• 七里香雪亭 151 「移民対策? プランBで」

    2018-11-10 08:23


                           /´ ̄ `    _  \
                           //     イ´ ⌒ヾ―- _
                         / /´   /   , -‐-   _ ニ= 、
                        / / ィ   /  /          `ヽ
                       /イ./    /  ´     / /  / i    ヽ
                        }/    /   /    / /   /  .|   i  `
                        /        / l/ l/    ./     l  l
                            l   l/l匕 ̄ l    /  :i
                       l    l   l ィf==zx,l j  /l /l :j  /   l     アイキャッチ
                       ,    l   l 弋ツ  l/l ::/ リ l/l
                       |ハ   ∧  从      l/ ィ≠ミxリ / /  i
                         ヽ /  ハ   ヽ     '   /イ/ /  /
                         _.}  ハ  トミヽ < _ ァ   / / / /
                           /二{ハ/  ヽ  / ,>、     イ// 从ハニ\
                      /二二=/ /二`</7≦ ̄二/二二二二二}
                    /二ニニ/<二ニニニ=ヽ| /二二二≧o。ニニ二二′
                __/ /二二二二二ニニニニニ〉二二二ヽ二ニニ≧o。 /
             ,ィf厂________/二二二ニ‐=≦二二/  `<二二二ニ≧o。、:≧ュ、
         ,ィi「  /二二ニニニニニヽ二二二二ニ/∬     `<二二二二ニヽ、二ニ≧o
       /  /二二二二二二ニ>〈二二ニニ/ :ⅱ     ゚ 。   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::ヽ二二二≧ュ、
      /  ‐=≦二二二二二>'"´  ∨ニニ/  /:: \     ゚,        i::::::}ニニ/二二ニ。
    . / /二ニニ ̄≧o。>'"´    /二Ⅵ=/   /::::::::::::\    :i           /::: /二/二二二,
    . ! {二二二二二二ニ>==== 、/ニニニ=ヽ:  /::::::::::::::::::::::ヽ   八        :/:::::%二::l二二二
    . \二二二二二二二ニニニニ/ ヽニ===入: /::::::::::::::::::::::::::: \‰      /::<二ニ/二ニニ=/
       <二二二二二二二 /   ゚ 。二二∧::::::::::::::::::::::::: : /    ̄ ̄ ̄ ̄〈二二ニLニニニ=/
                         ゚.     ,二//::≧o。::::::::::::<            }ヽ__/ヽ ℡T∨¨ヽ__
                      ゚,    ゚。//////::ヘ ̄                /      ヽ ヽ:| :}/‐=≦
                      ヽ     {////////∧           /       .ゝ人7 \
                      / /   | i/////////∧                     /  /二二゚ 。
                        / /|:  | ///////////∧        {j      /  /二二二ニ゚。
                     (/ |:  ///////////////゚,     :ゝ      / ://=/二二二ニ゚,
                       |二ゝ<{///////////////:\――――― <ヽ〉/{//二二二二二ニ
                      {二ニニ!////////////////::{______ゝヽ:/ニ/二二二二二二二゚.
                      i二ニニ|///////////>二二二二ニニニニ=<二/二二二二二二二ニ=
                      |二ニニ!////////,ィ仁二ニニニニニニニニニ`/二二二二二二二二二
                     !ニニニ|/////:,ィ仁二二二二二二二二ニニニ/              
                          \二二|////            \二二ニニ/              /
                            \ニ//:/                \ニニニ/                //
                        ヽ/                   ヽニ/                ///
                            /                        /               ///:/
                        {                         {                  //://
                          ゚,           ___  ‐=≦  :i             //;ィ///
                             ゚。      / ̄///////////> ´ :             / 〃////
                          \//ゝ<//‐=ニ―― ¨     ヽ             //ゝ<ZZ
                             ¨¨¨¨                  ヽ77777777 ‐=≦
                                                  ̄ ̄


          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__    どもども。私だ。
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   ダイエットは体重を減らすことに主眼を置くのではなく、
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    筋肉をいかに使い、筋肉をどう育てるかを中心に考えた方が
       |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
         `|    ヽ   「)'/|/        良いと思う。
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           l 7Eニ::ィ1│
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
       _(,,)    始まるよ   (,,)_
      /  |             .|  \
    /    |_________|   \



             、_  _
           ィ-‐ ` Y <__     ちょっと前のニュースになりますが、
       _≦―'´__ _二z<_
        >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<    ベジタリアンがお肉系のお店を襲撃した話がありましたね。
      <戈、 Y  /        \
        >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
       | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
       ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
          ヾi∨|     ,   |´
           ヽT、,_  ―  _ ノ
              | lヽ::ニヨ7l
              └l´:::/ヽ |`

