集計対象動画とそうでない動画について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

集計対象動画とそうでない動画について

2014-04-10 23:42
  • 8
  • 7
TASランのおはなしです。
◆そもそも関連性の無い動画(検索妨害など)について
 Q. TASタグ界隈に毎日のように意味不明な動画投稿してる人がいるんだけど。
 A. 2014年現在では、以前の酷い時期に比べますと落ち着いてはいますが、それでもそういった動画を投稿される方が多少なりともいらっしゃるということが確認できます。
 対応方法として、キーワード検索で「TAS -検索」とすれば、検索乞食とか検索妨害のタグがついている動画はすべてはじかれます。
またはTASの大百科に記載されているこちらの検索キーワードも有効かと思われます。
 関連性の無い動画では「TAS」タグをタグロックされてる場合が多いうえ、タグ検索でのマイナス検索は全文一致となっているため、そういった動画を除く際にはキーワード検索が有効となるようです。(詳しくはマイナス検索の大百科を参照)
 また、TASランの説明文に記載してあるTAS投稿作品マイリスト(ランキングの対象動画一覧という一面もあります)では、検索にヒットした動画をひとつひとつ確認してマイリスト登録しているので、よければそちらも活用していただければと思います。
 そして、荒らし行為は基本的に「無視」してください。

◆TASランの「対象除外の基準」ってどうなってるの?('14 4月現在)
当ランキングの「集計対象」のきまりは次のようになっています。
☆毎月1日0時00分 ~ 毎月31日23時59分 の間に投稿され、かつ キーワード検索で「TAS」「TAP」「Tool-」での検索結果に該当した動画。
  ※内容が関係のない動画は適宜除外いたします。
  ※タグにより検索にかかった動画は対象外になります。投稿者がタイトル・説明文に該当キーワードを入れた動画が対象という意味です。
☆パート分割されているシリーズ物などの場合、最もポイントの高い動画を対象とします。
  ※旧最速・現最速のように多少でも更新がなされた場合は別作品として共に対象となります。
  ※同じ制作者・同じタイトルでも「直接の」続編でない作品同士は、それぞれ対象になります。
☆転載された動画は、「 転載元URL 」(一部のみは不可)と「 製作者名 」の記載がある動画のみを対象とします。

原則としてこのきまりに当てはまる動画は、特別な事由を除き全て対象となります。
特別な事由が行使されることはままあるのですが、膨大になりますので、ここでは割愛します。)

逆にこのきまりに当てはまらない動画や、このきまりだけじゃわかりにくいもの等を、例を挙げてご説明したいと思います。
勿論、下記に該当する動画であっても対象外・対象内となることがあるのをご留意いただければ幸いです。

☆投稿形態・表記などにおける判断

・動画タイトルor動画説明文に「この動画はTAS(TAP)である」との旨の記述がある
  → 対象内
・動画タイトルのみに「TAS」または「TAP」の記述がある
  → 対象内 ※「TAP」のみであっても対象内です。
・動画説明文のみに「この動画はTAS(TAP)である」との旨の記述がある
  → 対象内 ※よって、きまりの上では、TASタグが登録されていなくても対象内となります。
・動画説明文に「TAS」の3文字の記述はあるが、当該動画を指しているものとは思われない
  → ケースバイケース   ※例:説明文が「○○さんのTASが面白かったので作りました」「(ゲーム名)のTASが盛り上がっていますね」のみ、 かつ 自動画の立場が紛らわしい(視聴のみで判別できない)場合は対象外となります。
・タグのみに「TAS(TAP)」の記述がある
  → 対象外
・「WIP」「Testrun」との記述のみがある
  → 対象外   ※TASタグが登録されていても対象外となります。動画の投稿者コメント・字幕・ブロマガ・ユーザープロフィール等で当該動画がTASであるとの説明がある場合も基本的に認められません。それらにおいての説明・記述の存在が、当該動画の説明文・タイトルでTASとの記述が無い理由にはなり得ないからです。
・対象キーワードとは別に、TASの検索避け(例:T/A/S)が施されている
  → ピックアップのみ可能 ※実質ケースバイケースですし、ご紹介の際は必ず投稿者様へ連絡を行います。
・転載元URLはあるが、制作者名が動画内にしか無い
  → ピックアップのみ可能 ※悪質な転載の場合は、この限りではありません(対象外となります)。
・TASVideosのSubmissionにおいてrejectedまたはcancelledとなった作品
  → 対象内 ※実質ケースバイケースです。(実際の例:2013年8月号など)
・制作者名はあるが、転載元URLが一部のみ
  → 対象外 ※例:YouTubeからの動画で記載アドレスが「?v=」以下のみ、等
・過去の既出作品の同一内容の転載
  → 対象外 ※TASVideos側で登録を行うために転載された動画も、既出かつ高画質版でない場合は対象外となります。
・過去の既出作品の高画質版の転載
  → ピックアップのみ可能 ※高画質版と「謳っているのみ」では対象外となります。
・同時期に同じタイトルを違う作者がほぼ同時にアップ
  → どちらも対象内 ※例:2012年3月号
・同時期に同じタイトルの内容修正版(≠更新版)を同じ作者がアップ
  → ケースバイケース
・同時期に同じタイトルで同一内容を複数の投稿者が転載
  → 最高ポイントの動画のみ対象内、他はピックアップのみ可能 ※例えば、対象内となった動画が低画質で、もう一方が高画質のときに、もしも対象内動画がランクインしなかった場合、高画質な動画の方をピックアップで紹介することができる、という意味です。
・チーTAS
  → チートであることが明記されていない or Tool-Assisted要素が少ない場合、対象外

