• 七里香雪亭 84

    2017-05-27 12:13


                    /´ ̄ `    _  \
                    //     イ´ ⌒ヾ―- __
                  / /´   /   , -‐-   _ ニ= 、
                 / / ィ   /  /          `ヽ      ☆
                /イ./    /  ´     / /  / i    ヽ  /
                 }/    /   /    / /   /  .|   i  `
    .          /        / l/ l/    ./     l  l
                     l   l/l匕 ̄ l    /  :i
                l    l   l ィf==zx,l j  /l /l :j  /   l      アイキャッチ
                ,    l   l 弋ツ  l/l ::/ リ l/l
                |ハ   ∧  从      l/ ィ≠ミxリ / /  i
                  ヽ /  ハ   ヽ     '   /イ/ /  /
    .              ヘ .ハ__.トミヽ__< _ ァ   / / / /_
    .             ‐=ニ::::::::::::::::::::/マ    イ// 从ハ.:.:.:.:.:≧ュ、
            _二ゝ:::::::::::::::::::::::/   { ¨γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.二ニ=‐‐ ̄
           /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::{   i \}:.:.:.:.:.:>  ̄
        ‐=:::::::::::::::::::::::::::::::::}::::\ {{    __/:.> ‐=、
    x≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::ヽヽ__///:::::::::::::::ヽ
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::{ ヽゝ:::::::::::::::::::::|
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / | | \::::::}::::::::/
    :::::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィi ̄   ¨    ヽ、:::::/
    ‐=≦|::{::::ニ=‐::::::::::::::::,ィ´ ̄:l!     .:     ヾ ヽ{
    :::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/   |!      ',     ヾ、 ゚。
    ::::::: /::::::::::::::::::::::/   /::\     }:      ヾ、
    ::::::/:::::::::::::::::::∠ {   ,イ::::::::::::::ヽ    :     ノ::::ヽ}
    :::/:::::::::::: / |  "''、::::::::::::::::::::::::::ヽ  ノ    /::::::::::::i
    :::::::::::::/:.:.:./  ヽ゚,::::::::::::::::::::::::: 〉イ____, イ::::::::::::::::/
    :::::::/:.:.:.:.:/       ゝ::::::::::::::::::// l!ヽ:::::::::::::::::::::::/
    :/:.:.:.:.:.,ノ            ̄ ̄ 〈/ {{7 7ー-- ‐ ´


          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    どもども。私だ。
        /        ヽ `Y′之>
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
       |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′   現実ってのは
         `|    ヽ   「)'/|/
         ヽ、_  ―  _,.ィT/       大体悪夢よりも厳しいもんだ。
           l 7Eニ::ィ1│      
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
       _(,,)    始まるよ   (,,)_
      /  |             .|  \
    /    |_________|   \


            _」ヽ  /|
           /   ゙V´∠イz‐、_
         /  , ヘ,_/ ヽ∨ マ´
         //  // ^´  ̄ ^`ヽ丶,ゝ    よく耳にする言葉。
       _,//  〃  ,  ,    、ヽ、
       ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ハl ハ|`     「弱者救済」
        小|   l/'ナ弋 |,lナナ | l |
         l从  /| (●) i/(●),ルリ     一般的に良い行いとして
        ノハ小 ji l''       丿
            /ヽ>_-,´`- '´        言われる事が多い。
              γ"::::ム::`ヽ
            /::::イ:/∞ヾ.ト::}
             〈::::イ゙"  ゙~'l::!
            !、_ノ     i_ノ
              //     /ヽ、

          ,_   _
        、-ー'`Y <,___
     __≦ー`___ _二z<_
     > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<      弱者救済の意味を考えたら、
    <之′Y´/        \
      >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i    弱者同士で助け合いましょうって事か、
     | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
     ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|    強者は弱者を助けましょうって事だろうね。
        ゙i|゙i'(1    ,    |
        ゙iTィ.,_   ―   _ノ
         │「ィ::ニE7 l
          └l´:::::::,r'r ==ミ!r ァ7     「不当に弱者を虐げる強者を打倒しよう!」
           !:::::|´ |!    /7 /
           l::::::-ァ⌒}   / / /^}      っていう社会批判もあるんだろうけどさ。
           ヽー' ̄ ―-L∠/ ´

           ,_   _
         、-ー'`Y <,___
      __≦ー`___ _二z<_
      > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<     私は「弱者救済」を聞いていつも思う事がある。
     <之′Y´/        \  
       >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
      | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
      ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|       「強者って誰だろう」
         ゙i|゙i'(1    ' /,〉.|
         ゙iTィ.,_   /´ ./ノ   
          │「ィ:/,二ニソ
          └l´:/  ,-― 、}
           /::ィ   ノーヘJ
             ;/l  _,イ{  i::、
          /:::::::-::-:i    |:::\

