• ボマス38のお知らせですばい。

    2017-11-11 00:08
    お久しブリッツ!!
    ハヤカワPです。

    11/12(日)に開催される「THE VOC@LOiD M@STER 38」にサークル参加いたします。
    前回のイベント参加はマジカルミライだったのですが、その時に発表した新譜シングルを今回も持って行きます。
    まだの方は……是非!!

    『ラインを越えて EP』
    01. ラインを越えて
    02. 青い花
    03. Mellow Madness - type II -
    頒布価格:300円


    池袋:サンシャインシティ
    ワールドインポートマート4階展示ホールA1
    C30 ハヤカワ・ラボ


    魚類補完計画後みたいになった水槽見学のついでに立ち寄るのもおつなものかと。
    あの水槽、この世の終わりの海って感じでしびれた。

    旧譜も持って行きますので、ぜひぜひお立ち寄りくださいな。


    最近は、依頼受けてボカロ以外の曲書いたりもしてます。
    あと自転車乗ってます。ロード。
    ロードバイクって、自分専用モビルスーツみたいで楽しい。
    SHIMANOは連邦軍でカンパはジオンだなぁとか、ピナレロのデザインってアクシズっぽいとか思いながら楽しんでます。
    愛車は喩えるならGM砂漠仕様って感じですかね。

    ところで、ハヤカワ的には今頃BISHがめちゃくちゃキてます。
    松隈ケンタさんの曲がまずめちゃくちゃいい。
    ギターがメチャクチャいい。
    解散前のBiSの頃から、すっごくいい曲書くなぁと思ってたのよ(何故上から目線w)。
    ↓これとか

    んで、しばらくチェックしてなかったんですが、BiSH聴いてたまげたわ。

    こ……この声……凄まじくカッコいい……
    アイナ・ジ・エンドという方なのですが。
    僕はハスキーな声って、そこまで魅力を感じたことなかったんですよ。
    ただ彼女の声は凄いですね。
    心をヤスリがけされるような気持ちになります。
    正直、アイドルという目ではなく、シンガーとして見ちゃってます。
    こんなにも胸を抉るような声に出会ったのは久しぶりです。
    ボカロPとしては、今一番ボカロ化して欲しい声ですね。
    ボカロの技術がハスキーボイスを再現できるのかどうかは分かりませんが。


    そんな彼女の声にKOされていると、もう1人のメインボーカルのセントチヒロ・チッチの凄さにも気付きます。
    比較的王道なアイドル声だと思うのですが……負けてないんですよね。
    片方があそこまで特徴的なハスキーボイスで歌唱力も高いと、他の歌声とのパワーバランスが難しいと思うのですが、決して負けていない。
    もちろん音楽面でのプロデューサー松隈ケンタ氏の力もあるのでしょうが、アイナ・ジ・エンドと二人でメインボーカルを張るってのは、ちょっとあり得ないくらいハードル高いですよ、普通やりたくない。
    そんな役割を十二分に果たしているって、凄まじいことだと思います。

    あ、ちなみに見た目はハシヤスメさんが一番好きです!!


  • 広告
  • 何故今それを……ハヤカワPが語る「北斗の拳」

    2017-09-28 00:07

    時々、自分の持っている漫画を読み返す。

    20年前に買った漫画を読み返して、当時は気付かなかったことに気付いたりする。


    顕著な例として「北斗の拳」を挙げてみよう。

    10代  誰が強いのか、パワーゲームの面白さ

    20代  モヒカン肩パッドに代表される敵モブをギャグとして楽しむ

    30代  ストーリーの骨子には関係してこない、虐げられる人々の悲しみに涙する(種籾を守るミスミの爺さん、バットの養母とタキなど)

    40代  ふとした瞬間のキャラクターの表情に「原哲夫ってホント絵上手いな」と心から感心する


    年齢書いてるけどまぁ、いいかw

    10代の楽しみ方は、当時連載を追っかけていた少年たちには理解してもらえると思う。

    パワーゲーム的な漫画の特徴として、連載が長期化すればするほど「強さ」のパラメータがインフレ化していくものだが、80年代ジャンプはまだまだ可愛いものだ。

    せいぜい手を触れずにオーラで人間ふっ飛ばしちゃったりするくらいですよw


    20代の楽しみ方も、まぁわかるでしょ?

    それを逆手に取った「北斗の拳 イチゴ味」なんてのも連載されちゃうくらいだし。

    汚物は消毒だ~」のAAでお馴染みのモヒカンモブは、マッドマックスというオリジナルがあったとしても、それを遥かに超える強烈さと味を持っている。

    雑魚、って言葉がこんなにも似合うモブ達を、僕は他に知らない。


    30代の楽しみ方あたりから、ようやく作品の中身に触れていくことになる。

    というか、僕はそれまで何を読んでいたんだ!?という感じですが。

    「拳法」の使い手(時々その事実を忘れそうになるがw)たるメインキャラではない、力無き人々の悲劇が胸に刺さる。

    ミスミの爺さんの「今日より明日を」ってセリフは、30を越えて初めて刺さったよ。

    そっかぁぁぁ、今日より明日かぁぁぁ……って溜め息出るもの。

    オイラ、今でいっっぱいいっぱいだったよ、ゴメンよ爺さんオイラ間違ってた。今日より明日なんだ!! きっと!!


