• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【編集長:東浩紀】ゲンロンβ12【アートと生の力】

    2017-03-18 03:00
    540pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ゲンロンβ12 2017年3月17日号

    beta_title.png
    12
    2017年3月17日号
    編集長:東浩紀 発行:ゲンロン


     目次 

    1. 観(光)客公共論 #13 東浩紀
    2. アートと生の力――新芸術校 金賞受賞者対談 磯村暖(第2期金賞)×弓指寛治(第1期金賞)
    3. ポスト・シネマ・クリティーク #15 小森はるか監督『息の跡』 渡邉大輔
    4. 「ポスト」モダニズムのハード・コア――「貧しい平面」のゆくえ #17 黒瀬陽平
    5. 浜通り通信 #48 ハリボテの城が指し示す未来 小松理虔
    6. 人文的、あまりに人文的 #11 山本貴光×吉川浩満
    7. SF創作講座レポート〈秋〉 家族・文学・宇宙・神 溝口力丸
    8. 批評再生塾定点観測記 #8 哲学・思想 横山宏介
    9. メディア掲載情報
    10. ゲンロンカフェイベント紹介
    11. 編集部からのお知らせ
    12. 編集後記
    13. 読者アンケート&プレゼント
    14. 次号予告
       

    表紙:弓指寛治《十字路》部分。2015年度の新芸術校成果展で金賞を獲得した弓指は、2016度も同講座の上級コースに通っている。《十字路》は彼が成果展に向けて制作した2枚の作品のうちのひとつで、作家の母が遭遇した交通事故現場から想像を膨らませて描かれたもの。五反田アトリエでの成果展、および大塚のフォトスタジオDUST BUNNYで開催された連動企画「Death Line」展に出品された。
    撮影=編集部

     


    観(光)客公共論 #13
    東浩紀
    @hazuma


    『ゲンロン0』を書き終えた。分量は原稿用紙500枚に及ぶ。すべてぼくが書き記した。3月末に会員(第4期および第5期)と直販サイトでの購入者のみなさんに発送し、4月はじめからは書店にも並ぶ。来月のいまごろには感想が出そろっていることだろう。

    『ゲンロン0』は『ゲンロン』の創刊準備号である。しかし同時にぼくの書き下ろしの単行本でもある(雑誌か単行本かの区分は流通上の形式の問題なので、弊社ではあまり気にしていない)。単行本としては「観光客の哲学」という題名をもつ。内容には自信がある。政治思想の本でもあれば文芸批評の本でもあり、また両方が切り離せないことを主張した本でもある。同書の議論には、『存在論的、郵便的』以来、この19年間ぼくが行ってきた試行錯誤の成果が詰まっている。だから、『存在論的、郵便的』の読者も『動物化するポストモダン』の読者も『一般意志2.0』の読者も、きっと満足してくれるはずである。そして、ぼくのいままでの仕事を知らない読者も、批評とはこのようなスタイルの思考なのか、政治と文芸はこのようにつながるのかと驚いてくれるはずである。とにかく読んでほしい。

    ところでこの『ゲンロン0』は『ゲンロン』の創刊準備号なので、本来は1年以上前に出版されねばならなかった。現実にはそれは『ゲンロン4』のあとの出版となった。基本的にはぼくの無計画のせいだが、それを棚上げして言えば、結果としてこの順序は正しかったように思う。

    『ゲンロン0』は哲学書である。しかし学者が書く哲学書ではない。批評家が書く哲学書である。かつて日本にはそのような書物がたくさんあった。柄谷行人はその有力な書き手のひとりだった。批評家が書く哲学書には、研究書にはない自由で開かれた空気が漂っており、ぼくはその空気に憧れて物書きになった。けれども、自分の名前で文章を発表できるようになったときには、批評家による哲学書はほとんど出版されなくなっていた。批評はもっと具体的で社会的で「役立つ」ものになり、哲学は大学のなかに閉じ込められ始めていた。そして、それから19年、ぼくはずっと、自分は書きたい本を書けない環境にいると感じ続けてきた。『ゲンロン1』から『ゲンロン4』まで続いた大型企画「現代日本の批評」は、まさにその理由、すなわち「批評家による哲学書」がなくなった理由を探る企画だった。だから『ゲンロン0』は、まさに『ゲンロン4』のあとに出版されてよかったのだと思う。「現代日本の批評」という長い前置きがなければ、『ゲンロン0』は単なる時代錯誤の企てに見えたかもしれない。