          ,_   _
        、-ー'`Y <,___
     __≦ー`___ _二z<_          政治家か?
     > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
    <之′Y(ヽ三/) ))   \三/) ))    金持ちか?
      >{  ,'  |( i))),.  ,.l  ,   ゙i )))
     | !、{  |' |::::|寸T ハT7} ィ, l         ヤクザか?
     ′J゙i, ゙i ゙.|::::|●) (●)| ハ|
        ゙i|゙i' |::::|   ,    |::/
        ゙iTィ|::::| ―   _ノ/
         │|::::|::ニE7,:::::/      なーんかどれも弱者を救済できるほど
         └K:::゙,r'\ト:::/
           l::::,´  ̄`Y        強い人には思えないんだよね。
           i:/     |


             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__     この日本で「強者」って存在するのか?
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>     政治家も金持ちも
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |      他人を救えるほど余裕があるわけじゃないぞ。
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
         `|   ヽ    「)'/|/ 
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           / Eニ::ィ -、 |
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::          神様じゃないんだから。
         /:::/へ ヘ/::::/:::
         /:::::\ ヾミ::::/|:::
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::
           /    〈:::

                 _   _,
              ___,> Y´'ー-、          権力者に
             _>z二_ ___`ー≧__
             >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <       弱者救済が出来るほどの力があれば
            /        ヽ `Y′之>
    .       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<       権力を追い求めたりはしない。
           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
           |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′       弱者だからこそ権力を求めるのだ。
             `|  ヽ     「)'/|/          
             ヽ、_ ― _,.ィT/
    .            /|| ̄ || 丶           巨万の富を築く金持ちに          
                / .,_|L_,」|__,  ',
                |  !     i  |          弱者救済が出来るほどの力があれば 
                i  l     |  l
               l  l      |  l           富は築かない。
               l  l  ,,.  l  l
              ∧_j  ,,,,_,,  l_.丿          弱者だからこそ富を求めるのだ。
             /            \ 

            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__     つまり人が人である以上、
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>    すべての人間が弱者なのだ。
      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
      |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′
      '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/      では「弱者救済!!」って訴えてる人たちは、
    .      ヽ、  ― _,.ィT/
            r-l   l= 、i         誰に向かって訴えているのだろうか?
         r‐'  `ヽ、 l つ
         'v――-、¨ r'' ヽ
        /     l l i .l
        i   /   .! l ヽ
        /   i      l /

            _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__     権力を持った後、
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>    富を築いた後なら救えるのでは?
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     って思えることもあるけど、
      |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
        `|   ヽ    「)'/|/        この日本では、
         ヽ、_  ロ  _,.ィT/
         .  'f ^'il^''r'            他人を救えるほどの権力はもらえないし、
          ,' l  l  { 、
          レ! ,ハ  '、〉           他人を救えるほどの富は築けない。
          `l`" `"1
         ,r'´      ヽ、


                  ___    ___
                  > `>'´ <
                /      x=、 \__      みんなに「安心」があれば
             _/ /三≧=-<三ヘ `ヽ>
    .           7 /'´        ` ̄\ ',     問題ないんだろうけどね。
             / /         ヽ   ヽ ヽ
             ,'  |  /  j .:{{\:::.{ ヽ|  .:! .:ト\
             /l  | 斗lー八.::::ヽ-┼ト ! :::::|::::|  ̄    すべての人間に「安心」を与えるって、
    .        /´|  |  ::!∠_ 厶:::::{ ⊥j厶|::::::,'::::j
    .          | :八 ::|t(●)`\|(●) /::::/ ::::|      難しいやね。
    .          | l ハヾゝ    ヽ   ∠/:::∧|
                V\:∨介ト . _△_  イ个V/
                /∧}:}弋i┴┴ケj/{:{_))       
                `==彡'^::::-=:::::^ヽ/ ̄ ̄}
                 /:Y:::::::/\:::/::::::::::::::::`ヽ
                _ /:: ノ::/====(:::::::::::::::::::::::::::::〉
            /rm\〈::/ (><) ヽ:::::::::::::::::j/
              〈::{三三lう:l:{       `rー-一'
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           ___    ___
           > `>'´ <
         /    .::. x=、 \__       日本で最も強者だったマスコミも
      _/ /三≧==< ヽヘ  `>
        7 /´      \ ヘ``\ ',     陰りがみえつつありますし。
       /i /          `ィ   ヽ}
      / f   ィ i     ヽ   ヽ ヽ\
      ,'  |  /  j .:{{ r:::.{ ヽ|  .:! .:ト l
    . /l  | 斗lー八 .::: V -┼ト ! :::::|::::|∨     強者たるマスコミが
    /´| .:::|  ::!∠_ 厶:::::ヽ ⊥j厶|::::::,'::::j
      | :八 ::|t( ●)`\|(●) /:::/::::|       弱者救済を報道するんだから、
      | l ハ 从         /:::∧リ
      V\:∨介ト 、 _ -_ イ个V/         面白いこっちゃ。
         /∧}:}ヽi ヨ ` ヒケj/{:{
    .       ィ'`ヾ =-=‐ィ'/`ヽ
           /`Y´∥¨::¨∥ Y´}


