• クールジャパンの「これじゃない感」

    2013-07-08 17:48
    ※このエントリは岡田斗司夫さんが主観する会員制SNSの私の日記を一部加筆修正して転載したものです。

    長くなっちゃったので3部構成で^^;

    ■前置き
    「クラウド型クイックアクションレコーダー機能を中心に置いてクリエイター育成サービスを提供しよう!」ということで新しい会社で走り始めたわけですが、まずは、その有効性というか面白さを体感できるプロトタイプでもα版でもいいから、目に見えるものを作りたいわけです。

    初期の段階で、①サーバー、ネットワーク周りのインフラ技術者、②DBも含めてウェブ系フレームワークを組む技術者、③動画再生まわりのプレイヤーの技術者、④デザイナーといった人たちが必要で、さらに、継続してサービスを続けながら、使い勝手をあげていくとなる、ある程度の人員を確保していく必要があると考えているんですよね。

    ①はプロジェクトに参加希望してもらっている社内技術者でなんとかなりそうですが、それ以外はなかなか厳しいので、外部からの協力は必須。


    自分の評価経済資本がたっぷりあれば、「面白そうだから手弁当で是非」なんていう人たちが集まってきてというように進めるのが理想ですが、そんな資本は。。。

    そんなわけで、お金経済に頼るしかないのが今の状況ですが、ニコニコの戀塚昭彦さんや、当時のライブドアの小飼弾さんみたいなスーパー技術者がいるわけでもないので、(仮)版サービスリリースまでに3カ月はかかると思うし、その後付加サービスの充実をはかるとなると、この間の外部の技術者のメンツと、ネットインフラを維持しないとならないわけで数千万単位でお金が必要なわけですよ。

    経営陣をはじめ会社メンバにはサービスの必要性や存在意義を感じてもらいだしているのですが、ポンとお金が出るほど甘くはないですから、資金調達の手段も検討しないとね。

    みんなのアニメでも使おうとしているクラウドファンディングというのもある。あるけど、現時点では難しいだろうなぁ。。。まず(仮)版をつくって使ってもらうのが先だろうし。
    で、なんか助成金があるらしいというクールジャパンについて調べてみたわけですよ。

    個人的には国やそれに準ずる団体が行っている助成金にたよるのって、違和感あるんですよ。
    特に最初から事業ブランに助成金をもらうことが前提のビジネスってどうなんだろうというのもあるし、立ち上げ時に助成金をもらって成功したっていうビジネスもあんまり聞いたことがないような。

    でも、とにかく戦争やるには弾が必要で背に腹はかえられない。
    まずは調べてみようと。

    見つけたのはこちら。
    http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/cool_japan/

    内閣官房知的財産戦略推進事務局ってところでとりまとめた「クールジャパン推進会議」ってところですね。
    ちょっと前に秋元康さんの「クリエイターは無償で協力すべき」発言で物議をかもしたやつですね。

    秋元康さんの発言事態については議事録をちゃんとよむと、ジブリとか日本のトップランナークリエイターが一肌脱いで引っ張っていくべきだという趣旨の発言なんだけど、たとえの一部分だけ切り取られて「クリエイターは無償で尽くすべき」みたいになっちゃっただけに見えるし、推進会議のありようや進め方自体に対する疑問もぶつけているところは個人的には納得感というか共感できる部分はあったわけです。


    ■基金500億円
    で、このサイトに公開されている資料とか議事録とかかったっぱしから読んでみました。

    結論からいうと、クールジャパン名目で500億円の基金をつくることが、決定したとのこと。

    http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/cool_japan/dai1/siryou5.pdf

    500億円というと、1億円なら500本、1000万円なら5000本のプロジェクトが作れるわけですね。

    ITバブル華やかしころを少し思い出させてくれる規模の実弾が用意されるというのは、それはそれでいいことなのかもしれない。

    でも、議事の中身を読めば読むほど「これじゃない感」が。。。
    まぁ、既にあるクールジャパンコンテンツを海外にガンガン売り込んでいこうぜ!って趣旨なんで、海外に人を送りこんで交流を深めようとか、海外のオタクを育てていこうって感じの話が多くて、もっと身近な国内の動きについての議論があまりなされていない感じ。


    ■クールジャパン推進会議ポップカルチャーに関する分科会

    アニメ・漫画関係については、こちらの分科会で議論されていて、具体的なアクションに向けた議論がなされています。

    http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/cool_japan/bunka/dai2/gij...