☆パート分け動画における判断

・「Part1(没)」、「Part1(修正版)」
  → 後者を更新版とみなし両方とも対象内
・Part1ではタイトル画面からシナリオをこなし、Part2でもタイトル画面からPart1とは別のシナリオをこなす
  → シリーズ作品とはみなさず両方とも対象内
・動画タイトルは全く違うが、同じ作者が同じタイトルの、前動画からの直接の続きをアップ
  → シリーズ作品とみなし、シリーズ内最高ポイント以外は対象外
・「Part**のおまけ」
  → Tool-Assistedなシーンが無い場合のみ対象外 前パートからのルート分岐などの場合、単発とみなし対象内
・Part1に該当キーワードの記述があるが、Part2以降にはない
  → Part2以降は対象外(状況によってはピックアップのみ可能)、Part1は対象内
・Part2以降に該当キーワードの記述があるが、Part1にはない
  → シリーズ全体がピックアップのみ可能(状況によっては対象外)


先ほども申しましたが、ここに記載してあることだけが全てではなく、個々の動画で動画投稿者からの要請や、ランキング作成者の判断により除外がなされる場合がございます。
また、「これはどうなってんだ」といったものがありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。
広告
×
少し前までは投稿者NG設定がGreasemonkeyで導入出来てたから
根こそぎNGにできたんだけどなぁ、-検索は本当に面倒だ
36ヶ月前
×
調べるだけなら検索結果をお気に入りに登録しておけばいいけど
マイナスワード入れたまんまだと記事に直行できないからねぇ
35ヶ月前
×
キーワード検索を勧めるのはちょっと勘弁してほしいなあ・・・

定番ジャンルの定期チェックにはタグ検索を使うのが常道です。真正の検索妨害動画は「-検索妨害」で弾けばよろしい。キーワード検索に切り替えても、逆にノイズが増えて排除ワードを大量に用意する羽目になるだけで、全く意味がありません。そもそもキーワード検索は、マイナーな対象を包括的チェックで取りこぼしなく探すためのもので、ある程度のノイズが入ってくるのは当たり前です。

最悪なのが、検索システム(タグとキーワードの違い・使い分け方)をまだよく理解してないニコニコ初心者の人たちが、「まどTAS」「人力TAS」等のタグがついた全く問題のない動画を「検索妨害だ」と勘違いして批判・攻撃し始める事。ひどいのになると、文章中にTASの三文字が混ざっただけで過剰反応を起こし、投稿者を攻撃するケースもあります。どのケースも、タグ検索を使っていれば最初から検索結果に出てこないんですけどね。

