• ギターとハヤカワP

    2017-05-04 00:07
    まず業務連絡ね。
    先日頒布したアルバム「Pet Sematary」、初めてのDLカードでの作品発表でした。
    なので、「DLできない!!」とかの問題がありましたら
    までご連絡ください。

    で、そのアルバムでギター弾きまくったんで、ギターとハヤカワPについて書く。
    あ、以下の文は敬称略でいきます。すいません。

    • 最初にコピーした曲は???
    何を以て「コピーした」というかは諸説あるだろうが、最初っから1曲まるまるコピーなんてできないわけで。
    で、最初に弾いてみて「あ、CDと一緒」とか思えたのが、忘れもしないBUCK-TICKの「スピード」の出だし。
    イントロですらないから。出だしね。

    この1:08あたりの「ちゃらららちゃらららちゃらららーん」弾いて「おおーーーー」とか悦に入ってたね。
    この後のイントロはリードギターが単音弾きでバッキングがコードじゃかじゃかなんだけど、単音弾きの方は割とすぐに弾けたかな。バッキングのコードは16ビートなので、右手のストロークが出来なかったw

    1曲通してコピー出来たのは……多分ね、D’ERLANGERの「DEAR SECRET LOVER」だと思う。

    何故、この曲かというとすっげぇD’ERLANGERが好きだったから。
    そして(ここ大事)この曲にはギターソロが無かったから!!!

    ギターを始めたいという人は、きっと大きく分けて2種類いる。「ソロ弾きたい人」と「曲を弾きたい人」。僕はギター・ソロにはちっとも興味が無かった。
    今の時代はあんまり「ギターソロ弾きたい人」っていない気がするねぇ。

    まぁここでBUCK-TICKとかD’ERLANGERとかの名前が出てるくらいですから、時代はまぁその頃ですよ。
    その少し前に一大メタルブームってのがあったのね。それこそ「元気が出るTV」のメタル運動会にXが出ちゃって叩かれてた頃
    当時中学生だった僕の周りにも、その波は押し寄せていたわけです。
    メタルと言えば、やっぱり超絶速弾きギターソロじゃないですか。目に付くのは。
    なので、当時のギター少年達はほぼみーんな「如何に速弾き出来るか」がギターの上手さの尺度だったの。
    具体的に言うと、Xのソロコピー出来るヤツは「ギター上手い」という。

    ここに運命の分かれ道があったと思うんだけど……僕、BUCK-TICKの今井寿が大好きなんだよねぇ、今も昔もw
    今でこそ誰もそんなこと言わないが、当時のギターキッズから見て今井寿のギターの腕前といったら「下手、以上!」って感じだったんだよねw
    今聴いてそんなすっげー下手とも思わないけれどね。上手くはない。
    彼は特異な曲作りとか変な音出す人、として成立していたギタリストだったのよ。
    「センスがいい」という魔法の言葉に魅了された僕は勘違いしました。
    下手でもいいんだ!!」と。
    あの頃、AIONのIZUMIに憧れていたら、今頃超絶速弾き中年になっていたはずだ。

    だから、僕はその後ギター速弾き曲は一切コピーしていません。
    BUCK-TICK、D’ERLANGER、ZIGGY……あたりをコピーしてましたね。
    高校の文化祭ではZIGGYのコピーバンドやってました。

    • 一番ギター弾いてた頃
    これは間違いなく大学時代です。
    大学でバンドサークルに入ったんだけど、上記の様な時代だったから同世代のギターキッズはみーんな速弾いてた
    いや、マジで。
    ギターマガジンとかに載ってる16分音符がベロベロ並んでる楽譜とか見て「誰が弾くんだこんなのwww」とか思ってたのに、それをペロペロ弾きやがる奴らがてんこ盛り。
    あんなに自在に人間の指が動くものだとは知らなかったね。
    あれは……何つーか、中国雑技団に近しいものがある。
    人体の可能性を感じた。
    スプーン曲げるより遥かに超能力だと思ったね。
    つまり、その時点で既に僕は「下手な人」なのよ。

    でも、そのおかげでメタラーの人を誘えないような曲をやるバンドで沢山コピーさせてもらいました。
    順不同でコピーしたバンドを挙げてみます。

    Bad Religion、Joan Jet、Crash、Damned、Siouxsie & the Banshees、Ride、Suede、Placebo、Oasis、Specials、Rancid、Jesus Jones、Echobelly、Nirvana、Cheap Trick、Beatles、Silver Sun、Offspring、Operation IVY、Dizzy Chainsaw、Foo Fighters、XTC、elastica
    LUNA SEA、D’ERLANGER、DEAD END、PRESONZ、BRIDGE、コーネリアス、JUDY AND MARY、Hi-Standard、SPACE COMBINE、屋敷豪太、ギターウルフ、De-LAX、聖飢魔II、CASCADE、フリッパーズ・ギター、Thee michelle gun elephant、フラワーカンパニーズ、THE MAD CAPSULE MARKETS、KATZE、MALICE MIZER、GLAY、黒夢、PENICILLIN、SHAZNA……

