカトロウィーゴ』」

    2017-03-28 06:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/03/28
    ───────────────────────────────────

    おはよう! 岡田斗司夫です。
    今回は僕が参加したワンフェスの話題です。


    今回はニコ生ゼミ2/19(#166)より一部抜粋しました。


    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

    「もう美少女は古い!?最近のワンフェスの中心『メカトロウィーゴ』」


     最近のワンフェスの主流は“オリジナル作品”に変わってきているんです。 

     ワンフェスの主流は、昔は“女の子”だったんですよ。
     美少女フィギュアとか。

     だから、ワンフェスに行かない人の中には、そう思っている人も多い。

     ブロマガを見てくれている人の中でも、“ワンダーフェスティバル”って聞くと、「ああ、美少女フィギュアを売ってるところでしょ?」「Hなフィギュア売ってるところでしょ?」「コスプレーヤーのお姉さんがウロウロしてるところでしょ?」っていう印象、あるでしょ?

     僕もね、「ワンフェスって、いろんなものを売ってるけど、まず基本は美少女だよな」と思ってたんですよ。

     ところが、今の主流は違うんですよ。

     今のワンフェスの中心というのは、こいつなんです。

     『メカトロウィーゴ』
    http://bit.ly/2nTSL16

     ワンダーフェスティバルでガレージキットとして数年前に出たものなんですよね。

     近未来の建設機械みたいな感じで、このでっかいボディーの中に、人間が入って操作しているっていう設定です。

     建設機械っぽかったり、兵器っぽかったり、いろんなバリエーションがあるんです。

     これ、最初は単なるガレージキットだったんですよ。

     ところが、すごくかわいいから、いわゆる『ダンボ―くん』みたいなもので、いろんな人がこれに色を塗って自分のオリジナル・メカトロウィーゴっていうのを発表し始めたんですね。

     その結果、今や、一般メーカーから商品になって販売されてるんですよね。

     これがワンダーフェスティバルの夢になってしまった。

    ───────────────────────────────────

     この続きを知りたくなった方、よければ下記へどうぞ!

     このゼミの動画を見たい人は
     『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』 https://goo.gl/q1gD1

     文字起こしも全文を読みたい人は
     『メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ』 https://goo.gl/0xppMW


    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         筆耕のヒロキ(FREEex)
         横浜のヨシアキ(FREEex)
         遊牧のマサヒサ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501