    養母のために水を盗みに入り、ボウガンで射殺される少年タキの最期なんて、もう可愛そうで可哀想で。。。

    あの世界観の中で語られると、なんてこと無い世紀末の情景なのだろうけど、あれはヒドいぜ。

    だって、あの世界観の中では水泥棒は重罪で間違いないんだよ。

    だから、正直な所、射殺されても仕方ない行為なんだよね。

    その罪に対する罰が適当なのか、という問題を度外視すれば。

    でも、それを選ばざるを得ないタキの純心が、胸に刺さる。

    なんでこんな優しい子が死なねばならないんじゃ~」という養母の嘆きも刺さる。

    そうだよね、どうしようもない理不尽って世の中にあるよね、わかるよ!!


    40代で気付いた原哲夫氏の画力の高さ。

    具体的に挙げてみよう。

    お手元に単行本(文庫版)がある方は、3巻のジャギVSケンシロウのシーンを見てくれ。

    ジャギを倒すクライマックスのシーン。

    色んな漫画にネタにされた

    これは○○の分!!

    と言いながら、ジャギを殴るケンシロウ。

    この「これは○○の分!! これは××の分!! 最後にこれは……きさまによって全てを失った おれの……おれの……このおれの怒りだあ!!」という400%カタルシス溢れまくるセリフ。

    そうだ!! うらみはらさでおくべきか!! やっちまえ!! ケンシロウ!!

    正直なところ、この凄まじいセリフ回しにばかり気を取られていたが、このシーンのケンシロウの表情が本当に見事だ


    それまで鉄面皮のごとく、表情変えずに冷徹に拳を叩き込んでいくケンシロウですが

    「きさまによって全てを失った……

    のコマのケンシロウの表情。

    ……泣きそうなんですよね、彼


    次のコマの「このおれの怒りだあ!!」ではもう怒り心頭なんとかインフェルノな感じの表情に変わってしまうのですが、その前に一瞬だけ見せただろうケンシロウの人間的な弱みを感じさせる表情がホント秀逸。


    ジャギが出てきてるくらいだから、まだ連載開始からそこまで時間は経っていない頃。

    武論尊のキレッキレなセリフ回しの合間に、まだ若手の原哲夫氏が仕込んだその絵が30年以上経って、僕の心に刺さったよ、昨日w

    あと大分後半だけど、幼い日のバランを追い払う時のラオウの表情もすごくいいんだよな。


    と、自分の読む年齢によって、作品の感じ方って変わりますよね、というお話。

    ちなみに僕は「北斗の拳」の中では第二部?にあたるところの最初が好きです。
    ラオウの死後ですね。
    リンとバットが大きくなってレジスタンスとして活動する中、二人のピンチに現れるケンシロウ。
    敵モブに向かって言ってのける「北より お前たちに死を告げるために」は、マジで痺れます。
    あとアインがまたいい味出してるんだよなぁ。
    誰が一番好き? って聞かれたら一番に「アイン!!」って答えますよ、僕は。
    まぁ、今時誰も聞いてくれないんですけど。


    ところで「北斗の拳」の登場人物はよく上半身裸体になってますけど、なんと驚くべきことにほぼ乳首は描かれていないんだぜ!!(台無し

    追伸
    そうそう、書き忘れていたので追加で書きます。
    「北斗の拳」は文庫本化される時に、結構セリフ変えられてしまってます。
    ぶよぶよの脂肪で拳を包み込む、南斗聖拳シンの手下、かの有名なハート様。
    そのvsハートとの戦闘前、ケンシロウのセリフ
    ブタはブタ小屋へ行け
    ですが、僕の記憶が確かなら連載時のセリフはこうです。
    ブタは屠殺場へ行け
    これそんなにマズいかなぁ???
    気にしすぎなんじゃねーの、と思わんでもない。
    ブタ小屋へ行け、じゃインパクトに欠けるんだよ。
    ブタ小屋へ行け、だったら小学生の僕の記憶には残っていないね。
    屠殺場へ行け、だからこそ覚えてるんだよな。
    とさつじょう、ってなぁに???って親に聞いたものwww
    そう、僕は北斗の拳で「屠殺場」という単語を覚えましたw


