• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】 ブライトの成長 『機動戦士ガンダム』より」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【岡田斗司夫ゼミ室通信 】 ブライトの成長 『機動戦士ガンダム』より」

2018-08-09 06:00

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ 2018/08/09
    ───────────────────────────────────
    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今日はDMMオンラインサロン【岡田斗司夫ゼミ室通信】から、7月29日 特別講義をお届けします。

    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ───────────────────────────────────

     ブライトの成長 『機動戦士ガンダム』より

    第20話『死闘!ホワイト・ベース』【 2 】。

     <今までのお話>

     脱走から戻ったアムロは独房に入れられたままです。

     カイやハヤトがブリッジに来て、ブライト・ミライ・セイラたちと話した日の夜。

     寝ているリュウに、セイラから連絡が入ります。

     カイ・シデンとハヤト・コバヤシ、ハワード・マクシミリアンの4人が脱走したと。

     「リュウ、追いかけて!」。

    **************************

     セイラさんに叩き起こされて、リュウさんは「全くどいつもこいつも勝手な真似しくさって。」とブリブリに怒りながら走って行きます。

     620d6651897ae19a0c88ef91821bd7fa4f90fdb0
     画像 http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/e/b/eba0da44.png


     ホワイト・ベースのハンガー(格納庫)に行き、車に乗る。

     車をガーッと出そうとしている所に、ブライトが向こうから走って来て「リュウ、頼む。」って言うんです。


     「いや、頼むって言うんだったら、お前が行けよ!」って思うんですけど、ここがブライトさんの弱いところなんですよ。

     
     「俺はどうせ人望がないから、行っても帰ってくれない。 ここは人望あるリュウに行ってもらおう。」

     この発想がいけないんです。
     
     人望がなくても、行ったほうがいいんです(笑)


     やっぱり20代30代40代の頃は、ついつい「そういう事は人望のある○○さんに行ってもらって」とか、考えちゃうんですよね。

     でもトップの人間は、そういう時に手間を惜しんじゃいけない。

     というか、「言うことを聞いてくれないかも」という怖さを抑えて、ちゃんと行かなきゃいけない。


     でも、そんなこと、俺がわかったのも50過ぎてからだから(笑)。

     この時のブライトを俺は責めるわけにいかないんですけどね。

     (中略)

     リュウが行った後、ブライトとミライが、ハンガーで本音を語りあうシーンが入ります。

     6dcdd84a8556961297ecbb6c0da0e4f9be78139c
     画像 http://livedoor.blogimg.jp/okada_toshio/imgs/b/9/b99f1600.png


     「ハヤトもあれでハッキリした奴だしな。」と言うブライト。

     「あたし達、アムロのことをそんなに贔屓(ひいき)にしてたのかしら?」と訊くミライに、「みんながひとつ、考え落ちしてたのさ。」とブライトが答えます。

     「考え落ち?」と聞き返すミライ。

     「アムロがいない間、指揮者としての僕はひどく不安だったってこと。」と言うブライトに、「不安?」とミライがまた聞きかえします。


     これは富野演出でよくやる手法ですね。

     相手の言葉尻の同じ単語を繰り返すと言う、まるでカウンセラーみたいな聞き方です。

     そうすることで、視聴者にとって、今、何の話をしているのかが、はっきりわかる。


     「みんなが考え落ちをしてる。」っていうブライトにミライが、「考え落ち?」と聞き返す。

     「考え落ち」ってちょっと難しい言葉だから、ミライが聞き直すことで、視聴者の注意を引き、わかりやすくします。

     「指揮者としての僕は、不安だった。」とブライト。

     「不安?」とまた、ミライが聞き返す。


     「君も星回りのいい女性だと思っている。しかしアムロだ。あいつがいなくなった時感じた不安というのは、これは絶大だ。一体何なんだろうな?」とブライトがようやっとここで本音を話します。


     カイとかハヤトは、ブライトがアムロを贔屓したから不安になって出ていったわけです。

     ところがそれが本当に不安の原因だっただろうか?

     それぞれが考えている自分の ”表面的な” 動機とは違って、その奥にもう1つ隠れている動機があるだろうと、ブライトは指摘してるんですね。

     それが考え落ちです。


     アムロがいなくなった時の不安が、ブライトにはとても大きかった。

     だからブライトはアムロにキツくあたって「独房に入れ」と言ったのです。


     今、アムロに対して身びいきだと思っている奴ら、あの時アムロが逃げた時に怒った奴らも同じ。

     なぜそんなに怒ったのか、なぜそんなに身びいきだと思っているのかと言うと、アムロがいなかった時にすごく不安だったから。


     人間として自分の弱さに気がつくという、すごい成長を今、実はブライトがしている。

     そういう大事なシーンなんです。


     ブライトはその不安をはっきり口に出して認めた。

     そういう成長があったんですよ。


     カイやハヤト、セイラもその不安を感じてるはずなのに、気づかないフリをしている。

     だからこそ余計に、アムロに頼っているように見えるブライト、アムロを贔屓にしているブライトを認められないわけなのです。


     アムロがいなかった時に感じた心の不安が、実はすごく大きいからこそ、そこでブライトに対して怒ったり、「もうこの船の中でやっていけない」というふうに、不満を口にして脱走したんです。


     でもそれは、自分でも気が付かなかったことだから仕方ないな。

     そう思って、ブライトは頭かいてるんですよ。


     本当にね、すごい難しいセリフ、難しい人間関係をやろうとしているのです。

    **************************************

    いかがだったでしょうか?

    DMMオンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の入会はこちら→https://goo.gl/PNPSC2

    ───────────────────────────────────

    いかがでしたか?

    「え?!それってどういうこと?」「そこのところ、もっと詳しく知りたい!」という人は、どんどん、質問してみて下さい。

    番組内で取り扱う質問はコチラまで!

    よい質問は、よい回答にまさる、と言われます。
    みなさんの質問で、僕も予想外の発想ができることも多いです。
    だから僕は、質疑応答が大好きです。

    みなさんからの様々な質問をお待ちしています
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企画編集:のぞき見のミホコ(FREEex)
         ヤムアキ
         起こしのヤスタカ(FREEex)
         歴史のカオリ(FREEex)
         マグネシウムのタツヤ(FREEex)

    ───────────────────────────────────


    岡田斗司夫
    and
    Special Thanks To読者のあなた
    ───────────────────────────────────
    Copyright(C) OkadaToshio. All Rights Reserved.
    ───────────────────────────────────
    ■お問い合わせ
    有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
    『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします>http://qa.nicovideo.jp/category/show/501
    次回配信予定
    • 2018/10/22
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「サザエさん一家に高級車を買わせる方法は? 無理難題を考える正攻法・力業・裏技」
    • 2018/10/23
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「天文学者カール・セーガンが心血を注いで撮った “太陽系家族写真” 」
    • 2018/10/24
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Googleへの就職 1 】 映画『インターンシップ』からわかるGoogleの入社事情」
    • 2018/10/25
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Googleへの就職 2 】 スクールバスの中にゴルフボールはいくつ入る?」
    • 2018/10/26
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「【Googleへの就職 3 】 各社それぞれクセのあるIT大企業の入社試験」
    • 2018/10/27
      岡田斗司夫の毎日ブロマガ「明治維新が成功した理由は、庶民の教養レベルが高かったから」
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    岡田斗司夫の毎日ブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。