ポケモンにおけるレーティングシステムの問題点
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモンにおけるレーティングシステムの問題点

2017-05-19 03:49
  • 211
  • 2
何か今話題らしいんで、話題には乗っかって売名していきたいんで書きますね。
まず自分はポケモンにおけるレート差マッチングには反対という立場を明らかにしておきます。ではなぜレート差マッチは悪なのか。ちょっと小難しいことも交りますが、丹念に読み解いていただければと思います。

 まずポケモンというのは、その人の強さの担保はレートが行います。勝率やその他ではなく、レートによって順位が決まることからも明らかですね。そして、ポケモンには、そのレート環境へ挑戦するための制限がありません。
これには二つの理由があると考えます。強さを競う最大規模の環境がレートです。これに制限をかけては、ポケモン対戦をどこにいても出来ない人が生まれるということになります。
そして二つ目、これが重要なのですが、ポケモンにおける強さの測り方が確立されていないからです。というか確率出来るようなシステムにはないように思われます。つまり、必ずしも強い方が勝つというわけではない。これは皆さんがご承知の通りであると思います。

 以上を踏まえてレート対戦の話をします。レートというのは強さの担保。つまりレートが高い人は強い。しかし、強いから弱い人に勝てるというシステムにはなっていない。ということは、強弱関係にあろうとも、その試合の勝敗の価値は不明瞭であるということです。
にもかかわらず、レート環境においては、強者が勝てば低価値で、弱者が勝てば高価値という判断にあります。これはおかしい。大企業の技術は中小企業よりも優れていて当然なはずはありません。
例えば、ニッチな産業なのですが、セーラーという万年筆のメーカーがあります。万年筆のペン先の研ぎ方には様々な種類があるのですが、このセーラーでは長刀研ぎという種類が、この企業独自のものとしてあります。他の企業では開発出来なかったことです。ですがこの研ぎ方、そんなに実用的というわけではありません。そんなに売れてません。しかし、面白味はあるので、マニアの方が買い求めているようです。そして一方で、パイロットという皆様ご存じのメーカーがあります。ここの企業はキャップレスというノック式の万年筆を開発しました。ただノック式というだけの万年筆で、マニア受けはイマイチですが、一般のサラリーマンなどの人気を博しています。自分の知っている範囲では、セーラーの長刀研ぎでは太刀打ち出来ないほど売り上げております。
何が言いたいかというと、多く普遍的な物と、一部に受容されている物、どちらが優れているということはありません。キリスト教と神道に序列なんてありません。ポケモンとチーターマンもきっとそうです。きっと。

 ですから、強い方が勝ったからまあ当然だよね。弱い方が勝ったから、弱くはなく本当は強いんだ。なんてのはありません。当然コンテンツによって異なる、例えば相撲や将棋では弱い方が勝ったりしたら話題になったりますが、これは弱い方が勝てる可能性が、ポケモンのそれに比べて極端に低いから、もしくはドラスティックな変革が見られたりするからです。
それから、妙ちきりんな構築だけど、全部択勝ちして2300叩き出すとかいう例外とかもありますが、巨視的に見たときに、レート差マッチというものは改善されるべきものであるように考えます。なぜならば、レートの大きさに価値の違いはあれど、勝敗自体に価値の違いはないからですね。