            _」ヽ  /|
           /   ゙V´∠イz‐、_
         /  , ヘ,_/ ヽ∨ マ´  「世間が言う弱者救済の形」を達成するには、
         //  // ^´  ̄ ^`ヽ丶,ゝ
       _,//  〃  ,  ,    、ヽ、   誰かが必死に働いて、その結果を全て他人の為に使う、
       ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ハl ハ|`
        小|   l/'ナ弋 |,lナナ | l |   そんな自己犠牲精神あふれる人が居ないとだめだ。
         l从  /| (●) i/(●),ルリ
        ノハ小 ji l''       丿
            /ヽ>_-,´`- '´      つまり「奴隷」が居ないと達成できない。
              γ"::::ム::`ヽ
            /::::イ:/∞ヾ.ト::}     あれ? 奴隷って弱者じゃなかったっけ?
             〈::::イ゙"  ゙~'l::!      
            !、_ノ     i_ノ
              //     /ヽ、


                _   _,
             ___,> Y´'ー-、
            _>z二_ ___`ー≧__    そもそもさ、
            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
           /        ヽ `Y′之>    「救う」ってのは、
    .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
          l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))    マイナスの位置に居る人を、
        (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
          '、 `|   ヽ    「)'/|/ /       ゼロの位置まで持ってくるって事でしょう?
             \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
            < l 7Eニ::ィ1    〉
             ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
               i´ ̄ `ヽ::|
              j|       <
             /    ヽ  \

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、       日本で言うゼロの位置って、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <     血のにじむような求職活動から始まり、
             /        ヽ `Y′之>
       (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)   就職してもストレスで身体がボロボロ。
        ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
        \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/    それだけキツイ事してるのに、
         \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
           ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/      もらえる給料は少なく、ギリギリで生きて行く。
            ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
             `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/     
               ` i´ ̄ `ヽ:::|
                j|      Y             そんな世界やろ?

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__     
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <        ストレスフリーな職場を苦労せずに得て、
         /        ヽ `Y′之>
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<        月一で贅沢できるぐらいの給料をもらい、
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′        毎日笑顔で過ごせる。
          `|   ヽ    「)'/|/
          ヽ、_ へ _,.ィT/
            /|| ̄ || 丶            それってこの日本じゃ「恵まれてる側」だからね?
    .      / .,_|L_,」|__,  ',
    .      |  !     i  |           ゼロじゃない。
           i └ 、 , -┘ |
          ゝ-― ' ー― '
           /  ^`   ヘ
            /         \


          __≧ー\ソ<_
           >    x=ュ-──´─ - _
        _≦   ,ュ彡"´           `丶       まあ、なにが言いたいかと言うと、
        `フ   //               \
        /                        ヽ    「世間が言う弱者救済の形」には
       ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '
         / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :   無理がある。
          /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
         }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|  
         jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八   
         |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/  
         八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/      「世間が言う弱者救済の形」を
           }: |!  八                 八
           レ个ーf }|丶      _    . '         達成するには
             / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、   
    .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、    奴隷階級が無いと駄目だ。
            /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!  
         /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
        /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
      /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
    .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }



    ::::::::::::::::::| |<,___
    ::::::::::::::::::| |_二z<_     人類は早いところ科学技術を高め、
    ::::::::::::::::::| |~`'┴<
    ::::::::::::::::::| |     \    働けるロボットを大量生産するべきだ。
    ::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
    ::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l
    ::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|     ロボットが人の奴隷となり、辛い仕事を請け負う。
    ::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川
    ::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛     そして利益を全て人に貢ぐ。
    ::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
    ::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉    それでようやく「世間が言う弱者救済の形」に目処が立つ。
    :::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン
    ::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
    ::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!          ……何百年後になるんだろうなぁ。これ。
    ::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉   
    ::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                                それではまた。




    .ノ(どっとはらい)

    --------------------------------------------------------------------------------
    姫路鹿之助 2017年05月27日