           .  ' "´ ̄ ` : 、
          /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、     あー。ありましたね。
         /:::::,::::::,:::::::、:::::::、uヾ:::::.
    .    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
         |:::|:::|(●) (●)|:::::|:::::|    ああいうことされると、
        ´ |::::|   、     |_::::j:::::|
          ´i::ヽ、/ヾヨ _,.リ|:`:|::::|    ベジタリアン全体が悪く思われるから、  
            |:::/  ∧,ilヾ、:|:::::|:::| 
           |::|イ   〉/ ',:|:::::|::|    止めてほしいですよね。ホント。
          |::|   /―‐i:|:::::|::|
          |:|〉、 ,/__|i'l::::j::|
          |j'  V亠―‐L|ッ/'
           '\/  |   |ィ´
             |  |     |

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、      そいつらの主張する通り、
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    世の中から肉食を無くしたらどうなるか。
             /        ヽ `Y′之>
             rヽ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
             i !7Tハ T寸寸 |  }ノ |  肉食にかかわるすべての人が職を失う事に
          r;r‐r/ | |(●) (●) / / ,/レ′
          〈_L (`ヽ .}`|   ヽ    「)'/|/    なるだろうから、どれほどの経済損失だろ。
         l` ( ``/ ヽ、_  ―  _,.ィT/
         ヽ   l    l 7Eニ::ィ1│        
          ヽ::::::.ヽ  . 'イ/ヽ::::`l┘       


             , : ´  ̄`゛ :: .
           ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
            .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.     詳しくはわかりませんが、
           .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
          |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:::|    それが原因で戦争になるってくらいの規模の
          |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
          |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `      失業が起きると思いますよ。
          |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
           |:::::|:::::| ヽ. // r─┐        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           |:i|:|:::::|  ̄ ̄7~ア茶_}、        l さもありなん
           |:||:|::,i'l    /三゙一メ;}|        ヽ、_____ノ
         !| |.゙::j ト-、/┴─イ、~ /   


                         、___ ,≧`ヽ∧,ィ       逆に考えるとさ、
                        _,>   . . .  '¨ ̄\
                       ,>-<__:.:)〃    <二 _,   今は食べていないけど、
    .                __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYⅣ: . : . . . /
                    -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ   新しい食べ物を作って、
                   イ/Aハ/‐ト、j    /||,j/|/): : :i`ゞ
                      レ●´ ●)Ⅵ / / / j}|:|: ://:弋_    それが「普通」になったら、
                     }丶     j/ノく イ| |:|  : : {`ー一
                      -     ´そイ|:|:U:.| ,イ:人     莫大な雇用が生まれると思わない?
                      \_     xケ|:!|:|ラ彳/ j/
                        卞-イY´:.〉|:!|;|,イ从        
                           ,辷_彡':.:.:.\`          
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\


             , : ´  ̄`゛ :: .
           ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\    そうですけど、そんなに簡単に新しいものって
            .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
           .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l    出てきますかね。出てきて定着しますかね?
          |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
          |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `       l ナタデココとかすーっと消えたしねぇ
          |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|        ヽ、_______________ノ
           |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|
           |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|     あれは成功したほうですが、一過性感がぬぐえない。
           |:||:|::,i'l  .|.__||,、i'|
           || |ッ',__|:┴─イヽ.     


                              `ー--≧   V レ´{     食べ物で新しいのを
                          _,フ'         __`ヽ.
                       _  -‐≦==、、_, -、   \`ヽ   見つけようと思いましたが、
                     、__-'´     `丶. `ヽ.、 }     `フ
                        /  ,イ ./{    Y `| |     `ヽ   どーにもそれは難しく、
                       フ   /ン/   !  ,i   l  }人{ヽ. \ヾ
                       ̄乂-‐-   ‐ト‐-|  /  リ:|  ノ ヽ._    おおよそネタにはなりそうに
                         i 代歹  弋歹l:i:.:トl.ィ.|:|   {´ ̄
                    ! |    ,      l:.l:.:レ1:レ'/ ,イ人      ありませんでした。
                      i l、   _ __    l:.lil{ミィ|:|´ /ノ'
                     レ  \   , イ|;.|;;|lY.L!从         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                         `i゛  , /L!L!ゝ            l でしょうね
                             l  /i/-‐‐丶            ヽ、_____ノ
                          ,,,,r'" 7i/: : : : i
                     r'": : : :〆: : : : : :i:    そんな折、「日本が外国人労働者を
                      /::ヾ==v-─ 、: r─=-、〉
                  /:::::::::\.:.:.:7  //   :l     受け入れる」とのニュースを見ました。
                     /:::::::::::::::/:.:./ 〈   .:  l
                  /:::::::::::::::/ヽr'   }       !     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                    /:::::::::::::::/|: : |   /   ,. '"l     l ああ。ありましたね
               ハ/7::::::::/ !: :.l.  イ   <.   !     ヽ、________ノ
              〈  〈 \/i  l: : l.  l       }
                 ',.  Y:| i  レ'   i       /     あれはもう移民みたいなもんでしょ。
               i、 l:.l l       〉     i       
               l:ヽ.ノ:〉 l       !     :l
              ∧/ : i i    /l      :.l



