まとめてみた。ドラゴンクエスト格闘場カジノとは?(’16/08/21更新)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

まとめてみた。ドラゴンクエスト格闘場カジノとは?(’16/08/21更新)

2015-02-21 22:00

    今後、このコンテンツを定期的に動かして行きたいと考えているので、
    このドラゴンクエスト格闘場カジノについて、公開出来る部分をまとめてココに書く事にする。

    まず「ドラゴクエスト格闘場カジノ」ってなんぞ??
    と言う方が、ココを読めば大方把握出来る様な、そんなまとめにしようかと思って。

    まず書いておかないとイカン事。

    ドラクエカジノ主催の魂太郎及びスタッフ一同は、
    お客様からの現金・金品の受け渡しは
    一切お受け致しません。

    賭けられるチップは無料でお客様へ貸し出しし、そのチップを元に遊んで頂きます。
    もし勝って稼げましたら、お貸しした分のチップは回収させて頂きますが、
    負けてチップが無くなっても、
    それに代わる物の請求は一切行いません。

    『ドラクエカジノ』とは、カジノとは銘打ってはありますが、
    ドラクエの格闘場カジノを使用した「遊戯の一環」として出店をしております。
    勝ったら勝った分の景品は(少ないですが)用意しております。運が良かった方はタダでゲットで
    きるかもしれません。運が悪かった人は無料で遊んでもらう、それだけです。
    故に、『風俗「営業」法』の適用は受けません。

    この宣言文は出店参加スペースに同様の文を掲示しておきますが、
    それでもなんらかの言い分があるようでしたら
    このカジノを企画・運営している主催の魂太郎までお願い致します。

    ◆そしてお客様へのお願い◆
    点数チップの量はゲームが進行出来得る最低限の数しか用意しておりません
    また後で遊ぶからといって
    チップを他所へ持ち出さないようにお願いします。
    (他所へ行くのであれば、主催が預点カードに記入してお渡ししますので
    その旨を言って下さい。)


    んで、本題。
    まず、肝心の「どんな事するの?」から。

    ファミコン版のドラクエ3から登場したミニ企画の
    『格闘場』と言うのがあって、ココではモンスター同士が戦って、
    勝ち残ったモンスターに賭けていた場合はその倍率に応じたゴールドが
    配当されて戻ってくる、というもの。

    …動画貼った方が早いかな。
    【FC】ドラクエ3 モンスター格闘場 その1【改造、チート等なし】
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm11425745

    上記URLの動画のような感じで自動戦闘が行われていきます。


    で、ソレを実際に具現化してみた、と言うワケです。

    …と言っても、格闘場の部分を具現化すると、誰かと誰かが
    モンスターに扮して目の前で格闘を繰り広げる…と言うワケではなく、
    具現化するのは、ゴールド(仮想貨幣です、勿論。)を賭けて、
    本来のゲーム中の格闘場を進めて、その結果に従ってリアルに仮想貨幣を
    配当したり没収したりする、カジノの部分を具現化しております。

    FC(ファミコン)版ドラゴンクエスト3の格闘場については、不平等なバグが存在する
    (ザラキの消費MPが0、マヌーサやラリホーが封じられていても使える)為に除外し、
    現在はFC版ドラクエVIと、SFC(スーパーファミコン)版DQ3で運用しております。

    こんな感じのテーブルクロスを用意して、



    こんな感じの画面の時に、



    どのモンスターが勝利するか、を賭けて、その結果や過程を楽しむものとなってます。
    賭ける場合はテーブルクロスの1ST~4THの部分の上にチップを置くことで、
    それぞれ1ST~4THに賭けた、と言うことにしております。

    ついでに、戦闘中はこんな感じ。


    モンスターの位置まではいじれないので、まぁどのモンスターがどのスキルを使うのか、
    ってのはなんとなく理解出来るかなーと。


    Barを6時間程度借り切って数人で実際に遊んだ動画を取り込んだダイジェストが
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm24406362

