• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

ストーリー

<仮面ライダー斬月>
ヘルヘイムの侵略から人類を救うため「プロジェクトアーク」の実行に覚悟を決めた呉島貴虎。だが「こんなやり方で良いのかよ」という紘汰の言葉に迷いを拭い去れないでいた。一方、ユグドラシルでは、クラックを操る謎のアーマードライダーが出現し、黒影トルーパーが次々に襲撃される事件が発生。貴虎はシドと共に捜査にあたることになる。そんな時、呉島邸で父・呉島天樹(あまぎ)の世話をしていた朱月藤果(あかつきとうか)が貴虎の前にあらわれる。藤果は少年時代の貴虎の世話役であり、貴虎にとって唯一孤独から解放してくれる存在であった。互いに成長し、久々の再会の喜びたいところであったが、彼女の目的は父・天樹の死を知らせることであった…。そして父の死を悼む間もなく、シドが襲撃されたという知らせが入る…。やがて襲撃犯の影は貴虎にも迫ってくる――。

<仮面ライダーバロン>
チームバロンを脱退し、ヘルヘイムの侵略とユグドラシルの真の目的を知った戒斗だが、逆にそれは絶好のチャンスとさらなる強さを求め続けていた―。しかし、そんな戒斗がなんと笑顔で紘汰や舞を誘ってダンス!?戸惑うビートライダーズたち。 一体、戒斗に何が起きたのか…?実は、偶然沢芽市にやってきていた某国の御曹司・シャプールが、自分とそっくりの戒斗をみつけ、隙を狙って催眠スプレーをかけて入れ替わっていたのだ!不意を突かれた戒斗だが、気が付いた時には服は入れ替わり、既にシャプールの姿はない。逆にシャプールを探していた執事アルフレッドらに間違えられて捕えられてしまう…。抵抗するが力ずくでそこで戒斗は驚愕の事実を知ってしまう!

スタッフ

原作:石ノ森章太郎 
脚本:鋼屋ジン(ニトロプラス)「仮面ライダー斬月」/毛利亘宏「仮面ライダーバロン」
監督:金田治(ジャパンアクションエンタープライズ)

キャスト

<仮面ライダー斬月>
呉島貴虎:久保田悠来
朱月藤果:岩田さゆり
呉島光実:高杉真宙
戦極凌馬:青木玄徳
湊耀子:佃井皆美
シド:波岡一喜
葛葉紘汰:佐野岳
呉島天樹:寺田農

<仮面ライダーバロン>
駆紋戒斗:小林豊
アルフレッド:河相我聞
高司舞:志田友美
ザック :松田岳
ペコ :百瀬朔
城乃内秀保:松田凌
戦極凌馬:青木玄徳
湊耀子:佃井皆美
凰蓮・ピエール・アルフォンゾ:吉田メタル
葛葉紘汰:佐野岳