    多分、思い出せないのを他にも色々やっているはず。
    時折、速弾きしそうなバンドも入っているが、それは僕じゃないギターの人が弾いていたから大丈夫だ!!
    ちなみに僕は人間なので、聖飢魔IIはフルメイクフル衣装(手作り)でやったぜ。
    僕の役目はエース長官だった。結構似てたwww

    多分、個人でコピーしている場合、ある程度自分の好きな曲じゃなきゃコピーしないでしょ?
    これがサークルなもんで、好き嫌いに関わらず「これ演るから」と渡されたものはコピーしなきゃならなかったんだよ。
    上記中で僕が自分の意志でやった曲なんて多分10もない。
    ちなみにSHAZNAはもちろん「MELTY LOVE」で、僕が言い出しっぺだ。

    その結果、どうなったかというと……引き出しが増えた
    アレンジの。
    だって自分からコピーしようと思った曲じゃないから、自分が弾いてみようなんて思わないフレーズが多いんだよ。
    それに楽譜なんて無いものが多かったから耳コピも鍛えられたかな。
    屋敷豪太の曲の楽譜なんて在るわけがなかろうw
    間違いなく、僕の音楽的な下地はこの時代に作られています。
    僕の2ndアルバムって、内容すっげぇとっ散らかってて自分でも「ひどいなコレwww」って思うんだけど、ああいう音楽的に一つのジャンルで統一されていないアルバム作れてるのは、この大学時代のおかげッスね。

    • 好きなギタリストは?
    前述の今井寿やD’ERLANGERのCIPHERも好きなんだけど、今自分がたまーにバンドでギター弾くと、thee michelle gun elephantのアベフトシ的なカッティングは意識しちゃう。
    すかんちのローリー寺西も大好きだし、シナロケの鮎川誠も大好きだ。

    理想だなぁと思っているのはSIOUXSIE AND THE BANSHEESの7thアルバム「TINDER BOX」でギター弾いてるジョン・バレンタイン・カルーザスのギターです。
    これ見てよ聴いてよ。あぁ、理想。NWギターの真骨頂だよ。
    • ギター本体について
    一番好きな形はレスポール・カスタム。レスポール・スタンダードは好きじゃない。次にSG。
    別ベクトルでスタインバーガーのヘッドレスのギター。
    あとローランドの最初期のギターシンセ。アレは未来感ありまくりでカッコいい。

    でも、今はLINE6のVariax使ってます。色々音の種類が必要なもんで。。。
    だってシタールの音出せんだぜ!?
    いつ使うんだよwwwとか思ってたけど、新しいアルバムで再録した「メメント・モリ」のイントロの単音弾き、実はシタール音なんです。

    • 今後の展望
    展望と言うか、もう少しクリーントーンでのカッティングの引き出しを増やしたい。
    ファンク寄りのフレーズが弾けるようになるとカッコいいよねー、と思ってる。
    速弾きは今でも魅力感じないので、僕には要らないなぁと。

    • ぶき:ギター
    漫画『20世紀少年』の中で、主人公のケンジが中学生時代に初めてエレキギターを手にし、ガラスに映った自分を見て「そこにはマシンガンを手にした……無敵の男が立っていた」というモノローグが入る回がある。
    これは、少年時代にギターを手にしたことのある人間にしか描けないネームだな、と思う。
    あの万能感。
    あの無敵感。
    世の中のことなんて何も知らない、この先自分に待ち受けているものなんて考えもしない……ただ自分の握ったギターさえあれば、どんなものでもぶっ壊せる様な感覚。
    夜のガラスに映ったのはギターを構えた中学生。
    浦沢直樹が「マシンガン」と喩えたのは秀逸。
    10代の少年にとってギターは楽器じゃない。
    自己欺瞞と自己憐憫と自己愛が膨れ上がって破裂しそうなティーンエイジャーにとって、ギターは世界と戦うための、たった一つの武器だった。

    かつて僕の知人のプロミュージシャンがこう言ってた。
    ……でも、月の光が一番似合うのはピアノだよね
    なにが「でも」なんだかさっぱり分からん。ちょっと僕には言えないな、恥ずかしくてw


  • 広告
  • 2017新作アルバムやー。クロスフェードもよろしくね。

    2017-04-23 22:28
    今度の超会議で新作『Pet Sematary』を頒布します。
    6曲入りのミニアルバムですかね。
    テーマというか作ってる時に思ってたのは『俺のエモ』です。
    完全ギターサウンド、バンドサウンドになってます。
    ピコピコは今回無いです。
    [you tube]
    [ニコニコ動画]

