• 【艦これ】このこは育てておきたいおすすめ艦娘

    2016-08-02 13:0011025

    季節ごとに開催されるイベント海域を問題なくクリアできる戦力をそろえられるよう、育成の優先順位を自分なりにまとめてみました。
    いろいろなサイトでおすすめ艦の紹介がありますが、一意見として見ていただければ幸いです。

    (2016/9/4 ご意見を参考にできるところで修正)
    (2016/8/2 アップデート反映)

    (2016/4/19 最近のアップデート反映)


    ●育成艦選定にあたって、絶対の大前提
    この艦娘と艦これライフを歩むと決めた嫁艦は絶対に育て抜いて一緒にがんばること。

    お勧め艦云々というのを参考にする前に、これだけは絶対に申し上げておきます。強いか、弱いかだけが基準ではないのです。
    嫁艦と決めた艦娘とイベント海域を突破するんだというその一念が、戦略方針を固め、育成のための兵站を確立させ、戦術を練らせて、どんなに難しい海域にもめげず、あきらめずに立ち向かう意欲と士気を与えてくれます。
    あなたの艦これライフを共に歩みたいと決意させてくれた艦娘は誰ですか?
    その艦が手元にあるなら、それを育てて前に進むことがすべての勝利につながります。
    嫁艦は最優先で指輪を渡し、さらに入手したまるゆを捧げる最優先艦にします。
    最近運の高さが命中率と関係することが判明(急所弾の確率が上昇するかどうかはまだ検証中)しており、現状カットインの恩恵を受けない空母であっても運を上げるメリットはあります。

    ●設計図の優先順位
    おすすめ艦の記事の中には「改装に設計図が必要」の表記がなされている場合があります。
    一応の優先順位は阿武隈→扶桑姉妹→利根・筑摩→その他で、Bismarkは入手したら、五航戦はカタパルトを入手したら、阿武隈の改二の後なら他を無視して最優先で投入してください。
    この理由は「オンリーワンか否か」であり、例えば阿武隈改二の代わりが可能な艦は現状いないため、彼女を最優先で改二にする必要があります。
    なお、育成が間に合わない場合は優先順位の高い艦のための設計図を温存しておいてください。

    では、各艦種のお勧め艦を記述します。
    ◎の艦はレアリティも手ごろな上イベント海域でも有用性が非常に高い艦です。
    ○の艦はイベントでは◎の艦に劣るもののそれなりに有用か、◎の艦以上の有用性でもレアリティが非常に高く入手困難な場合につきます。レアリティが理由で○になっている艦は太字にしています。

    ●戦艦
    ◎金剛型、扶桑姉妹
    大和型、長門型、伊勢型、Bismarck、Iowa

    レアリティと将来性からして、金剛型と扶桑姉妹は現状において日の浅い提督にとっても容易に所持しているはずの艦娘。改二レベルは低くない(さらに扶桑姉妹は改二に設計図が必要です)ものの、改二ラインを満たしていれば絶対に鎮守府へ多大な貢献をしてくれます。
    大和型と長門型、ビスマルクはレアリティが高く手元におけるようになるまで時間がかかりますが、持っていたらぜひ育ててください。Iowaは入手できるようになったらでかまいませんが、持っていたら育てるべきです。
    現状伊勢型は若干火力不足ですが、艦隊運用の取り回しで非常に便利です。航空戦艦にして各条件下でしっかり使って上げましょう。

