• アサシンクリードの映画見たんですが…あの…うん…

    2017-03-12 08:00
    UBIソフトの代表的なタイトルのひとつである『アサシンクリード』。



    世界史好きな人、宗教や伝承が好きな人、単純にオープンワールドが好きな人を魅了する要素が盛り込まれた本作は、短期間で新作を出し続ける勢いのあるタイトルでした。

    一方でマンネリ、使い回し、シナリオが面白くないとシリーズをすべて追っている人ほど飽きてしまう問題も抱えており、現在は開発のペースダウンをしています。

    そんな状況で登場した、映画『アサシンクリード』。UBIソフトのファンとして、アサクリシリーズを追い続けている者として見ないわけにはいかん、と映画館に足を運んだわけですが……。

    いや……あの……正直言ってね……面白くなかった。

    アクションのキレは良かったし、さまざまな武器を駆使して敵を倒していくアサシンのスタイルも映像映えしていたと思います。

    ただ、ストーリーがグダグダ。

    そも、アサクリは現代人の遺伝子に残された祖先の記憶を辿るという物語です。映画でもそれは変わらず、主人公の祖先が持っている情報を引き出すために過去を探ります。

    ここでゲームとの違い。

    ゲームの場合、過去編9割:現代編1割。
    映画の場合、過去編2割:現代編8割。

    何も原作を忠実に再現する必要はないわけですから、ストーリーが面白ければ現代編が多い事に問題はありません。しかし、肝心の現代編は研究施設でイザコザがあるだけ、過去編は戦闘シーン&逃走劇垂れ流しで祖先のバックグラウンドはほとんど見えてこない。

    そして、この戦闘シーン&逃走劇が最悪でした。原因は、本作で重要な役割を果たすクソダサアニムス。


    ▲腰をソフトタッチしてるUFOキャッチャーみたいなのがアニムス

    本作のアニムスは、ゲームの物と違い非常に大掛かりな装置です(おそらく初期型?)。

    ゲームではベッドに寝るだけでしたが、映画のアニムスは装着した状態で文字通り追体験をする羽目になります。過去編主人公の肉体の動きを、現代編主人公が寸分違わず真似します。

    これがクッソダサい。

    誰もいない空間でシャドーボクシング、アニムス君の補助によりエアクライミング。物を投げる仕草などもすべて忠実に再現します。

    それが、過去編の映像とリンクさせるようにちょいちょい映るのが非常にテンポが悪い。過去編で格好いいアクションをしても、トドメは何もない現代編の空振りで終わり。

    過去編の主人公が弓で矢を撃っても、倒れるのは現代編の黒い靄。

    イーグルダイブはスーパーヒーロー着地の劣化版。

    ぜんっぜん盛り上がらない……。

    とまあ、出番の少ない過去編さえも現代編の浸食によりのめり込めません。あと、全体的に煙で映像を誤魔化している箇所が多く、なんかなーという気分に……。

    ゲーム版では史実の裏で実はアサシンが暗躍していた、というのが魅力でしたが過去編ではほぼ全部戦闘なので歴史的背景はほぼ皆無。“歴史の迷宮に潜り込め”というキャッチコピーはなんだったのか。

    あと、『アサクリ』において非常に重要であるエデンの果実がフンコロガシのウンコにしか見えないのも辛かったです。

    原作ファンとしてはアサクリの魅力がないなーという感想、おそらく普通のアクション映画としてみても特別面白くはないと思います。よー分からん設定のあるアクション映画、くらいの心構えで見るのが良いかもしれません。


  • 広告
  • 【Fate/GO】個人的に面白かったバレンタインのネタ礼装10選

    2017-02-10 15:31306
    メンテ延長からはじまった『Fate/Grand Order』の復刻バレンタインイベント。

    復刻とは言うものの、新規女性サーヴァントのバレンタイン礼装の追加に加え、全男性サーヴァントにもチョコを渡せる&お返しが貰えるようになるという大幅な新要素が加わっています。

    このバレンタイン限定礼装、真面目な物からぶっ飛んだ物まで個性あふれる物ばかり。そんなふざけた礼装の中で、個人的に面白かったイラスト10選を紹介していきます。

    ※あくまで僕個人が持っている礼装に限定されています。入手していない鯖の礼装は選考対象外です(Xオルタとかね!)

    ※礼装イラスト等ネタバレ含みます。


    ●止まらないネタ担当
    アニメ放映でキャラクター性を変えられるか!? FGOではすっかりネタキャラとして収まってしまったジークフリートさんはいつも通りのネタ担当。


    ダヴィンチちゃん作。ふざけたアイテムが出てきたらキャスター系を疑っておけばまず間違いはない。

    ●タイトル一本勝ち
    フェルグスさんにチョコを渡した場合、同性であろうと不可避のゲイ♂ボルクが待ち受けています。



    グラスとグラスの間に部屋の鍵が置いてあるのが怖い。

    ●タスケテ……タスケテ……
    オリオンの礼装は、チョコを受け取る側、渡す側の両方で貰えます。渡す側の場合、お返しとしてうまい棒が貰えますが、受け取る側の場合は……。


