• Re:ゼロから始めるデレステ生活

    2017-10-14 18:21
    知人にサイコパスが潜んでいる可能性を、我々は常に考えなければいけないのかもしれない。

    というわけでね、はい…………デレステのデータが完全に吹き飛びました





    吐きそうになるので詳細は省きますが、知人の手によって全アイドルが移籍され、手元にはNRアイドル5人が残るのみ……。



    まさにワンナイトイリュージョン、正夢に変えないで欲しかった。

    SSR42人、うち限定11人が完全消滅。つい先日天井到達で卯月手に入れたのが全部パー。

    一縷の望みをかけて連絡してみたものの、個人間のデータ管理の問題なため復旧はできないとのお達し。

    完全に詰み、ゲームオーバー。SSRはもちろん、イベントSRもすべて全滅。SSR衣装も全部全滅。遊んできた期間のすべてが瓦解していきました。




    もういいよ、私デレステやめる!


    と、引退を決意して1週間ちょい。

    さすがにダメージが大きすぎて、もうデレステに戻ってくることはないかと思っていましたが……やっぱりキャラへの愛着も大きいですし、楽曲や音ゲーとして大好きなので離れることができませんでした。

    逃げようにも、外で音楽聞こうとしたらデレマス関連の曲流れて死にたくなりますし、いっそトラウマ克服するしかないかなと。

    というわけで、古い端末でリセマラして放置していたアカウントを引っ張り出してきました。



    やったー、限定美優さんだー、わーい……はは、は……。

    本アカのほうでは、響子だけ引けて断念したからなー、嬉しいなー……響子、限定、もう二度と戻ってこない……限定しゅがはも、歌鈴も、卯月も……





    というわけで、RE:ゼロから始めるデレステ生活がスタートしました。

    最初から遊べる楽曲の量が非常に多くてビビります。すべてが最初からになりましたが、LIVEPARTYとかで見かけたらよろしくお願いします。






  • 広告
  • TGS2017雑記:リディー&スールのアトリエをプレイした感想

    2017-09-22 08:11
    モンハンに続き、リディー&スールのアトリエについて。

    まず驚いたのが、ガストちゃんが体験版専用のデータを用意していたという事実。

    フィリスのアトリエは体験版いかなかったのでどうなっていたか不明ですが、ソフィーのアトリエが発売する前の体験版では、普通に本編垂れ流しだったので予想外でした。

    プレイした感想……と言っても、いつものアトリエだったので新しい要素についてだけ触れていこうと思います。

    体験版でプレイできたのは、絵画世界の中を冒険するという内容。





    味方はリディー&スール、マティアス、そしてソフィー先生の4人でした。

    ステージの奥にいる中サイズのボスを倒すと体験版が終わるのですが、その道中に採取と雑魚敵との戦闘が楽しめます。

    今回新たに追加された要素が、戦闘中に調合するというもの。

    特定の条件を満たすと調合画面に入り、素材を選択。その素材の特性を活かした銃弾を発射?(若干うろ覚え)するという内容なのですが、これが本作のキモになりそうです。

    アトリエの楽しさのひとつは、テリーのワンダーランドでいうダークドレアムを生み出す的な、いくつもの経過を重ねて最強を作るというものだと思います。

    今回であれば、最高の素材を集めて究極の必殺技を放つ、みたいなことも可能になるかもしれません。

    何にせよ、続報を楽しみに待ちたいところ。


    唯一不安だったのが、体験版終わった後に社員の人と感想話したりしてたんですが……発売日を若干濁されたのが怖かったです。

    アマゾンとかだと発売日載っていますが、公式サイトだと“今冬発売予定”としか書かれていないんですよね……。

    お家芸のように延期するのがガストちゃんですが、今作は期待も高まってきたので延期しないと信じたいところ。


    ●リディー&スールのアトリエ




  • TGS2017雑記:モンハンワールドをプレイした感想

    2017-09-22 07:38
    仕事(半分趣味で)TGS2017初日に行ってきました。

    開幕と同時にカプコンブースに駆け込み、モンハンワールドのシングルプレイ列へと並ぶものの、結局40分ほど並ぶことに。整理券も速攻でなくなったようですし、一般デーは地獄になりそうです。

    さて、モンハンワールドをプレイしてみた感想ですが……。

    ●プレイ環境
    ・プレイしたのは上級者向けのアンジャナフ討伐クエスト
    ・武器は太刀を選択
    ・試遊時間は20分

    PV見てる段階だと虫使って調査するのとかめんどくせー、くらいに思っていたのですが、意外とスムーズでした。パッと調査してくれるので、ほとんどノンストップで進めることができます。

    フィールドはさすがにPS4画質、遠くまで綺麗に見通せます。

    そして、回復薬を使用する際に立ち止まらなくなったのも嬉しいポイント。感覚的には、ブラッドボーンの輸血より僅かに遅いくらいのスピードで歩きながら回復可能です。さすがに歩く速度は遅くなりますが、こんがり肉を食べている最中も歩くことが可能でした。

    また、敵がフィールドから移動しても虫が光って場所を教えてくれるため、従来のようにペイントボールを投げる必要がないのが最高。回復薬もそうですが、過去作でストレスに感じていた部分が取り除かれている印象を受けます。

    そのほか、与えたダメージが表示されるようになった恩恵の大きさを実感しました。肉質がわかりやすい(有効にダメージを与えることができる部位がわかりやすい)ので、いままで雑に殴っていた人でも意識的に狙う部位を変えるはず。

    アンジャナフの場合は足元(手元)の部分の肉質が固かったので、その部分だけ頭と比べてダメージが半減しているのがすぐに判別できます。これには初心者が許せないプロハン勢もにっこりなはず。

    唯一、ターゲットカメラだけは改善してほしいクオリティ。

    そこそこ大きいアンジャナフをターゲットすると、カメラワークが最悪で足元しか映らなくなります。当然、モンスターの動きを把握できなくなるので被弾率も上がってしまう惨事に。

    設定でカメラの寄り具合とか変更できるなら多少良くなるとは思いますが……ひとまず体験版の後半は一切ターゲットカメラを使用しなくなりました。

    体験版をプレイする場合、従来のモンハンに慣れている方であればターゲットカメラは使用しないほうが良いかもしれません。

    いろいろ操作試しつつでアンジャナフ討伐にかかる時間が15分程度だったので、いろんな武器のモーション試したいという人は余った時間で遊べます。

    チャージアックスだけ確かめてみましたが、横に滑るように移動しながら切りつける攻撃が追加されていて、結構楽しかったです。


    モンスターハンター:ワールド