ニコマス大喜利第3回 『新たな門出にふさわしいアイマス動画』 回答編1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコマス大喜利第3回 『新たな門出にふさわしいアイマス動画』 回答編1

2013-04-02 00:26
  • 1
この度は、ニコマス大喜利第3回 『新たな門出にふさわしいアイマス動画』へ沢山のご投票ありがとうございました!


 アンケートフォームからのご回答、ブログによるご参加、tweetによるご参加など、合計で約70本の動画へのご投票を頂いております。正直「お題を限定しすぎたかな」とも思っておりましたが、予想以上のご参加を賜りましてありがたい限りです。皆様の熱い推薦文も含めて楽しませていただいております。感謝。



 というわけで、今回からは複数回に分けて投票頂いた動画をご紹介していきます。どうぞよろしく。


 それでは回答編の第1回目となる今回はアンケートフォームから頂いたご投票を紹介。推薦文も掲載させていただきます。

 まずは『通りすがりのあっぷ氏ファン』さんからのご投票

おめでとう!(ニッコリ)
台無し!




 お次は、プロの芸人さんで、本も書いててアイマス関連ブログもやってて、最近『アイマスが好きなやらしいさんの独り言』というブロマガも始められた、やらしい(@yasacame)さんからのご投票。



テーマを見た瞬間に頭に浮かんだ動画です。新たな門出を「見送る」側からの動画って感じでしょうか。別れは新たな出会いのはじまりと言いますが、もし戻ってきたくなった時には前と同じ場所でバカ騒ぎしてるからまたいつでも来いよ!と言ってる気がします。届いてればいいなぁ。
 きたあああああっ! って感じです。「ニコマスファンの故郷」とも言われる作品ですが、後ろ向きな郷愁ではなく、旅立つ人への餞。その想いに目頭が熱くなります。




 お次は、はてブでもいつもお世話になっております。くじょさん(@Cujo3)さんからのご投票。

この動画は2009年1月に開催された【im@s新年会】のトップバッターとして公開されました。天海春香の 『新たな門出』ということでお題に応えたいと思います。春香PVのなかでの一推し作品です。何度観てもあのシーンで背中がぞくぞくしてきます。
 テーマを出した自分が言うのもなんですが、「旅立ち」と「別れ」は表裏一体なんですねえ。改めて気づかせてくれる作品へのご投票。心の芯にじんわりと響いてくる動画です。




 お次は、『だいぶ前に作って放置してた場所』のありがさんから6本のご投票を頂いています。


新しい生活が始まったら、新しい日々を送ると共に会いたい人にメールを送ろう。


悲しいことがあってもまた南風は歌い出す。アイマスのカバー曲はどれも良いですよね。


皆それぞれ新しい日々を歩み出しても紡いできたあの時と記憶はずっと続いていく。



新たなステージ、地ならしをしつつ、清新な気持ちでボルテージ上げていきましょう!


色々あって疲れても、僕らには6年、或いはもっと、の間にあったたくさんのものごとが残されていて、それもいつなくなるかはわからないけれど、いまでもきっとこれからも彼女たちは姿を変えつつハローと呼びかけてくれるから、好きな動画、好きなアイドルをみて元気になれる時もあるかもしれない。


信じるもの、好きなもの、帰る場所、迎え入れてくれる人があると心は強くいられる。それがアイマスに限らなくとも、なにごとにおいても。
 投票される動画がどれもこれも個人的にツボな作品ばかりで、並べて悶えておりました。しまいには途中から涙ぐんでいたり。ありがさんありがとうございました!




 お次はニコマスブログ『ののわっ!』のfukuyaさんからのご投票

私事ですが4月から新しい仕事をすることになりました。
新しい環境に期待と不安があるのは当然で、
きっと心が曇ったり雨が降ることもあると思います。
でもこの動画の彼女達を見るとがんばろうと思えてきます。
 実は今回最多の3票が投票されておられます、七夕Pの2年前の最新作。作品のテーマは「夏」なのに、「今日も暑くなりそうだ、頑張ろう」という気持ちにさせてくれるんですよね。fukuyaさん、ありがとうございました。


 お次は名無しの方から頂いております。

選曲のみ。
 誇り高く遠くを見つめる真が無限の未来を感じさせる一本です。海、水平線は新しい世界への旅立ちを予感させてくれますね。




 本日最後は太洋(@tetote_vag)さんからのご投票

折角だからマイナーな動画で何かあったかなあ、と考えていたけど結局初めに浮かんだこの動画を。

これまでの1年を大切にしつつ、また新しい未來へ踏み出すアイドルマスターらしい動画だと思います。これからもそうやっていっしょに居れたらいいですよね
 全くですね。そう考えれば、アイマスというゲーム自体が「新たな門出に相応しい」のかもしれません。






 というわけで12本のご投票をご紹介いたしました。ご投票頂いた皆さん、ありがとうございました!

 まだまだ次回へ続きます。佳きアイマスライフを。
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。