• パワプロ2018 ペナント 日本一のドラゴンズを目指して①

    2018-07-18 23:187時間前

    カツゾ…カツゾ…('ω`)






    …トレードしてしまいました。のも〇けさんに合わす顔がありません。また交換相手が最近野球界で話題になっているだけにね…。


    まあさておき(?)ペナント1年目の前半戦の結果からいきましょう!どーん!






    …結構強くない?現実よりゲーム差詰まってない??



    理由として今回のバージョンでは、ドラゴンズのスタメン出場する打者が他の球団と比べても強いってことだと思います。

    勝負強さ煌くビシエド


    その手でチャンスを切り開く大島


    我らと勝利を掴むアルモンテ


    なぜかミートを過小評価される竜の主砲平田



    このほかにも広角打法持ちでパワーBの福田や、特殊能力こそないもののパワーAのモヤが控えているので打線で困ることがあまりないです。(実際の野球ではライト→センターのコンバートとかそう簡単にはいかないので、このあたりはペナントすごいやりくりが楽)

    こういったことから、外国人やトレードで投手、特に中継ぎを補強できればと大野雄大をトレードの弾に中継ぎや平田や大島の後継者を希望しまくったが7月31日まで成立することはなかった…。
    大野雄大は以下の通り、基礎能力は言うことないので、赤得を消せる手段があればぜひ使ってみたい人材。今年は球速こそあがったものの、上半身メインで投げているように見えてコントロールが安定していないのが惜しい…。


    外国人で補強したかったが、練習機材にP(ペナント内でのお金)を使いすぎて補強できなくなってしまいました…やりくり難しいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!


    で、結局中継ぎを補強できなかった結果…




















    打線強すぎだろ!!!!!!!!!!!
    投手は今年血行障害から復活した岡田やペナントではセットアッパーとして活躍していた田島が怪我をして火の車でした。すまんな。
    先発は駒こそいるものの、ペナント上完投を目指せるのがいないため中継ぎの負担半端じゃないです。上記の大野雄大はスタミナAですが、投げると燃えるので2軍でロックかけちゃいました…。スタミナあってもKOされたら意味ないんでね。

    まあそんなわけで投手陣は燃えまくったけど、打線が引っ張ってくれたおかげでCS(クライマックスシリーズ)を1年目から体験できる…めちゃくちゃ嬉しい…!
    相手はジャイアンツということで先発のクオリティが高く、打線も坂本岡本を筆頭に活発なので勝つのは大変ですが、勝ってカープと戦うんだ(*^◯^*)
    …実際初戦菅野だろうから0-1スタートだろうけどね。周平なんとか担ってくれ('ω`)



    そんなわけで今日はここまで!ここまでご拝読ありがとうございました。
    次回は1年目のCS以降を写真と合わせて書いていきます。またよろしくお願いします。






    追記:ペナント1年目のオールスターは投手では田島と鈴木博志、打者ではアルモンテとビシエドと福田が選ばれました!やったね!(現実のオールスターはガルシア、松坂、平田の模様)




  • 広告
  • パワプロ2018 ペナント 日本一のドラゴンズを目指して⓪

    2018-07-18 22:218時間前

    勝てない…勝てない…



    現実の中日ドラゴンズがあまりにも勝てないので思わずパワプロ2018を買ってしまいました。



    今回はパワプロ2018で中日ドラゴンズが日本一になるまでペナントをプレイして、画像を挟みつつ話していきたいと思います。
    最長30年もプレイできるんだからいつか日本一になれるだろ()

    今回のペナントにおいて縛りは特に設けません。FA、ドラフト、外国人での補強、トレードなんでもありです。ドラゴンズの民は勝ちに飢えているのだ。
    ただ、サクセス等で作ったオリジナル選手がペナントに入ってこないようにはします。また、何年で日本一になれるかわかりませんが、最初の10年は現実に存在する選手を中軸にしたチーム作りを意識していきたいと思っています。勝ちに飢えているけど、もちろん好きな選手が活躍するのも嬉しいですし。
    なので、パワプロが好きな人はもちろん、ドラゴンズが好きな人にも楽しんでもらえる記事にしていくつもりですので、よかったらご拝読お願いいたします。

    ※今後の内容で選手名のあとに選手は省いておりますが、ご了承ください。


    1. 選手・首脳陣について
    1年目は選手の起用法以外にはいじりませんでした。そもそもパワプロ10以降のパワプロをほぼプレイしたことがなかったので、ここまで発展しているとは思っていませんでいた…。なので、監督は森さん、コーチも奈良原さんや波留さんといった初期設定のままです。
    スタメンオーダーと勝利の方程式は自分が試してみたいと思ったものにしてみました。