    批評家が書く哲学書を、20年以上の空白ののちにふたたび復活させること。ぼくはそれを夢見るが、その夢が実現するかどうかはわからない。現実にはむずかしいだろう。『ゲンロン0』は2017年の基準では、哲学というにはアカデミックではないし、批評というにはアクチュアリティに欠けている。だからもしかしたら、いまの読者には評判が悪いのかもしれない。

    しかしぼくはそれでも、この本の企てには絶対の自信がある。『ゲンロン0』は、ぼくがはじめて書いた、ぼく自身が読者として読みたいと思った本である。学部生時代、柄谷の『探究』に衝撃を受けたぼくならば、必ず同じような衝撃を受けたはずの本である。だからそれは、もしかしていまの読者には受け入れられないかもしれないが、未来のもうひとりのぼくには届くはずだと信じている。そして彼あるいは彼女がまた次世代の『ゲンロン0』を書くはずだと信じている。

    ぼくはさきほど、自分は長いあいだ、書きたい本を書けない環境にいると感じ続けてきたと記した。それは具体的には、読者がぼくに求めるものと、ぼくが書きたいものとの落差を感じ続けてきたということである。ぼくは『探究』を書きたいのに、人々がぼくに求めるのはつねに時事評論や若者分析であり、そうでなければ手堅い哲学研究だった。でもぼくはそのどちらもやりたくなかったのだ。ぼくは、自分の会社(ゲンロン)を作り、自分の活動の場(ゲンロンカフェ)をもつことで、はじめて雑音を断ち切り、ほんとうの欲望に立ち返ることができた。

    ぼくはいまではマスコミに出ていない。政治参加にも否定的だ。そのようなぼくに対して、公共性を失ったとの批判があることは承知している。ただ、世のなかには、ひきこもらないとできないことがある。

    『ゲンロン0』は、内容だけを取り出せば、ぼくの著書のなかでもっとも公共的な、政治的な示唆が多い書物である。しかしその公共性は、ぼく自身が非公共的になることでしか生まれなかった。非公共性が生み出す公共性、それ自身が『ゲンロン0』の主題でもある。
     

    東浩紀(あずま・ひろき)
    1971年生まれ。作家。ゲンロン代表取締役。主著に『動物化するポストモダン』(講談社)、『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社、三島由紀夫賞受賞)、『一般意志2.0』(講談社)、『弱いつながり』(幻冬舎)等。東京五反田で「ゲンロンカフェ」を営業中。
     

    東浩紀2年半ぶりの単著
    『ゲンロン0』ただいま予約受付中!

    banner.jpg

    ★ゲンロンショップならサイン本を最速でお届けします

    いよいよ発売が近づく東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』、ゲンロンショップではただいま「サイン本キャンペーン」を実施中です。3月29日[水]までのご注文で、東浩紀直筆サイン入りの『ゲンロン0』を送料無料、書店発売より幾分お早めにお届けいたします! とくに第6期以降に入会された友の会会員の方で、『ゲンロン0』は配布対象外……という方におすすめ! ぜひこちらからどうぞ。
    https://genron-tomonokai.com/genron/#post-3796
     

    ★今から友の会に入会したい方へ、『ゲンロン0・5・6』セットあります!

