• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「“ブレードランナーは実は面白くない”説」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「“ブレードランナーは実は面白くない”説」

2017-10-30 06:00
  • 15
  • 3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2017/10/30
───────────────────────────────────
今回の記事はニコ生ゼミ10/22(#201)よりハイライトでお送りします。


動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

─────────────────────────────



「“ブレードランナーは実は面白くない”説」


 『ブレードランナー』の話をする時の、いわゆる“あるあるネタ”の中に、「劇場公開時はヒットしなかった」っていう話があるよね。

 これは、僕らも知ってることじゃん?


 これについて、よく「公開当時は、この映画の良さを、みんなわからなかったんだけど、後々評価された」みたいな文脈で語られるんだけども。
 
 俺が思うに、これ、違うんだよね。


 たとえば、同じように「公開当初は評価されなかった」というものには、途中で打ち切りになっちゃった『機動戦士ガンダム』とか、『カリオストロの城』があるけど、これらの作品とは文脈が違う。

 なぜかというと、『機動戦士ガンダム』は再放送で人気が出たんだ。


 つまり、一度 放送されたテレビアニメを、そのまんまの形で、もう一度テレビで流したら、見るべき人がちゃんと見て、人気が出た。

 『カリオストロの城』も映画館で何回も何回も再上映されて、徐々に人気が上がってきた。

 一番 最初の公開時の見せ方はともかく、同じメディアで何度も見せていたら、ちゃんと人気が出たんだ。

 だけど、『ブレードランナー』の人気が出たのは、ビデオテープが発売されてから、なんだよね。
 つまり、映画館では一貫してウケなかったんだ。

・・・

 じゃあ、なんでヒットしなかったのか?

 これは、俺の仮説なんだけども……それも、かなり冒険的な「『ブレードランナー』は実は面白くない説」という仮設なんだけど。

 みんな、友達とか、自分の嫁とかにこの映画を見せようとして、「面白くない」って言われたことがあるんじゃないかな?

 『ブレードランナー』って実はあんまり面白くないんだよ。

 いや、俺は、すっごい好きなんだよ?

 こんなに語るほど好きなんだけども。今回、冷静に考えてみたらわかったことなんだけど、あの映画って、面白くないんだよね(笑)。

 
 なんせ、リドリー・スコットは「俺がやりたかったのは西部劇だ!」って言ってるんだけども、主人公のデッカードが退治したのは女だけなんだよ。

 それも後ろから撃ってるんだよね。
 
 肝心の敵であるレプリカントの強いヤツとかには、劇中で一度も勝っていないんだよ。


 だから、まったく主人公に共感できないし、カッコイイセリフから、アクションシーンでの活躍まで、見せ場は全部、敵役のレプリカントが全部もっていっちゃう。

 そういう部分で、爽快感とかクライマックスにも乏しいから、映画としては、実は70点くらいの面白さなんだ。

・・・

 だったら、どうしてビデオが出てからあんなにヒットしたのかというと。「『ブレードランナー』とはオタク向けディズニーランドであるから」なんだ。

 まあ、オタク向けということはないんだけども。


 いわゆる、“映像で作った異世界”みたいなものが好きな人のためのディズニーランドみたいなものであって、なんかね、体験するものなんだよね。


 ディズニーランドが日本でオープンした時、ディズニーのアニメなんて誰も見てなかったんだよ。
 いや、いまだにミッキーマウスとか、ディズニーアニメを熱心に見ている人って少ないんだけど。

 ただ、ディズニーランドという世界はみんな好きじゃん?

