• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ・増刊号「みんなは『火垂るの墓』をどういうふうに見てるのかな?」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ・増刊号「みんなは『火垂るの墓』をどういうふうに見てるのかな?」

2018-04-15 23:45
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/04/15・増刊号
    ───────────────────────────────────
    今回は、ニコ生ゼミ4月15日(#226)から、ハイライトをお届けいたします。

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!

    ─────────────────────────────

     みんなは『火垂るの墓』をどういうふうに見てるのかな?
     
     3c04b9bc3f2a3ab14bfb98b87d4e75f29db257d2

     この間、大阪でオフ会があった時の『火垂るの墓』の感想なんですけども。


     「『フランダースの犬』は許せる」と。

     「最後に死んでも、パトラッシュとネロは天国に連れて行ってもらえるじゃないか」と。
     満足して死んでいる。

     「でも『火垂るの墓』はダメだ。なに一つ良い事が無い」と言ってた人がいました。


     そういう人がいたと思えば、最近カレー屋を始めた お姉さんなんかは「いや、あれは全然 泣かないよと」。

     「よくやったよ」と。

     「清太の周りに同じような男の子、山のように駅での垂れ死んでいたじゃん」と。

     「あんな死に方した人、当時でもいっぱい いただろうに。お前は良くやった!」と(笑)。


     「結果がダメだとしても、そこまで頑張って死んだんだから、本望だろう」って言ってた人がいたんですけども。

     多分、高畑さんの意図にわりと近い見方だと思うんですけども、なかなか そんなふうに見れる人は いないと思います。
     

     だから高畑さんは別の所でも「清太は現代の若者に近い存在だから理解されるだろう」と。

     で、「もしこれから日本の景気が悪くなったり状況が悪くなったりすると、世の中がギスギスギスギスしてきて、叔母さんの味方が現れる」と。


     つまり「清太みたいに社会性が無いヤツは許せない」というのは、逆に言えば社会が堅苦しくなってきた証拠だと。

     だから高畑勲が描くべきなのは、どの時代にも通用する作品を描く事。

     なぜかというと芸術をやっているからなんですね。


     今の世界に受ける事は、宮崎駿がやってくれるんですよ。

     高畑勲はそうじゃなくて、100年後にも値打ちがあるものを作ろうとしてるんですね。


     だから清太の味方が多い自分勝手な人が多い世の中でも、叔母さんの味方が多いギスギスした世の中でも、どっちでも通用するような作品というのを作ろうとするから、こういう作品になる。

     
     「アートっていうのは、そういうのもなんだな」というふうに、僕はちょっと感心しました。

    ・・・

     後、僕自身が ちょっと個人的に笑っちゃったのが清太の火事場泥棒のシーンなんですけども。

     映画の後半の方で爆撃機とかが来たら、清太が ものすごく喜んで他所の家に泥棒に入って盗みまくるんですけども(笑)。


     もうね、お父さんが軍人だからあんなに敵を憎んでいた清太が、段々と敵が近所の人になってくるんですね。

     なんせ野菜を盗んだら殴られる。

     米とかを買おうとしたら、高い金をふっかけられて売ってくれない。

     周りが全部、敵に見えちゃう。


     そうすると爆撃してくれる敵は、敵の敵だから味方になってしまって、「もっとやれ!もっとやれ!」みたいな事を言い出すと(笑)。

     あそこも清太が人間性を失っていくところなんですね。


     だから高畑さんとしては充分に “哀しみ” 以外にも、清太の持っている正義感が歪んでいくさまで、 “清太” という主人公が人間性を失っていく所をみせたはずだから「みんな、そんなに泣くハズ無いのになぁ」って思ってると思うし。

     僕はそんなシーンを見て、「うわ、面白れぇ」って思っちゃうんですけども(笑)。


     みんなは、どういう視点で あのシーンを見てるんでしょうね。

    ─────────────────────────────

    動画や全文が気になった方、【ブロマガチャンネル】メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ(月額2,160円)のご入会はこちらから!
    http://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2018/07/18
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【『ジュラシック・パーク』と恐竜 3 】 恐竜と映画、その歴史」
    • 2018/07/19
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】ロボットアニメの歴史に残る名戦闘シーン 『機動戦士ガンダム』より」
    • 2018/07/20
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「誰が恐竜を殺したのか?」
    • 2018/07/21
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「無口でマジメな人より、よく喋るクズがモテるのはなぜ?」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。