    です。
    あくまでコレはダイジェストで、実際は6時間遊びっぱなしで主催もスタッフディーラーも疲れたw


    出店しているイベントによって、運営形態を変えておりますが、概ね
    ①借金して遊んで貰って、稼いだチップ点数もゲーム参加の為の点数として遊べる形態
     (ゲーム参加の為のチップ=稼いだチップ)
    ②数ゲーム分のチップを渡し、そのチップがなくなるまで遊んで、稼いだ分だけ景品交換して貰う形態
     (ゲーム参加の為のチップ≠稼いだチップ)
    ③数ゲーム分のチップを全員に配布し、一番稼いだ人が優勝、という形態
    の3形態です。

    闘会議では2番目の形態を取りました。
    別のイベントでは、持ち時間40分という都合、3番目の形態を取って運営してます。

    1番目の形態で出店する場合、初めて遊ぶ方はウチから借金をして賭けて頂きます。
    (つまり500点を貸して、稼げたら500点は回収させて頂きます。
    その500点もすったらもっかい500点貸し出します。当然-1000点になります。)
    (後述しますが、ゲーム上での借金ですので、リアルのお金は頂きません

    ・稼いだ方には稼ぎに応じた景品がありますが、景品については後述致します。


    ゲームはそのFC版DQ4と、SFC版DQ3だけなの?と思われるかと思いますが、
    新たに
    『上級者向け格闘場カジノ』を製作しました!
    (現状、FC版DQ4のみ)


    【通常の格闘場カジノとの相違点】
    各モンスターの倍率(オッズ)が表示されません!

    つまり…
    モンスターのステータスとスキル・魔法耐性等を見て、
    戦闘がどうなるのか、を予想して賭けるゲームとなります!

     (戦闘に入るまでオッズは表示されません)
    ベットする(賭ける)際に時間制限(現状90フレーム(動作遅延含む))を設けます
     
    (時間になったら強制的にゲームを進めるように作ります)
    ・通常のゲームでは…
     1ゲームのBET:50点
     ゲームでの支払い上限:10000点以上
    (ライド(ダブルアップ)して行って、勝ち点が10000点越えたら以降のライドはお断りしてます)
     と言う所を…
     1ゲームのBET:200点(4倍)
     ゲームでの支払い上限:100000点以上(10倍)

    と、限定解除します!
    借金して賭けるの禁止
    (持ち点200点以下になった時点でゲーム参加不可)

    ・遊べるゲーム数は15~20ゲームくらい(だいたい1時間くらい)。
    (オケラになった人が楽しめないかもなので)


    さて、本来のカジノは、このコンテンツを作る為に1回だけ、都内のとあるカジノに行ったのですが…
    カジノってのは『本来何をするところなの!?』
    という原点に立ち返って考えた時に、出た回答は2つ。

    1つ、『賭けた後の過程を楽しむ』(前述の通り)
    もう1つ、『賭けた金額・点を増やす(つもりで遊ぶ)』

    と言うのがある。
    つまり、カジノとしてお金・及びチップ点数を増やす行為としての目的もある。

    コレは本作ドラゴンクエストの格闘場で、格闘場カジノを遊び始めた切っ掛けの1つである
    『この景品が欲しい』って言う意思そのもの。

    なので、このゲームで遊んで稼げた方には景品を用意しております
    本作ドラゴンクエスト格闘場カジノなので、本作同様にチップ交換で景品と交換する形にしてます。

    左:ゲーム系グッズや本、ゲームそのもの    右:景品をまとめたアルバム
          
    画像右のアルバムに写真と一緒に、交換する点数と一緒にまとめてあります。

     また、ドラゴンクエスト格闘場カジノでは、狙っている景品のチップ換算量までには
    1日2日だけじゃ稼げないので、稼いだ点数は主催が預かって次回の開催に
    参加者がいらっしゃいましたら、預かった分をお出ししております

