• 【2次・3次】名前+役職がかっこいいキャラクター

    2017-11-12 12:14432
    世の中には様々な職業、様々な役職があります。
    安定した職につき、一つでも上の役職を目指し、高い給料をもらうというのが
    誰もが持つ志でしょう。
    そこで今回は名前と役職名の組み合わせが絶妙にカッコイイキャラを挙げてみました。
    今回は実在の人物も一緒に選んでみました。

    〈名前+役職がかっこいいキャラ〉

    機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ ボードウィン特務三佐
    ネタバレになるので多くは書けませんが、良家に恵まれながらも
    波乱万丈の人生と戦線を歩んできた人物。
    始めは軽いノリの悪友という立ち位置でしたが、だんだんと
    冷静沈着になり、部下への面倒見も良い理解者といったキャラへ成長していきました。
    個人的に最終回の終わり方がすごい好きです。
    性格的に元のガエリオに戻った感じがしました。


    機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ クランク二尉
    ガエリオと同じくギャラルホルンに属する人物。
    良識があり、騎士道に優れたお方だったのですが、
    早々に退場してしまったのが悲しいです。


    ワンピース センゴク元帥


    アカメが斬る エスデス将軍
    当作は個性豊かなキャラクターが揃っていて、ファンそれぞれで好みの人物が
    違ってくるのが面白いです。…ただ、如何せん人が死にやすかったです。
    「オルフェンズ」もそうだったのですが、唐突に死んで驚かされました。
    ただ、その死にもちゃんと意味があり、心の中で永遠と繋がっていくのが
    本当の仲間なんだなと痛感させられました。
    まぁでも、個人的にはエスデス将軍よりもレオーネ姉さんの方がお気に入りでした。
    「アカメが斬る」と「ナディア」を見て思ったのですが、
    無人島回のあるアニメに駄作はないと確信しました。


    モンスターハンターストーリーズ シモーネ隊長
    水樹奈々さんの大人びた口調にうっとりさせられます。
    子供向け作品と侮るなかれ、他にもリリアとかアユリアとか
    かわいい女性キャラがたくさん登場します。もちろんナビルーもかわいい(≧ω≦)


    ドラえもんのび太の宇宙小戦争 ドラコルル長官
    かなりの策士、…だけどどうしてもその長い鼻に目が行ってしまいます。
    当作の役職つながりで言うと、パピは実はピリカ星の大統領で、
    ドラえもんだけパピを「大統領」と呼びます。


    機関車トーマス トップハム・ハット卿
    ずっと「トップ派のハット卿」と思ってました。
    機関車トーマスは幼稚園の頃純粋な気持ちで見ていました。
    自分の過去の記憶なので確かではないですが…、
    何か話の全体的な流れとして、その話のメインキャラがみんなから優遇されて、
    そのキャラが調子こいて制限速度以上だして暴走して、
    汽車が脱線してその後崖から岩が転がり落ちてきて
    その岩に埋もれて目をクルクル回して、
    最後に別の汽車がそのメインキャラに一言教訓めいた事を言って終了からの
    森本レオさんのキャラクター紹介からの、

    「…そして…………ゴードン(メインキャラ)…でした。」

    というイメージがあります。


    アニメ以外でいうと、
    「スターウォーズ」のパルパティーン議長も響きがカッコイイですね。

    〈名前+役職がかっこいい実在の人物〉
    ・水野忠邦老中
    ・連合艦隊司令長官山本五十六
    ・習近平国家主席
    ・長嶋茂雄終身名誉監督
    ・落合博満ゼネラルマネージャー
    とかもかっこいいと思います。




  • 広告
  • 【ゲーム】信用できないもの ポケモンの命中率とかスパロボの命中率とか

    2017-11-04 18:2880
    ゲームではステータスやダメージ値など、数字を見ながら判断する事が多々あります。
    プレイヤーの性格によって、数値を元に戦略をたてて慎重に攻める人もいれば、
    運任せに大胆に攻める人もいるでしょう。

