• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 何も書かないよりは書こうぜで書く記事(ふり〜だ)

    2016-11-30 19:00
    100pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    何も書かないよりは書こうぜで書く記事


    どうも、皆さんこんにちは。

    前回記事である以下の”ブログ高速化記事””から、早くも6日経過

    ブログ執筆高速化テスト(ふり〜だ)

    一週間無更新はやべーぞ・・・ ってことで、とりあえずMarkdownによる執筆練習も兼ねて書いてる記事です。

    レインボーシックス解説記事も下書き段階のものが存在していますが、今日中に書ききれるような仕上がりでもない まだ出来ていないので!

    ひとまず、この間購入したマウスの話題について書きます。


    Macってマウスいらんでしょ?と思ったら・・・


    現在、このブログを執筆するのに使用しているのは MacBookPro であることは以前に伝えていたかと思います。

    初Macということもあって、現在進行形で色々と試行錯誤を繰り返しながら、拡張性を高めています。

    トラックパッドによるカーソル操作は、MacOSでは快適だということを以前から聞いていたので

    「Macならトラックパッドだけあればいいでしょ」

    と、タカをくくっていたのですが

    ドラッグ&ドロップ操作を頻繁に使う場合

    「マウスないと、さすがにやりづらい」

    ことに気づきました。

    トラックパッドを押し込みながら、ドラッグでビーっと引っ張るのってかなり厳しいものがあるんです

    「Excel」や 「Adobe Premiere」などを利用していると、頻繁にファイルやセルのドラッグ操作を利用することがあり、ストレスを感じる部分が結構あったんですね。

    結局

    「マウス買うか」

    という考えに至りました。


    さぁ、マウスを選ぼう


    普段、自宅で使っているマウスはコチラ

    Mionix社製マウス NAOS-8200

    ゲーム用マウスをそのままWebブラウジングなどにも使ってます。

    参考までに、自分がゲーム用マウスを選ぶにあたって重視しているのが

    • かぶせ持ちに適している
    • DPIスイッチが可能
    • X軸Y軸を個別に設定できる
    • サイドボタンが2つ以上ある
    • ホイールがある

    この辺りは譲れないポイントです。
    今回はゲーミング仕様ではないので「かぶせ持ち」「ホイール」ぐらいがあればいいかなと思っていました。

    ちなみに、普段の細かいマウス設定で言うと
    振り向き:7cm
    ADS振り向き:13cm
    DPIは6000−6800を状況に応じて変更
    手首エイム

    ハイセンシ寄りなもんで、DPIは6000−6800ぐらいの設定にしてゲーム内の感度を極端に下げます。

    少し、話は反れましたが

    今回はMacBookPro用のマウスですから、上記のポイントとは別に以下のところも重視しました

    • ワイヤレスタイプ
    • 持ち運びに適している
    • バッテリが長持ち
    • マウスパッドがなくても不便を感じない
    • MacOS対応

    で、この辺りを総合的に重視していった結果、以下の候補に絞られました

  • ブログ執筆高速化テスト(ふり〜だ)

    2016-11-24 19:003
    100pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ブロマガをMarkdown形式で書いてみる

    どうもみなさん、こんにちは

    今回は特段ゲーム記事というわけではなく、日々のブログ更新を楽に出来ないもんか?

    という試行錯誤とテストを兼ねたブログ記事となっております。
    特に中身はあまりないものになるので、悪しからずご了承ください。

    また、比較的ギークよりな記事ですので、HTMLコードってなんじゃ?
    という人にはよくわからない内容だと思います。すみません。

    ブロマガ記事が書きづらい

    現在、無料記事として、レインボーシックスシージの解説向け記事を執筆しております。

    各記事へのリンクは以下の通り


    レインボーシックスシージ解説記事#1 イントロダクション(ふり〜だ)

    レインボーシックスシージ解説記事#2 ゲームフロー(ふり〜だ)

    レインボーシックスシージ解説記事#3 DLCとアンロックについて(ふり〜だ)

    ぶっちゃけ

    こいつらの記事を書くのに、それぞれで6−

  • レインボーシックスシージ解説記事#3 DLCとアンロックについて(ふり〜だ)

    2016-11-17 18:00

    交渉は決裂した。

    f154ab8fbb7487f921cedecd380d1c58c443b5e9


    ■レインボーシックスシージ 公式サイト
    http://www.ubisoft.co.jp/r6s/



    第三回ではDLCとアンロックシステムについて解説します!


    ご無沙汰しています。
    先日の日本DLC発表会の深夜日本中継では、事前の身体づくりの甲斐もあって、大盛況で配信を終えることが出来ました!当日見てくれた方々はありがとうございました!