    『ゲンロン1~4』は持っているけれど、『ゲンロン0』もほしいし、そろそろ入会も考えたい……という方におすすめなのが、「友の会『ゲンロン0・5・6』入会セット」です。『ゲンロン4』のかわりに『ゲンロン0』を受け取れるタイムリーな入会セット。こちらも受け付けは3月29日[水]まで。ご検討中の方はぜひこの機会にどうぞ!
    https://genron-tomonokai.com/7th/
     

    genron0.jpg

    東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』

    本体価格 2,300 円 + 税
    ISBN: 978-4-907188-20-7
    A5判 326頁

    <第1部 観光客の哲学>
    第1章 観光
    付論   二次創作
    第2章 政治とその外部
    第3章 二層構造
    第4章 郵便的マルチチュードへ

    <第2部 家族の哲学(序論)>
    第5章 家族
    第6章 不気味なもの
    第7章 ドストエフスキーの最後の主体


    アートと生の力
    新芸術校 金賞受賞者対談
    磯村暖(第2期金賞) @OhayouDog
    ×
    弓指寛治(第1期金賞) @KanjiYumisashi
    司会 上田洋子 @yuvmsk


    (編集部より)
    ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校標準コース第2期最終講評会でみごと金賞を受賞した磯村暖さんと、同じく第1期の金賞受賞者弓指寛治さん。2月25日、上級コース成果展の最中の五反田アトリエにて、おふたりに対談していただきました。新芸術校の運営を担当するゲンロンの上田洋子の司会のもと、制作に対する考え、美術を始めたきっかけ、今後の活動方針などを存分に語り合っていただきました。

     

    isoyumi01.jpg
    左から弓指寛治さん、磯村暖さん

     

    パーティーピープルとサッカー部

    ──磯村暖くん、最終講評会金賞おめでとうございます。暖くんは秋学期からの受講生でしたが、東京藝術大学を卒業し、すでにアーティストとしても活躍している、いわばエリートなわけです。にもかかわらず新芸術校に来たのは、最初から金賞を、具体的には副賞のワタリウム美術館地下のギャラリー、onSundaysでの展示を視野においていたのでしょうか。

    磯村暖(以下、磯村) それはちょっと違います。

    弓指寛治(以下、弓指) え、違うの(笑)?

    磯村 違いますよ(笑)。藝大での4年間は絵画をメインに制作していました。新芸術校に入学してからの作品は絵画ではなく、新しい試みとして制作したものばかりなので、もともと持っていたスキルで金賞を狙おうというような、なまぬるい気持ちはありませんでした。金賞はもちろん嬉しいですが、成果としてあの作品を出せたということのほうがぼくとしては大きいですね。

    弓指 でも、やっぱり狙いにはいったんちゃう? onSundaysでの展示の存在はものすごく大きい。それがないと新芸術校の金賞って、なにもないようなもんやから。

    磯村 受賞する前から勝手にonSundaysを見学したりとかはしていました(笑)

    弓指 それはとる気やん(笑)

    ──逆に、弓指くんは絶対に金賞をとるんだ、という意気込みを持って新芸術校に入学した。

    弓指 はい、そうです。

    ──暖くん、受賞作品について、簡単に説明してもらえますか。

    磯村 受賞作の《homeparty》は、ぼくの自宅でのホームパーティーにネパール人移民を招き入れ、東京に住むパーティーピープルたちとネパールの祭事「ティハール」を再現するプロジェクトと、それと並行して作られた映像、インスタレーション、ハプニングから構成されています。ティハールはもとはヒンドゥ教のものですが、文化の融和が進んだネパールでは、仏教徒をはじめ、ほかの宗教の信者も一緒に祝う大規模な祭です。この祭では、ヤマ王(閻魔大王)の遣いとして、ネパールの人々が悪事を働いていないかを日々監視しているとされる犬やカラスを、ご馳走を与え、ティカ(額に塗ることで神や死者と通じることのできる色粉)をほどこし、マリーゴールドの花輪を首にかけるなどして崇め奉ります。そして、ヤマ王に悪いことを伝えないようにお祈りするのです。