    〈ゲームの中での信用できない数値や物事〉
    ポケットモンスター 命中率、回避率

    特に雷。命中率が70%でほぼ当たりそうなんだけど、
    実際使ってみると、なかなか当たらないです…。
    さらに影分身で回避率を上げられると、当てるのに一苦労。
    大技は威力が凄い分命中率も下がるのは仕方ないので、
    雷→10万ボルト、大文字→火炎放射、吹雪→冷凍ビームと
    グレードダウンして無難な方で置きにいったりします。

    スーパーロボット大戦 命中率、回避率

    偏に命中率といえど、これがスパロボになってくるとまた勝手が違ってきます。
    そこの地形やユニットの性能によって、命中回避ががらりと変わってしまいます。
    精神コマンドで100%にして確実に当て、ひらめきで確実に避けるのが定石かと。
    桃太郎電鉄 偽造カード

    このカードを使えば、別のカードに偽造できます。
    便利なカードほど偽造成功する確率が減ります。
    実況パワフルプロ野球 サクセスの故障率(ケガ率)

    パワプロくんの体力が減ってくると故障率も上がってしまいます。
    主の基準は15%以上なら練習をやめて休みます。
    最近のサクセスは新設設計になった方で、昔はタフ度というのがあって、
    まず走り込みをやり続けてタフ度を上げてから、やっと真面な練習ができます。
    ただ、最近のサクセスは過去のサクセスにあった
    「始めの1ヶ月はどんなに故障率が高くても絶対ケガしない」という体説が
    打ち破られているのが残念です…。
    ドラゴンクエスト ぱふぱふ

    スライム、ホイミ、薬草と並んで全シリーズに登場する、男性諸君の憧れ「ぱふぱふ」。
    一番始めに出てきたのはイラストを担当している鳥山明先生の
    「ドラゴンボール」でブルマ

    (に変身したウーロン)が

    亀仙人にしてあげたのが事の発祥です。「ドラゴンボール」ではそれが最初で最後です。
    初期の頃はお店でお姉さんが誘ってきて、ウキウキして入店すると、
    …とんでもないオチが待っていたりします。
    ドラクエⅥからは味方キャラも使えるようになり、もちろんハッサンも使えます。
    そしてⅧからは実際にアクションまで見られるのですが、
    敵にかける前の動作しか見られないので、実際のぱふぱふがどういう定義なのか
    未だに正式にわかっておりません。過去にインタビューとかで
    堀井雄二さんに聞いたりもしていますが上手く交わされています。
    ドラクエはぱふぱふ以外にもサービスが充実しており、
    11のマルティナのセクシービームでもう充分満足です。

    ドラクエは毎回ヒロイン論争が熱くなります。
    Ⅲの各職業の女性キャラ、Ⅳのアリーナ・マーニャ・ミネア・ロザリー
    Ⅴのビアンカ・フローラ・デボラ、Ⅵのミレーユ・バーバラ
    Ⅶのマリベル・アイラ、Ⅷは仲間キャラはゼシカしかいませんが、
    ミーティア姫もなかなか魅力があります。
    Ⅸは特定の味方キャラはいませんが、妖精のサンディが人気を呼びました。
    そして11はセーニャ・ベロニカ・マルティナとタイプが全く違う女性キャラなので
    プレイヤーによって好みが分かれるでしょう。

    黒本

    「ファイナルファンタジータクティクス」の某攻略本に書かれた記事。
    源氏シリーズの盗み方が書かれた箇所で

    「小数点以下の確率」

    という伝説のワードを残しました。
    …まぁ今思うとぶっとんだ表現文章ですが、これを今のスマホゲームに置き換えると…

    SRキャラの○○は、出現率が0.1%と表示されているが
    実際は10連ガチャを回せば0.5%まで確率が上がる。
    それ以降も10連ガチャを続けるごとに×0.2倍確率が上がっていく。
    気が遠くなるほど低い確率だがゼロではない。充分に石を貯め、
    足らなくなったら課金して再び石の数を増やしていき、
    何度も何度も挑戦すればほぼ確実にゲットすることが可能。