    特に慶應義塾大学の中村伊知哉 教授の提唱する3つのキーワード、

    「参加=みんなで」
    「融合=つながって」
    「育成=育てる」

    これなんかもコンテンツのあり方やクリエイターの育成方法なんかホリエモンさん×岡田斗司夫さんで進めてる「みんなのアニメ」に通じていると思うし。

    神の雫なんかの漫画原作者である樹林伸さんの、

    育成っていうまえに、「週6日間で、朝10時から、早ければ夜8時、遅ければそのまま次の夜まで徹夜。収入は、初任給が8,000円、5か月目で3万でした」っていうアニメータの労働環境ってどうよ?!

    みたいな発言はほんと本質をついているという感想をもちました。

    でもね、これが上の推進会議でまとめられてでてきたのが、

    「ポップカルチャーのクリエーターの励みとなるように顕彰事業の充実を図ること。」

    ようは、「いろいろ表彰してやるから、おまいら、がんばれよ!」みたいな。。。

    予感はあったが、「クリエイター育成するサービス」をお上にたよるのは無理があるな。自ら創らねばという思いを強くする今日この頃といった感じです。

    ここの記事にもありますが、
    http://www.huffingtonpost.jp/2013/06/13/story_n_3438220.html

    お上には、お金はだしても口は出さないことを期待ですね。
  • 広告
  • 俺、50歳になったら引退して自分のやりたい事を仕事とするんだ。

    2013-06-18 21:09
    本日6月18日で50回目の誕生日を迎えました。
    フェースブックでおめでとうメッセージをいただいた方、ありがとうございます。
    春先に不惑を目前にして「このままでいいのか?」とブルーになったりドタバタあがいた時期があり皆さんにはご心配をおかけしました。
    あがいた甲斐があってか来月から新しい環境で面白いことができる予定です。

    「俺、50歳になったら引退して自分のやりたい事を仕事とするんだ。」

    30代後半からこんなこといってました。
    当初は45歳が目標だったんですが、45歳では目処が立たず50歳に修正したという経緯があります。
    45歳以降は目の前の仕事や生活に忙しく、頭の片隅に引っかかりはあるものの、そんなことをいってたことさえ忘れていたわけでです。
    今年に入っていよいよ、その50歳が目前になってくるとプレッシャーというか焦りが出てきた。

    しかし、経済的に「引退」には程遠い状態。
    貯金どころか借金の方が多いのが現実。
    いろいろあったが彼女もできて、引退はせずとも、いやな仕事ではないが方向性や領域が少し異なる今の仕事を続けて安定した生活を目指すのも悪くないかも。。。

    でもね、やっぱり、やりたい事をやりたい。
    50歳という節目を超えちゃうと、もう、きっかけをつかめなくなりそうな不安。
    10年前、5年前は、自分のやりたい事は夢物語というか実現性が低かったけど、テクノロジー的にも、ライフスタイル的にも、世の中の環境もどんどん変化・進化して、実現性がどんどん膨らんできているのを横目で見て、いてもたってもいられないような焦燥感。

    動かねば!動かねば!動かねば!
    いつ動くの?
    今でしょう!
    と、いうことで50回目の誕生日は自宅警備員状態で迎えたわけです。

    金運は相変わらずいまいちということで、残念ながら経済的な「引退」は実現できません。
    ただ、仕事運には本当に恵まれていて、動いてみて、足掻いてみた結果、ありがたい事に私のやりたいことを一緒にやってみようという会社とめぐり合うことができました!