                             イ    諸外国が移民を受け入れて、
                     , -―-、 //
                     {   {⌒/ /      治安の悪化などの大失敗をやらかしてます。
                      _ゝ、  ∨  {/⌒`ミ、___
                     f, /7 ━=三≦ミ、ヽ   、/     
                   / //   /   ヽ  ヽ ',    ヽ     日本人同士でもいざこざがあると
                     /     /     }   } } ヘ   ヽ \
                 / イ  //    へ   リ/  ヽ  ヽ  ヽ   いうのに異文化受け入れなんて
                   ノ´/            ヽ /"    ',   \ ヽ
    .              /    {      } ヽ  ヽ     |  ヽ \!  無理じゃろうって思います。
               ,'    ハ     ハ  }ヽ  ', /  }   \
               {     T7寸  / 寸7T }  }/   ,'    ヽ!
               !ハ  / {戊テ、/ 〒テア|   リ、 /| ハ }     私は移民は反対です。
                 ヽ∧ハ''`´     `¨´ }. /ノ/{ jノ ヽ!
                   |リ 、  '     '' |. / イ从
                   r-イ > _` , イ j//   }     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                  〃ヘ    |ノヽ }   ィ/  ⌒ヽ     l わかるわかる
                / ヽヽ   〈//≧≦〃  ___/     ヽ、______ノ
                 j    ヽヽ   ∨///  /"⌒`‐ }
           >  /_, へ  ', ヽ  }// /ノ |    /
             <イ=ミ、  ヽ }    `冖"´  リ     '    「移民を日本人に合わせる対策」
            ////////、< {      _ /   ヽ /
           ノ///////、   > 、  {-‐ 、     /     そ ん な も ん ネ ー ヨ。
    .      /////ィ7}/ > 、_,z ≧=/\  ヘ   /
          /f"´^/// >z////////////ヽ ヘ /
        / / / /へ7//////////////////ツ辷/     
      /   {_{/"   ヽ///////≧"´ ̄´           
    /   /{ ノ/ ,  ノヽ//´                
    >  イン ´ヽ¬イ  ̄´ /
        >           /
            >     /

                                    
                         _......         
                         ,:::´:::::::::゛ ̄::::::ヽ.      風習、食文化、宗教。
                      /::::::::::::::::::::::::::::、::::::::ヽ   
                     /:::::::::::/::::::::::ヽ:::ヾ、:::::::∧    それがまるっきり違うというのが、
                      l::::::::::::i!::::::::::::::゙!:::::i:|::::::i:::::l
                       |:::i:::::::||::::::::::::::_||:_:」:|::::::|::::|     どれほど恐ろしいか。
                       |:|!::::::i| !_-_く'´ 、●.j|::::::j:::::!
                      |:|:::::::||<●ゝ   ´ |イ´|::::i| 
                     ヽト、_:i `  、    |:::|::::||   関西と関東で味付けが違うというだけで
                      ||:::::l:〉7   _   ,イ::|::::|:|
                      ||::::://7ェ、、_   . ' ||:::|::::|||   いざこざがある日本人には
                     , イ::::f!⌒トji!! `´ /j|:::|、::i|:!
                       /  !:::|'   .}|゙!   / / !:::|/゙゛`ヽ   到底受け入れることは難しいと
                   /   |::::i.  / ゙! ∨ / |::::| ソ   ゙.
                   /!゙!  !/゙'、. |  V /  ,:::::レ'     .  思います。
                   i | ヽ |i、 r、ヽ'、 ,〉'   j:::::! _. -‐ ┤
                     | . `ト>゙ヾ.、 .∨    /!::.//    |
                  |  ! iメ   ヾ ゙i  / i::/     /!  少なくとも夜中に歩けるような
                    |  `/゙\_  !`ヽ./ /´   _ - ‐ i
                  |- -‐゙!  `ヽ!   ``≦_ ̄    i'   治安は無くなると思いますね。
                  ゙!    i.    |       ヾ、=─ '/
                  ゙!    |   .|          ,'
                     |゙    !   |          /!    どうか私の家の近くには
                     |    |    人        / |
                     |       /  ヽ        |     来ませんように。
                     |     /─‐┤        ハ
                   !    ム......_ ヽ       /イ
                   \ /  !    ̄\      / ゙!
                    /   |      `ー、_/  |
                   /    |              !


