新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモンにおけるレーティングシステムの問題点

2017-05-19 03:49
  • 191
  • 3
何か今話題らしいんで、話題には乗っかって売名していきたいんで書きますね。
まず自分はポケモンにおけるレート差マッチングには反対という立場を明らかにしておきます。ではなぜレート差マッチは悪なのか。ちょっと小難しいことも交りますが、丹念に読み解いていただければと思います。

 まずポケモンというのは、その人の強さの担保はレートが行います。勝率やその他ではなく、レートによって順位が決まることからも明らかですね。そして、ポケモンには、そのレート環境へ挑戦するための制限がありません。
これには二つの理由があると考えます。強さを競う最大規模の環境がレートです。これに制限をかけては、ポケモン対戦をどこにいても出来ない人が生まれるということになります。
そして二つ目、これが重要なのですが、ポケモンにおける強さの測り方が確立されていないからです。というか確率出来るようなシステムにはないように思われます。つまり、必ずしも強い方が勝つというわけではない。これは皆さんがご承知の通りであると思います。

 以上を踏まえてレート対戦の話をします。レートというのは強さの担保。つまりレートが高い人は強い。しかし、強いから弱い人に勝てるというシステムにはなっていない。ということは、強弱関係にあろうとも、その試合の勝敗の価値は不明瞭であるということです。
にもかかわらず、レート環境においては、強者が勝てば低価値で、弱者が勝てば高価値という判断にあります。これはおかしい。大企業の技術は中小企業よりも優れていて当然なはずはありません。
例えば、ニッチな産業なのですが、セーラーという万年筆のメーカーがあります。万年筆のペン先の研ぎ方には様々な種類があるのですが、このセーラーでは長刀研ぎという種類が、この企業独自のものとしてあります。他の企業では開発出来なかったことです。ですがこの研ぎ方、そんなに実用的というわけではありません。そんなに売れてません。しかし、面白味はあるので、マニアの方が買い求めているようです。そして一方で、パイロットという皆様ご存じのメーカーがあります。ここの企業はキャップレスというノック式の万年筆を開発しました。ただノック式というだけの万年筆で、マニア受けはイマイチですが、一般のサラリーマンなどの人気を博しています。自分の知っている範囲では、セーラーの長刀研ぎでは太刀打ち出来ないほど売り上げております。
何が言いたいかというと、多く普遍的な物と、一部に受容されている物、どちらが優れているということはありません。キリスト教と神道に序列なんてありません。ポケモンとチーターマンもきっとそうです。きっと。

 ですから、強い方が勝ったからまあ当然だよね。弱い方が勝ったから、弱くはなく本当は強いんだ。なんてのはありません。当然コンテンツによって異なる、例えば相撲や将棋では弱い方が勝ったりしたら話題になったりますが、これは弱い方が勝てる可能性が、ポケモンのそれに比べて極端に低いから、もしくはドラスティックな変革が見られたりするからです。
それから、妙ちきりんな構築だけど、全部択勝ちして2300叩き出すとかいう例外とかもありますが、巨視的に見たときに、レート差マッチというものは改善されるべきものであるように考えます。なぜならば、レートの大きさに価値の違いはあれど、勝敗自体に価値の違いはないからですね。

 改善案としては、まあ数字の近いもの同士をあてがうか、誰と当たっても同じ数減って同じ数増えるとかですかね。後者はまぁ勝率、勝ち数による換算ということになりますね。
余談ですが、先ほどポケモンよりも勝敗が対局者の強弱に非常に左右されやすいと紹介した将棋ですら、この勝ち数制度を取っています。レート制は皆無ではないかと思います。
基本的にレート制というのは、人為によって意図的に数字が近くように組まれるもので、人がいなかったらまあ約25連勝分離れていてもマッチしてもいいか~なんて、ましてこんなにも過疎化の一途をたどっている時分にあり得ることではありません。
同じ人と当たる?上等です。強さを測る場であり、楽しさなど二の次です。楽しさを求めたいのならば、フリーのインフラ整備を要求するのが筋であり、インフラが整備されているからと言って、レートという高速道路に多様性があるほうが面白いじゃんなどと言って、自転車やらジョギングやらが跋扈するのはよろしくありません。
追記
レートを楽しむものではないと解釈された方々が散見されましたので、説明を。
レート環境では、上下が出ます。そして自分が上位にいることを「喜ぶ」ことに本質はあります。もっと言うと、自己満足、承認欲求を満たすために存在します。
そういった意味で、対戦や多様性による「楽しさ」は二の次です。高レートだと構築が似通っている。より楽しめるようにレート差関係なくマッチするべきだ、という考えへの回答です。解答ですかね。純粋な対戦の楽しさ「のみ」を求めるならば、現状無いので他に求めるべきであり、レートにそれを求めると、レートの本質を失い、確実に欲に飢えている層がポケモンをやめます。対戦の楽しさはレート環境でも賄えますが、その手の欲望は、レート差マッチが蔓延している環境では代用が利きません。ですから、もしレートに本質が失われたとき。やめる人の数は過去最大と予想するのが本寸法でしょう。
因みに、レート対戦にも当然楽しさはあります。それは対戦外の場面にて考察することなどが主ですね。これはどの層も感じる楽しさではあると思いますが、個人的には勝ちを求める層の方が、その恩恵は大きいような気がします。