    来月から本格始動します。
    できれば、やりたい事の中身をこのブログを活用して皆さんと共有し、興味をもたれたかたのご意見やアドバイスをもらえればと考えています。

    ということで、取り留めないチラシの裏的な内容で申し訳ありませんが、50回目の誕生日を迎えてのエントリーでした。
    ではでは。
  • enchantMOON Night @ゲンロンカフェ

    2013-04-24 03:16
    予感はありました。
    昨日、@shi3zさんのブログでイベントの告知を見たときから、「定員数書いてないけど大丈夫かなぁ」と。

    メーカでワークステーションやタブレット端末のハードウェアや基本ソフトを開発をしていた身として、ニコ生や@shi3zさんの熱いブログで昨年末あたりから気になっていたenchantMOONの一般向けイベントが、これも行ってみたいなとおもっていた@hazumaさんのゲンロンカフェで行われるということで、なぜか時間もあるしということで参加してきましたが。。。


    18時30分受付、19時開始ということで18時20分頃にJR五反田到着。
    五反田は、ほとんど縁の無い場所で土地勘がないので、迷うのではないかとおもいましたが大通りに面したビルで窓ロゴを直ぐに発見。1Fに出ていたの看板をみてひと安心。

    エレベータで6階まで上がると、狭い階段に既に人の列が。
    10人ほどならんでいたと思います。
    6階と5階の真ん中あたりの最後尾につきましたが、間を空けずに続々と人が来てあっというまに最後尾は階下に見えなくなってしまいました。

    19時前後に入場開始。入り口で予約申込書と規約とenshantMOONのロゴシールを受け取って入場。
    アップルユーザであればおなじみの製品についてくるロゴシールがありますが、ほぼあれと同じ感じのシールです。



    で、続々と参加者が入場。。。入場。。。入場。。。
    ニコ生でみると広く見えるゲンロンカフェがあっというまに人でいっぱいに。
    それでも後から後から人が入ってくる様子。
    ステージの反対側の窓際にいすが並べられていたのでとりあえず着席し熱気ムンムンの会場内で状況把握のためにツイッターをチェック。
    すると冒頭のツイートがw
    おもわず、



    とツイート。
    結局、清水社長みずから入場制限かけて入れ替え制でいきたいという趣旨の状況説明をはじめ、そのままプレゼンに突入。

    enchantMOON開発に至った経緯、なぜ今スタイラスなのか、紙を再発明するというキャッチ、ジョブスのミス、どっかで炎上中の話を匂わせたロゴデザインの話、アプリの開発環境先に用意した話、



    作ったあとで気づいた米粒に字をかける程という解像度スペックの話、驚きのUIポリシー等々、熱く笑いもとりつつ巻き巻きでプレゼン。



    途中で「床が抜けるんじゃないか」と心配になった東さんも登場。

    スタッフから何度も「巻いて巻いて」の声をうけつつ熱気ムンムンの中19時40分ぐらいにプレゼンを終了。

    そして、参加者お目当ての実際に触ってみた企画の開始です。
    が、ここからが長かった。
    「お一人様30秒から1分でお願いします!」ということで開始されましたが、用意したデモ機は3台で、途中1台がダウン。


    いつ触れるかわからない状態で何度もあきらめて帰ろうと思いましたが、歴史的なマシンになるであろうものに「最初のイベントに参加して、さわったどー!」といいたいがため意地で並んでましたw
    約1時間待ちで順番がまわってきました。結局自分の名前を書いただけですw
    一様その時の動画もありますが、編集&エンコがメンドイのでまたの機会に。
    ・・・・・

    清水さんは当初40名ぐらいしか来ないとふんでいたようで、ほんとうに予想外とおっしゃっていましたが、冒頭に書いたように私は相当人が来るだろうなと思っていました。
    このマシンがかもし出すワクワク感とそれを実現した清水さん、UEIは、もっと自己評価を上げてもいいじゃないいかと思います。
    今となっては日本の大メーカーに期待ができない、夢や理想がたっぷり詰まったマシン、プラットフォーム、エコシステムを是非実現していただきたいと思います。
    ・・・・・
    最後になりましたが、「こんだけ参加者がいて、カフェの売上げはこんなんかい!?」という東さんの声が聞こえてきそうでしたので、会場を出る前にお勧めのワイン「CALERA」を一杯いただいて帰途につきました。 コクのある甘みの大変おいしいワインご馳走様でした^^

    enchantMOON公式サイト
    ゲンロンカフェ公式サイト
    UEI Shi3zの日記
    マスメディア向け発表会の様子