    ネパール人の友人は、ティハールを日本で実行するのが難しいと言っていました。「そもそも自分達の家を持っていないし、犬も飼えない」「コミュニティドッグ(地域一帯で世話をしている野良犬)もいなければ日本人との交流もなく、飼い犬に触れ合うこともない」「文化的にカラスに餌をやることはできない」などがその理由です。作品では犬やカラスの着ぐるみを被った日本人のパーティーピープルたちに代行してもらって、ティハールの儀式を実行しました。
     

     
  • 【編集長:東浩紀】ゲンロンβ11【批評と怒り】

    2017-02-11 01:00
    540pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ゲンロンβ11 2017年2月10日号

    beta_title.png
    11
    2017年2月10日号
    編集長:東浩紀 発行:ゲンロン


    【ブロマガ版『ゲンロンβ』購読者の皆さまへ】
    ※昨晩配信した『ゲンロンβ11』の東浩紀のビデオメッセージ「『ゲンロン0』執筆中のため連載を落とした東浩紀よりみなさまへ」ですが、動画へのリンクが欠落した状態での配信となっておりました。申し訳ございません。リンクを挿入したバージョンを再送させていただきます。
    なお、動画URLはhttps://vimeo.com/203435398、パスワードは「hontonideruzo」となっております。

     目次 

    1. 空白を横断する怒りの批評 「『現代日本の批評 1975-2016』再考」レポート 峰尾俊彦
    2. 『ゲンロン0』執筆中のため連載を落とした東浩紀よりみなさまへ
    3. ポスト・シネマ・クリティーク #14 マーティン・スコセッシ監督『沈黙 -サイレンス-』 渡邉大輔
    4. 「日本映画と海外ドラマ、いま、どちらを見るべきなのか」イベント前緊急寄稿 黒瀬陽平+渡邉大輔
    5. 浜通り通信 #47 ロッコクを走る2017 小松理虔
    6. 人文的、あまりに人文的 #10 山本貴光×吉川浩満
    7. アンビバレント・ヒップホップ #7 ラップ・ジェスチャー論~手は口ほどにモノをいう~(後編) 吉田雅史
    8. 批評再生塾定点観測記 #7 演劇・表象 横山宏介
    9. 新芸術校第2期標準コース 金賞・銀賞受賞者決定! ゲンロン編集部
    10. メディア掲載情報
    11. ゲンロンカフェイベント紹介
    12. 編集部からのお知らせ
    13. 編集後記
    14. 読者アンケート&プレゼント
    15. 次号予告
       

    ゲンロン カオス*ラウンジ 新芸術校標準コース成果展「直接行動(ハプニング)を待ちながら」にて、金賞を受賞した磯村暖さんの作品《homeparty》より。
    撮影=今井新

    ※今号は東浩紀「観(光)客公共論」、黒瀬陽平「『ポスト』モダニズムのハードコア」は休載です。

     


    空白を横断する怒りの批評
    「『現代日本の批評 1975-2016』再考――共同討議全3回完結記念」レポート
    峰尾俊彦
    @mine_o


    いったい誰がこのような展開を予想し得たのだろうか。去る2017年1月13日に開催された「『現代日本の批評 1975-2016』再考――共同討議全3回完結記念」は、タイトルにもあるように、『ゲンロン』において3回にわたって特集された「現代日本の批評」の完結記念イベントとして行われた。登壇者として共同討議「現代日本の批評」の中心メンバーである東浩紀氏と大澤聡氏に加え、外部のメンバーとして『神々の闘争』(2004年)、『光の曼荼羅』(2008年)などの折口信夫論で知られ、現在の文芸誌でも最も精力的に活動する批評家のひとりである安藤礼二氏、ロスジェネ世代の論客として出発し、『長渕剛論』(2016年)や『非モテの品格』(同)などの文化批評の書き手として精力的に活躍する杉田俊介氏を招き、多角的に共同討議「現代日本の批評」の意義を検証していく。それが、このイベントの趣旨である(以下本稿では敬称略)。

