2015年上半期ニコマス20選
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2015年上半期ニコマス20選

2015-07-02 20:04

    運営の皆様、今期も開催ありがとうございます&運営お疲れ様です。
    とりあえずレギュレーションをば。
    基本レギュレーション
    ・対象は2015年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
    ・自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
    ・1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
    ・選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でもオッケー)
    ※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります

    さて、今期はなんというか……公式が動きすぎですねw
    個人的にはその影響もあってあまりニコマスを見れていないのですが……ニコマス界隈としては決しておとなしくなるような事はなく、4月に行われた「MADLIVE EXP!!!!! vol.2」や、自分も運営として参加しました「iM@S WAVE SONIC」(アゥソニ)で大盛り上がり。
    思い入れが強い事もあってか、今回の20選はだいぶアゥソニ関連に偏ってます。あとノベ関係見れてないです。それでは20選、どうぞ。

    1.映画になんかならなくても ATP

    劇場版の可奈の心情に対して僕らは理解・不理解・分かったフリを振りまく事しかできないけれど、可奈が思っていた事はこの歌詞みたいな事なんだろうなぁ。明るい未来の前には辛い現実があるように、人生もアイドル道も決して平坦な道ではないのだろうけど、それでも可奈は笑っているのでしょう。笑えるように、向き合っているのでしょう。

    2.ワンダリングスターに、さよならを クローゼットP

    強そうに見えながら弱く、強そうに見えながら強い。貴音はそういう娘。
    WS組と並んでいる彼女が一番活き活きしているようで、一番脆いように。
    弱さを見限るのではなく共に付き合っていくために、彼女たちは最強の個別衣装でステージに立ち、別れを告げる。「さよなら」は認め合った間柄の言葉、再会の約束。

    3.アイドルマスター Take Me Higher-四条貴音- tlop

    どちらも「UNDER WAVE SONIC」というイベント参加作である事を差し引いても、上記のクローゼットPの動画の数日後にこの動画が来た事に運命の存在を感じずにはいられませんでした。未見の方には是非連続してご覧いただきたい。
    貴音の強さに焦点を当てた作品。WS組はもちろんの事、765プロの全員が仲間であり、力の糧でもある。頂点である玲音に挑む「ALL for ONE」、怒涛のラストに鳥肌です。

    4.春香さん達とすべての祝福をみんなに versusP

    映像がどうとか、技術がどうとか、難しい事は分からなくても心に幸せを直接訴えてくる。
    アイマスの世界が増えて、広がって。アイドルの数が増えて、関係性は広がって。
    どこまでも広がるアイマス世界にどう付いていけばいいのか、と悩む必要はない。
    ステージ上のアイドル達はいつも笑顔で、それは僕達を幸せにしてくれる――それだけでいいのだろう、という事をこの動画は教えてくれる。

    5.『ARPHAGE』 ver.Create 終わり詩P

    初見時の「なんだこれ……なんだこれ……」感と言ったらね!
    正直ストーリーは一分一厘たりとも理解できていないのだけれど、映像だけで圧倒されているのだから何も問題はない。物語があるなら読んでみたいというのが本心だけれど。
    この動画を表現する言葉を持っていないのがもどかしいのだけれど……「見て、感じろ」としか言いようがない。

    6.プロデューサーリサイタル MMDm@ster【モデル配布】 狡猾全裸富竹P

    これがSideMちゃんですか(すっとぼけ)
    「面白い」「すごい」よりも先に「かわいい」って感想が出てきちゃうのが、もうね。
    コメントで「ミリオンのPはどんなキャラか」という話題が白熱していて「お前らP大好きだな!」ってなりました。それにしても……いやぁ、かわいいな。

    7.ゆきあみまみ「しゅわしゅわガール」 ナンカンP

    かわいいがひたすら詰まった動画。
    ナンカンP特有の光の表現も、この動画では加速させるスパイスとなっている。
    これから来る夏。ラムネを傾けながら爽やかな動画を見るのも乙ではないだろうか。

    8.アイドルマスターOFA 恋は渾沌の隷也 mknP

    今期で一番一選が難しかったmknP。それほどまでに良作揃い。
    ただのアニソンコラボPVと思うなかれ。ここには2分33秒の物語が確かにある。
    だからといって身構える必要もなく――動画の中の「楽しい」に身を委ねよう。