    さて、11月17日 シーズン4DLCである「オペレーション レッドクロウ」が配信されました。
    新オペレータ、新マップ以外にもゲームバランスの根幹となる部分に幾つか調整が行われています。
    自分自身、がっつりやりすぎていて、ブログの更新が滞っているという本末転倒な状態です。。。

    先日のセールで購入された新兵の方々はこれを機に、より一層練習へ励んでいただきたいです!

    本日の記事では、前回予告していた内容とは変えます!すいません!

    初心者向けオペレータ紹介の前に、アンロックやアタッチメントの重要性について説明したい
    と思います。
    オペレータは数をこなしていけばロール(役割)を理解出来そうですが、アタッチメントの重要性は
    解説しておかないと分かりづらいと思ったからです。

    本日は以下の内容について触れます
    ・DLCについての説明
    ・名声についての説明
    ・オペレータとアタッチメントのアンロックについて
    ・オススメアタッチメント構成


    DLCについての説明


    レインボーシックスシージでは"全てのDLC利用権利”が”全ての購入者”に発生します。

    DLCは主に以下の情報で構成されています。

    1.ゲームバランス修正
    2.追加マップ
    3.追加スキン
    4.追加オペレータ

    上記のうち、1と2はDLCがリリースされたタイミングからアップデートさえ行えば”自動的に適用”されて利用出来ます。

    しかし、3と4については"アンロック権利"を所有している状態であり、ゲーム内通貨である"名声"を利用して
    アンロック処理を行わなければ自分自身が実際に利用することが出来ません。

    アップデートさえ行えばDLCデータ自体は適用されているので

    ・シーズンパス購入者と非購入者でマッチングが分かれる
    ・別のメンバーがDLCオペレータを利用したとしても自分自身に表示されない

    といったことは起きません。

    アンロックをしていないと、3と4は自分自身で利用することが出来ない

    とだけ覚えてもらえればOKです。

    マッチング分散が起きない仕組みなので、DLCがリリースされることはレインボーシックスシージプレイヤー全員が待ち望んでいることなのです。

    先日、上記の対応について2年目のサポートも行うことが発表されたことから、息の長いタイトルになってくれそうですね!


    名声についての説明


    次にゲーム内通貨である"名声"システムについて説明します。

    "名声"と言うと、若干とっつきづらいのですが、平たく言うとゲーム内で使えるマネーです。

    プレイヤーはゲームプレイごとに名声を取得出来ます。

    この名声を利用して
    ・オペレータのアンロック
    ・武器アタッチメントのアンロック
    ・オペレータスキンのアンロック

    といったことが可能です。

    名声の取得出来る行動と取得時の大まかな割合を以下に示します。

    06d1e6745296994318a46c203707bb178e1e1a90

    とにかくプレイする

    というのが、名声を貯めるには一番の近道だと思います

    比較的時間効率が良く名声が貯められて、且つ練習に向いていると言えるのは
    テロハントモードをソロプレイするのがいいかもしれません。

    テロハントで遊ぶモードはゲーム内の設定からプレイモードのフィルタリングを掛けることが可能です。

    オススメはテロハントクラシックモード

    ひたすらテロリストを殲滅していくのが目的のルールになりますが
    シンプルなBOT撃ちが出来るので、実践演習に最適だと思います。

    また、慣れてきたらドローンを利用せずに自分自身で索敵してプレイするといいでしょう。
    クリアリングの練習を兼ねることが可能です。

    ただし、このモードは攻撃オペレータしか使用することが出来ないため、防衛オペレータを練習したい場合には別のモードを選択しましょう。


    名声の使い方


    取得した名声がある程度溜まったら、名声を利用して、アンロックを行いましょう。


    ゲーム内に登場するオペレータは以下の二種類に分かれます

    ・リリース直後より実装されている"デフォルトオペレータ"
    ・DLCリリースに伴い、追加されてきた"新オペレータ"


    デフォルトオペレータの解除について

    デフォルトオペレータは各特殊部隊後ごとに4人ずつ用意されていますが、アンロックに掛かるコストはオペレータごとに固定ではありません。

    "同一特殊部隊内で何番目にアンロックしたか"でコストが変動します。
    コストは以下のように推移します。

    6c14c256448e30961ab16e253e8ad22d6dc629fa
    例えば、SASのオペレータアンロックを既に1人していた場合、SASの2人目は1000名声でアンロックとなるわけですね。