    筆者(峰尾)は、共同討議「現代日本の批評」の構成担当者として「現代日本の批評」に参加してきた。第3回まで大好評のうちに迎えられた「現代日本の批評」の完結イベントということで、正直に言えば筆者は本イベントが、内部のメンバーは誇りを持って共同討議の意義を語り、外部のメンバーは別の視点から共同討議の面白さを伝えていくというような、ありがちな「出版記念イベント」になる、と考えていた。しかし、批評の現状はそれを許さなかった。実際にイベントがはじまってみれば、筆者の予断はあっという間に覆されてしまう。本イベントで繰り広げられていたのは、安藤、杉田という外部のメンバーによる苛烈な「現代日本の批評」に対する異議申し立てであった。そう、「現代日本の批評」の完結を記念すべきはずの本イベントは和気あいあいと批評の未来について語り合うどころか、昨今では珍しく容赦なく批判がぶつかり合う荒れた展開となったのだ。

    では、その光景はどんなものだったのか。結論を先取りするならば、本イベントは、批評の現状への「怒り」をめぐるものとなったように思われる。筆者は本稿の冒頭で、誰がこのような展開を予想し得たのかと記した。しかし、本イベントにおける「怒り」を目の当たりにしたいまとなっては、この展開は予想できてしかるべきものであり、また必然だったのだと言わなくてはならない。以下、本レポートでは、実際のイベントの構成と同様に、安藤による「現代日本の批評」へのコメント、安藤コメントにまつわる討議、杉田による「現代日本の批評」へのコメント、杉田コメントにまつわる討議、という順に繰り広げられた主要な論点をまとめ、筆者の感想も交えながら、当日の白熱した議論を再現してみたい。
     

     
  • 【編集長:東浩紀】ゲンロンβ10【うごめく「もの」に目を凝らす】

    2017-01-13 00:061
    540pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ゲンロンβ10 2017年1月13日号

    beta_title.png
    10
    2017年1月13日号
    編集長:東浩紀 発行:ゲンロン


     目次 

    1. 観(光)客公共論 #12 東浩紀
    2. 「ポスト」モダニズムのハード・コア――「貧しい平面」のゆくえ #16 黒瀬陽平
    3. ポスト・シネマ・クリティーク #13 草川啓造監督『劇場版 艦これ』 渡邉大輔
    4. アンビバレント・ヒップホップ #6 ラップ・ジェスチャー論~手は口ほどにモノをいう~(前編) 吉田雅史
    5. 浜通り通信 #46 忘れやすい日本で、福島の観客を取り戻す 小松理虔
    6. 人文的、あまりに人文的 #9 山本貴光×吉川浩満
    7. 批評再生塾定点観測記 #6 文芸・文学 横山宏介
    8. ゲンロン友の会総会フォトレポート ゲンロン編集部
    9. メディア掲載情報
    10. ゲンロンカフェイベント紹介
    11. 編集部からのお知らせ
    12. 編集後記
    13. 読者アンケート&プレゼント
    14. 次号予告
       

    ゲンロン友の会第7期総会(2016年12月17日開催)にて行われた、カオス*ラウンジ×サエボーグのアートパフォーマンス「動物農場の子どもたち」より。
    撮影=丸尾隆一

     


    観(光)客公共論 #12
    東浩紀
    @hazuma


    「観(光)客公共論」と題したこの連載、連載とは名ばかりで休載が続いていた。バックナンバーを遡ってみたところ、昨年8月の『ゲンロンβ5』を最後に掲載が途絶えていたようだ。しかもその最後の回は「批評とはなにか(3)」と題した尻切れトンボの文章で、次回は柄谷行人について語るなどと続きが予告されているのだが、実際にはその続きは『ゲンロン4』の巻頭言で書いてしまった。なんとも手詰まりの雰囲気である。