    ご本人です。

    ●結婚してる鯖は大抵どこかおかしい
    オリオンに引き続き、妻がいるサーヴァントであるエイリークさんにチョコを渡した場合、まさかの奥さんから礼状が貰えます。


    すっごい呪われてる。種火でコキ使ってすまんな。

    ●メジェド様がみてる
    設定過剰のチョロインことニトクリスから貰えるチョコは、副産物が付いてきます。


    ●闇堕ち前から終わってた
    円卓勢、マリー親衛隊と、王を守る系の方々にはアレな人が多いですがジルも負けてはいません。


    このテンションからお返しにプレゼントされる物が、


    コレです。キャスターのほうが全然可愛げがあるプレゼントでした。


    この人は堕ちるべくして堕ちたんだなぁ……。

    ●純度100%の狂気
    礼装名の微笑ましさから一点、イラストが狂気に満ちているのはジャックのチョコです。


    完成度高すぎて怖い。

    ●やっぱりブッチギリでおかしかったと再認識
    2016年のイベント時より女性サーヴァントの数も増えましたが、女性陣はわりと普通のチョコを贈る人ばかり(上にオカシイのありますが)。ブッチギリで頭に狂化EXかかっているなと再認識させられるきよひーです。


    ちなみに槍のほうには薬が盛られていました。マタ・ハリを見習ってほしい。


    ●悲しみの騎士アルバム
    ハロウィンイベントをはじめ、若干ネタキャラに寄りつつある円卓の騎士、トリスタン。酔った勢いでダヴィンチちゃんに唆され、アルバムを出していました。



    今後もネタキャラとしての活躍に期待しています。

    ●ディルムッドー!早く来てくれー!


    DHA!

    ディルムッドが真面目なお返しをくれる中、フィンは鮭をくれます意味が分かりません。


    この人は単体で出すと歯止めがきかないということがよく分かりました。



    ネタ枠ばかり紹介しておいてあれですが、今回のバレンタインイベはストーリー面が面白い人も多くいます。ロビンフッドやキングハサンをはじめ、人類最古のツンデレが楽しめるギル(アーチャー)何かも楽しかったです。

    ところで、エドモンイベと800万DL記念で貯まった呼符が全部無くなっているんですが何でですかね(遠い目)。








  • ファイアーエムブレムのアプリゲーがきましたが皆さん遊びますか?

    2017-01-19 21:4829
    スマートフォン向けアプリ『ファイアーエムブレムヒーローズ』が発表されました。

    昔から任天堂の代表作のひとつであるRPG『ファイアーエムブレム(FE)』シリーズのアプリ版です。



    完全オリジナルの世界で悪の帝国と戦う主人公達が歴戦の英雄たち(FE作品キャラ)を召喚するという、非常にありがち無理のない設定で歴代FEキャラたちが登場するようです。

    過去作品をやっている人からすれば楽しみな反面、不安もあると思います。しかし、日の目を見ることが無かったキャラが再び活躍できるというだけで良しとしましょう。やったねアーダン!

    歴代の人気キャラが多数登場するというだけで、キャラ愛の深い方々は嬉しいはず!

    シリーズお馴染みのロリ竜(時々おば…お姉さん)であるチキや


    封印の剣の使用モーションが滅茶苦茶格好いいロイ



    服装のアレさがドットでも際立っていたリンなど



    もう一度使って遊びたい面々が登場するだけでも楽しみではあります。できることなら、過去作の設定等を踏襲したキャラクター性能だと嬉しいですね。

    GBAシリーズでもお気に入りのキャラ、魔王リリーナはPVでも登場していましたが、魔力の上り幅が滅茶苦茶高いとか、そういった設定を受け継いでくれることを期待しています。


















    歴代キャラが登場するということで、本来共闘することが無かったキャラを一緒に戦わせることができるのも魅力ではあります。キャラさえ実装されれば、シグルドとセリス、ロイとエリウッドなど親子での共闘が叶う初の作品です。

    あと、某ゲームでいう中破イラスト的な物があるようですが、元々際どい衣装しているキャラとか大丈夫なんでしょうか。




    アプリゲームということで不安ももちろんありますが、同時発表された外伝リメイクが発売するまでの繋ぎになれば良いなぁ…くらいの期待値で配信を待っています。


    ・ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王


    外伝の発売日は4月20日!



    ●ここから下、スマホゲーに関する不安と偏見


    正直な話、SRPGというジャンルに対するアプリゲーの相性って良いのでしょうか?

    アプリゲーは高レアリティ=高性能というほぼ絶対的な指数があるわけですが、そうなると難易度設定が非常にシビアになります。

    戦略を立て、各種ユニットの特性を活かして戦うのが醍醐味のSRPGでは、高性能キャラひとりで無双されても絶対飽きます。(FE本編でも終盤は大抵無双状態ですが)

    特定のゲームを叩く意図は一切ありませんが、マップに適当に敵キャラを配置しただけのSRPGは基本退屈で、途中で飽きます。難易度設計を失敗すれば退屈になるSRPGに、ガチャ要素のあるアプリゲーという要素は相性が良いとは思えません。

    退屈なゲームにならないことを願うばかりです。

    とはいえ、SRPGのアプリゲー『ファントムオブキル』とかはたしか2年以上サービス続いていたと思いますので、その辺りは上手い施策があるのかもしれません。(ファンキルやっている人いたら教えてください)。