    スタメンは1番京田、2番平田、3番大島と右左でジグザグしつつ足も絡められる打順です。ゲームだと一切関係ないですが、2番京田は京田が考え込んでしまっているように見えるので技術が身につくまでは1番に置いておきたいと考えての打順です。2番は大島でも良いのですが、平田の出塁率の高さや右打ちのうまさを考えたら面白いかなと。パワプロ内なら京田も大島もバントうまいので初期設定のままでいいと思います。
    また、高橋周平をどうしても育成したいので7番に固定しています。右左関係なく固定です。



    竜の未来を担え 君の手で シュウヘイ('ω`)


    投手起用については以下の通りです。







    勝ちパターンのうち鈴木博志を抑えに回して、祖父江と田島でセットアッパーを交互にやっていくかたちをとります。パワプロ内であればどちらでもいいですが、今後の抑え問題が少なくともFAまでは困らないのと抑え鈴木博志が早く見たいのもあります。(現実のドラゴンズも7月以降は鈴木博志が抑えを担当している模様)
    先発はガルシアを軸に誰かこの1年で若手が一人10勝していけたらいいなと思っての起用。画像にはないけど鈴木翔太とかにも期待しています。とにかく誰でもいいから一人エースに育ってくれたら嬉しいです。

    今回は最初なので、こんなところで。
    これからペナント開幕以後の記事を書き進めていくので、今後書いていく記事も読んでいただけたら幸いです。1年目はもう終わっているので、早めに更新します。


    追記:2018年7月12日時点アップデートの小笠原、鈴木博志、高橋周平、京田のデータは以下の通りです。




  • 第三回 竜王戦予選 構築 【凍風ゲンシオーガ+電磁波クレセ】+竜王戦反省

    2017-12-05 01:01
    今回は上記の構築の記事と反省記事です。

    自分が使いたい禁止伝説は何かと考えたときにカイオーガだったので、みなぎさんにお借りしてカイオーガを使ってサブを45戦戦い抜いたのでその構築についての簡単に書きます。真面目に調整を考えたカイオーガ以外は適当に書きます。
    使用ポケモンは以下の6体です。


    最高1650最終1600未満と結果は残念ですが、カイオーガの調整だけは気に入ったので誰かうまく使ってあげてください。

    以下、常体で書きます。

    カイオーガ 性格:控え目 特性:雨降らし→始まりの海 持ち物:藍色の玉
    努力値:H108 B244 S156
    潮吹き/めざめるパワー地面/凍える風/熱湯
    B:A実数値232のメガレックウザの画竜点睛+神速を両方最高乱数以外耐え
    S:S-1のゲッコウガ抜き(これ自体はS努力値148でも可能)
    C目安は凍える風でASメガレックウザ低乱数2、めざめるパワー地面でCSグラードン確定2発、H振りグラードンで超低乱数2

    ゲンシグラードンに♰タイプ相性♰を教えるポケモン。第三世代の禁止伝説のうちゲンシグラードンとメガレックウザに対して撃ち合えるような技構成になっている。ゲンシカイオーガに対してはナットレイも重かったのでオニゴーリで誤魔化した。
    技構成はS実数値129以下のポケモンを吹き飛ばせる潮吹き、ゲンシグラードンと対面しても撃ち合えるめざめるパワー地面、相手のメガレックウザが画竜点睛から入ってきた場合に落とせる可能性がある凍える風、ダメージを受けた際に安定したダメージソースとなり、タスキ持ちのポケモンに対して30%の確率で落とせるようになる熱湯を採用した。
    裏からゲンシグラードンが投げられた際に凍える風かめざめるパワー地面を打っていれば勝てるので相手がゲンシグラードンを後投げするたびに「タイプ相性をご存じでない!?」と内心で煽り倒した。申し訳ない。
    シングルにいるゲンシカイオーガの技構成が潮吹き/雷/冷凍ビーム/水技みたいな構成が多く見られたため、一度冷静に技構成見直してみようと思いこのような構成にした。裏でカイオーガを見ることができる構築であれば一度試していただきたい。凍える風はレックウザ以外にも初手ステロを撒きに来たポケモンの行動回数を1回にできるし、めざめるパワー地面はディアルガの打点にもなる。(正直地震でもいいが、ゲンシグラードンを考慮するとめざめるパワー地面。)


    クレセリア 性格:図太い 特性:浮遊 持ち物:エスパーZ
    努力値:H252 B252 D4
    HB振り切り残りD
    冷凍ビーム/電磁波/三日月の舞/月の光