 『ブレードランナー』というのも、それと同じような、世界没入型という、わりと珍しいタイプの作品なんだよ。


 “カウチポテト”という言葉が流行った時代、家で1人でポテトチップを食べながら、延々と解像度の高い大きなモニターで、『ブレードランナー』の映像を何度も見るっていう人がいっぱいいた。

 この『ブレードランナー』を繰り返し見るっていうのは、たぶん、その当時の人にしてみれば“聖地巡礼”なんだと思うんだ。


 「心の中でいつか見たいと思っていた風景を何度も体験する」というのに近いんだ。

 だから、そういう世界に対する憧れみたいなものを持っていない人にとっては、あの映画って、2時間も続く、わりと退屈でつまらない映画なんだよね。

・・・

 『ブレードランナー』は実は面白くないというのはね、この映画を知る上で、わりと大きなポイントだと思うんだよね。

 重要なのは「にもかかわらず、こんなにヒットしたのはすごい!」という話なんだ。

 938b126cd5340ac25c8f7b54f5716b05cd8dff96
 (パネルを見せる)

 こういう、異世界の風景。

 ビル全体に女の人の顔がフワッと映し出されていて、その後に「強力わかもと」の広告が出てくる。
 そんなビルの間を、空飛ぶ車がガーッと飛んで来る。

 これを「美しい!」という感性で見れる人って、やっぱりね、全人口の10%もいないでしょ、正直。
 
 『君の名は。』とは違うわけだよ(笑)。

 『ブレードランナー』という作品について、評価はいくらでもできるんだけど、こと“映画としての面白さ”といういう意味でいえば、中の上に届いてないんじゃないかというふうに思うな。


─────────────────────────────

動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

───────────────────────────────────

いかがでしたか?

「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

番組内で取り扱う質問はコチラまで!

よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
だから僕は、質疑応答が大好きです。

みなさんからの様々な質問をお待ちしています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
     ヤムアキ
     起こしのヤスタカ(FREEex)
     歴史のカオリ(FREEex)

───────────────────────────────────


岡田斗司夫
and
Special Thanks To読者のあなた
───────────────────────────────────
Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
───────────────────────────────────
■お問い合わせ
有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
次回配信予定
  • 2018/06/24
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「作者の大童さんと一緒に『映像研には手を出すな』1巻を徹底分析!」
  • 2018/06/25
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「悩みのるつぼ【成功者の不幸を願ってしまう】」
  • 2018/06/26
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「核シェルターを作りたい 平野耕太 先生にアドバイスをお願いします」
  • 2018/06/27
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『かぐや姫の物語』解説 補足】 高畑勲の作家としてのホームポジション」
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
岡田斗司夫の毎日ブロマガ
更新頻度: 毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

他5件のコメントを表示
×
ディズニーランドが日本でオープンした時、ディズニーのアニメなんて誰も見てなかったんだよ。
はあ?
7ヶ月前
×
ディズニーアニメは昔からテレビで今のジブリ並みに頻繁に放送されてて当時から人気でしたけど?
自分が興味なくて見てなかっただけでしょ
7ヶ月前
×
いや昔はビデオ買う人少ないから「ビデオでヒット」てのはこんなもんですから
昔のビルボードのビデオチャート1位とかマニア向けだらけだぞ
それを「実は」面白くないとかいまさら言われてもなあ
岡田さんってほんと海外ネタ弱いよな・・・
7ヶ月前
×
普通に面白くないよね?原作を読んで好きな作品にはなったけど。面白くはない。
7ヶ月前
×
スナッチャーでブレードランナー知りました
7ヶ月前
×
後から評価されたもの、その当時評価されなかったものをどうのこうの言い出したらそれこそ終わりだよ。価値観なんて千差万別、時代によっても大きく変わるんだから。世間の評価とオタクの評価、自分の評価は常に分けるべきというのが自分の意見。その境目がない人間は時代の要求にすぐ流されるだけだろうね。
7ヶ月前
×
面白いか面白くないかはともかく、あの世界に没入したいために見るという指摘は結構本質ついてる気がするがなぁ
7ヶ月前
×
冒険的な説でもなんでもないわ
一般受けしそうにないなんてことはちょっと見る目のある人間ならわかる
その一般受けしない理由の分析が稚拙
よくこんなんで評論家を名乗れるな・・・
7ヶ月前
×
確かにブレードランナー買ったけど、事前に原作小説読んでたせいか、全く原作の雰囲気がなくて、単にSFの世界観を映像で再現したかっただけにしか思えなかった。
7ヶ月前
×
まあ雰囲気映画だよね
ストーリーなんか本当はいらない、世界観だけあればいい
そういう映画
続編はそこを勘違いしてるので壮絶な駄作になった
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。