    ●正規空母・装甲空母
    ◎加賀、二航戦、五航戦
    ○赤城、雲龍型大鳳

    正規空母は軒並みレアリティが高いため、任務報酬の赤城以外が入手できるまでに若干の時間を必要とする提督も多いかと思いますが、空母レシピ建造や通常海域の攻略を進めていけば誰かしかを入手できるはずです。
    加賀はもっとも優れた艦載機運用能力があり、イベント海域ではほとんど何も考えなくても第一選択できる存在です。入手したら育てておきましょう。
    二航戦は改二で入手可能な艦載機が超強力で、その入手がレベル80弱程度に育成すればよいだけで設計図が必要ありません。おまけに火力値が最大級と、攻撃面で優れています。ただし艦そのものの艦載機運用能力は若干尖ったところがあるため、主力よりは支援砲撃に組み込むことで最大級の活躍をします。改装設計図の数が揃わない日の浅い提督にとって、彼女らふたりの改二の恩恵は計り知れないものがあります。
    五航戦は砲火力が低いものの、艦載機運用能力とリーズナブルさは大きな安心感を与えてくれます。加賀と五航戦2隻でほとんどの海域の制空は約束されます。改二前は艦載機スロットが平坦なので瞬発力不足ではありますが、それゆえに主体空母の随伴としてもっとも優秀な運用が可能です。改二が実装されることにより、二航戦越えの砲火力を入手した上、装甲化による艦載機スロットの極端化と中破時の砲撃が可能になり、以前より運用の幅が広がりましたが、改二にするために設計図+任務報酬のカタパルトを必要とするため、その敷居は非常に高くなっています。
    赤城は五航戦がいない場合の補欠的な要員です。入手はもっとも容易ですが、◎に記述した艦たちに比べると中途半端さが抜けないので、あくまで予備的な立ち位置に。その分育てて損はしません。
    雲龍型と大鳳は入手していたら育てておきましょう。高めのレアリティを持つ正規空母内の中でもさらにレアリティが高く、日の浅い提督が持っていることはまずないかと思いますが、育てておけば活躍できます。

    ●重巡洋艦
    ◎妙高、摩耶、利根、筑摩、羽黒、鳥海
    ○那智、足柄、Prinz Eugen

    まず日の浅い提督で重巡にこだわりが無いなら妙高を鍛え上げましょう。運の高さは魚雷カットイン火力を生かしやすく、また改二実装のおかげで性能も抜群に高いです。特に魚雷カットインは最深部ボスを仕留める際に多大な貢献をする可能性があるため、育てているのといないのとで取りうる選択肢が広くなる大きな要因になってくれます。32という値は微妙なところですが、旗艦で運用すれば十分な値です。
    摩耶は改二実装にともない、安定した強さと抜群の対空能力を提供してくれます。通常は対空カットイン要員というよりは、対空値の高さによる対空担当の隙を埋める役回りにしたほうが重巡らしく活躍させられます。もちろん普通に重巡として運用しても十分強いです。ただもし、制空のための空母を使用できない任務や海域のときには、強力な対空カットインの担当要員になりえます。
    利根と筑摩は設計図が必要ですが、改二になると強力な航空巡洋艦になります。航空巡洋艦になる艦種は最上型がいますが、最上型は利根筑摩の補欠的な強さなので、まずこの2隻を航空巡洋艦にすることを目指してください。能力はもちろん、高い索敵能力もイベント海域で役立ちます。
    羽黒と鳥海は総合力に優れます。層を厚くする観点で大きく貢献してくれますが、鳥海は改装に設計図が必要なので、余裕が生まれてからでかまいません。
    プリンツオイゲンは持っていたら育てておきましょう。去年の秋イベ報酬艦ですが、もうひとりの妙高といえるくらいの強さがあります。
    なお欄外ですが、三隈と衣笠は20.3cm(3号)という強力な中口径砲を持ってきてくれるので、可能なら育てておいてください。

    ●軽巡洋艦
    ◎神通、川内、那珂、阿武隈、五十鈴
    ○夕張、球磨、長良、大淀

    軽巡最大火力&夜戦最大火力の神通は第一選択で育てましょう。夜戦装備をそろえて持ってきてくれる川内も超重要です。川内を2隻改二まで育てて夜戦装備を2セット揃えれば、装備選択の幅が広がります。
    那珂は改二可能レベルがもっとも低い48レベルであり、改二艦らしくそこそこ能力があり、さらに先制爆雷の敷居が非常に低いため、早い段階から潜水キラーとして活躍可能です。
    阿武隈は改二になると大発が積める、甲標的による開幕雷撃ができるといった特性が生まれます。改二レベルも高く設計図を必要としますが、雷巡では条件を満たせない海域に軽巡として開幕雷撃を放てるという点が多くの海域における攻略に貢献してくれます。
    五十鈴はリーズナブルな上三式爆雷をおみやげにしてくれるため有用ですが、彼女自身の性能は軽巡としてはけして高くなく、昼連撃ができません。ですが、改二にすると対潜の値に関係なく先制爆雷を撃てるという特権を得られます。
    夕張は4スロット艦であり、夜戦火力もそこそこですが脆いため、イベントの難関海域で用いるには若干の不安があります。ただしこの4スロットであることが索敵装備や夜戦装備の運用で役に立ってくれることから、大淀を持っていない場合に補欠要員にすることは可能です。彼女も昼連撃ができないので注意が必要です。
    球磨・長良は軽巡として上位クラスのスペックをもち、いずれも早い段階でそのポテンシャルを引き出してくれる早熟型なので、神通や川内が間に合わない場合にも保険的に運用可能です。また、札付きと呼ばれる、出撃制限の発生するイベント時に神通や川内を温存したい場合にも役立ちます。
    大淀は夕張と阿賀野型を足して雷装を落としたような能力をもっており、4スロット軽巡の優位性とその恩恵をいかんなく発揮してくれます。夜戦ではそこまでがんばれませんが、それを補ってあまりあるところを多く持っています。使ってみるまではなかなか良さがわかりませんが、使ってみるとその便利な女ぶりをよくよく実感できるはずです。ただ、入手手段がイベント海域や超低確率のEO海域に限定されるので、持っていたらでかまいません。代用は効きます。