    価格は性能依存ではなく、アンロックする順番で変動するという所がミソです。

    なるべく使いやすいオペレータを先にアンロックしておいた方が、名声を貯めていく作業も捗ります。

    新オペレータの解除について

    新オペレータは一律価格となっており、1人あたり25000名声となっています。
    こちらはアンロック状況を問わず、常に同じ価格となります。



    アタッチメントアンロックについて

    レインボーシックスシージでは各オペレータの武器がプライマリとセカンダリの2つを持ち合わせています。
    それぞれに対して個別にアタッチメントを装着することが可能です。

    アタッチメントは基本的に以下の四種類で構成されます。

    ・サイト
    ・バレル
    ・グリップ
    ・アンダーバレル

    eaf6fe8ae444cb54cab8a283d97028716ae668be
    アタッチメント全般で共通なのは移動速度が遅くなるなどのデメリットは発生しません。
    しかし、それぞれのアタッチメントに特性に基づくメリデメが存在しています。
    この特性を理解して装着してしまえば、着け得と言えます。

    サイト、バレル、グリップの3つは必ず着けましょう

    武器によっては装着不可なアタッチメントも存在しますが、以下の表へ種別とアタッチメントの内容を簡単にまとめました。

    49decc160e055b4737591a5a8fe339b3bb6b9781
    独断でオススメ度をつけましたが、"◎"のもので構成するのがド安定です

    ◎の判断基準のみ、以下に特筆すると

    ・サイト
    正直好みといってしまえばそれまでなのですが。
    大抵の人はホロorACOGを装着しています。

    ACOGはこのゲーム唯一の遠距離倍率の付いたサイトです。
    よって、ロングスパンでも精密射撃が可能です。
    非常に人気が高いサイトとなっており、着けれる武器は全部ACOGとしている人も少なくありません。

    ACOGを着けた時のデメリットとして
    ・相手の飛び出しに対応しづらい
    ・反動を強く感じる
    ・ADS中の視野が狭くなる

    と言った点が代表的に挙げられます。

    076b383d465b3c925bff4c0a1b7339f145e139bc△ACOG使用時の画面がコチラ

    一方、ホロサイトは等倍の中で人気が高いサイトです。
    サイトの中央がアタックポイントとなります。
    等倍の中でも、取り分け人気があります。

    こちらは近〜中距離向けのサイトとなります。

    35f6b945b0999ad2582cdebfaa9cf4a8b3d708c1△ホロ使用時の画面がコチラ

    上記の画像二枚では「ほぼ同じ場所から同じ場所」を覗きこんでいますが

    ACOGは遠距離倍率のおかげで離れた距離がハッキリ視認出来ている
    ことが分かると思います。

    一方
    画面上にサイトが映り込んでいる量や左右の視野についてはホロがスッキリしていると思います。

    BOT撃ちを経て決めてもらうのがいいかもしれませんが

    遠距離をよく見るマップor見たいオペレータの場合にはACOG

    近〜中距離をよく見るマップor見たいオペレータの場合にはホロ

    といった具合に、自分は使い分けてます。

    ・バレル
    基本的にフラッシュハイダーorコンペンセイター の二択です。

    フラッシュハイダーは特性にある通り、バースト撃ち時の反動に対して恩恵が大きいです。
    コンペンセイターはフルオートで撃った時の集弾率が上がります。

    レートが低かったり、反動が強くてバーストで撃つような銃であればフラッシュハイダー
    レートが高く、反動が弱くフルオートで撃つような銃の場合、コンペンセイター

    というのが基本的な考え方になりますが、こちらも好みで着けてしまって問題ありません。

    迷った場合、テロハントなどでフルオートで壁撃ちをして、反動を確認して判断しましょう。

    ・グリップ
    バーティカルグリップはほぼ着け得です。
    このグリップを着けるだけで、暴れが大幅に軽減されます。必ず着けましょう。

    アングルグリップはバーティカルグリップをなくしてまで、ADSへの移行時間を早める必要があるか?
    というと、個人的にはNoと考えます。

    ・アンダーバレル
    これも好みですが、位置がバレることを嫌って着けない人が多いです。
    腰だめが強くなるといっても、ADSしながらクリアリングすることが多いゲームですしね。

    しかし、腰だめが全体的に精度が低いゲーム性のため、LMGなどのADS成立が遅い武器に対して
    レーザーサイトを着けることでデメリットをカバーすることも出来ます。
    初めのうちはアンロック優先度が低いといえるでしょう。


    今回はここまで


    セールで購入された方々の多くが「オペレータはアンロックしたけど、アタッチメントはしていない」
    という状況にあることを見てきました。
    本日の記事を見てもらって、まずは着け得であるアタッチメントもオペレータのアンロック時に一緒にアンロックしましょう!

    アイアンサイトが最高だぜ と言う通な人以外は、サイトを変えるだけでも大きく撃ち勝てる場面が増えるはずです!

    それではまた、次回の記事で!