    なんだかやる気が出てきました。






    マイコミュ


  • 【ゲーム】手塩にかけて育てた仲間やモンスターって愛着わくよね

    2017-10-29 12:36211
    ギルドで雇ったり、旅先で出会う仲間達。
    戦闘で改心して仲間になるモンスター達。
    共に戦って成長を見守るうちに、徐々に愛着がわいてきます。
    特にステータス振り分けを変えられたり、
    成長のさせ方に自由度があるゲームは、面白味が増します。

    そこで今回は、自分が特に手塩をかけて育てた仲間やモンスターを紹介します。
    〈本編そっちのけで思わず育成に夢中になったゲームってありますか〉


    ポケットモンスター
    主が世代だったのは初代の赤緑ですね。それからポケモンスタジアムが発売されて、
    迫力のある技と実況がバトルをさらに熱くさせてくれました。
    特にレギュラーメンバーに入れてたのがマルマイン。
    素早さに特化しており、雷の技を主体とするのでよく使ってました。
    この頃丁度、自分が厨二病を患っていたので雷系の必殺技とか妄想で考えていました…。


    ドラクエモンスターズ
    画像はスマホゲームの「スーパーライト」ですが、
    主はテリーが主人公の初代をやってました。
    奥が深くて、モンスターそれぞれの成長率やLv限界が違っているので、
    弱そうなモンスターでも、懸命に育てていけば大会を勝ち抜ける実力を備えたりします。
    自分がレギュラーにしてたのはコアトル・キングレオ・虹孔雀です。
    あと、「ドラクエモンスターズ+」というマンガ版もあって、
    「ケロロ軍曹」の吉崎観音さんが描いています。
    世界観は「テリーのワンダーランド」ですが、クリオというオリジナルの主人公です。
    他にもオリキャラが出てきて、場面を盛り上げてくれます。
    「DQⅡ」のストーリーも描かれていて、はかぶさの剣の小ネタもはさんでくれています。




    スーパーロボット大戦
    スパロボは特に愛着のある作品やキャラによって、育て方が千差万別ですね。
    主はナデシコが大好きなので、エステバリスとナデシコに経験値と資金を多めに
    振り分けていました。あと、その作品を全くしらなかったけど、ジュドーやプルツーの
    性格が気に入ったので、機会があれば「ZZ」も見てみたいと思いました。
    自分は装甲よりも回避に特化した機体を前線に送っていたので、
    上手く避けれる機体を優先に育てていました。
    ブラックサレナとかキュベレイは避けまくりで気持ち良かったです。
    ファンネルは広範囲に届くので、遠くのザコを一層するのに役に立ちました。
    次作品がいつでるかわかりませんが、
    バンプレストさん…、

    ヴァルヴレイヴとラグランジェとオルフェンズを是非参戦させて下さい
    お願いします!!

    できればPS3でお願いします…m(_ _)m


    聖剣伝説レジェンドオブマナ
    ペットにいろいろエサをやって成長させていました。
    LOMは楽器(魔法)や武器やゴーレムと、マイホームでカスタマイズし放題なので
    楽しかったです。


    グランキングダム
    上に挙げた作品に比べれば割とマイナーな方なんですが、自分はかなりハマりました。
    ジャンルはアクションとシュミレーションを融合させた形です。
    特にオンライン対戦が面白くて、プレイヤーごとにパーティの組み合わせが違うので、
    今度はどういう戦略をとろうと熟考し、その戦略がハマれば気持ちいいです。
    成長率が攻撃力、防御力等へ個別に上げる事ができて、
    レベルリセットもできるので、ステータスカンストするまで長い間遊べます。
    PS4とPSvitaで発売されていて、今なら中古でお得な値段になってると思うので、
    是非一度お試し下さい。


    マイコミュ