    月読帝國
    http://www29.atpages.jp/entr/tukuyomi/

    リレイ嬢の庭
    http://serizawa.nomaki.jp/toyou/

    七里香雪亭
    http://ch.nicovideo.jp/himezi


  • 広告
  • 七里香雪亭 83

    2017-05-20 10:41


                ゝヽ  (`/=-ニニ へ
                /ヽ弋/==ニ -x≧x\
              yオイ // ヘ ヽ \\`ミ=-
             ≧k /  / -- ヽ∨ヘ ヽヽヘ ヘ\
           / ィ /     \ \ ヘ ヽヽ ヘ;ヘ
         ,, x'´/   /       \ \ヘ i《ヽヘヘ
       -'‐''/ j  /   l l l  ヽ  \ハハ 人 i k マ - '
         / // i  illx!   l l__ハ____ヽ_  lヽリハ l lil l ミ`=--
        / { l li  l ハ  l'`リ xヽ=xハ  l ヽスハノヽ lリl
       ノ/ l /li -_l-ハ  lik イ }佗リli ノ ノv /lソl\ノヽ        アイキャッチ
          l i li   'イ{irxト、 l l  `'`//ソ  i ノl lル;;l ̄ヘ
          ll lik  il 弋fツ`メ`    //l // `'`//;;;;;;;ト、
          ヽ ヘik lヽxミニ- 、    , /イイ  /,,.x';;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
            ヘヽi yk iヘ  -__'   //‐''";;;;;;;;;;;---x__/i
              ヽヽヘ k≧x  _ 'ニニニニ----  ̄ ----=zx
                   <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,. -‐ ---=;;;;;;;;;;;___;;;;;;;;;;|ト、
                  ∨;;;;;;_,,. -‐''"´ -‐ ''"´,,.-''"//   ヽ\\
                  ムニー;;;;; ̄;;;;;;;;;;- ̄i // /      i \ \
                  マ;;;;;;;;;;;;;;;,. ‐/"ノ// / /         l;;;;;;ヘ  ヽ
                  イ ; l l t=久'イ// //         l;;;;;;;;;;ヽ  ヽ
                 / イ ; l l l' > k\\ __レ          l;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ
                //;;i ;l l l/ lolヽ <//    x       lヘ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽ
              //;;;;;;/ ;l l l /lol L_/ //  /     /lヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ
             //;;;;;;;;;k  l l トイ ト- //   / /     /  l ヽ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ
           / /;;;;;;;;;;;;;;;ヘ  ヽ-イ lol .//   //     /  i`l i l;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘヽ
          /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヘ  ヽヘ ヽヽ/  /      /::   l l  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘヽ
         /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /ノ  ヽ ヘノ  /       /:::    .|ヘ.l ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘヽ
        /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ / ヾ__    >           l::::     l k  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /  /o --イ           l::     /:: \  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /   j;;;;;;;;;;;;;;;;; /  ヾ_  /o ̄ -- __   /lイ:::     /::l   \l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /   j;;;;;;;;;;;;;;;;;; /   /  ̄イ__      ヽ==zk'::::/     /:::::    \;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l   /   /  ` -- __   /:::       /:::::::      ヘ;;;;;;;;;;;;;
      ヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l  /   /       !lマ/::        ::::::::::      ヘ;;;;;;;;;
       ヽl;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   /  /       / io/        :::::::::::::       l;;;;;;;;
        \;;;;;;;;;;;;;;i  /  /      /  l i       ::::::::::::::        l;;;;;;;
            <l /  /      /ム __ヘok    ::::::::::::::::::         lヘ
              /  /    ;;;   ト __lエニ--==--    __  __  / K\
             /  /    /   /:::::/::::::/::::::::::::::::::---== エ エ エ イ:::::::::::::i
             /  /    / /:::/::::::/:::/::::/::::/:::::::::::::::::::::::::l::::::::i:::::::::ヘ:::::::::ヘ:::::ヘ
           /_z     l :::::::/:::/::::/:::/::::::/:::::l:::::::::::l::::::::l::::::::::l::::::::::::ヘ::::::::ヘ:::::
        r-/ i       ノ ヽ/:::::::::/:::::/::::::/::::::/::::::::::/::::::::::l:::::::::l:::::::::::::::::ヘ::::::ヘ::
        レ /_/     /   \:::::::H::::::::::::/:::::::/::::::::::/:::::::::/:::::::::i:::::::::::::::::::::ヘ:::::::ヘ


          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <   どもども。私だ。
        /        ヽ `Y′之>
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |  えーっと、つまり、キミの話をまとめると、
       |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
         `|    ヽ   「)'/|/    「お願いします、働いて下さい」って頼まれてる立場なのに、
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           l 7Eニ::ィ1│      「仕事なめてるのか!」とか「お客様は神様です!」とか、
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
       _(,,)    始まるよ   (,,)_  そういうのはなにかおかしくね? って言いたいんですね?
      /  |             .|  \
    /    |_________|   \


                      _   _,
                ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__   どんなに立派な行いをしている者でも、
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
             /        ヽ `Y′之>  「自分は正義」と思い始めると、
         .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ  } <
            l ,ィ { {7Tハノ T寸寸ヾ  }ノ  |   本当に厄介になってきます。
            |ハ| l (●)  (●) / / ,/レ′
                `|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ'/|/    
             /⌒ヽヘ   ゝ._)   j /⌒i !
           \ /::::: >,、 __, イァ/  /    だいたいそれがその人の終わりの始まりです。   
    .         /::::::::::::::7Eニ:::{:::ヘ、__∧  
            `ヽ<:::::/     /::::::::::::/    

                _   _,
             ___,> Y´'ー-、
            _>z二_ ___`ー≧__   お医者様ってのはその仕事をするために、
            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
           /        ヽ `Y′之>    懸命に学び、苦労して医者になり、
    .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
          l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))    その後も大変な思いをして働いてなさってる。
        (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
          '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
             \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/        実に尊い仕事だ。
            < l 7Eニ::ィ1    〉
             ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
               i´ ̄ `ヽ::|
              j|       <
             /    ヽ  \

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__    しかし、その医者が、
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
             /        ヽ `Y′之>    「俺は良い事してるから正義」
       (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)
        ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/   って思い始めると、途端にダメになっていく。
        \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/
         \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
           ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/     傲慢さってのが身体からにじみ出て、
            ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/        
             `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/        悪い印象が出てくる。
               ` i´ ̄ `ヽ:::|
                j|      Y       


