ごちうさ(ゴチルゼル&ミミロップ入り)構築 【ORASシーズン9使用】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ごちうさ(ゴチルゼル&ミミロップ入り)構築 【ORASシーズン9使用】

2015-05-12 21:45

    皆様お久しぶりです。今回はシーズン9で使用したごちうさ構築の記事になります。
    先に述べておくこととして、この構築はTODを前提とした構築になっておりますので、苦手な方はブラウザバックでお願いいたします。それでも良いという方は以下の構築記事読んでいただけると嬉しいです。







    ゴチルゼル @拘りスカーフ
    図太い 影踏み 175(236)-*-133(44)-118(20)-140(76)-102(132)
    眠る/サイコキネシス/電磁波/トリック
    H-D:C111スイクンの熱湯3耐え+火傷ダメ2回耐え
    S:スカーフ込みで準速100族抜き(スイクン意識であれば実数値101で問題ないです)
    B:余り(不一致イカサマ乱数5発、A193キノガッサのテクニ種ガン4発+マッパをいい乱数で耐える程度)
    C:余り(サイコキネシスでH振りのメガフシギバナ乱数2発、CSメガゲンガー確定2発、ASメガバシャーモ確定2発、ASガッサ確定1発、ASマンムー確定3発程度の火力)

    採用理由はごちうさ構築だからです。
    シーズン8の個体の調整をいじっただけです。上記の調整でスイクン殺すマンしてました。
    構築的にスイクンをあえて呼びやすいようにしたので、2~3ターンでTOD展開に持ち込んで降参やTODでイージーウィンすることもしばしば。キャッチしたら極力twitterで謝罪していました。本当に申し訳ございません。でもやっぱ勝ちたい(ゲス顔)
    ただ、瞑想から熱湯展開入られると苦しいので、図太いよりも穏やかののほうが良いかなと思いました。あとグライオン抜きでS実数値108まで欲しかったり、構築に応じて調整をカスタマイズする必要があると思います。あとピクシーやクレセリア、トレースポリ2の相手も大体こいつが頑張ったり、カバルドンを地震とかで固定して後述のファイアローの起点作ったりもしていました。(カバルドンが地震以外選んでいたらゴチルゼルでそのまま倒せます。)





    ミミロップ @ミミロップナイト
    陽気 柔軟→肝っ玉 141(4)-128(252)-104-*-116-172(252)→141-188-114-*-116-205
    猫騙し/飛び膝蹴り/冷凍パンチ/恩返し
    ASぶっぱ残りH

    採用理由はごちうさ構築だからです。(2回目)
    流用個体その2。こっちは身代りOUT恩返しINです。メガゲンガー使いの方は知っているかもしれませんが、メガゲンガーに対する猫騙し+恩返しのダメージはHSなら低乱数1、CSなら確定1です。

    こいつと上記のゴチルゼルはとにかく変な択を生んで、なんかもう色々ごちゃごちゃしてました。クレセリアと対面した時に膝打つかゴチルゼル投げるかで択が生まれるの最たる例でしたね。相手の選出にスイクンとかいたときも色々悩みました。
    技構成は精神力以外のポケモンに無償でダメージを与えながらメガ進化できる猫騙し、外す以外にデメリットがない飛び膝蹴り、氷4倍龍が今回少し重たいと感じたので冷凍P、命中安定かつそこそこの打点が持てる恩返しとなっています。身代りを切ったので、クレッフィやオボンHBのミトムやヒートムが苦しくなり、毒みがギルガルドに安定しなくなりましたが、癖もなく、攻撃範囲が広がってメガミミロップにしては使いやすい型だったと思います。

    大体害悪系の構築に先発でこいつを投げると8割くらい化身ボルトロスと対面するんですが、メガ進化していないにも関わらず電磁波打ってくるときがあります。このときはメガ進化せずに殴ることも頭の隅にいれておくと良いと思います。また、猫騙しのダメージが等倍で3割近く入れば猫騙し+恩返しで、2割5分近く入れば等倍の飛び膝蹴りで倒せることを覚えておけば、次のターンの行動が考えやすくなると思います。




    霊獣ランドロス @突撃チョッキ
    意地っ張り 威嚇 195(244)-191(68)-111(4)-*-112(96)-123(92) ※Dの個体30です。
    蜻蛉返り/地震/岩石封じ/大爆発

    H-B:威嚇込みでA200ガブリアスの逆鱗2耐え
    H-D:B<D意識、耐久としてはC145タイプ不一致めざ氷2耐え程度
    A:H181メガガルーラ地震で確定2発
    S:S1段階ダウン時の最速115族抜き