    ●重雷装巡洋艦
    ◎北上、大井
    ○木曾

    対深海棲艦のリーサルウエポンとして、艦これの初期から君臨しつづけるのが重雷装巡洋艦です。すべてしっかり改二にして育て抜きましょう。
    (なお、運用のコスト的に最終海域でなければ使えないということはなく、最終兵器の正しい訳であるアルティメートウエポンよりも、そのまま致命的兵器という訳のリーサルウエポンで合ってます。ちなみにアルティメートウエポンはあえて言えば大和型ですね)
    北上は北神様とも呼ばれるほどであり、入手の容易さとは逆に高い運も持ち合せる関係から、魚雷カットイン運用も可能であり、その大火力はイベント海域ごとに最深部ボスをねじふせるために投入されつづけてきました。これからも重要な役割を担い続けることは変わらないでしょう。
    大井は北上に比べて入手難度も高く運も低いですが、北上とふたり合わせることで北上が損傷しても大井が決めるパターンも数多く、最終打が北上ではなく大井のものという場面も数多くあります。
    木曾は大井北上に比べて改二で雷巡になるまでのレベルが遠い上、ふたりと比較して夜戦火力は控えめですが、3本目の矢としては十分すぎる能力があります。3人そろい踏み可能なら、大井北上の次に添えてあげることもできます。

    ●駆逐艦
    ◎夕立、時雨、島風、雪風、綾波、霞、大潮、皐月
    ○(幸運)初霜、潮
    ○(コンバート改装で活かす)朝潮
    ○(大発が積める)江風、響、睦月、如月
    ○(先制爆雷の敷居低め)朝霜、Libeccio
    ○(改二実装艦)初春、吹雪、叢雲、暁

    ◎の艦は単にレベルを上げるだけで十分強さを発揮します。特に火力の化け物である夕立と綾波、総合的な水上戦闘力の高い島風、強力な幸運艦である時雨と雪風、幸運がそこそこ高い・夜戦火力も十分・大発にカミ車が積める、その上艦隊司令部施設を積めると三拍子そろった霞の6隻は絶対に高レベルにしておきましょう。
    また、最近のアップデートにより陸上最大火力&砲と夜戦の火力に非常に優れた力を得た大潮と、戦闘力は微妙でも輸送力と対潜の敷居が低い皐月も育てておくと役に立ちます。大潮の改装は改装設計図が必要ですのでその点には注意しましょう。
    ○の艦は◎の艦に比べると長所がやや丸いですが、それぞれかっこ内の長所において生きる場面が出てきますので、可能なかぎり育てておきましょう。

    なお、扱い方の都合ここでは触れていませんが、秋月型はその防空力と持ってくる主砲は非常に大きく貢献してくれます。

    ●軽空母
    ◎ちとちよ、龍驤、飛鷹、隼鷹
    ○瑞鳳、祥鳳、龍鳳、鳳翔

    軽空母は◎の艦がイベント海域備え、○の艦がレベリング支援艦です。
    ちとちよ(千歳と千代田のこと)は水母のバージョンも持っておくとルート固定要員の意味で困らなくなりますし、軽空母としてもバランスの取れた強さを発揮してくれます。人によってはちとちよだけでいいと言う人もいるくらいです。
    龍驤は2スロットが、隼鷹は3スロットが中艦載数になる、高火力艦です。スロットを効果的に運用できればちとちよではカバーしきれない領域を補えます。逆に龍驤は若干運用が難しく、隼鷹は龍驤ほど尖っていないものの低速であるため、ルート固定条件に左右される可能性があります。
    飛鷹は隼鷹と同様低速艦ですが、平坦な艦載数は戦闘機キャリアにした際軽空母最大の効果を発揮できます。若干もろいですが、それを補ってあまりある有用性です。
    ○の艦はイベント海域で使うには愛が必要ですが、持ち前の小スロットや省エネ度合いは他の艦をレベリングする際に非常に役立ちます。◎の艦の保険も務められますが、積極的に育てると言うよりは、他の艦を育てていたら自然に育っていた、くらいのつもりでいけば良いかと存じます。