    …どなたがどれだけのチップをお預かりしているのか、をまとめようと思いましたが、
    「騙り」をされる恐れもあるのでココでは控えさせて頂きます。。。
    (この点は改善したいと思ってはいますが、今の所良い案が浮かびません。。。)

    と言う事で景品一覧です。画像いっぱい並べてます。
    【ドラゴンクエスト格闘場カジノの景品一覧】
    http://ch.nicovideo.jp/gontarou/blomaga/ar784811



    先日行われた、ニコニコ本社B2のドラゴンクエスト格闘場カジノですが…

    個人的にニコニコ本社の様な環境こそ、このゲームを運営するのに向いていると思ってます。

    まず、今まで開催をした場所を並べて考えます。
    ・ゲームバー2店舗
    ・ゲームレジェンド(小部屋)
    ・公民館(和室・会議室)
    ・他の方のイベントの中の1企画に乗って運営
    ・普通のバーを借り切って運営
    ・闘会議まるなげ広場

    どこも、どちらかと言うと目的があって(ゲーム・ゲーム外問わず)中に入らないと
    他人の目に触れられないという場所、入るのに身銭を切らないとダメな所でした。
    勿論コレは仕方ないと言うよりは場所を借りる上で当然なのですが…。

    それと比べて、このニコニコ本社では…
    広すぎない
     …公民館での運営では広すぎます…12畳の部屋をお借りしてこの企画をした所、
    チップを賭ける便宜上、みんなTVに近い位置にたむろして遊んでました。
    結果、半分の6畳くらいは荷物置き場になっていただけ、と言う。。。

    プレイヤーとは全く関係のない方が見ている
     この状態で遊ぶ方が楽しくないですかね?
    全く知らない方がプレイヤーとして参加する事で、意外な結果に対する精神的な共有が
    図れるんじゃないかと(1.0倍のモンスターが負けて『えええええ!?』的な)思います。

    無料w
     実のところ、コレが一番大きいのかもしれません。。。
    会場に入るのに無料ですと、「このゲームを遊ぶの無料だけど、どんな事やってるの??」
    と言う方が現れると思います。それ以外にも、ただなんとなくボーッと見てる方も居ると思います。
    この企画の最大の魅力は、カジノとしての倍々ゲーム感よりも、
    ゲームの勝敗が
    最後まで見えない「意外感」だと思ってます。
    その意外感を得られるのは、実際にチップを賭けていようがいまいが、その光景を目にした人
    勿論チップを賭けている方は、その意外感に加え、勝った人は嬉しいし、
    負けた人は悔しい…という当たり前の思いが加わりますが。

    そんな意味合いもあって、公民館のようなクローズドな環境よりも、
    多少狭くて賑やかでオープンな場所でのドラクエカジノ運営の方が向いていると考えてます。

    なので、むしろ今まで遊んで点数が貯まってる方に是非、ギャラリーに点数チップの多さ(実績)
    や経験値(結果)を見せびらかしながら遊んで頂きたい、と思ってます。

    さて、ココから先は細かい点について書いていきます。

    まず…
    【稼いだチップと交換する景品の値付けの基準は何なの?】
    と言う点。

    ぶっちゃけると、
    『主催魂太郎がその景品をゲットした金額(日本円換算) × 20倍』

    です。
    んじゃー、その「20倍」ってのはドコから出てきたの??
    と言う事ですが…
    この20倍に至った経緯がありまして。


    先に、実際にバーを借り切ってこの格闘場カジノゲームを遊んだ時の事でした。
    このバーで遊ぶ際に遊んで貰った方々との取り決めとして、
    「ライドMAX(ダブルアップ上限)まで稼いだ人は、
    魂太郎が1杯奢ります!」

    というもの。
    で、通常運営なので、ライドの上限値は10000点。
    バーでの1杯が500円。

    ココで、10000点 = 500円
    という換算が成されました。

    んで、10000点を500円で割ると、1円当たり20点
    ココで、日本円価格の20倍が景品交換の点数、となりました。

    と言う事で、根拠はココです。

    初めて運営する際は、7倍という低倍率で運営しておりましたが、
    流石に割に合わないと考えるようになりました。
    色々とレアなものやアレなものとかがあったけれど、
    遊んで貰うための企画の賞品が気付いたらなくなっていく…!