ご質問等あればツイッターかコメントにでも、と言ってコメントやツイッターだったらうやむやになったり、僕の悪戯心が騒いだりするんで、是が非でも善悪を徹底的に求めたい方がおられましたら、Skypeのほうまでお願いします。こちらでも悪戯心はまず騒ぎますので多少のご理解をお願いします。
広告
他181件のコメントを表示
×
そもそも急所や技の命中率、追加効果など、なぜポケモンがそういった確率が影響するシステムをいくつも取り入れてるかわかってるんだろうかね?そういった方向で考えれない以上、どれだけ言い訳やこじつけを並べ立てたところでただの愚痴や文句にしかならない。
実力を測りたいだけならそれこそ将棋とかでやれってお話。ポケモンに一体何を求めてるんだろうねこの人は。
態々ポケモンで実力を測る意義を説明してからレートの問題点をつついたりすべきじゃないの。説明責任を負えてないとか語る資格すらない。
19時間前
×
そもそも何故レート差マッチングが今世代でより顕著になったのかちゃんと理解出来てないですね
公式的にはJCSのオンライン予選のトス対策の一つなんですよ(ちゃんと対策になっているかは置いておいて)
トス自体が可能な限り近いレート帯でマッチングしていたのを逆手に利用した不正行為なのでそれを防ぐには当然遠いレート帯でもそこそこマッチングするようにしなければならないのです
それならレートの増減数をある程度決めろという人もいるかもしれませんがそれはそれで別の所から不満が出るのは明確です
要は公式はシングル勢の方向向いて調整する気はないので我慢ならない なら、wcs(ダブル)勢になるかガチ対戦自体止めるかの2拓でしょうね
12時間前
×
>>188
追記
まあ、あとレート差マッチングを完全に消したいなら株ポケに新たなトス対策を提案すべき
それが出来ないなら甘んじて受け入れよという話ですな
12時間前
×
>>187
それでさ、じゃあなんでレートが出来たのかの説明が出来ていないんだけど。何かしらがポイント化されるようになった。じゃあそれは何をポイント化したくてレート制を取り入れたのよ。
運要素が含まれているから実力を求めるのはおかしい?Aのプレイングでは多く作っていた運負け要素を、Bのプレイングでは大幅に減った。こういうこともあり得る、というかごくごく普通なことなわけで、「ポケモン」という独自のルールが平等に与えられている以上、レートの計算式が、その与えられているルールに合うように作られたらレートは強さを測る場に十分に化けるよ。
実力を測りたいなら将棋をやればいいってさ・・・少し頭冷やしなよ。それぞれの持ち味がある中でそれぞれの実力を認めればいいじゃない。テニスは室外競技だから、風などの影響を受けやすく、実力差が出にくい。それに比べ卓球は室内で、実力がより顕著に表れるため、実力を求めるならば、テニスよりも卓球のほうが良いって言ってるようなもんだよ?
それからツイッターにリンクぐらいは貼ってるってか、勝手に貼られるようにしてあるよ・・・それぐらい確認しなよね。
実力をポイント化させる意味を問う前に、ポケモンにおける実力が何なのかを、実力って意味がなんなのかを考えたほうが良いね。
それぞれに与えられたルールの中で結果を残す能力が実力であり、その結果の算出方法が現状では弱い人側に有利に働いているから、是正の余地を考えているだけだよ。
あとポケモンの選択肢は「少しの」って日本語じゃ形用出来ないよ。少なくとも一番大きなウェイトを占めるものが選択肢だよ。PT作成時のポケモン、技、努力値、個体値、性格等の選択。対戦時の選出、技、プレイング等の選択。ほぼすべてのPTにおいて対戦時ですら選択肢が最も重要な役割を担う。
だからレートの計算式の是正だけで実力制は十分に機能すると考えるけどね。
12時間前
×
無知がひどい。
「相手が弱くても勝敗の価値が同じ」は無い。
「強い方が勝ったからまあ当然だよね。弱い方が勝ったから、弱くはなく本当は強いんだ。なんてのはありません。」
それが本当だったら勝率全員同じだから。ポケモンはただのじゃんけんなの?
二人で対戦100回したらその勝率の差でレートはある値で安定する。それが強さだから。
それに将棋にレート制が皆無って、何もしらないのに例に出さないでくれ。
12時間前
×
>>189
シングルが大きく人口を占めている以上、ポケモンとしてもお前らいやならやめろとは決して言えない。僕もやめるつもりはない。ここは一致している。別にダブルのためだけにレートが出来たんだったらダブルだけに適用すればよかったわけで、それならシングルには向いていないんだからやめるべきでしょ。中途半端にシングルに適用して、問題があってポケモンをやめる人も出ている。これはポケモンの本意ではないはずだよ。これが理由かは怪しいと思うけど、一説には十万人って話は聞くよね。
シングルに適用してしまった以上甘受するのは僕らのほうもそうかも知らんけど、ポケモン側だって僕らの不満を甘受する責任はある、というか、僕らに甘受する責任はない。あくまでも善意による甘受だけれど、ポケモンにはその責任があるね。