    あ、動画の中の曲名、一つ間違えちゃったw
    3曲目「in the edge of sea」じゃなくって「in the edge of the sea」ね。theが抜けちゃった。

    『Pet Sematary』
    1. no life king
    2. coup fatal
    3. in the edge of the sea
    4. memento mori (rebuild)
    5. closed winter
    6. Pet Sematary
    頒布価格 ¥600

    多分これを読む人は知ってると思うけど、僕はずーっとバンドやってて、ボカロ始めた時はその反動か、ともかくピコピコしたかった。
    生身感が嫌で、とにかく無機質な音を作りたかった。
    人間の歌に食傷気味だった。
    その割にはメロディがウエットなんだけどねw

    ギターがメインの曲を作る時もあったけど、それはあくまでアルバムのアクセントというか。
    少なくとも「シンセを入れない」という選択肢は無かった。

    これでも結構長いことボカロPとしてやってきて、色んな曲作って……で、気付いたら今はギターサウンドが作りたかったんだよね。

    ただ今回は僕のルーツのパンクやロックンロールではなくて『エモ』なのです。
    僕の思うエモは、パンキッシュなんだけど、どこかにゴシック臭があって、メロディアスなんだけど物哀しい、でも所謂V系とは違う進化の枝にある音……そういう感じです。
    アルバムタイトルの『Pet Sematary』は勿論スティーブン・キングのアレから。
    映画の主題歌がラモーンズだったことの意味合いなんかも、僕の中では大きいです。
    あれは何とも物哀しい作品だよね。

    で、今回は初めてCDではなく、DLカードにて頒布します。
    CONCAっていうカードです。
    試しで……ってところは結構あるけれど、それでOKならば今後こっちに移行していく可能性は十分あります。

    DL内容は音源と歌詞カード画像です。
    sonocaと違ってPCでDLした方が良いらしい。

    正直言って今回、自信作です。
    墓に一緒に入れて欲しいレベルには達したw
    曲の出来もあるけれど、なにより音の質感とかミックスとかが、ハートにガツンと来る感じに作れたと思います。
    僕結構いい年齢なんだけど、でも今の時点で自分で最高と思うものを作れるってのは嬉しい。
    でも若さは欲しいw

  • 鏡音生誕祭2016、新曲「ノーライフキング」アップしましたー

    2016-12-27 23:51
    前回が「真夜中のグラディアトル」で5月だから、実に8ヶ月ぶりの投稿・新作ですねー。
    忙しいなんて皆一緒だし、言い訳でしかないことは分かってるんだけどね、人間楽な方に流れてしまいますな。
    とりあえず新曲どうぞ。


    さて今回のブログ記事は大きく2つの内容です。
    鏡音さん、マジで9年目!? マジかー。
    新曲解説
    の2本立てでお送りしたいと思います。

    鏡音さん、マジで9年目!? マジかー。
     僕の鏡音曲の最初の投稿が2009年だと思うので、君らが2年目に入ったあたりから、歌ってもらってたわけかー。
     「君は無慈悲な僕の女王」って曲なんだけど、

    最初はミクさん歌唱だったんですよ。
     で、当時ピアプロで動画に使用する絵をお借りしようと思って色々見てるうちに碧茶さんの「電子の海」って絵に辿り着いたんです。歌詞の中の言葉で検索かけてたんだと思う。
     そのイラストの美しさに何つーか胸打たれてねぇ。
     その勢いでリンレンを買いに行ったのことよ

     それからは、僕のblogなんて読む人はご存知の通りでしょう。
     Kagaminationなんてコンピにも参加させてもらったり、勝手に「少女シリーズ」とか銘打って連作アップしたり。

     あ、ラノベの始祖たる笹本祐一氏の「妖精作戦」を勝手にトリビュートしたら、作者さまご本人からコメントもらったりして驚いた。嬉しい限りです。

     KagaminationつながりでボカロPの友達も増えたし。今、個人的に飲みに行く相手なんて、ホントそこしかないですよw
     それもこれも、正直鏡音二人さんのおかげなんですよね。
     多分、鏡音が無ければ今の僕は無い。ハヤカワPはいない。

     今でこそキャラ寄りの曲は書かなくなってきたけれど、昔は「鏡音」って存在ありきで曲を作っていた。
     特にレンの持つ「少年性」に仮託していたものが大きかったと思う。
     僕が実生活でも言う「元Boysはいつだって40秒で支度して出かける準備がある」って部分を形にするのに、レンのキャラクター性は無くてはならないものだった。
     それは空から降ってきた女の子を空賊から奪い返す少年の気持ちであり、エウレカを追いかけるレントンの気持ちだ。
     そして、叶わぬことを知ってなお、それに憧れる"かつての少年"の気持ちだ。
     