    カイオーガのクッション兼回復役。電磁波はS振りカイオーガと後述のオニゴーリのとのシナジーから採用。オニゴーリのムラっ気チャレンジ回数を三日月の舞と電磁波で増やせるのでこの組み合わせもよかった。


    オニゴーリ 性格:臆病 特性:ムラっ気 持ち物:食べ残し
    努力値:H172 B36 C4 D44 S252
    B>D HP実数値16n+1 S最速 端数D
    アイアンヘッド/身代わり/守る/フリーズドライ

    顔面様。ナットレイ入りを見たらとにかくクレセリアで電磁波を撒いてこいつに繋いでいた。
    努力値や持ち物等は基本的なものなので割愛するが、今回は試験的にアイアンヘッドを持たせた。電磁波と絡めてまひるみにより、ムラっ気の試行回数と食べ残しの回復を促進できた。ただ、どうしても耐久ポケモンの処理が遅くなるのと処理を早めたい時があるので一長一短だった。


    ドリュウズ 性格:陽気 特性:型破り 持ち物:突撃チョッキ
    努力値:A180 D76 S252
    A実数値11n S最速 残りD
    角ドリル/地震/アイアンヘッド/岩石封じ

    電気重たいと思ったので採用。構築が滅茶苦茶すぎて角ドリル打っていた記憶しかない。身代わり持ちのテッカグヤをクレセリアの電磁波から角ドリルで突破したしたときはテンションあがった。サンキューMr.ドリラー。


    カプ・コケコ 性格:無邪気 特性:エレキメイカー 持ち物:拘りスカーフ
    努力値:H36 A4 B20 C180 S252
    B:A実数値232のメガレックウザのA+1珠神速を確定耐え
    C:上記のゲンシカイオーガの凍える風+マジカルシャインで耐久無振りメガレックウザ確定
    端数A
    ワイルドボルト/マジカルシャイン/蜻蛉返り/ボルトチェンジ

    ウルトラネクロズマ、イベルタル対策だが微妙だった。ウルトラネクロズマにいたっては返り討ちにされた。スカーフ持たせて良かったのはフェローチェとパルシェンの時くらいだったので、要検討。ワイルドボルトは物理打点不足のため採用。EL下の10万は耐久無振りのメガギャラドスに耐えられるのもあったが、威嚇なしのワイルドボルトも耐えられた。


    ミミッキュ→前回の構築と同個体のため省略。持ち物をミミッキュZから気合のタスキ、トリックルームを鬼火に変更したが、電磁波でよかった。


    以下、敬体。


    構築記事は以上であとは竜王戦の反省です。
    一番の反省点は「禁止伝説ポケモンを重く見すぎて一般ポケモンの考察を甘く見ていた」点です。
    前回のルナアーラ軸ではイベルタルが重たいということで同じルナアーラを使う予定のはりゃんさんと色々話をさせていただいたのですが、僕の場合イベルタルのことを考えすぎてポリゴン2やHDベースのテッカグヤが重くなってしまいました。竜王戦予選では1度冷凍ビームめざパ炎シャドボ持ちのポリゴン2に3タテくらったりもして、禁止伝説以外をろくに考えなかったツケが回ってきてました。
    また、シングルレートは試合回数をそれなりの回数こなせば大体レートがあがっていくのですが、特殊ルールの公式大会は試す機会もないし、ひたすらバトルをこなすやり方以外で調整方法や考察の方法のいい方法を考えるべきとも思いました。
    なので、いろいろなポケモンを常日頃から使いつつ、頭の中で動かし方をある程度想定することが大事であると改めて思った竜王戦でした。カイオーガを貸していただいたみなぎさん、イベルタル対策について一緒に考えてくださったはりゃんさんお二方を始め、対戦相手の方々本当にありがとうございました。
    やる気が出たらシングルレート潜るのでその際はよろしくお願いします。



    追記:今回は知識ある人向けに書く内容だったのでこのような構築の書き方にしました。誰に意識して書くかで構築の書き方変わりますが、ご了承ください。自分もいつまでポケモンやっているかわからないですが、ポケモンの対戦自体は廃れて欲しくないので色々考えてはいます。ただ、考えているだけで実行には全然移せていないし、そもそも何も思いついていないです。
    あと別件でこのゲンシカイオーガ軸でメガ枠がいないのはまだアローラのチャンピオンになっていない姉のロムを借りて対戦していたからです。勝手にチャンピオンになる勇気は持てませんでした…。