    色々考えて悩んで、『ココまでやってくれたらココまで出しましょう!』
    と言う点が、この価値基準だったと言う事です。

    今後も、この価値基準で運営していくかどうかワカリマセンが、
    現状はこの価値基準で進めて行こうかと考えてます。

    次に、ライド(ダブルアップ)について

    このカジノ運営は、本来のゲームである『FC版ドラゴクエスト4』に準拠して作ったシステムです。
    本来、賭けたモンスターが勝った後、「ライドする/しない」、の選択があります。

    本作DQ4では、次の試合のモンスターの見る前にその選択を行い、
    ライドした方は次の試合で必ずドコかに賭けなくてはならないようになってます。

    しかし、後期作品では、ライドする選択をして、次の試合のモンスターを見て
    キャンセルが可能となり、且つ、勝った代金が支払われます。
    正直その光景を目にした時に思ったのは、
    「…このカジノ、儲ける気あんの?」
    でしたwww

    勿論この企画はカジノではありますが、そもそもお金取るワケじゃないですし、
    借金と言っても仮想貨幣である以上、参加者が金銭的に損をする事はありません。
    (時間的に損してる!と思うならば、そもそも遊ばなければ良いだけですし)

    このシステムを作った時間的価値や揃えた道具の代金・用意する景品の代金を
    すべてオイラが自腹で出しているワケです。
    本来オイラがやりたい事は、
    このドラクエ格闘場カジノを遊んで貰う事
    なので、そうそう簡単に稼がせるワケには行きませんw

    なので、後期作品の「モンスターを見てライドを決める」方式は採用しません。
    (と言うか、コレだと『稼いでください』って言ってるようなモンでしょ。。。)

    …うん、まぁ、
    上級者向けの企画に対応した、初心者向けの企画として採用する事はありますが、
    その場合は当然条件を落とします。

    …あ、そんじゃー、
    初心者向けの金儲け?に優しいドラゴンクエスト格闘場カジノを作ればイイんじゃね!?

    と言う事で、新たに

    『初級者向け格闘場カジノ』を製作します!

    【通常の格闘場カジノとの相違点】
    ・上の項目でも語ったように…
    次の試合のライド(ダブルアップ)を決めるのは、
    次の試合のモンスターの組み合わせを見た後になります!
    つまり…
    モンスターのステータスとスキル・魔法耐性等を見て、
    「コレは結果ワカンナイよ~!!!」と思ったら、
    ダブルアップを取りやめて、前の試合で勝って増えた分の
    チップをゲットする事が出来る、と言う事にします!

    借金し放題www
    (持ちチップが10点以下になったら、主催がチップをお貸しします。)
    ※但し!主催からお貸しするチップそのものは数字無記入のチップで、
    景品交換の際は、この無記入チップはチップの点数としては加算しません
    このチップを賭場に置く事によって、初めて10点チップと同等の価値を持つものと見なします。

    つまり…
    景品交換出来る点数チップを手にするには、
    賭けに勝たなくてはいけません!w

    ・通常のゲームでは…
     1ゲームのBET:50点
     ゲームでの支払い上限:10000点以上
    (ライド(ダブルアップ)して行って、勝ち点が10000点越えたら以降のライドはお断りしてます)
     1ゲームのBET:10点(1/5)
     ゲームでの支払い上限:1000点以上(1/10倍)

    と、狭めます!