    ●潜水艦
    ◎おうみんなオリョクルいってこいや
     (あえて言えば伊58、もっていたら伊401、呂500。まるゆは特別)

    潜水艦はとりあえず持っている艦を動員してオリョールクルージング、通称オリョクルさせておけばよいです。
    たったそれだけ? と言われそうですが、それだけでよいです。
    オリョクルさせるだけで潜水艦は全て勝手に育ってくれますので、あえて育成重点を記述することはしません。
    その中であえて、イベント投入すると有用とされるのは、幸運の高い伊58か、全体的に能力の高い伊401、あるいは持っていたら呂500かU511あたりです。伊8、伊19、伊168の3隻は好みで。
    まるゆは戦力としてはまったく役に立ちませんが、改修時に艦娘の運を高めてくれる唯一の艦です。がっつり育てるというよりは、いかに数多くそろえて戦力強化につなげるかが重要になります。

    ●特別艦種
    (揚陸艦)あきつ丸、
    (工作艦)明石
    (潜水母艦)大鯨
    (練習巡洋艦)香取、鹿島
    (水上機母艦)秋津州、瑞穂
    (補給艦)速吸

    特別艦種は「入手可能なら手に入れて運用する艦」です。
    あきつ丸は艦自体は弱いですが、持ってくる装備やルート固定要員的な意味と、陸軍の揚陸艦であるが故の陸上目標特効、聯合艦隊の空母外制空要員など、その能力を発揮される場面はその特殊な仕様によるところがあります。レベルによって劇的に強くなる艦ではないので、レベリングをするならせめて改造済みになる程度を目安とするとよいです。
    明石は2015年冬イベではルート固定要員でしたが、あくまで彼女は鎮守府で修理と改修を受け持つのが仕事であり、その面でのオンリーワン艦と言えます。レベルを上げればそれぞれの効果を高められるので、余裕があるなら育てておくとよいでしょう。
    大鯨は艦としては弱く、せいぜいがルート固定要員になるかどうかといったところなので、積極的にレベリングするよりは所持してルート固定の選択肢を広げる要員としての立ち位置になります。
    香取と鹿島も巡洋艦の名を持っていますがあくまで練習巡洋艦、艦としては他の巡洋艦たちほど強いわけではありません。ただ演習でボーナスが入るのと、昼連撃ができる上、ルート要員として他の巡洋艦とは別枠扱いになるため、重巡や軽巡ではひっかかる場面でも彼女なら通してもらえることがあります。特に香取は建造で入手できるので、とりあえず手に入れたら使えるようにしておくとよいでしょう。
    秋津州はちとちよと同じ水母扱いですが、水母版の彼女らと同じ程度の能力であるにもかかわらず開幕航空攻撃できない、開幕雷撃できないと、攻撃力が対潜くらいにしか働きませんが、かわりに触接率の高い大艇ちゃんがいます。がっつり使い込むタイプではありませんが、ルート条件に指定される可能性はあるので特性を理解しておくことは大事かと。
    瑞穂は水母ちとちよがいない場合の水母要員として力を発揮し、しかも彼女らふたりより高スペックです。入手しているならぜひ育てましょう。
    速吸は洋上補給を持たせることで海域の戦闘数がかさんだときにそのペナルティを軽減してくれますが、それ以上に水上機が使用可能なこと、艦上攻撃機を積んで航空機による開幕攻撃+砲撃を行えるという利点があります。スロットが小さいので熟練度を失う可能性を考慮しつつ使う必要はありますがその部分は非常に強力です。ただし非常に脆いため、旗艦にしてかばってあげるかダメコンで補う必要があります。

    ●終わりに
    レアリティによって、手元にいない艦もおそらく数多くいたかもしれませんが、その場合入手してから育てても遅くありませんので、まず今持っている艦から育てていくとよいでしょう。