             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <       医者は人が不幸になる事で稼ぐ、
        /        ヽ `Y′之>
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<       卑しい存在である。っと、思う必要がある。
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′       
         `|   ヽ    「)'/|/
         ヽ、_  ―  _,.ィT/        患者は救ってくださるお医者様に感謝し、
           / Eニ::ィ -、 |  
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::         医者は人の不幸を生業にしている事を詫びる。
         /:::/へ ヘ/::::/:::   
         /:::::\ ヾミ::::/|:::  
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::          それで両立するのだ。 
           /    〈:::  
     
              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <      「自分の言い分が正義」と思い始めると
         /        ヽ `Y′之>
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<       本当に厄介なもので、
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′       消費者様はクレーマーになり、
          `|   ヽ    「)'/|/
          ヽ、_ へ _,.ィT/            市民様は危険な活動家になり、
            /|| ̄ || 丶
    .      / .,_|L_,」|__,  ',            マスコミ様は偏屈になる。
    .      |  !     i  |         
           i └ 、 , -┘ |
          ゝ-― ' ー― '         
           /  ^`   ヘ
            /         \


                       ,、 , ィ
                         _> Y <_      ウヨクもサヨクも、
                       /\     /\
                       >┴ `⌒´ ┴<     自分の事を「正義」と言い始めると、
                   //        \
    r-_-―i ̄ ヽ、_.      〈,i  ,  l、  ,.l  ,  ゙i          _ _ __
    `≡_シ i、   `i: ヽ、    /il | 寸寸T T寸寸| } li    _,..-/ ̄/-、 三ァ
      `'´.|::i   .l: : : :.ヽ、 ヽi,ヘゝ(●)  (●) //レ′ _ ,-': : /   イ_/ ヽj
        `ー - '、: : : : : :ヽ |/(ゝ   ヽ    /)'|_.:-': : : : : :|  _ノ
             ヽ: : : : : : :ヽ ヾi丶.,_ ―  _,ィ :´: : : : : : :/ー' ´
               ヽ: : :. : : : :八_ r_ヽ_./ :iノヽヽ: : :; -'´    とたんに暴力的になってくる。
                \::: : : : : : i  ,-、  }: : : : :/            
                    ヽ::: : :_: ー/=‐ヽ-'_: : : ./'´      コワイコワイ。
                   `|:{ `i' : : : : `{ `i: :|
                       |::`::´: : :.o: : :`::´ : l      
                      ノ::: : : : : : : : : : : : : |、        悪を成敗してやるって
                   /:::: : : :_:_:_:__:_:,.-- 、: :|
                  ヽi'´ ̄_-=/ ,--、 V         感覚なんでしょうねぇ。
                   广 ̄: : : /. ,イ:::::::::::i、ヽ
                  ': : : : : : / /::!:: : : : !i ',


              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__  自分の言い分が正義だと思っている人たちは、
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>  何かと「話し合い」「話し合い」と連呼するが、
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    相手の言い分をちっとも聞かずに、
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
          `|   ヽ    「)'/|/       自分の言い分だけを押し付ける。 
          ヽ、_ へ _,.ィT/
    .       /|| ̄ || 丶         
          / .,_|L_,」|__,  ',        話し合いってのは相手の言い分もある程度認め、
          |  !     i  |
           |  / ̄\   |        相手の言い分によっては自分の考えも曲げる。
    .      r' ̄)  ( ̄`、 ノ
                           それは分かってるんでしょうかねぇ?


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__    私は自衛隊の方々を立派な人たちと思っています。
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <   
       /        ヽ `Y′之>    日夜、日本の平和の為に本当にありがとう。
      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
      |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′   
      '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/      でも、もしも自衛隊の人が「俺は正義」と言い始めたら、
    .      ヽ、  ― _,.ィT/
            r-l   l= 、i         存在そのものを認めません。
         r‐'  `ヽ、 l つ
         'v――-、¨ r'' ヽ        国が軍隊を持つのは「正常」であるが「正義」では無い。
        /     l l i .l
        i   /   .! l ヽ       それを勘違いしてはなりません。
        /   i      l /


          __≧ー\ソ<_
           >    x=ュ-──´─ - _
        _≦   ,ュ彡"´           `丶      なにかでカッっと怒りが沸いたら、
        `フ   //               \
        /                        ヽ   怒りの行動を移す前に、
       ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '
         / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :   「それは正常か?」を考えて下さい。
          /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
         }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|   自分が「正義」で怒っていたのならば、
         jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八
         |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/    それはおやめなさい。
         八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/
           }: |!  八                 八      
           レ个ーf }|丶      _    . '
             / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、    
    .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
            /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!  
         /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
        /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
      /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
    .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }


                ,、 , ィ
                  _> Y <_
                /\     /\    あ。ちなみに「同調圧力」を
                >┴ `⌒´ ┴<
            //        \    正常と勘違いしてはなりません。
             〈,i  ,  l、  ,.l  ,  ゙i
            /il | 寸寸T T寸寸| } li   「同調圧力」は「同調圧力」であり、
           ヽi,ヘゝ(●)  (●) //レ′
    .          |/(ゝ   ヽ    /)'|    ただの理不尽です。
                ヾi丶.,_ ―  _,ィ
                   ムEニヨマ      
                 /:::::::/ヽ:::::ヽ