    9.アイドルマスター 千早「箱庭~ミニチュアガーデン~」天野月子 トモダチP

    千早と孤独は隣にいる事が多い。それこそ、千早の横に春香がいるくらいには。
    千早の未来にあるのが幸福か不幸かは分かれる事が多いのだけれど。
    報われたり報われなかったり、手に入れたり捨ててしまったり、我儘だったり考え過ぎだったり――そんな孤独な歌姫の、等身大の物語。

    10.【ミリマスMAD】It's role-playing!!【七尾百合子】 ハバネロP

    僕は「七尾百合子はどんなアイドルか」と訊かれたら「まずこの動画を見ろ」と言います。
    空想を実現しステージに立った正統派アイドルな彼女の隣に立つ、愛あるプロデューサーの惚気話みたいな動画。

    11.11月の祭 サトウくんP

    天空橋朋花は危うく、徳川まつりは儚い。個人的にそんなイメージ。
    まつりはいつPの前からいなくなっても不思議ではない、刹那的な存在に思えて。
    それこそシャボン玉が割れるように、別れは一瞬だと思うのです。

    12.『未来飛行』 ファミエリ氏

    バカみたいに真っ直ぐで春日未来みたいな動画でした(褒め言葉)。
    2ndライブの『未来飛行』を見たから、というのもあるでしょうが、久々に動画で泣きました。

    13.【MAD】枠の外に広がる世界【ミリオンライブ】 黒崎P

    「公式が二次創作みたいな事をする」で有名なミリオンライブ。
    ニコマスでいうところの架空戦記のようなイベントもあるかと思えば、シーズンの集大成と称して王道ライブイベントもあったりして、とにかく楽しいミリオンライブ。
    約2年半で積み重ねてきた物語を改めて眺めてみると壮観ですね!

    14.【手描き】シアター達が五月病マリオを演奏してみた! らぽっぷ氏

    ああもうかわいい。反則的にかわいい。
    みんなかわいいんだけどやっぱり志保が一番かわいい。

    15.ラムネ色 興奮 竹塔氏

    たぶんタイトルでオチてると思うんですけど(名推理)
    くやしい事にたぶん今期で一番見たのはこの動画なんだよなぁ……。

    16.【だりなつみく】ロックンロール紙芝居【アゥソニ】 合作(大作P&ハバネロP)

    世界平和とロック……奥が深い動画でした……。
    だりーがロックだと言うのなら、残念ながらあの紙芝居はロックではないのでしょう。
    みくとだりーが「ぐぬぬ」ってしてるコマほんとかわいいと思う。

    17.アイドルマスター READY!! STEADY!! GO!!!! Pボウイ氏

    圧倒的熱量、圧倒的少年漫画。ボニキの動画はいつでも魂を震わせる。
    「全員同じステージに立っていると感じたら俺の勝ち!」とボニキは言っていました。
    僕は負けました。みなさんはどうでしたか……?

    18.佐久間まゆの推理 ヤスミツP

    今まで見たノベマスの中でも1,2を争うくらいには好きです。
    特にキャラの描写が自然で、主役の佐久間まゆの描き方は文句なしの完璧だったのではないかと思いました。二次創作でありながら公式の延長線上にあるような違和感のなさ。
    佐久間まゆは特に描き手によってキャラが変わる娘で、実際多くの「佐久間まゆ」を見てきましたが、このまゆが一番好きです。

    19.僕の見た『iM@S WAVE SONIC』 家具屋P

    有志によるアゥソニダイジェスト動画。嬉しすぎて何回も見てます。
    まず何が凄いってあの17時間以上あるイベントを4分にまとめてくださったこと。
    そしてダイジェストを作ってしまうくらいアゥソニを楽しんでいただけたこと。
    謂わば4分で(ざっくり)分かる「iM@S WAVE SONIC」、是非ご覧ください。

    20.【iM@S WAVE SONIC】Last Day ED アゥP

    見る度に泣きそうになる動画。
    イベントもニコマスも、もちろんアイマスも。楽しい遊び場はまだまだ終わりません。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。