12時間前
×
>>191
奨励会が公式にレート出してる?私的なもの数えだしたらキリがないよ。将棋と名乗る何かよくわからん遊びもレートを取り入れていて~とかになればもう収拾がつかん。
勝敗の価値が同じなんて言ってないけど・・・・よくわかんないよねって言ってんの。
将棋の例で言うとね、島と丸山の成績がひどいことなのは知っているでしょ?でも丸山のほうが絶対的に強いとはならない。そのほかの戦績も総合的に見られるからね。ただ言えることは、島と丸山は相性が悪い、まあ丸山としては相性がいい。そこに実力差を認めることは難しいよね?これまでの戦績を見るに、島と丸山に百局指ささせたら、丸山が九十勝したとしよう。多分これアマ強豪でも出来ると思うんだよね。少なくとも、今丸山が島に対して十何連勝だっけ?十数戦のうちに一生出来るアマ強豪はいると思う。じゃあ島の実力はアマ強豪レベルかなんてとんでもない話でしょ?この島と丸山では、勝敗と実力が乖離していることが分かったわけだけど、将棋は全員同じ勝率だったっけ?不勉強にて全部を見比べるなんてよく目的の分からんことしたことないからご教示ください。
12時間前
×
ポケモンには興味ないんですが、議論は面白かったので
自分のブログにコメントを書きました。
(未プレイ勢の妄想なのであんまり読む価値は無い)
http://ch.nicovideo.jp/maxa/blomaga/ar1272263
2時間前
×
>>192
そもそも、レーティングシステム自体特に対戦数を制限しない限り暇人が有利になる欠陥システムだということを認識すべき
そして、もしレーティングシステムが本来の実力に近いものを示せるシステムならそれこそポケモンに限らず色んなゲームの世界ランキングなんかは基本的にレートで決まっているはずであるが、そんなことは断じてない
つまり、レートとか言う実力を表すのに不完全な数字を気にし過ぎというこっちゃ
さらに、例えレート差マッチングで自分のレートが吸われたとしてもしっかりと実力があれば普通に元に戻せるだろう君が信仰するレートとやらが実力を正しく反映するものならばな
逆に、戻せないならそれはそこまでの実力がなくたまたまそこに到達しただけだろう
そもそも、構築で運負けの可能性を作っている時点であなたの失態だと思うのは私が君と違って運が収束しやすいダブルを中心にやっているからだろうか?
あと、人口が多いから大事にされるだろうという期待を抱くのはやめた方がいいと思う
例えば、6から7世代にかけて行われたポケモンの調整などを考えると分かりやすいと思う
バシャーモやガブリアスが全くナーフされなかったのはなぜだと思いますか?
逆に、ほとんどのシングル勢が問題視していなかったスキン系の特性がナーフされたのはなぜですか?
結局公式はそっちを向いて調整してないんだからこっち側の人間になって議論をしなければ聞いてくれることなどないということ
もう一つ言うとしたら、公式がどのルールのレート1位を世界チャンピオンと呼んだことが一度もないのに対してWCSで優勝すればジュニアであっても世界チャンピオンと呼ばれている訳を考えてみるといい
要は、レートは所詮自己満足と割り切るべきだし楽しめないならレートをやめるべきであるということ
1時間前
×
>>196
全ての競技においてレートは取り入れられてるでしょ。それはちょっと書き方マズいぞ。順位を決めるのに、何かしらの数字が絡むのがレート。国民投票でも、勝率でも、持ち点でも全部レート。レートじゃないって言ったら、一人の人間が、主観によって「う~ん、こいつが一番好きで強そうだしこいつ一位かな~」これはレートじゃない。こんな競技あったかしら?
それと時間かけたほうが有利なのはなんでもそうでしょ。練習したほうが強いのと一緒でしょ。玉いっぱい蹴った方が強くなるなんてサッカーは欠陥!!って言うのか?
んでレートは元に戻るからレート差マッチしてもいいってのもおかしい。不安やイラつき、時間等々、無い方がいいに決まっているものを経た上でようやく元に戻る。たまたま二回連続で格下に負けようもんなら、戻るレートも戻らんときだってある。
んでやめるべき云々だけど、僕がこんなにもポケモンが好きであることに、チャンピオンと呼ばれないだとかガブやバシャがナーフされないだとかといった些細な問題が対抗できる根拠がないけど。どうやったらそんな問題が僕の気持ちに影響与えられんだ?こんなにも僕はポケモンが好きなんだぞ?不思議でならん。こんなに好きなポケモンをそんな微小な理由で辞めることに繋げられる発想に驚くね。なんでなの?
それと、僕らが甘受する以上ゲーフリにもその不満を甘受する責任はある。ってことについて異論はないみたいだから、これは認めてもらえたってことでいいよね?
57分前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。