                 __    __
                \ ヽ/ ∠_
              <⌒\ /ヘ ≧    「卵焼きに醤油は正常」ならセーフ。
    .        -=ニ¨ 匸>=<二}、`ー 、
            >'"´ ̄ ̄`\ \\  >  「卵焼きに醤油は正義」ならアウト。
    .       /          ヽ. ヽ}i ハ
           /,  / /_|   \__ヽ.  ハ!  }|   「みんな醤油かけてるんだから、
          ,イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } i|  i|!
        ノ八 .{ ---\l --- |厶ノ  八        お前も醤油にしろ」は論外。
            \| (●)  (●).ノr'}! /
              人''  __   '' ィT´!∨
              ` ァ┬=≦:ノj |! |      この違い分かるかな?
               〈xく矢¨¨ヽ|ノL!
              /Y ̄ ̄Y´|
              ,′}  ...::::| |
              / ノ   ::| │
               //  .::::::::| │


            _」ヽ  /|
           /   ゙V´∠イz‐、_
         /  , ヘ,_/ ヽ∨ マ´   卵焼きに塩をかけられて、
         //  // ^´  ̄ ^`ヽ丶,ゝ
       _,//  〃  ,  ,    、ヽ、    それでカッっと怒りを覚えた人は、
       ,ノイ| l/  //,ハ|  l | ハl ハ|`
        小|   l/'ナ弋 |,lナナ | l |    「醤油が正義」って思ってしまっているんです。
         l从  /| (●) i/(●),ルリ
        ノハ小 ji l''       丿
            /ヽ>_-,´`- '´       「塩は正常か?」って考えてみてください。
              γ"::::ム::`ヽ
            /::::イ:/∞ヾ.ト::}       塩は正常でしょう。よくあるメニューだし。
             〈::::イ゙"  ゙~'l::!
            !、_ノ     i_ノ       ならば怒る必要は無いわけです。
              //     /ヽ、


    ::::::::::::::::::| |<,___
    ::::::::::::::::::| |_二z<_
    ::::::::::::::::::| |~`'┴<      
    ::::::::::::::::::| |     \      そうやってストレスを減らして、
    ::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
    ::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l      楽な生活をゲットしましょう。
    ::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
    ::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川
    ::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
    ::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
    ::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
    :::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
    ::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
    ::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!                           それではまた。
    ::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
    ::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\










           




           ,__    _
          _ヾ `Y´  /___
        __≦         <_
        >     y      <
       <              < \
        >            > `、  ────ちなみに。
        リ              >  |
        {{ .          < Vレli
         レリ{         イ,  (l
          |liレ   ソ  |゙ilili    |
          ゙i|゙i::  |゙i..|.丁了    l
           ゙i|゙i.:.j  ゙i ルリ'___イ
            ソ:ハリル(,゙i:l, 了
               }冊冊冊{
          _,.-ー''"´      ~``''=


                                             ト
        /         /                      ヽ    ミ   可愛いは
      /           /l         /   ヘ      ヘ   ヽ    ハ
    /   /         / l        /     ヘ      ヘ   ヽ    ヘ    「正義」。
     イ /  i       /   l      ハ      ヘ      ヘ    ヽ    ト
      /   i      /     l     j lヽ    i ヽ      ヘ    i    ヽ
      l   l   `/-- __   l     l l ヽ   l  ヽ      ヘ    i     ヽ
      l   l  /l      `Xヘ   ヽl _l__ __ヽ____l__,,. ヽ--    l    l     l  異論は
      l    l   l        ヽ   l ヽl    ヽ !   ヽ      l   l      l
    / l    ヽ   l xxz====zx ヽ  ト l      ヽl    i      i   l      l  認めない。
      l    X  l 彡l:::::::::::::::ゞ ヽ i ヽl  彡Xxz==zzx  k     ハ  l     ハ
     / l   i ヽ  i   i::::::::::::::::i   ソ    //::::::::::::::XXzxマ    i   l      ス
       l   i   ヽ i   li:::::_, -イ          l:::::::::::::::::::lXリ   / ̄ヽ l       k
       l   \ liヽl    ̄ ```         ll::::::::____:::/イXi   j ト   l l       l
        l  /  l ////   `      ``==zzノ  /   / ゝ l/       ト
      /l /∧                ///// /   j  /        ハ
    /  ソ 从  ヘ                     /  / Y         j
       __==------ 三三三三三ミミミx         / /l   i \      k
        ヘ 三三三三三三三三三三ミミミx__      //  j  /   \    i
        ヘ 三三三三三三三三三三三三ミミxx__イ / // /         ハ
          三三三三三三三三三三三三三三Xxx// イ ∧      リ   ヘ
    ヘ 三三三ミミミミミ 三三三三三三三三三三三ミミXx_ ハ 从  ∧     ∧
    三三三三三三ミミミミ 三三三三三三三三三三三三ミXx ハ ハハ      ハ
    三三三三三三三三ミミミ 三三三三三三三三三三三三ミミXx 从 ハ从メハマ从
    三三三三三三三三三三三 三三三三三三三三三三三三/


