いまのゲーム業界にはメーカーと深いつながりを持たないメディアが必要
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

いまのゲーム業界にはメーカーと深いつながりを持たないメディアが必要

2017-01-12 18:46
    ファミ通、4亀、電プレなどの大手を含め、数を把握しきれないほど沢山あるゲームの情報を取り扱うメディア。

    これらは大手になるほど維持するのに金がかかり、結果的に特定のメーカーと深い関係を築かざるをえなくなります。これについては仕方がありません、遊びじゃなくて仕事ですから。

    ですが、そうしてゲームメディア側がメーカーと仲良しになってしまうとどうしても起きる弊害があります。

    “クソゲーを神ゲーと呼ばなくてはならない”現象です。

    仕方がないんです、金と情報を貰ってるんだから。

    そして、これが100%悪いかと言われるとそうでもなくて、先程も書いたように会社の維持には金がかかります。大手が維持をし続けてくれるからこそ、普通は日の当たらないようなゲームでも注目してもらえる可能性があるわけです。

    ですから、現行のメディアの体制を変えろとは言えません。まったく別のメディアが必要だと思うんです。

    ・このゲームはこういうところが面白い、でもここは荒削り。
    ・このゲームは駄目なところが目立ちすぎて楽しめない。
    ・このゲームは開発とユーザーの認識がずれすぎててファンほど楽しめなくなる。

    そういった発言を躊躇いなく、かつ多くの人に注目してもらえる場を作らないと本当に危ないです。某ステマブログのように、ゲームハード信者に囲まれているところは論外。

    ゲームハード・メーカー・ジャンルに囚われず、ひとつのゲームとして面白い、面白くないの判断ができる人を集め、プレイ日記なりクリア後レビューなりをバンバン書かせるメディアが欲しい。

    何故そんな風に考えるのかと言えば、

    FF15は売れるべきではなかったからです。


    まーたFF15ディスだよつまんね、って方はブラウザバックを。


    FF15はゲームとしては糞です。でも売れました、売れちゃいました。それは広報が上手く情報を出して、金を払って、ゲームメディア各社が警鐘を鳴らせなかったから。

    ジャッジメントディスクが出て、その後のギガパッチ配布までの一連の流れを見て本来は警鐘を鳴らすべきでした。

    プレイして10分で気づけるような不満点すら直せず、いざ指摘されたら発売日までに修正可能。その程度のテストプレイ、ブラッシュアップも行っていないゲームだと。不安要素が多いから購入は評価が出るまで待った方が良いと、そう伝えるべきでした。

    本来このクソゲーは、僕のような面白いゲームなら何でも好きな雑食ゲーマーだけが最初の犠牲者になるべき物。そのうえで、クソゲーと流布するべきものでした。

    ですが、普段ゲームをやらない層が犠牲者になってしまいました。何より辛いのが、その多くが自分達が犠牲者になっていることすら気づいていません。

    こんなクソゲーが、PS4で楽しめるラインだと思って欲しくなかった。アンチャーテッドで思う存分楽しんで、「いまのゲームって凄く面白いな」って思ってもらう必要がありました。そうしないと、ゲームユーザーの人口が増えないから。

    ゲームにあまり触れない人の面白さの基準が、FF15のせいで低く設定されてしまう。別のゲームも遊んでみようと思ってもらえなくなってしまう。ゲーム業界にとってこれだけの損失はありません。

    だからこそ、ゲームを購入する際に参考になるようなメディアが必要なんです。メーカーとの金の繋がりがない、ゲームハード宗教にも入っていない人達による参考基準が。そのうえでそのメディアが多くの人に見てもらえるようになれば、ゲーム業界全体の成長にも繋がっていくのではないでしょうか。

    金と知名度を持っていて、広報が全力を出せるメーカーのゲームが多く売れる現状を早く終わらせてほしいという他力本願でした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。