• このエントリーをはてなブックマークに追加

有料コンテンツをみるには ログイン します。

  • ※パックに含まれる動画がご利用の端末に対応しているか、左記の「このパックに含まれる動画」にてご確認の上ご購入ください。

    月額会員になると見放題

    月額 ¥10,080 (税込)

2015年07月23日 14:08 公開

堀川大樹×岩崎秀雄×東浩紀「生物学はどこまで自由になれるのか?――DIYバイオの可能性」 【2014/7/30収録】@horikawad @hideo_iwasaki @hazuma

合計再生 2,207  合計コメント 1  合計マイリスト 11 

動画パックの説明 自然科学の研究は、大学でなければできないのか?
そんな疑問を持った研究者たちが、自宅のキッチンやガレージを舞台にボトムアップに動きはじめた。それが「DIYバイオ」だ。
実験機材の進歩と低価格化によって、研究者が個人で気軽に設備を揃え、インターネットで仲間どうしで成果を共有しながら、大組織の論理に縛られずに研究できることが多くなった。
「研究の民主化」とも語られるこの動きは、オープンソースの精神が広まり、LINUXやWikipediaなどの目覚ましい成果を挙げた情報技術の進歩にもなぞらえられる。

このシンポジウムでは、アメリカやヨーロッパで先行し、日本ではほとんど知られていないそんな「DIYバイオ」の実践を、まずは早稲田大学の岩崎秀雄に紹介いただく。
岩崎は、「生命美学」を標榜し、著書『〈生命〉とは何だろうか』(講談社現代新書)ほか、国内外の展覧会出展も多数、文系と理系の境界で活躍し注目を浴びる生物学者。
対する堀川大樹は、「クマムシさん」のプロデュースとメルマガによって研究費をまかなおうというアイディアを持ち、独立研究者(インデペンデント・スカラー)を目指して活動する「在野の研究者」。
司会を務めるのは、奇しくも岩崎と高校時代に親友だった(!)という、ゲンロンカフェオーナー、東浩紀。

大学の研究室を飛び出して、自宅のキッチンへ。
生物学は、どこまで自由になれるのか。
生物学は、巨大組織から自由になれるのか。
そもそも理系は大学と不可分なのか。

科学のありかたを根本から問い直す、ゲンロンカフェだから実現した異色の鼎談。
STAP細胞のスキャンダルが明らかになったいま、もっともアクチュアルな「サイエンスコミュニケーション」がここにある!

このパックに含まれる動画 (4)