                             /   ―――--    
                         { /  --―<⌒     私も近くにこないことを
                 _ _  ___{_{/- 、⌒⌒
              、__  > ´ ̄   {    へ: .     \   マジ祈りしています。
              __ア⌒     /         V/\.: .  , \
            /⌒ア    ,/            .゚.。: . ′⌒
             /   \/     ./        ∨ /∧   ′   さて。
            /   j圦 /`  // /      i|  ./ }    }\
         ー=彡    , t_ソj/ / ∨/         |   /,}    |  `  この風習も食文化も宗教も
          /  /i/    | ./xミ、 /ト、         |   ,'.::   |
        _/ ィ .j| ′  j/ r' ∨|        i|   _/.    Λ   まるっきり違う外国人。
         ̄ ̄ i|/ |       乂__〉」/       /  厂_ア::.   / }
    .          | ` 、    __,/     / i ./_/.::    / 丿
             、        ̄厂   , /j_,|/´:.:..     {   この外国人の風習用のアイテムや
              ≧=r--   ./ / /}厂/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:',
                    |   __./. イ ∧]  .{.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:}:.:Ν   この外国人の食文化用のアイテムや
    .          {`ニーニニニ三三三三三}  | ./i .::i|::/',:/
              {三三彡===ーミニ三三三} |/  | :/;/ '     この外国人の宗教用のアイテムなどを
            {三彡r;;/;;;;;;;;;;;;;;Vハ三ニ゚。 '  .l/ 
            .厂};;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;Vハ三ニヽ        扱った商売を始めたらどうなりますかね?
           /⌒~|;;;;/};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;}.ヽ三三゚。
            / : : : };;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;', ゚。三三ヽ      γ´ ̄ ̄`ヽ
    .        { : : : : };;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;',  ヽ三三゚。      l なぬ?
            }: : : : };;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゚。;;;;;;;',   ゚。三三ヽ     ヽ、___ノ

                ,、 , ィ
                  _> Y <_
                /\     /\    こういった外国人からの治安を守るための組織とか、
                >┴ `⌒´ ┴<
            //        \   こういった外国人から被害を受けた時の保険とか。
             〈,i  ,  l、  ,.l  ,  ゙i
            /il | 寸寸T T寸寸| } li
           ヽi,ヘゝ(●)  (●) //レ′
    .          |/(ゝ   ヽ    /)'|    
                ヾi丶.,_ ―  _,ィ
                   ムEニヨマ
                 /:::::::/ヽ:::::ヽ


                _   _,
             ___,> Y´'ー-、
            _>z二_ ___`ー≧__   アメリカでゴールドラッシュがあったとき。
            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
           /        ヽ `Y′之>
    .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<     金を掘ったやつよりも、
          l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
        (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /     金を掘るやつにグッツを売りつけた企業が    
          '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
             \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/      一番儲かってたと言います。
            < l 7Eニ::ィ1    〉
             ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
               i´ ̄ `ヽ::|
              j|       <
             /    ヽ  \

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、      日本がどうあっても移民(外国人労働者)を
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    受け入れるというならば、
             /        ヽ `Y′之>
       (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)  移民相手の商売を考えて、
        ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
        \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/   それで一発大儲けしてやるのが
         \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
           ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/      一番じゃないですかね。
            ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
             `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
               ` i´ ̄ `ヽ:::|
                j|      Y

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、     そして移民に対して警戒心を抱いている日本人を
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    安心させる商売を考えて売りつける。
         /        ヽ `Y′之>
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    こいつは大儲けできそうです。
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          `|   ヽ    「)'/|/        l 具体的には?
          ヽ、_ へ _,.ィT/          ヽ、______ノ
            /|| ̄ || 丶    
    .      / .,_|L_,」|__,  ',         しらん。
    .      |  !     i  |     
           i └ 、 , -┘ |
          ゝ-― ' ー― '
           /  ^`   ヘ
            /         \


          __≧ー\ソ<_
           >    x=ュ-──´─ - _        基本的には反対だが、
        _≦   ,ュ彡"´           `丶
        `フ   //               \    どうしても決まってしまうというならば、
        /                        ヽ
       ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '   そいつを利用して大儲けする。
         / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
          /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
         }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|  反対してたことが決まって、いつまでも
         jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八
         |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/    ウジウジと文句言ってたってしょうがない。
         八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/
           }: |!  八                 八         
           レ个ーf }|丶    -―-   . '        大儲けして自分の肥やしにしよう。
             / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、._     イ-――- 、
    .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、
            /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!    それが庶民の正しい生き方だと思う。
         /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
        /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
      /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
    .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }


                                 __    /{   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                ⌒ァ 二_ー:′└- 、 l その商売を思いつかないまでが
                               ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.   l    
                          ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘,  l 庶民のデフォルト。
                            ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハヽ ヽ、____________ノ
          .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', {  
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴`_フ
        /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7   まあ、そうなんだけどさ。
      /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′ 
      i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{   
      |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ  
      レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
        |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    `
        |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ



    ::::::::::::::::::| |<,___        ホントはここからVtuberと言うバーチャル世界の
    ::::::::::::::::::| |_二z<_
    ::::::::::::::::::| |~`'┴<        新しい需要について書きたかったけど、
    ::::::::::::::::::| |     \
    ::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i      あれって下手に経営コンサルティング企業が介入してくると
    ::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l
    ::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|      ダメになりそうなので考えがまとまりませんでした。
    ::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川
    ::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛       投げ銭とかグッツ販売とかは全然いけるんですけどね。
    ::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
    ::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
    :::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
    ::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
    ::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
    ::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉  
    ::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                               それではまた。


