地方在住Pが関東に移住したらいろいろ楽しかった話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

地方在住Pが関東に移住したらいろいろ楽しかった話

2016-12-02 11:45
    この記事は、アイドルマスター Advent Calendar 2016 2日目の記事です。
    1日目はtrebyさんによる「i」から始めるプロデューサー開発でした。


    前置き

    プロデューサーの皆さんはよくご存知と思いますが、アイマスのイベントは基本的に関東圏で開催されます。私は昨年まで新潟に住んでいましたので、イベント参加するときには遠征をするわけですが、当然お金と時間がかかります。

    周年ライブなどは一大イベントなので、お金と時間をかけてでも行こうと思えたのですが、CDの発売記念イベントやラジオの公開録音など、比較的短時間で終わるイベントに、そこまでのコストを掛けて行くのは抵抗がありました。

    でもやっぱり、イベントには行きたかったので、東京の会社への転職を考えました。もちろんアイマスのためだけではなく、その時の職場は前々から辞めたいと思っていたので、ちょうどよい機会でもありました。

    そんなこんなで職を探し、今年の1月に転職して、現在は東京の会社に勤めています。

    本題

    関東へ移住してきて約1年、プロデューサーとしての活動で以前から変化したことを書きたいと思います。

    気軽にイベント参加できるようになった

    まず、イベント参加についてですが、アニONカフェのオープニングイベント、T3TOKYOのミリオンライブステージ、THE@TER ACTIVITIESのリリイベなど、地方在住時には行くことをあきらめていたイベントへ、気軽に応募・参加することができるようになりました。特に、アニONカフェについては、前日に思い立ってチケットを取り、ふらっと参加しました。昨年までは考えられなかったことです。

    プロデューサーと直接会って話す機会が増えた

    当初の目論見通り、イベントへは格段に行きやすくなりましたが、それ以外にも良いことがありました。それは、イベント参加回数の増加に加えて、人口密集地に移住したという要因もあって、同僚のプロデューサーさんたちと会って話す機会が増えたことです。
    • アイマスに出会ってから昨年まで(5年ぐらい)にプロデューサーさんと会った回数:4回
    • 今年に入ってからプロデューサーさんと会った回数:8回
    上記の回数は皆さんの感覚で多いとか少ないとかはあるでしょうが、私個人の経験でいうと、今年1年間で今までの10年分換算の人と会っていることになります。濃密!

    アイマス関連の企画に誘っていただいた

    前項と少し関連するのですけど、今年に入って、アイマス関係の企画に2つほど誘っていただく機会がありました。『アイマスハッカソン』は開催に向けて絶賛準備中、『37人37色』は始動前ですがこれからどうなるか楽しみです。ほんの一時期、ニコマスで月別コミュのオーナーをやっていた頃を思い出してなんだかワクワクしています。

    なお、『アイマスハッカソン』『37人37色』は12月2日現在、参加者を絶賛募集中ですので、そこのあなたも参加を検討してみてはいかがでしょうか。(ダイレクトマーケティング)

    まとめ

    プロデューサーさんとお会いしてお話をするのは楽しいし、プロデューサー同士協力して何かをするのはもっと楽しい。来年もよろしくお願いしますね、プロデューサーさん!



    アドベントカレンダー3日目の記事は、『37人37色』主催のユーリカさんによる、日本武道館の上空にBigなアドバルーンを揚げようとした話 です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。