    なお、このお勧めはもちろん強制ではありません。意見は人それぞれです。
    ただ、真に好きな子を育てて、その子らで最難関最深部を超すつもりであるならば、育てた分をしっかり受け取る気持ちで、提督の手でバックグラウンドを整えてあげましょう。


  • 広告
  • 2015秋 戦力分析と去年との比較

    2015-11-02 02:34
    なんとなく戦力分析とかしてみようと思った。
    特記していない限り最大改造段階。(改二あるなら改二まで行ってる。ごこーせんは甲)
    下記の去年と比較した大きな違い(新顔とか大きくレベルアップしたとか)は太字。

    戦艦:武蔵96 金剛95 比叡95 榛名95 霧島95 長門91 Italia91 陸奥90
    航空戦艦:扶桑121 山城109 伊勢95 日向96
    正規空母:瑞鶴112 飛龍106・77 加賀97 蒼龍96・78・78 雲龍94 赤城88 天城88 葛城66 
    軽空母:千代田100 千歳95 瑞鳳95 龍驤94 隼鷹94 飛鷹89 龍鳳87 鳳翔78 祥鳳66
    重巡洋艦:愛宕150 羽黒89 妙高89 高雄83 摩耶79 鳥海79 プリン74 那智68 古鷹66 足柄66 衣笠66 加古65 青葉62
    航空巡洋艦:利根95 鈴谷89 最上82 筑摩80 三隈80 熊野64
    軽巡洋艦:五十鈴88 神通88 那珂81 川内80 大淀77 阿武隈76 阿賀野73(以下略)
    重雷装巡洋艦:北上112 大井98 木曾67
    駆逐艦:長波105 夕立97 時雨94 潮87 浜風85 綾波85 磯風81 雪風78 吹雪74 如月74 初霜72 叢雲72 暁71 電71 Bep70(以下略)
    潜水艦:伊19 97 伊58 97 伊8 90 伊168 89 呂500 77 
    特殊艦:あきつ丸47 水母ちと70 水母ちよ70 明石35 香取46 速吸26 大鯨14

    なお、以下が去年の地点での記録。
    比較して特に大きいのはやはり使える駆逐の絶対数が増えたこと。
    戦艦:武蔵86 金剛86 比叡85 榛名85 霧島85 陸奥75
    航空戦艦:扶桑90 山城81 伊勢81 日向33
    正規空母:飛龍95 蒼龍89・78・78 加賀86 赤城84 瑞鶴84 雲龍76
    軽空母:千代田95 龍驤88 千歳85 隼鷹83 瑞鳳82 飛鷹81 鳳翔76 龍鳳59 祥鳳35
    重巡洋艦:愛宕130 羽黒82 妙高80 高雄78 鳥海68 衣笠61 古鷹37 筑摩36(以下略)
    軽巡洋艦:五十鈴84 川内67 神通66 那珂66 阿賀野63(以下略)
    重雷装巡洋艦:北上80 大井65
    駆逐艦:夕立84 潮80 時雨78 浜風77 長波70 電67 磯風57(以下略)
    潜水艦:伊19 83 伊58 81 伊168 72 伊8 58
    特殊艦:あきつ丸37 水母ちと46 水母ちよ45

    去年の航巡ぇ……記憶では利根と鈴谷が80台、最上が70台で他は未育成くらいのレベルだったと思ふ。


  • AMDのAPUに750Tiを挿すお話

    2015-10-12 10:17
    APUに挿すならi5でよくね?

    そういうお話、単純にCPUの速度で考えていたりしない?
    まあAPUに積んでるCPUが物理実質4coreじゃないのと、IntelとAMDのCPU特性差で単純にIntelのCPUのほうが速度出るのはわかるんだが、AMDのAPUに適応するにはそれなりに理由があったりするわけで。
    そんなお話と、実際に使ってみたお話。

    その0、とりあえず現在の環境について
    一応現状は以前お話したMMD環境に兜2乗っけてASUSの750Tiを挿しただけの状態。OCモデルだったせいか補助電源必要だった。750Tiといえば補助電源いらないというのが定説だが、一応OCできてちゃんとしたクーラーが入ってるおかげでデフォなら負荷かけてもGPU温度は50℃で止まる。
    人によっては70~80℃いくらしいししっかり冷えてると言えるだろう。音もそこまでひどくない。

