『プレイ日記』と『プレイ動画』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『プレイ日記』と『プレイ動画』

2013-07-13 00:41
    双方とも手掛けた事があるので、今回の題材に選んでみました。

    『プレイ日記』のメリット

     メリットを挙げるとすれば「いつでも肉付け編集が出来る」という事。
     でも実プレイ部分を改竄してまで書いたら既に『プレイ日記』ではなくなります。
     敢えて言うなら『エアプレイ日記』か?w
     実プレイ部分を改竄しなければ、その他の部分をいくらでも何度でも
     肉付け作業し放題っていう意味です

     「いつでも肉付け編集が出来る」という例として、私がサイトで公開している
     PS版ドラクエ4のプレイ日記を使ってみます。
     まずはこちら
     第2章のプレイ日記、所期仕様である
     どう見ても淡々と進めて、淡々と書いてるだけって内容ですね。
     でも、これに肉付けをしてみると……なんということでしょう!
     アッー!と言う間にあらゆる盛り付けがされて、再プレイしたわけでもないのに
     「どうしてこうなった!?」な内容に大変身をしているじゃありませんか。

     これがプレイ動画だと、(データが残っていなければ)ゲーム本編を再収録した上に
     紙芝居を追加したりなど多くの作業をしなければならない。
     しかも、一度の作業の間に全てのネタが思いついたのならば良いが、時期が
     バラバラで思いつくとそのたびに修正版をうpするの?という話になってしまう。
     プレイ日記はホムペ公開のhtml文章ゆえ、何度でも加筆修正版を簡単に
     挙げることが出来る。これは大きなメリットであると私は思う。


    『プレイ動画』のメリット

     では、動画のメリットは何だろうか?
     ニコ動に限れば視聴者さんからのコメントで、モチベーションが左右されたり
     盛り込めそうなネタのアイデアが浮かんだりするし、見る側も
     「この後どういう進行をするんだろう?」
     という期待・予測などでも楽しめる。
     これは画面を通じて、進行が目に見えて分かるからである。
     プレイ日記ではゲーム画面は脳内再生するしかないのだから。
     再び私の「ドラクエ4プレイ日記」を参考に用いるが、第5章でトルネコが
     仲間になった直後の進行。ここは動画にしたらコメ数も稼げたかもしれない。

     しかし、第3章の場合だと、何をどう動画で見せろと?
     それこそ、エンカウント無しの証明映像くらいにしか使えない。
     「視聴者と共に楽しむ」という視点では私のプレイ内容は動画向きではないと
     はっきり断言できてしまう。
     プレイ日記だからまだ成立させられたと私は思っている。
     まぁ、私の動画編集/演出技術が低いからそういう部分で魅せられない代物
     
    と言ってしまえばそれまでだw

    なので、動画サイトでのプレイ動画などが出回っている昨今でも、私は動画よりも
    テキストでの方が面白おかしく出来るなぁ~と思った作品はプレイ日記として公開するし
    それこそ、
     「大きな編集無しで丸揚げしても伝わるよネ?」
     「こんなもん、どうやってプレイ日記を書けって言うんじゃい!」
    って内容や
     「ちょっと紙芝居やAviutlでいろいろやった方が面白く出来そう」
    と思った作品はプレイ動画として公開します。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。