    …ここまで条件を緩めたものをこれから作ろうと思いますw


    (2015/11/29追記)

    …。

    景品が全然ハケない…。


    ので、通常倍率レートに更に1.2倍掛け合わせます。。。


    だいたい、1回の開催につき景品1つ2つ進呈、という勘案をしていたんですが、
    景品が溜まりまくってる上に景品にする予定のお菓子の賞味期限が。。。(汗)

    次回どっかで開催する場合、賞味期限切れのお菓子でも良ければ
    本来の額の半分で提供しようと考えてます。

    (2016/01/26追記)

    今まで…分かり辛いけど、どうしていいものか色々考えてた問題がありました。

    それは、魔法の消費MP

    名前としては統一してはいるものの…作品ごとに威力が変わったり消費MPが変わったり。
    日本語の出ないドット絵日本語なのでデザイン的に加筆する事に躊躇してました。

    が、以降は下記のように変更致します。

    消費MPが0の魔法(マホトラ)以外の全て魔法の消費MPを1に変更
      ↓
    ・それに伴い全モンスターのMPを、元の保有MPと使用魔法に準じた数値に変更する


    つまり、MPの項目を『魔法の使用回数』へと変更します。
    また、コレに伴いまして
    MP吸収魔法の「マホトラ」と「ふしぎな踊り」の威力を統一します。
    メラもメラゾーマも消費MPが統一されるので当然コッチも統一します。

    コレで「魔法が何回使えるの?」という分かりにくい部分を鮮明に出来たと思ってます。


    ただね…
    MP持ってるのに魔法が使えないモンスターとか、
    持ってる魔法の消費MPが4なのに、保有MPが7のモンスターとか、
    君ら一体何なん??w

    (2016/02/11追記)
    実際のカジノのゲームに、「バカラ」というゲームが存在します。
    このゲームを調べてみるとわかるのですけど…
    なんの根拠もなくどっちが勝つか!?の2択からスタート
    判断材料は過去、どっちが勝ってるかの戦歴だけ
    ゲームの展開としてはカードの数字次第なので、賭け終わった後は運天任せ、
    と言うか稼動PC任せなので…正直DQ格闘場カジノに似ている。

    のだけれども。このゲームを遊んでから
    …やっぱり最初の判断材料は欲しいよなー
    と、改めて思いました。
    コチラとしても最初の倍率と紹介モンスターに掛けて、あとは楽しむ形ですが、
    ある程度ゲームを動かしてから自分の考察で賭ける対象を変える、ってのは
    ありだなー、というかやらないとダメなんじゃないかなー

    と思うようになりました。

    そこで…仕様を変更する事にしました。

    ・どのモンスターに賭けるのか、という判断基準を、
     今までは戦闘開始直後までにしておりましたが…

     以降は
    戦闘が始まってから丁度1ターン目が終了するまで
    と変更致します。

    と、なると、当然ですが…
    1ターンで決着が着いてしまった戦闘はノーコンテストになり
    例え勝利したモンスターに賭けていても無効試合となります


    こうすれば、最初に賭けるよりも後の展開がある程度読めるので
    グッと面白くなると思います!

    ドラゴンクエスト自体が、オンライン含めて14作品(だっけ?)くらいあるので、
    当然それに伴ってモンスターの数や種類も増え、それらの持つ魔法や特技の種類も増え、
    作品によって威力た消費MPが調整されている都合、オイラ自身も含めてハッキリと
    『この魔法の消費MPは~でダメージはだいたい○~○で…』
    と覚えていない人が大多数なんじゃないかと思いました。

    先にマホトラを除く全ての魔法の消費MPを1に統一しましたが、
    威力や魔法耐性による除外率などのデータは残念ながら本編の
    格闘場カジノのデータに掲載出来ない…

    ので、このブロマガに掲載して参考にして貰おうと思ったら、
    ブロマガにはHTMLが全て使えないので…とりあえずウチのsiteにのせました。
    http://gontarou.nabebugyou.com/DQ4kakutouskill.htm

    尚、スキルや魔法が全部乗っかってないですが、敵が使ってこないものは除外しております。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。