    .ノ(どっとはらい)

    --------------------------------------------------------------------------------
    姫路鹿之助 2018年11月10日

    基本方針(其の二十四、我が妄想、登用教、萌求道)
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1316511

    月読帝國
    http://serizawa.nomaki.jp/tukuyomi/

    リレイ嬢の庭
    http://serizawa.nomaki.jp/toyou/

    メゥリリー族
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1418329

    プロフィール
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1637752

    七里香雪亭
    http://ch.nicovideo.jp/himezi



  • 広告
  • 七里香雪亭 150 「脳への電気信号とVRの未来」

    2018-11-03 08:45


                     ___,> Y´'ー-、
         ゚          _>z二_ ___`ー≧__
          ゚      x  >'´ ̄`‐-、 ̄ 7 < ≦
           ○    `ミミ       ヽ  `Y′之>
            ゚  -=彡  |  ! l  ヽ    |  ヽ }<
              ゚  //  ハ  i .lヽ、 ヽ、 ヽ  K     アイキャッチ
                /l |ノ_ヽ, |ヽl___ヽ  i  l/| ∧ハ
               ノ l ≧__ゝl l辷ッ`リ .l  /i .八ノ
                 l l 弋メ `    ノノ ∧|/ル
                ノ l/ヘ 、     ,イ//V/ |レ
                  ノ.  ゝ、 つ , イヽ//ノ l   \
                      > ' ./::::/  l      \
                     .x\ {:::: ヽ\l     / |
                     l ::/ ,ヘ::   j  ヽ /   >
                      l \  ヘ   ヽ   l:::::::   |
                      l  \  /  ヽ   l::::  / l
                     |  /  /:    l   l::: /   !
                     i  {  {::    }    l      i
                     !  l  l::    l  :: l     l
                      |  .l  l:,.    .,l  :::: l   /  i
                     !   l  l i    l     l  /   !
                      j   ヘ 从    l    l /   7
                     .|   j  |./   /    l/ ̄ ̄ ̄ 7
                     .|  /  ヘ  :j: { /  ヘ       /
                     .i <   l   l  /  |  ____   |
                     !/  / / /    ミニ.l   ̄lニ┘
               _,,. -‐''"´ ::::::  :|/          :::::l   l
         ____,,. -‐''"´         /・     /    ::::::i   .l
       /,. ''"´ ̄:::` - -  _::::  :::::/::∨-x  /      ::::l   l
      ,,.-''       :::::::: ~~ - __/''    :\   ─    !  l
                 :::::_,,.-''        :::::\   ゝ :::::l   i
                  ,. ''            :::::\     .ヘ  ヽミ
              _ -''             ::::::::::::\     \
     ヽ::::__:::::__ --/      -- ‐‐  -- - - -‐''"´__-_-- -__>
           / __ _, -''"´                     ̄
          /                             _ __
          i           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ - - ''
          ヽ:::::::     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.''"´



          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__      どもども。私だ。
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>     「増える老人を相手にした
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |        新サービスを考えるとしたら?」
       |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
         `|    ヽ   「)'/|/          だと?
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           l 7Eニ::ィ1│
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |         そりゃ 筋 ト レ だな。
       _(,,)    始まるよ   (,,)_
      /  |             .|  \
    /    |_________|   \



             、_  _
           ィ-‐ ` Y <__
       _≦―'´__ _二z<_    人間の五感ってのは全身からの電気信号を、
        >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
      <戈、 Y  /        \    脳が受け取って感じているわけだよね。
        >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
       | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
       ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
          ヾi∨|     ,   |´
           ヽT、,_  ―  _ ノ
              | lヽ::ニヨ7l
              └l´:::/ヽ |`


           .  ' "´ ̄ ` : 、
          /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、     ええ。まあ、そうですね。
         /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
    .    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|     肌に何かが触れたときに、
        |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
        ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|     それを電気信号で脳に送って感じるというか。
          ´ iヽ、_ ‐/ト、. _,.|:`:|:::::|
    .        |:::::|:::7  \1::::|:::::|
          |:::::|::,〈    ヽ_::|:::::|
          |:::::|::i |∨    ゙〉::|i:|
           |;'i/:j|_.| ゝ-ニ、 ,/:|::||:|
             / |‐l  __,/イ:::| ||


                _   _,
             ___,> Y´'ー-、
            _>z二_ ___`ー≧__    目に映るもの、耳に聞こえるもの、鼻が匂うもの
            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
           /        ヽ `Y′之>   全身のありとあらゆる感覚が、
    .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< 
          l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))   全て電気信号なわけだ。
        (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
          '、 `|   ヽ    「)'/|/ /      γ´ ̄ ̄`ヽ
             \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/   ..    l ですね
            < l 7Eニ::ィ1    〉        ヽ、____ノ
             ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
               i´ ̄ `ヽ::|
              j|       <
             /    ヽ  \