    採用理由は電気と地面技の一貫切り、威嚇撒き…etc。
    技はゴチルゼルを始めとして色々有利対面を作ることができる蜻蛉返り、タイプ一致技の地震を確定として他の技を色々考えました。結果比較的命中安定して、積み技持ちのポケモンに対してSの上昇を防ぐ岩石封じと、起点回避とヘラクロスが相手の構築にいるときでもミミロップゴチルゼル霊獣ランドロスという選出ができるように大爆発を採用しました。

    このポケモンが技を打ち分けられる強さをごちうさ構築にこの個体を突っ込んでから強く感じるようになりました。地震打った後に蜻蛉や岩石封じ打てるのは本当に強いです。しかし、物理も特殊もそれなりに相手できるおかげで過労死させることが多かったのは反省点の一つだったと思います。この構築における選出率No.1はおそらくこいつでしょう。ただ、この調整ではメガゲンガーの凍える風2耐えできないので、少し調整考え直したほうがいいかもしれません。削るのであればまずAからだとと思います。現環境のガルーラのH4振りは大体猫騙し+冷凍Pなのでこの調整があまり意味ないからです。




    ギルガルド @食べ残し
    控えめ 161(204)-*(A個体値0~1推奨)-171(4)-84(52)-172(12)-110(236) シールドフォルム
         161-*-71-194-72-110 ブレードフォルム
    シャドーボール/身代り/キングシールド/毒々
    H:16n+1調整
    B,D:B<D意識
    S:S20振りFCロトム抜き
    C:余り

    採用理由は龍・フェアリー・飛行の一貫を切るのと前述のランドロスと後述のファイアローで積み構築偽装意識…etc。ただ、霊獣ランドにステロはないものの、アローは剣舞搭載してますし、このギルガルドも身代りの起点作れるからなんともいえないところです。

    ORAS時から爆発的に増えた毒みがガルドです。調整は気持ちS伸ばしたかったからこの調整にしています。一度メガクチートにシャドボ打ったら低い乱数引いて半分いかなかったために相手が突っ込んできて、二度目のシャドボで吹きとばしたりして楽しかったです。でもテンプレのブレード時C198-S107のギルガルドでいいと思います。キノガッサを重く見るなら臆病でも可といったところでしょうか。
    こいつも択ゲー生むので大体の試合択ゲーしてました()




    ファイアロー @力の鉢巻
    意地っ張り 175(172)-146(252)-92(4)-*-99(76)-147(4)
    ブレイブバード/フレアドライブ/羽休め/剣の舞

    H:16n-1調整
    A:ぶっぱ
    B,S:余り
    D:B<D意識、毒々ないクレセリアに少しでも居座れるようDに多めに割きましたがお好みで良いです。

    採用理由は先制技持ち、カバルドンを地震で縛った時の積みポケ、フェアリー半減、バシャーモへの回答…etc。

    久しぶりに使ったファイアローでしたがなかなか強かったです。持ち物が力の鉢巻なのは電気飛行ポケモンに対して打つ炎技にも火力欲しいけど、珠ダメージも受けたくなかったからですが、ステロないとダメージ足りませんでした() なのでステロなければフレドラ搭載でも青空プレートで良いかもしれません。
    この型については某ブラッキー使いの方のブログを見て参考にさせていただきましたので、攻撃時のダメ計はその方のを参考にしたほうがよいかもしれません。




    スイクン @カゴの実
    図太い 207(252)-*-182(244)-110-135-107(12)
    熱湯/冷凍ビーム/眠る/瞑想

    採用理由としてはファイアローバシャーモ受け、ランドロスの威嚇と合わせての積みポケモン…etc。
    シーズン8の個体の努力値はそのままに、寝言吠えるOUT、瞑想冷凍ビームINしました。
    冷凍ビーム採用理由はミミロップと同様、氷4倍龍が重たく感じたからです。吠えるを切った分バトンパで壊滅しますが、自分がレート上位にいたときはそんなに見なかった、あるいはスイクンの吠える警戒して選出されなかったので今期に限って言えば切って正解だったと思います。

    調整が雑すぎて正直使いにくく、非選出率No.1でしたが、天候パ相手するときにこいつがいるのといなのでは戦いやすさが違ったのでそういった意味では採用して正解だったと思います。この構築におけるスイクンの調整はA146ファイアローの鉢巻ブレバ2耐えにして、あとCSに振り分けるので良いと思います。


    ここまでが個体解説になります。以下は苦手なポケモン及び並び、構築です。

    サンダー…ゴチルゼルでトリックして補助技打ってくれるの祈るか、霊獣ランドロスの岩石封じからの大爆発で11交換、スイクンの瞑想ガン積みくらいしか手段なかったです。そして、それをやる前にサンダーにボコボコにされて負けていることが多かったです。

    メガギャラドス…正直メガしてもしなくても竜舞するやつは重かったです。メガギャラドス相手は大体3タテくらっていたと思います。ゴツメギャラってわかるときはスイクンやギルガルドでいいのですが、メガ進化すると身代り持ちの起点になるのでかなり苦しかったです。