    .ノ(どっとはらい)

    --------------------------------------------------------------------------------
    姫路鹿之助 2017年05月20日

    月読帝國
    http://www29.atpages.jp/entr/tukuyomi/

    リレイ嬢の庭
    http://serizawa.nomaki.jp/toyou/

    七里香雪亭
    http://ch.nicovideo.jp/himezi


  • 七里香雪亭 82

    2017-05-13 09:56


                   _,,. -‐ゝ /イ- x
                  / _,,-x  ∨  =  ≧
                  / /   ヽzz/   ヽ  ヘ
                _,,.‐''"´          \l
               イ                \
           _,,. ''"イ/               -- ,ヘ
             / /    l  l   l l         \
             / / l   l  l    l l _,,. =z _     \
            //   l l,,‐ l''"l`  lヘ l  lヘ ヘ ` ヘヘ  ヘ
            l /l l  l''ハ li lヘ l  l ヘ ハ ∧ l ヽ  ll   }
            l/ l l  l l i { l ` ヽlヘ  { ヽ  リ  }  } l ヘ  l       アイキャッチ
             l ハ l  z≠ミミ  ヽ l 气三≠ミ リ トハ  l
             ヽl ヽ l '' , , ,    、   , , ,  / /l/l リ丶l
                ヽk            イ//ソ il   リ
                /イト      ヽ ̄ ノ   //
                 l/l i  > _ _ _<  il
                 ヘ ト /        Vリ
               _,,. -‐''"´ヽ       イヽ ==--
              /::::::::::::ヽヽ ``      _,, -''´::::::::::::::ヽ
             /::::::::::l:::::/ `/ミ = === 彡 ヘ:::::::::l::::::::::ヽ
            ノ:::::::::::::l:::/ /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ::::::il:::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::li::{  l:::::::_,,. -‐ =----ヽ ヽ::l::::::::::::::::::::::}
           {::::::::::::::::::k/      _   _ _ ヽ::::::::::::::::::::::i
         /-=::::::::::::::::::l_,,. -‐;;;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,=-::::::::::: ヘ-- 、
        /ヽ ヽ ヘ‐''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.;;;ヽ--/ュ , ヽ
       /y''' ヽ-` {:::::ヽ ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;==-x;;;;;;;;;ノ````:::::::::l--` ''  ヽl
       l (   (  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,. -‐''"´     /
       l  ヽ -     ̄    ̄     ̄    ̄     _,,. -‐''"´ /
               ̄    ーーー  ーーー  -‐''"´


          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__     どもども。私だ。
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>      人に言われて善行をする者は、
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |        人に言われて悪行もする。
       |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
         `|    ヽ   「)'/|/        
         ヽ、_  ―  _,.ィT/            結局のところ自らの意思が無いのなら
           l 7Eニ::ィ1│
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |          説教や説得などに意味は無い。
       _(,,)    始まるよ   (,,)_
      /  |             .|  \
    /    |_________|   \


          、-ー'`Y <,___
      __≦ー`___ _二z<_       とあるボランティアグループでの話(※フィクションです)
       > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
     <之′Y´/        \
       >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i      このボランティアグループに参加すると、
       | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
       ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|      毎度、作業後に主催者からお菓子が貰えた。
        i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
    .     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
         ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ


             、_  _
           ィ-‐ ` Y <__
       _≦―'´__ _二z<_
        >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<     とあるBという奴がいて、
      <戈、 Y  /        \
        >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ     そいつはボランティア作業をサボって
       | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
       ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|     お菓子だけを貰っていた。
          ヾi∨|     ,   |´
           ヽT、,_   σ _ ノ
              | lヽ::ニヨ7l
              └l´:::/ヽ |`

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__     Aという奴が「Bはずるい」と主催者に訴えた。
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
          `|   ヽ    「)'/|/
          ヽ、_ へ _,.ィT/
    .       /|| ̄ || 丶
          / .,_|L_,」|__,  ',
          |  !     i  |
           |  / ̄\   |
    .      r' ̄)  ( ̄`、 ノ


             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__    主催者はAに
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   「報酬が欲しくてボランティアしてるのですか?」と聞いた。
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    Aが違うと言うと、主催者は
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   
         `|   ヽ    「)'/|/       「ならずるくないでしょう」
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           / Eニ::ィ -、 |         と答えた。
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::
         /:::/へ ヘ/::::/:::
         /:::::\ ヾミ::::/|:::
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::
           /    〈:::

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <        このボランティアグループ、
             /        ヽ `Y′之>
       (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)      その活躍を紹介され、
        ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
        \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/       周りから褒められる事が多くなった。
         \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
           ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/
            ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
             `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
               ` i´ ̄ `ヽ:::|
                j|      Y


