• このエントリーをはてなブックマークに追加
【SW2.0ニコ生セッション】第1回のあらすじ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【SW2.0ニコ生セッション】第1回のあらすじ

2015-04-29 15:51
  • 1
 みなさま、こんにちは。

 グループSNEチャンネルの中の人です。

 さて、いよいよ本日生放送の『ソード・ワールド2.0 ニコ生セッション』新シリーズの第2回。

 今回は第1回のあらすじを振り返りながら、物語の見どころをチェックしていきたいと思います!

※ちなみに、第1回アーカイブ動画のご視聴はこちらからどうぞ!

 と、いうわけで、以下は中の人によるうろ覚えのあらすじです~

――前回のあらすじ―――――――――――――――――――――――――――


 ここは剣と魔法のファンタジー世界“ラクシア”(詳細はルールブックIをご覧ください)

 そのなかでも、魔剣ラッシュに沸く謎に満ちた島、グレイシア島が今回の冒険の舞台である。

 数々の新しい発見に沸くグレイシア島では、冒険者ギルドと呼ばれる組織が多数存在し、それぞれが冒険者を雇い入れて探索に力を注いでいた。

 視聴者であるあなたは、そんなグレイシア島に“伝説の船”が眠るという話を聞き、剣精「サナーエ」が宿る“宿精剣”を手にこの地へやってきた新米の冒険者ギルドマスターである。

 あなたは、さっそく立ち上げたギルドに集ったL-100、ミシュリー、ヒューバート、レクタリスという4人の冒険者を雇い入れ、伝説の船を探す冒険に旅立つのであった。

 やがて、冒険の中で、忘れられた小神“ヴァ=セアン”を祀る謎めいた村へたどり着いた一行は、村人の依頼で向かった遺跡の奥で妙な装置に入れられて昏々と眠り続ける少女を発見する。

 村に伝わる伝承では、この少女こそが“伝説の船”の謎を解くための重要な存在であるという。

 伝承はこう続く。

 かつて“伝説の船”をもたらしたというヴァ=セアンの神官戦士が、自らの死に際して「悪しき者に“船”を使わせぬため」に“船”に厳重な封印を施したのだと。そして、彼に従う5体の剣精たちに封印の鍵を託したのだと。

その5体の剣精とは、

“よもやま話の”レッデル

“華麗なる仮面の”アルセクト

“マナの子に愛されし”シェンデ

“力を求める”ココ

“雲にも届く”ジーハ


 グレイシア島のどこかに存在するという、それら5体の剣精が築いた「剣の迷宮」を攻略するべく、ギルドマスターと冒険者たちの新しい冒険が始まろうとしていた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 さあ、あなたならどの剣精が築いた迷宮に挑みますか?

 4月29日(火・祝)18時開始予定の ソード・ワールド2.0 ニコ生セッション 第2回 では、今回挑戦することになる迷宮を生放送開始後にアンケートで決定!

 他にも、ギルドマスターたるあなたは、冒険で直面する様々なシチュエーションで、選択を迫られることとなるでしょう。

 あなたもぜひ、生放送セッションを視聴して、サナーエや冒険者たちといっしょに冒険に出かけましょう!
×
ニコ生のアーカイブを見て、google playを見てきたんですが、書かれている評価内容があまりに酷いので正直な話、プレイするかどうか迷っています。
皆さん、声を揃えてSW2.0らしさが出ていないとか、ゲームバランスが悪いと言われていて読んでいてかなり痛々しい感じです。
プレイしたらまた書き込もうと思っていますが、評価の酷さに引きぎみです。
19ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。