torneで再生できなくなったら。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

torneで再生できなくなったら。

2013-07-06 02:22
  • 1
ども、はるしおんPです。

今回はtorneで再生できなくなったら。というお話。

時折、外付けHDDに録画していて

ブロックノイズが発生した。
再生できない。
固まる。

といった不具合が出ることがあります。

個人的な経験からすると、断片化が少なからず影響しているようです。
Torneにはデフラグなんてありませんからね。
疑わしきとして4Kセクタのプチフリ問題なんかもあります。
4Kは4Kでもディスクセクタの話。映像ではないのよ。。。

ここで実施してみた改善法の一例。
あくまで自己責任でお願いします。

当該の外付けHDDとそれ以上の容量のある空のHDDを用意します。

当該の外付けHDDから空のHDDへすべてそのまま移します。
※winだとエクスプローラーからの転送で時間がかかるので
 コマンドプロンプトでrobocopy使ったほうが早いですね。

※この操作の前にTorneでのHDDリムーブは行わないこと。

プロパティから双方のデータ実サイズが同じであることを確認します。

当該の外付けHDDをこれでフォーマットするのですが、次の点に注意。

・FAT32でフォーマットすること。(メーカー指示)
・Win Vista以降ではFAT32の大容量フォーマットは基本できません
 Linux系のGpartition、BuffaloやIO-DATAのフォーマッタ等を利用します。
・4KセクタHDDであるかの確認を行うこと。

WDのHDDはAcronisのツールでオフセットできますが
BuffaloやIO-DATAのHDDはこのオフセットができない場合があります。
この場合、UbuntuなどのGpartitionで手動のオフセットを行って下さい。
(UbuntuならLive CDブートで操作するだけで構いません。)

4KセクタHDDであるかの確認、オフセットの方法、されているかの確認は
ggって下さい。
ソニー側の話では4Kセクタ対応とはなっていますが、しておくに越したことはないと
おもいまふ。

フォーマット・オフセットが終わったら最初と同様に書き戻します。
これで簡単なデフラグ程度も終わってるはずです。(マカーがよくやる手)

どうやらコピーガードに関する情報は同一HDD内にファイルとして
保有されてるようですが、書戻しでしか試してないので他のHDDで読取るかは
わかりません。

これで、当該HDDに致命的なものが何もなければ、再生・録画はできるはずです。

では直接、当該HDDにWindowsのデフラグを掛けてどうにかなるのか?という話ですが、

現段階で確証的なものは分かりません。

後ほど動作の詳細を確認して行ってみようかとは思いますが、
やってみないとわかりません。時間もそれなりにかかりますし。。。

ただ1つだけ言えることがあります。
HDDがクラッシュした時全般に言えることですが。。。

CHKDSKだけは最後までやるな

知らない人が陥る落とし穴です。
CHKDSKはWinのシステム領域を修復し、起動できる状態にすることが目的の
プログラムです。
HDDのすべてのデータを修復するわけではありません。
この子は「ユーザーデータ?何それおいしいの?」という子です。
システムの入っていないパーティションに実行するのは、ほぼ無意味です。
逆に実行させると致命的なダメージを与えるという
とんでもないリスクを持ったプログラムです。
何度この罠に嵌ったか。。。w
この状態で掛けるとしてもスキャンだけ、
まともに動いてる平常時でディスクエラーが無ければ
Fオプションをつけてやる程度です。

CHKDSK「ユーザーデータ?何それ?踏んじゃえ。」
ユーザー「デーェーターァ!!」


なんか年代わかるな。。。

そんなことはさておき、そういうものです。

ggればこのへんの話も出てきます。

今回書き戻しの方法をとったのは、
バックアップとその様なエラーの回避が目的です。
当該HDD自体にエラーが出ていればコピーの段階でつまずくことでわかりますし、
当該HDDからデータをコピーした上でメーカーツールによるチェックを行えば
エラーは洗い出せます。データも一応無事ですぅ。

まぁHDDに関してはWD・日立あたりは一押しです。
構造・動作も申し分なく、3年保証でクラッシュしても
期間内なら交換はできますから。。。w

(何度かやってるが、決してキーボードクラッシャーではない)

おそらくデフラグの件はお暇なときに更新すると思います。

あー、MX見たい。。。

ではでは、ノシ
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。