              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__     Aは言う
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>    「なにもやっていないBが、
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |       他の頑張っているメンバーと
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
          `|   ヽ    「)'/|/            同じ評価なのはおかしい」     
          ヽ、_ へ _,.ィT/
    .       /|| ̄ || 丶          と。
          / .,_|L_,」|__,  ',
          |  !     i  |
           |  / ̄\   |
    .      r' ̄)  ( ̄`、 ノ

             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__    主催者はAに
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   「実績が欲しくてボランティアしてるのですか?」と聞いた。
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    Aが違うと言うと、主催者は
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   
         `|   ヽ    「)'/|/       「ならおかしくないでしょう」
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           / Eニ::ィ -、 |         と答えた。
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::
         /:::/へ ヘ/::::/:::
         /:::::\ ヾミ::::/|:::
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::
           /    〈:::

                _   _,
             ___,> Y´'ー-、
            _>z二_ ___`ー≧__     活躍しているグループがあると、
            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
           /        ヽ `Y′之>    それをやっかむ連中も出てくるようで、
    .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
          l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))    このボランティアグループに
        (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
          '、 `|   ヽ    「)'/|/ /        ケチをつける人たちが出てきた。
             \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
            < l 7Eニ::ィ1    〉
             ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
               i´ ̄ `ヽ::|
              j|       <
             /    ヽ  \

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <       Aは怒り、
         /        ヽ `Y′之>
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<       主催者に抗議するべきだと言った。
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
          `|   ヽ    「)'/|/
          ヽ、_ へ _,.ィT/
    .       /|| ̄ || 丶
          / .,_|L_,」|__,  ',
          |  !     i  |
           |  / ̄\   |
    .      r' ̄)  ( ̄`、 ノ

             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__    主催者はAに
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   「名誉が欲しくてボランティアしてるのですか?」と聞いた。
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    Aが違うと言うと、主催者は
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   
         `|   ヽ    「)'/|/       「ならば気にしなくていいでしょう」
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           / Eニ::ィ -、 |         と答えた。
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::
         /:::/へ ヘ/::::/:::
         /:::::\ ヾミ::::/|:::
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::
           /    〈:::

                 _   _,
              ___,> Y´'ー-、
             _>z二_ ___`ー≧__
             >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <      Aは主催者に
            /        ヽ `Y′之>
    .       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<      「もう貴方には付いていけない」と言った。
           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
           |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
             `|  ヽ     「)'/|/
             ヽ、_ ― _,.ィT/
    .            /|| ̄ || 丶
                / .,_|L_,」|__,  ',
                |  !     i  |
                i  l     |  l
               l  l      |  l
               l  l  ,,.  l  l
              ∧_j  ,,,,_,,  l_.丿
             /            \


             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__       その態度が
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>      「この主催者の為にはもう働けない」
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |       という感じだったので、
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′       
         `|   ヽ    「)'/|/
         ヽ、_  ―  _,.ィT/        主催者は  
           / Eニ::ィ -、 |
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::         「私の為にボランティアしてるわけじゃないでしょう?」 
         /:::/へ ヘ/::::/:::    
         /:::::\ ヾミ::::/|:::          と言った。
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::            
           /    〈:::


            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__     Aは主催者に
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>    「あたりまえだ! うぬぼれるな! この偽善者め!」
      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     と悪態をついて出て行った。
      |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′
      '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
    .      ヽ、  ― _,.ィT/
            r-l   l= 、i
         r‐'  `ヽ、 l つ
         'v――-、¨ r'' ヽ       
        /     l l i .l
        i   /   .! l ヽ
        /   i      l /


          __≧ー\ソ<_
           >    x=ュ-──´─ - _
        _≦   ,ュ彡"´           `丶
        `フ   //               \      主催者はAを見送った後、
        /                        ヽ
       ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '    
         / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :     「ご覧ください神よ。
          /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |     
         }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|       あれが正気の人間です」
         jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八  
         |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/         
         八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/        と紹介した。
           }: |!  八                 八
           レ个ーf }|丶    ヽ  ア     '         
             / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、._     イ-――- 、
    .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
            /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
         /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
        /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
      /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
    .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }






    ::::::::::::::::::| |<,___
    ::::::::::::::::::| |_二z<_    ボランティア【ぼらんてぃあ】
    ::::::::::::::::::| |~`'┴<     volunteer    
    ::::::::::::::::::| |     \
    ::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i   ラテン語のボランタスvolunts(自由意志)を語源としており、
    ::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l   自発性に裏づけられた奉仕者、篤志家を意味するもの。
    ::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|   自分から進んで社会活動などに無償で参加する人。 「―活動」
    ::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川
    ::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛     
    ::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ           話が「ボランティア」で無ければ、
    ::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉       
    :::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ         Aの行動の方が正しいと思う。    
    ::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7           
    ::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
    ::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
    ::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                               それではまた。


    .ノ(どっとはらい)

    --------------------------------------------------------------------------------
    姫路鹿之助 2017年05月13日

    月読帝國
    http://www29.atpages.jp/entr/tukuyomi/

    リレイ嬢の庭
    http://serizawa.nomaki.jp/toyou/

    七里香雪亭
    http://ch.nicovideo.jp/himezi