若い人が集まりやすいジャンルだけに、なおさら適切な検索方法の周知が重要と考えます。御一考を。
34ヶ月前
×
 本当はタグ検索を奨めたいところではありますが、上記にもありますように、いわゆる「検索妨害」を目的とした動画では、「TAS」タグをタグロックされてる場合が多いうえに、そういった動画をマイナス検索で弾くためにはキーワードを全文一致で指定しないといけない(「検索妨害」と「検索乞食」の双方を「-検索」で弾くことができない)ため、同じマイナス検索を行う場合ならば、マイナス検索がが部分一致で行えるキーワード検索を、という趣旨で記述してあります。
 しかし、キーワード検索では、仰るとおり「まどTAS」「人力TAS」といったタグが付いている動画の説明文やタグに「TAS」のキーワードが入っていた場合でもヒットします。
 タグ検索を用いた場合でもキーワード検索を用いた場合でも、関係のない動画を「完全に」弾くのは不可能です。しかし、我々はこの記事を通じて「検索妨害」を目的とした動画に対して、批判・攻撃を求めているわけではありません。それが全く関係ない動画ならなおさらです。動画や動画投稿者に対して批判・攻撃を行うのはたとい悪質な検索妨害の動画であっても、適切な対応とはいえません。上記にも記載してますように、「荒らし行為は基本的に「無視」してください。」という原則を理解していただけていれば、全く関係のない動画に余計なツッコミが入るといったことは起こらないはずです。
 それでも、キーワード検索の欠点を補いきれない可能性を考慮して、TASランでは毎月説明文に、その月に投稿されたTAS動画を入れているマイリスト(「TAS動画20○○年○月投稿作品」という名前のものです)へのリンクを記載してあります。勿論これも速報性がないという欠点がありますが、検索結果をひとつひとつ確認してマイリスト登録しているので、本当に確実性を求めるのであればこれも活用していただければと考えております。
34ヶ月前
×
2014年7月28日のサイヴァリア2が6月号の動画の7月投稿リストにもなかったのは「制作者名」が無かったからか…
今一度ルールを確認しに来ました。
好きな作品だけに埋もれる形になってしまったのは残念、まああれは人力でもとんでもないものがあるけどww
31ヶ月前
×
まどTASは「先に存在していた他ジャンルと完璧に被るから名称を改めろ」というごもっともな話を無視し続けたクズ信者とアホ投稿者の塊だから仕方ないわ・・・静画でさえタグ違いで荒れたらきちんとカテゴリ変更するってのに、それさえできやしないくせに被害者ぶってんだから、アレに同情するほうがおかしいよ。何のためのタグなのか、何のためのキーワード検索なのかって話で、カラオケ動画なのに歌のタイトルだけで投稿してサムネをPVにしているクサレようつべ動画みたいなもんだ。批判もクソも、信者がTAS動画に出しゃばって喚いてたことだってある程度にキチってたんだから、無視するのが正解であっても被害者ヅラするのが異常である事実は変わるまい。あと、タグ検索なんてロックされたらそれで終わりなのにお前は何を言っているんだ? 検索妨害タグを律儀に外して回ってる荒らしだってワンサカいるんだから、タグ検索こそ機能してねーだろうによ。

まあそんなことはどうでもいいんだがさあ(こっちが本題)、丁寧に喋って平和主義を貫いているつもりが、明らかにキチってる連中に開き直る口実を与えてしまうってのは、自覚したほうがいい欠点だと思うがね。事実として邪魔なばかりか、他に目立った「シリーズもので、何度も指摘されているにも関わらず開き直ってうpり続けたまっとうな動画群」なんてないんだから、叩くのはおかしい、ってほうがおかしくねえのかい。荒らしは無視するしかない、それはわかってるし俺もあんなもん即刻NGにブチ込んださ。まどTASの動画の内容自体も規約に違反はしていない。だが住み分けの必要性が理解できてなお住み分けしなかったんだから、キチってるのは向こうであって、不快に思って叩きたくもなるこちらではないはずなんだがな。

言いたいことはそれだけだ。マイリスの番号で弾くと微妙に便利だったりするもんだがね。
26ヶ月前
×
タグ荒らしで「検索妨害」を入れられると集計に漏れたり遅れたりするんですよね。経験談ですが。(タグを消しても結構マイナス検索だとはじかれます)
荒らし動画対策を周知するのはいいと思います。が、真面目なTAS動画がスルーされないように気を付けたいですね。

26ヶ月前
×
『風魔の承太郎』とかいうシリーズが何回注意しても投稿コメントからTASを消さない確信犯
しかもそれを指摘したコメントはガンガン消してるし、検索妨害のタグも何回も消してる
非常に悪質といえるのではなかろうか
22ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。