    というわけであらためて仕切りなおしたいのだが、そもそもなぜこんな混乱に陥ってしまったのか。その理由は、ぼくがこの半年ほど『ゲンロン0』の書き下ろしに捕まっていることに尽きる。『ゲンロン0』の原稿を書く、それが最優先の仕事で、どうしても連載は後回しになる。おまけに内容も被っている。本連載は「観(光)客公共論」と題されているが、『ゲンロン0』のサブタイトルは「観光客の哲学」である。それでも連載開始当初は、こちらの連載をうまくまとめて『ゲンロン0』の一部に組み込むなどとムシのいいことを考えていたのだが、実際に執筆が始まってみればそんなことができるわけもない。結果的に、『ゲンロン0』を書き進めれば書き進めるほど、連載ではなにを書けばよいのかわからなくなり、迷走するというテイタラクになってしまった。

    とはいえ、その混乱も終わりが近づいている。『ゲンロン0』の制作が大詰めを迎えているからだ。本誌配信の翌週には、某所で2回目のカンヅメに入る(1回目のカンヅメは昨年秋に行った)。会社経営をしていると雑事が多く原稿に集中できないのだが、カンヅメのあいだは社内メーリングリストからも外され、否応なく原稿だけに向き合わなければならなくなる。うまくいけば2月はじめには原稿が完成し、3月中旬にはみなさんのお手元に本が届けられるはずである。

    ところでこの『ゲンロン0』だが、いったいなんのことだかよくわからんという読者も多いかもしれない。そこで軽く説明しておきたい。

    『ゲンロン0』は、要はぼくの新著である。形式的には『ゲンロン』の創刊準備号という位置づけで雑誌の体裁で出版されるが、掲載されるのはぼくの文章のみであり、実質は単行本と考えてさしつかえない。つまりは、『一般意志2・0』(2011年)、『セカイからもっと近くに』(2013年)以来の新著が、この3月に出るのである。しかも今回は完全な書き下ろしだ。

    書き下ろした長さは原稿用紙300枚ほど。主題は「観光客の哲学」。目次は第1部と第2部にわかれ、前者はどちらかと言えば哲学論文を意識した文章で、後者は文芸批評に近い文章で書かれている。出てくる固有名は、第1部では、ヴォルテール、カント、シュミット、アーレント、ネグリ、クリプキなど、第2部では、フィリップ・K・ディック、ジジェク、トッド、ジラール、ドストエフスキーなどだ。さまざまな時代のさまざまな内容のテクストが自由自在に登場し、それを横断してひとつの「批評」を紡ぐというこのスタイルは、柄谷行人の『探究』を強く意識している。ぼくはかねてより、いちど『探究』のような本を書きたいと思っていた。そしてまた、『ゲンロン4』の巻頭言でも記したように、最近は、いまこそ『探究』のような思弁的なスタイルの本が必要だとも考えるようになった。それゆえ自分で書くことにした。それが『ゲンロン0』である。

    具体的な内容としては、『ゲンロン0』は、「グローバリズムが世界を覆い尽くしたこの時代に、新しい政治思想の足がかりはどこにあるか」をテーマとしている。あるいは、別の角度から言い換えれば、「世界中で多くの人々が他者とつきあうのはうんざりだと言い始めた時代に、それでも他者への寛容を政治思想に組み込むためにはなにを手がかりとすればよいか」をテーマとしている。そのまわりに、「動物化」「ポストモダンの二層構造」「観光客」といったこの数年散発的に述べてきた概念や、ゲンロンカフェの座談会で口頭で述べるだけだったドストエフスキーの読解などが配置されている。ぼくのむかしからの読者は、ぼくがあちこちでばらばらに展開してきた話がこのように繋がるのかと、いろいろ発見があるはずである。『ゲンロン0』は、『存在論的、郵便的』『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』のすべてを統合しつつも、その3冊のいずれよりも普遍的なテーマを追求した、公衆に開かれた本を目指している。ご期待いただきたい。
     


     

    というわけで、いまのぼくは『ゲンロン0』で頭がいっぱいなのだが、それにしても、ぼくはなぜこんな本を書こうとしてしまっているのか。