     正直、キャラありきでの曲を書かなくなってきたのは……多分言いたいこと全部言わせきったからじゃないかと思う。
     僕の中にある「少年性」みたいなものは、きっと多分出し切った。

     とは言え、現状出し切ったってだけで、これから生まれてくる分は、やっぱり彼の声を必要とするのだろうと思うよ。

     生誕動画にキャラ絵一枚も使わないという暴挙に出ながらもw、でも僕の中にもそれなりに鏡音さんへの気持ちってものがあるのです。

    新曲「ノーライフキング」について

     僕は不老不死に憧れている。
     憧れていると言うか、それを手にすることを夢見ている。
     いや、夢で終わらせる気はない。そのための準備もある。
     何を言ってるんだコイツは? と思うなら思えばいいさ!
     君よ、笑わば笑え。
     それを手にした僕がいつの日か、臨終の君の枕元で高笑いをくれてやるぜ!!
     
     不老不死になりたい理由はただ一つ。
     死にたくないとかそういうことじゃない。
     そういうんじゃないんだよ……Brother……。
     僕は「不老不死になって、『永遠の生命』に憧れる人間どもに、永遠に生きることの辛さを! 悲しみを! 説教したい!!
     それだけなんだよ……Brother……。

     ま、皆さんも吸血鬼モノとかでよく目にするでしょ、このシチュエーション?
     それをやりたいんだなぁ……これ10代の頃からの夢なんだ。
     まさに厨二か。
     仕方ないよねぇ、「ポーの一族」と「吸血鬼ハンター"D"」読んで育ってきてしまったんだから。
     Dなんて毎回説教してんじゃないの?
     あれはもう持ちネタなんでしょ?
     
     今回の曲は、それをもうちょっとですね、曖昧にソフィスティケイテッドしてですね、皆様にお届けしております。
     ソフィスティケイテッドって何ですかね、いや何か「さわさわー」ってした感じの音なので使ってみました。僕は悪くない。

     音的にはもう「エモく! エモく!」を目標にしましたw
     何故か最近、僕の中でエモが熱い!
     何故今かは分からん!
     ただエモ直撃世代ではないので、ちゃんとエモくなっているかどうかは分からない。
     僕が思うエモはコレ、て感じですねー。
     勘違いしてたら、それもまたエモい。

     あと技術的というか、音関連の話になるけれども。
     前にも書いたことがあるんだけれど、僕はStudioOneっていうDAWを使ってるのね。
     DAWってのは、音楽を作るためのソフトだと思いねぇ。
     それにデフォルトで付いてくるAmpireっていうアンプシミュレータがあるのよ。
     アンプシミュレータってのは、実際に家の中で爆音鳴らしてギターの録音なんかできん!! っていう庶民のために生み出された「アンプをシミュレートする」アプリみたいなもんだ。
     で、そのAmpireがやっぱりイイ!!
     ホントにイイ。
     これね、普通に使うとよくあるシミュレータで、特筆すべきものは無いんだよ。
     ただ、これアンプのキャビネット選べるのね。この辺りからもう用語解説省くけれども!
     そのキャビを「Lagacy Amp」ってヤツに変更する。
     グラはダサいけど、そこで惑わされることなかれ。
     一気に使えるリアルな音になるんだ、これが!!
     正直、デフォルトのキャビネットは音がキレイ過ぎて、僕の好みには合わんですばい。
     けどこのLagacy Ampのキャビはメチャメチャ使いやすい。
     きったねー音してるんだよwww ハムノイズ凄いし。
     それがイイし、リアルだ。

     ただ、Ampireのみだとちょっと辛いかなーとは思う。
     なので、メインで使ってるNIのGuitar Rig5で主要な音は弾いてしまって。
     で、右側1本だけとかをAmpireのLagacy Ampで弾いてやると、混ざり具合でとても好き。
     だいたい「Ampire」って名前が既にカッコいい。Vampireみたいじゃん!!
     これね、StudioOne使ってる人は戦力認定していいと思いますよ。
     これから先、別なDAWに切り替えたとしても、もし別売りしてれば買ってでも使い続けるレベル。
     
     アンプシミュレータも色々あるけどさ、キレイな音出るヤツは正直好みじゃない。
     使いやすくはあるんだけど……うーん……だってホントのアンプから出る音ってもっと汚いじゃん???
     みんな、騙されるなよー、CDから聞こえる音なんてアンプからは鳴らないぞー
     アレ、ミックスする時に低音バッサリ切ってるからなーwww
     アンプは箱鳴りしないと……とか言ったって、その箱鳴りしてる音、全部卓で切ってますからね。
     そりゃあ音源と同じ音は出ないよなぁ。

     ま、そんな感じですばい。
     ですばい、って聴くと勝手にDeath Byに変換されません?
     あ、されない。そうですか。アナタとは分かり合えませんね。
     そういうわけで新曲よろSick On You!!