 改善案としては、まあ数字の近いもの同士をあてがうか、誰と当たっても同じ数減って同じ数増えるとかですかね。後者はまぁ勝率、勝ち数による換算ということになりますね。
余談ですが、先ほどポケモンよりも勝敗が対局者の強弱に非常に左右されやすいと紹介した将棋ですら、この勝ち数制度を取っています。レート制は皆無ではないかと思います。
基本的にレート制というのは、人為によって意図的に数字が近くように組まれるもので、人がいなかったらまあ約25連勝分離れていてもマッチしてもいいか~なんて、ましてこんなにも過疎化の一途をたどっている時分にあり得ることではありません。
同じ人と当たる?上等です。強さを測る場であり、楽しさなど二の次です。楽しさを求めたいのならば、フリーのインフラ整備を要求するのが筋であり、インフラが整備されているからと言って、レートという高速道路に多様性があるほうが面白いじゃんなどと言って、自転車やらジョギングやらが跋扈するのはよろしくありません。
追記
レートを楽しむものではないと解釈された方々が散見されましたので、説明を。
レート環境では、上下が出ます。そして自分が上位にいることを「喜ぶ」ことに本質はあります。もっと言うと、自己満足、承認欲求を満たすために存在します。
そういった意味で、対戦や多様性による「楽しさ」は二の次です。高レートだと構築が似通っている。より楽しめるようにレート差関係なくマッチするべきだ、という考えへの回答です。解答ですかね。純粋な対戦の楽しさ「のみ」を求めるならば、現状無いので他に求めるべきであり、レートにそれを求めると、レートの本質を失い、確実に欲に飢えている層がポケモンをやめます。対戦の楽しさはレート環境でも賄えますが、その手の欲望は、レート差マッチが蔓延している環境では代用が利きません。ですから、もしレートに本質が失われたとき。やめる人の数は過去最大と予想するのが本寸法でしょう。
因みに、レート対戦にも当然楽しさはあります。それは対戦外の場面にて考察することなどが主ですね。これはどの層も感じる楽しさではあると思いますが、個人的には勝ちを求める層の方が、その恩恵は大きいような気がします。

ご質問等あればツイッターかコメントにでも、と言ってコメントやツイッターだったらうやむやになったり、僕の悪戯心が騒いだりするんで、是が非でも善悪を徹底的に求めたい方がおられましたら、Skypeのほうまでお願いします。こちらでも悪戯心はまず騒ぎますので多少のご理解をお願いします。
広告
他201件のコメントを表示
×
責任を持たない、責任能力がないのなら誹謗中傷に文句を言う権限すらないよね
善意で答えてるってだけなら誹謗中傷を何も言わずに受け止め続ければいい。
発言に対する責任はどこまでも本人に死ぬまで追従するのが理りというものだよ。
4ヶ月前
×
そもそも好きだけど諦めるってなんなの?
諦めてるの?
それならそもそもこんなブログ自体書く意味ないでしょ
諦めてるんじゃないの?
諦めてるにもかかわらず態々問題点をつつく必要性は?
その理由は?
諦めてるにもかかわらず改善案?諦めてるんじゃないの?
4ヶ月前
×
>>207
君誰と喋ってんの?この僕でしょ?この僕と喋るのに悪ふざけをするな?ふざけるなよ。君が僕と知って聞いてきているんだろ?社会人ならば、相手に応じて柔軟に対応しなよ。
んでブログなら無責任でもいいよ。誰にも迷惑をかけなければね。ブログに一言一句責任を求めるの?この構築強いですよ~ってブログ書いたら、著者は閲覧者を強いと思わさせる責任がある?冗談じゃないね。
4ヶ月前
×
>>209
自己表現だよ
4ヶ月前
×
>>211
具体的に何を自己表現してるの?
少なくともこの記事からは愚痴とこじつけ、傲慢さと無根拠暴論などばかりしか伝わらず、ポケモンそのものに対する愛は一切見受けられなかったけど、具体的にあなたのなにを表現したつもりなの?
3ヶ月前
×
>>212
自己表現だよ?人間一人表現したんだよ?人間一人まるっと表現しているものに具体も何もないでしょ。
捉え方は人それぞれだけど、テクストを見て思ったことなら、思うだけにとどめないと。それを僕に聞いた途端に作者である僕の言葉が絶対化されちゃうから、訊いた以上は君が違って僕が正しいことになるって大前提を飲み込んでおいてよ。
3ヶ月前
×
>>213
ゴメン。言ってること崩壊し過ぎてワロタ
3ヶ月前
×
>>215
一目で実力不足とわかる者を教育するでもなくただただこき下ろすためだけに一々僕に報告するなアホ。
ゴミを見つけたんならゴミ箱まで持って行け、ゴミ見つけて騒ぐだけならただただ迷惑なだけだろうが。
2ヶ月前
×
>>214
ほんと愚痴とこじつけ、傲慢さと無根拠暴論しか出てこないよね
1ヶ月前
×
>>217
傲慢で無根拠な暴論がなんで正しくないか証明されてないよ?
生の事実って言葉知ってる?その暴論のどこが傲慢でどこに根拠がないのか、それを示せないならば、その暴論は一つの「生の事実」として受け入れられるべき存在ということになるよ。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。