  • 『ラインを越えて EP』歌詞はここです。

    2017-09-02 23:53
    本日頒布開始しました『ラインを越えて EP』の歌詞をここに置いておきます。
    今日来てくれた皆さん、ありがとうあいしてる。
    差し入れくれた方々、ちゃんと時間内に食べました。

    tr 01 「ラインを越えて」

    殻の中で絶えた雛鳥の夢を密かに抱え込んで
    笑わない子だって言われてた 鏡の前で馬鹿げてると思った

    何にも見えない ここでは

    ラインを越えて捨ててきたの
    明日へと続く言葉
    あの時君が見せてくれた写真が灰になる様を見つめてた

    遠く聞こえてくるサイレンに呼ばれる様に振り返る
    何処かで誰かが転んでも痛くはないと言えるほどの思い切り

    間違い重ねて怯えて 隠し切れなくて

    ラインを越えて捨ててきたの
    ほんのささやかな祈り
    ひどく虚ろな胸の中を覗き込んで怖くなって立ち尽くす

    せめて人らしく生きていくことが 本能だったらいいのに

    ラインを越えて捨ててきたの
    明日へと続く言葉
    あの時君が見せてくれた写真が灰になってゆく
    ラインを越えて捨ててきたの
    ほんのささやかな祈り
    ひどく虚ろな胸の中を覗き込んで怖くなって立ち尽くす

    tr 02 「青い花」

    空に向かって伸ばす この手は空を切る
    星に 長い 願いごとを ぶつけては弾かれた
    知ってるの みんな綺麗な顔が好き
    優しさは全部 既に宛先が刻まれてる

    崖の上の青い花 辿り着いた頃には
    枯れ果てて 踏みにじられて 声も出やしなかった
    失うと言えるほど 手にしたモノなど無くて
    みんな きっと おなじ だよ と呟く
    「みんな」って誰?

    地面に向けて伸びた 髪の毛が呻いた
    早く土に還りなさい 重力に招かれた
    生まれてきて みんな大声で泣くのは
    これから受ける痛み 逃げられないってわかったから

    遠く見えた青い花 願ったことが既に
    罪であり罰である 誰も教えてくれない
    それを見た人々が 笑いながら指差す
    みんな きっと おなじ だよ と 呟く
    「みんな」って誰?

    愛してる 愛してる 本当の気持ちだけど
    可笑しいと イカれてると 気持ち悪いと言われた

    崖の上の青い花 辿り着いた頃には枯れ果てて
    踏みにじられて 声も出やしなかった
    失うと言えるほど 手にしたモノなど無くて
    みんな きっと おなじ だよ と呟く
    「みんな」って誰?
    tr 03 「Mellow Madness - type II -」

    一秒ごとに崩れて 元の形も知れず バラバラになりそうで
    不定形なこの心は 緩やかに穏やかに バラバラに ほら

    祈る様に 君の形 宙に描き出す
    すがる様に かき抱いて何も残らない

    求めても 手を伸ばしても 触れられない偶像
    胸の奥 誰にも見せない アタシの聖域(サンクチュアリ)
    この気持ちを 何と呼ぶか きっとアタシは知ってる
    穏やかに 緩やかに 壊れていくほど狂おしい

    一秒前の夢の 愚かしさその全て バラバラに なればいい
    不平等なこの心は 今以上もう何も 入らないから

    白む空を見つめながら 生命続けてく
    行く先など誰も知っちゃいないんだから

    この惑星の 遍く生命と 君を秤にかけたら
    何一つ 迷うことなく 君を選ぶの
    この気持ちを 何と呼ぶか きっとアタシは知ってる
    穏やかに 緩やかに 壊れていくほど狂おしい

    ここから彼方へ この世の果てまで
    アタシは弾けて 世界に撒き散らす
    愛と呼ばれたひどく甘く苦い呪詛を

    求めても 手を伸ばしても 触れられない偶像
    胸の奥 誰にも見せない アタシの聖域(サンクチュアリ)
    この気持ちを 何と呼ぶか きっとアタシは知ってる
    穏やかに 緩やかに 壊れていくのよ
    この惑星の 遍く生命と 君を秤にかけたら
    何一つ 迷うことなく 君を選ぶの
    この気持ちを 何と呼ぶか きっとアタシは知ってる
    穏やかに 緩やかに 壊れていくほど狂おしい

    前回のCONCAカード頒布作品『Pet Sematary』は曲タイトルが全部英語だったので、DLしてもきちんとタイトル表示されたと思うのですが、今回は日本語表記のタイトルが多いです。
    するとCONCAの仕様なのか、日本語タイトルは表示されないため、タイトルがローマ字表記になってます。
    申し訳ないのですが、ユーザーの皆様の方で直していただけますでしょうか。
    本当にすみません。
    一応mp3タグは埋め込んでいるのですが、itunesだと反映されないみたいです。
    また、アルバム画像としては、こちらをお使いください。



    何か不備がございましたら、
    hayakawa.plutonius@gmail.com
    までご連絡ください。