【F1】ビアンキの事故に関する私見など
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【F1】ビアンキの事故に関する私見など

2014-10-09 00:14
    最初、現地の場内FMで事故を聞いた時はここまで酷い事故だとは思っていませんでした。
    スーティルがスピンアウトした映像を見て
    「94年のモルビデリがやらかしたのと同じような場所」
    って言ったそばから撤去作業の処にビアンキが突っ込んだと聞いて
    「20年前の再現すぎるだろ(汗)」
    っていう会話をしていたほどです。
    まぁ、赤旗終了だろうなとは思いましたけど。
    スタート前の豪雨に関して場内FMでも「94年以来の大雨スタート」と、言っていたので
    何かと94年に起きた内容を思い出してしまったんですよね。

    レース後の帰路で情報を求めてて、どんどん事態の深刻さを知っていった次第です。

    ビアンキの事故に関して私の見解は
    「不運が重なりあったレーシングアクシデント」という認識です。

    ・スタート時刻に関して
     ヨーロッパでの生放送をするのに時差を計算して設定された15時スタート。
     日照時間・日没を考えると正直遅いです。
     ましてや悪天候だと更に暗くなりますからね。
     でも今回に関しては15時スタート以外でマシなコンディションが1時間以上続いたのは
     朝9時半~11時過ぎくらいしかありませんでした。
     11時スタートだったスーパーFJの終盤くらいから再び天候が悪化しましたから。
     ドラパレの後も少し回復しましたけど、15時のスタート段階では皆さんご存知の通り。
     2周目での赤旗提示は不要でしたね、ピットにマシンが戻る頃には小降りでしたし、
     それはデグナー方向の景色を見ていれば視界が良くなっていくのも明らかでしたから。

     スーティルがスピンした時はTVではわからなかったかもしれませんが、
     現地では結構暗くなってきていました。

     スーティルの「暗くて水たまりが見えなかった」というコメントはあり得る話。
     雨が強くなった直後だったので1周前とは水たまりの大きさが異なっていた可能性も
     十分に考えられます。
     だとすればやはりスタート時間が…という話に戻りますよね。
     14時スタートで15時の雨でSC導入、小降りになってSC解除だったら良かったかも?



    ・リスタート直後の路面コンディション
     ベルニュが「コンディションは良好だ」とリスタートをせかした一方でマッサは
     「何も見えん」といってレース中止を訴えていました。
     ウェットレースでウォータースクリーンがあるんだから、ある程度視界不良なのは
     覚悟しておかないと仕方ないでしょ。
     明らかに危険だという酷いコンディションなら仕方ないが、実際にはバトンが
     インターに履き替える決断をした後だし、ちょっと説得力がなぁ…
     (しかもそれでバトンは3位まで順位を上げたし)
     雨になったらレースやらないNASCARに転向してはどうですか、マッサさん?


    ・スーティルの事故後の処理
     ワーウィックも言っていたが、あれでSCを入れていたらマシンが停まる毎に
     SCを入れなくてはならなくなる。
     なので、あの場面でのレース続行を私は支持します。
     それに鈴鹿のコースマーシャルの撤去作業が速いのは有名ですしね。
     マーシャルが批判されるのもおかしいでしょ。
     ただ、雨が強くなってきたタイミングだったので、コンディション面でSCが入るなら
     それは仕方がないかなとは思ってましたが、誰もスリックを履いているわけではないし、
     溝のあるインターミディエイトで走っているマシンが大半だったのでSCにしなくても
     良いという判断を下したのかなと思います。


    ・ビアンキが黄旗に気付かなかった?
     旗提示しかなかった以前ならまだしも、今はLED点滅でもイエロー区間が表示されるし
     さすがに気付かなかったという可能性は無いと思います。
     むしろ、作業ポイント直後にある12番ポストで提示されたグリーンフラッグを見て、
     ポスト手前からスピードを上げようとして飛び出した可能性の方が考えられます。
     12番ポストは撤去作業場所を(直後だけど)過ぎた所にあるのでグリーン提示は
     間違ってはいないんですよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。