    その1、APUにゲフォ挿すって異端
    まずものは試しだったのが第一。へたれあむだーな自分的には、ゲフォを使ってみてどうなるかを試してみたかった。さすがにIntel環境まで整えるにはマザーもセットなのでちょっと辛い。ケースや電源なんかはとりあえず流用できるとしても。
    一応、今ならIntelにもiGPU積まれてるし、Skylakeの中のとかiris入ってるやつとかはAMDのAPUにも負けない処理速度を持ってるので、いちから組むならそれもいいんだろうが、今使えるリソースを生かしつつけちったという、ちょっと言い訳がましい理由もある。
    まあ、A10に積んでるCPUなら速度面ではi3くらいの能力はあるしこれはこれで。

    その2、導入に関する注意点
    とりあえず積めることは積める。割と問題なくいけるようだが、OS内のドライバ状況によっては750Ti側から表示できないときもあるので、そういうときは慌てずiGPU側に挿せばだいたい表示される。無理ぽならiGPU無効にしてみる。
    自分の場合、750Tiのドライバを入れたら表示されなくなったものの、iGPUのドライバをDriverFusionなりのドライバ削除ツールで消し、UFEI(BIOS)の設定でiGPU強制&プライマリに設定してiGPU側から表示させ、改めてiGPUのドライバを入れてからUFEI(BIOS)の設定を750Tiが有効になるように戻してから750Ti表示でiGPUもdGPUも有効な状態で動かせている。

    その3、実使用について。
    まずはGPGPU編。なおドライバは両方現時点で最新のもの。


    とりあえずCUDAを動かせるようになったのは大きい。普段は遊んでるiGPUを裏で回しても平気になった。
    AOCプランニング様のGPGPUベンチマークであるが、左は750Tiが担当し、右は7850kのiGPUが担当している。処理数値そのものはそれほどふるってない感じな気もするが、単にベンチ側の設定を詰めていないだけ。
    CUDAを本気で稼働させたければ750Tiではコアの種類的に不向きだが、とりあえずよさそうな方を選べるというのは大きい。

    ただゲフォラデでタッグを組ませても直列な相乗効果が出るわけじゃない。



    Sandora 2015 SP2でGPGPU能力を試したもの。
    緑が750Tiの単体CUDA、橙がiGPUの単体OpenCL。
    青いのはDirectConputeで両方組み合わせて試した場合。
    黄色は750Ti単体の時のDirectConpute。
    両方合わせても単精度が750Ti単体のDirectConputeと、倍精度がiGPU単体のOpenCLと変わらない結果になっている。両方合わせたOpenCLはもっとへばってた記憶があるので、完全に一緒の仕事はうまくいってないという感じになる。
    Dx12で両方いっぺんに動かせるようになるらしいが、現状は別々の仕事を与えるべきである。
    んで何をさせるのさ? という話になったら、表示で使ってないGPUにトリップ掘りやマイニングや病気解明させとけばいいんじゃないの? ということになる。

    つづいてMMDでの処理について。いわゆるDirectx9での廃負荷環境。
    何も読ませないとき……150~180fps
    きしめんAllstars……50~60fps
    マリエル再現………17~21fps

    なんというか、思ったよりふるわない印象が。
    たぶん設定ミスかなにかだと思ったので、いったん再起動などなどしてみて再度試験。
    何も読ませないとき……200fpsくらい
    きしめんAllstars……120~129fps
    マリエル再現(デフォ)………60~69fps

    十分すぎるじゃないかわが軍は。
    以前HD6970で試験したときに比べて消費電力・温度比の能力が素敵すぎる。
    まあMMDのエフェクト関連はラデよりゲフォのほうが数字伸びるっぽいので、このあたりはこんなもんだと思う。あんまり負荷かけなければ十分やっていける。
    たぶんうまく動かなかったのは、GPUのBIOSレベルをASUSのツールで操作したまま再起動もせずにいたせい。今は落ち着いている。うん。

    その4、まとめ
    MantleやらDX12やら試すならラデラデでもいいが、そういうんでもなければゲフォでもよさそう。一緒に仕事させるよりは、それぞれ別々に稼働させたほうがいい。
    ゲフォは倍精度が苦手なのでその手の精度が必要な処理はAPUのiGPUに任せたほうがいい。
    あとはAPUに乗っかってるHSA対応部分がこれからどういう推移をしていくかである。遊んでるiGPUがよりいっそう稼働してくれる環境ができればもっと素敵なことになるはず。
    とりあえずしばらくはこれで生活できそうである。