    ファイアロー…スイクンに選出していないときに選出されると苦しかったです。ファイアロー選出されたときは大体ヤンキーして必死にHP削ってました。

    バルジーナ…今期高レート帯では見た記憶ないものの、かなり辛いです。スイクンでうまく崩すくらいでしょうか。

    メガボーマンダ…羽休め持ちのメガボーマンダには勝った記憶ほとんどありません。加えて、食べ残しクレッフィと組んでいるマンダには勝った記憶ありません。壁ッフィとの組み合わせであれば、クレッフィをゴチルでキャッチすれば勝てます。

    ゴツメジャローダ+食べ残しヒードラン…なんとかヒードランとミミロップの対面作って択ゲーするくらいでしょうか。苦しかったです。

    ガルーラ+ガブリアス+ファイアロー…ゴツメ持ちがいないので、物理ゴリ押しは辛いです。

    ライコウorジャローダ+ゴツメランド…ゴツメでないランドロスであればライコウランドにはミミロップでなんとかなりますが、ゴツメランドとスイクンに強いこのあたりの組み合わせで来られると苦しかったです。

    レパルガッサメタモン…ガッサとギルガルドの対面作って、ガッサを倒した後TODに持ち込むか初手レパルダスとスイクンの対面で熱湯火傷ワンチャンくらいでしょうか。

    バトンパ…積んでバトン許します。辛いです。

    あとは選出とプレイングである程度なんとかなった気がします。
    選出パターンとしては
    対面系orスタン構築…ミミロップ霊獣ランドロス@1(スイクンやクレセリアいたらゴチルゼル)
    害悪系…ミミロップゴチルゼル@1
    ゲンガナンス…霊獣ランドロスギルガルド@1
    受けループ…ミミロップゴチルゼルスイクン
    クチートポリ2orクレセリア…霊獣ランドロスギルガルド@1
    砂構築…ミミロップ霊獣ランドロス@1(スイクンはメタられていると思ってあまり出した記憶ないです。しかし割と砂展開されること多かったので、選出してもよかったかもしれません。)
    雨構築…ミミロップスイクンギルガルドorファイアロー
    カバリザorルカ(リザードンはどちらでも)…ミミロップゴチルゼル飛行ポケモン

    体感ではありますが、選出率は霊獣ランド>ミミロップ≧ゴチルゼル>ファイアロー=ギルガルド>>スイクンといったところで、ごちうさ選出割としていました。基本的なプレイングは周りで削ってミミロップの一貫を作るか、ミミロップで削って周りのポケモンで詰めるか、もしくは相手の耐久ポケモンをゴチルゼルで捕まえてTOD仕掛けるかです。



    内容はここまでで結果になります。最高レートだけは頑張って2194でした。



    レート60差つけて1位に君臨した時はごちうさの時代来たかと思ったら、一瞬で陥落し、最終レートにいたっては2031という不甲斐ない結果に終わってしまいました()
    ごちうさ構築の面白さでもあり、欠点でもあるのがごちうさ選出したときに序盤でハイリスクハイリターンな択を強いられる点だと思います。この択を制す限りは強いですし、この択に勝てない限りレートは下がる一方でした。なので、勝っているときは10連勝→1敗→14連勝というときもあれば連敗しまくって2100から1900割るときもありました。ごちうさ構築における結論パを作るにあたってはこのハイリスクハイリターンな択を極力減らして、どれだけ安定して勝てるかを考えていくべきだと思いました。


    ただ、今回ここ2シーズンと比べて過疎っていたレート環境下でミミロップ1メガ構築で2194というレートを記録できたことでごちうさ構築でも上位を目指せるという可能性を少しは示せたのかなとは思います。

    今回の記事は以上です。ご拝読ありがとうございました。次はごちうさかはたまた普通の構築かはわかりませんが、マッチングするようであれば対戦よろしくお願いします!


    追記:今期はかなりヤンキープレイかましてきたので、その例を書いていこうと思います。
    1.初手相手ササンドラと自分ミミロップの対面→相手のスイクンバック読みゴチルゼルバック
    2.初手相手Wロトムと自分ミミロップの対面→相手ファイアローバック、自分猫騙し(ゴツメダメなし)→相手の鬼火1点読みファイアローバック、相手鬼火→相手のWロトム交換読みミミロップバック
    3.初手相手リザードンとミミロップ対面→相手Yにメガ進化、自分猫騙し→相手のヤドランがゴツメだと知っていたので、ヤドラン交換読みゴチルゼル、相手居座って火炎放射→自分降参

    これはほんの一例で今期こんなことばかりやっていたので、レートが安定しなかったんだと思います。2と3に関してはBV取っていたので、あとで見直してましたが改めて見てもひどいプレイングだと思いました。ごちうさ構築使いは基本的にヤンキーが多いのでマッチングしたら気をつけましょう。











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。