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、          ……ということはだよ。
              _>z二_ ___`ー≧__  
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <      その電気信号を全て解析し、
             /        ヽ `Y′之>
       (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)    電気信号を脳に送るシステムを開発すれば、
        ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
        \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/    自分の好きなアニメのキャラが
         \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
           ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/       実際に目の前に現れて、
            ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
             `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/          触ったりする事が可能になるってわけだ。
               ` i´ ̄ `ヽ:::|
                j|      Y

             _   _,
          ___,> Y´'ー-、         エロス方面で考えても、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <      実際の快感と寸分違わぬ感覚を得れるとか。
        /        ヽ `Y′之>
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |      自分の性別を転換させて、
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
         `|   ヽ    「)'/|/         異性の感覚を味わえたりもするわけだ。
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           / Eニ::ィ -、 |
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /:::/へ ヘ/::::/:::            l 事後のむなしさが酷そうですね
         /:::::\ ヾミ::::/|:::            ヽ、_____________ノ
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::
           /    〈:::


             _   _,
          ___,> Y´'ー-、      人工知能が発達したら、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <   それこそ自分の好きな容姿と性格の異性と、
        /        ヽ `Y′之>
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    いちゃこらいちゃこらすることが可能になる。
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
       |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         `|   ヽ    「)'/|/       l お。人類消滅のカウントダウンかな?
         ヽ、_  ―  _,.ィT/       ヽ、________________ノ
          /:.: :::::E7 l.:.::_|\
         /:::::::::::::/ヽ:::::::::::::::\
         |::::::::::::::: ,― 、,―、:::::::::|
         \  ̄ ̄ (⌒⌒)  ̄ /
            ̄ ̄\\// ̄


                       , - ─‐ - 、.        あ。ひょっとしたら幽霊とか
                     /:::::::::::::::::::::::::`ヽ、 
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     そういう怪奇現象は
                  .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  !:::::::::::::/!::::::::::::::::::::、::::::::::::l     なんらかの電気信号を
                 l:::::::::::::i/i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::!
                 |l:i::::::::i/.|_::_l_:::::_|_::::|zi:|::::::::|     脳が受け取ってしまって、
                  |::l::::::::|゚●ソ`   '゚●ソ!:::::::::i
                     l:::|_:i|:::|゙¨ ´     ゙ ¨´|_::li::_|     見たり触ったり聞いたり
                 |:::::l:::::::!    丶    |:::::|:::!
                  l::::::|::::::|\.   ‐‐   /i:::::l::l      臭ったりしてしまった、 
                    l::::::l:::::::lヽ.l>、. _ .イ_l:::::i:::::l:|    
                l::::::l:::::::l   ヽ、   ,//!:::::l::::l!l      結果なのかもしれませんね。
    .            l::::::l::::::::|.   ヽヽ// !::ハ::::l:|   
                 l:/|:::::::::ト、   ヽ/  .l:::l l::::ト、    
               / /::::::ハ:! .ヽ  /     |:::| l:::l  i
               ,'  l::::::/ l!  ヽ. /     /l:::! !i|!  l
              ,'   |!|::l      ∨     ,' l:l l.l!   !  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    .           ,'ヽ、.i::l::l| /    /     ,'  |:| !| / |   l おー。ありえるねぇ
                ,'  ヽ|:l!:/   /     ,'  i::i l/  |  . ヽ、_________ノ



                 _   _,
              ___,> Y´'ー-、      そいでまあ思ったんだけど、
             _>z二_ ___`ー≧__
             >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    VRの世界もさ、
            /        ヽ `Y′之>
    .       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    電気信号でいろいろ味わえる世界が来るかもね。
           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )
           |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′ 
             `|   ヽ    「)'/|/
             ヽ、_  ‐-  _,.ィT/
               l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩
              /     ヽレ:::::::::::::::::::| |- /}、
               /      `、;;;..-.,,_ 丿},ノ / ノ
                /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃
            /        ノ′   `' ='''"´
             /         {


                 、___ ,≧`ヽ∧,ィ
                _,>   . . .  '¨ ̄\   アバターの触感や臭いなどなどを設定しておけば、
    .             ,>-<__:.:)〃    <二 _,
           __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYⅣ: . : . . . /  触った側はアバターを触った感覚。
        -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ
    .       イ/Aハ/‐ト、j    /||,j/|/): : :i`ゞ   触られた側はそれがどこに対応するかが
           レ●´ ●)Ⅵ / / / j}|:|: ://:弋_
           }丶     j/ノく イ| |:|  : : {`ー一   自動処理されて触られた感覚を受信。   
             -     ´そイ|:|:U:.| ,イ:人
            \_     xケ|:!|:|ラ彳/ j/
               卞-イY´:.x≪ >イ从        これで男女の身体の違いを補填する。
            r'r'゚ x≪し' ⌒\
           r'川/し'⌒,イし'⌒7         人外アバターとの身体の違いを補填する。
           ///ん'゚//}  Ⅳ´
         xく/|」ノ/,イし'゚  |
        レ'/_」「/ /´}}    |          美少女のアバターを触ると、
    .     { / /《  |     |
          i / /  \.|   .{          美少女を触っている感覚がする。
          { /   、 |   i
          i      ヘ|   |          触られた側は対応する場所が触られた感じがする。
          |      :|   l:


            . --― - .、 
         /          ヽ       おもいっきり可愛い美少女になって男性に抱き着いて、
    .     /   _,> Y´'ー-'、             
        |  __>z二_ ___`ー≧    ふにふにの柔らかい身体と甘い匂いで
    .     |  .>' ´ ̄ ̄`ー 、'7 <    
    .    |./    ` 、     ゝ,.  `フ   相手を喜ばせる。 
         i      _ァ'-、_ぅ  ≦   ゝ            
         ',   レ^:≦v|/ 、、 Yニ二ヽ.´>    
    .  r--'┘!、_,.フ  ,、 /-‐  ! V.        r.┐   そういうのって面白そうよね。
      _「    ><' /l └「 ̄>  ) /ハ一'ヽ二V_,ィ'-、   
     ,.ゝー-- / /´`==チ← _,.イ 〈ーヽ    i し'、 ヽ  
    /:.___└<i    |し' レ'   / !   >一―一-_〈_/ /   
    |'´:.:.:.:.:.:.:.`ヽ\>.、    ,. イ 〃,.へ.       -\Y    相手がノリノリならなおよし。  
    |:.:.:.:.:.:./ ̄ ̄ヽ:.:.:`ー1>|>':.:.:.:.:.:.:ヽ.   >‐-、 ト !〉  
    .!:.:.:.:.:.:__∠-‐ヘ:.:.:ゝ-‐.:'′:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ< \ーU'⌒`┐
    . \:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:ア7「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./! \  ̄ー--イ|
        `ヽ._:.:.:.:.:.:.:.〈:./:.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ   i!  \   /::/
         ヽ\:.:.:.:.:`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ | j   | ヽ    V:/         /{{^ヽ
          \:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:./::/| !  l  レ'个-'´ 「´        !: : ヾ  〉
            |:.:.:.:.>―<:.:.:./ |    厂  |   '.         /:ヽ: : :V:`ヽ
             `┬'/,.-――:.ヽト、レ'|    !.   '.       /:::::::::::!: : : V ∧
             X/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|    !    '.    /:::::::::::::/ヽ: : :i!. |
             〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:!    !    ヽ./!::::::::::::::/   ヽ: ! !
             |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:!     !   /  ヽ_::::/      ー'
               |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:|:.ヘ  ヽ '.ヽ      /
            |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.|:.:.:'.   '. ヽ.   /
              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.|:.:.:.'.     '. `ー'
    .        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,.:.:-一':.//:`ー-!     i
            |:.:.,.:-‐:.:.:.:.:.:..:.:.:.:j//:::::::/´:.:|_,. -- !      
            <::::|:.:.:.:.:.:.:.:./:/:./:::::::/:.:.:.:.:|i::::::::::::!
             `|:.:.:.:.:.:/:/:.:.:./|::::://:.:.:.:.:|:|::::::::::::! 
              |:.:.:.:.:.:./:!:.:.:.:./ |:::/:/:.:.:.:.:.:|:|!:::::::::::!
                |:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:/ |/:./:.:.:.:.:.:.:|:.|V:::::::::i      
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:./  /:./:.:.:.:.:.:.:.:.|:| V:::::::::!
    .        /:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:/   V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:| レ'´: : ヽ
    .        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:.:.:/    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:| |: : : :,= 、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:/      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:| !: : 〃  i!
    .      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:/     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:| /: VLz┬'
    .      /,.:.:.:..:.:/:.,':./      |:.:.:.:.:.:.:.:.:!:|/: :/   /
    .     //:/:.:.:/:./       |//:.:.:.:.:/:.!: /  /
         |/:.:./:.:.:.:.:/:./        //:.:.:.:.:.:.:!:.|_{__ /




                                 __    /{    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ 
                                ⌒ァ 二_ー:′└- 、  l 美少女同士のレズ行為が
                               ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.   l  
                          ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, l 実際はオッサン同士のホモか 
                            ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ  ヽ、____________ノ
          .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ',   
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴`_  考えてはダメヨ。
        /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7  
      /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i ′ 
      i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{   
      |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ  
      レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
        |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉    `
        |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ


          __≧ー\ソ<_
           >    x=ュ-──´─ - _
        _≦   ,ュ彡"´           `丶    全ての感覚が脳への電気信号ならば、
        `フ   //               \
        /                        ヽ   電気信号を脳へ送る技術を発展させ、
       ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '
         / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :  エロスを完全に満足できる状況をつくれば、
          /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
         }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|  犯罪はぐっと減るだろう。
         jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八  
         |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/    
         八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/     その技術を発展させ、
           }: |!  八                 八
           レ个ーf }|丶      _    . '        VR世界を構築すれば、     
             / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、
    .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、    人類は新たなステージに
            /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!    
         /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\    登るかもしれない。
        /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
      /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
    .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }



    ::::::::::::::::::| |<,___
    ::::::::::::::::::| |_二z<_      でもまあ、これ、実際にやるとしたら、
    ::::::::::::::::::| |~`'┴<
    ::::::::::::::::::| |     \     脳へのすんごい負担がかかって後遺症とか抱えそうよね。
    ::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
    ::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l    どこぞの団体とかも抗議してきそう。
    ::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
    ::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川    
    ::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
    ::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
    ::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
    :::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
    ::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
    ::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
    ::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
    ::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                              それではまた。


    .ノ(どっとはらい)

    --------------------------------------------------------------------------------
    姫路鹿之助 2018年11月03日

    基本方針(其の二十四、我が妄想、登用教、萌求道)
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1316511

    月読帝國
    http://serizawa.nomaki.jp/tukuyomi/

    リレイ嬢の庭
    http://serizawa.nomaki.jp/toyou/

    メゥリリー族
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1418329

    プロフィール
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1637752

    七里香雪亭
    http://ch.nicovideo.jp/himezi



  • 七里香雪亭 149 「意地の張りどころ」

    2018-10-27 10:25


                    /´ ̄ `    _  \
                    //     イ´ ⌒ヾ―- __
                  / /´   /   , -‐-   _ ニ= 、
                 / / ィ   /  /          `ヽ      ☆
                /イ./    /  ´     / /  / i    ヽ  /
                 }/    /   /    / /   /  .|   i  `
    .          /        / l/ l/    ./     l  l
                     l   l/l匕 ̄ l    /  :i
                l    l   l ィf==zx,l j  /l /l :j  /   l       アイキャッチ
                ,    l   l 弋ツ  l/l ::/ リ l/l
                |ハ   ∧  从      l/ ィ≠ミxリ / /  i
                  ヽ /  ハ   ヽ     '   /イ/ /  /
    .              ヘ .ハ__.トミヽ__< _ ァ   / / / /_
    .             ‐=ニ::::::::::::::::::::/マ    イ// 从ハ.:.:.:.:.:≧ュ、
            _二ゝ:::::::::::::::::::::::/   { ¨γ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.二ニ=‐‐ ̄
           /::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::{   i \}:.:.:.:.:.:>  ̄
        ‐=:::::::::::::::::::::::::::::::::}::::\ {{    __/:.> ‐=、
    x≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::ヽヽ__///:::::::::::::::ヽ
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::{ ヽゝ:::::::::::::::::::::|
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / | | \::::::}::::::::/
    :::::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィi ̄   ¨    ヽ、:::::/
    ‐=≦|::{::::ニ=‐::::::::::::::::,ィ´ ̄:l!     .:     ヾ ヽ{
    :::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/   |!      ',     ヾ、 ゚。
    ::::::: /::::::::::::::::::::::/   /::\     }:      ヾ、
    ::::::/:::::::::::::::::::∠ {   ,イ::::::::::::::ヽ    :     ノ::::ヽ}
    :::/:::::::::::: / |  "''、::::::::::::::::::::::::::ヽ  ノ    /::::::::::::i
    :::::::::::::/:.:.:./  ヽ゚,::::::::::::::::::::::::: 〉イ____, イ::::::::::::::::/
    :::::::/:.:.:.:.:/       ゝ::::::::::::::::::// l!ヽ:::::::::::::::::::::::/
    :/:.:.:.:.:.,ノ            ̄ ̄ 〈/ {{7 7ー-- ‐ ´


          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__     どもども。私だ。
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>     好きになるきっかけと
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |       好きを続けられる理由は別なんだよね。
       |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
         `|    ヽ   「)'/|/
         ヽ、_  ―  _,.ィT/
           l 7Eニ::ィ1│
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
       _(,,)    始まるよ   (,,)_
      /  |             .|  \
    /    |_________|   \


             、_  _
           ィ-‐ ` Y <__
       _≦―'´__ _二z<_    人間生きていれば失敗することも良くあると思う。
        >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
      <戈、 Y  /        \   
        >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
       | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
       ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
          ヾi∨|     ,   |´
           ヽT、,_  ―  _ ノ
              | lヽ::ニヨ7l
              └l´:::/ヽ |`


           .  ' "´ ̄ ` : 、
          /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、     失敗だらけのアナタが言うと、
         /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
    .    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|     なにかの言い訳っぽいですね。
        |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
        ´ |::::|   、     |_:::::|:::::|    γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|     l こらこら
    .        |:::::|:::7 l/'  ゙1::::|:::::|     ヽ、____ノ
          |:::::|::イ./  ,ィ |:::::|:::::|
          |:::::|::i┴─:|  |::::|::|i:|
           |;'i/:j|___|  l'i,:|::||:|
             / |┴─ |__,'ヾ| ||


                _   _,
             ___,> Y´'ー-、
            _>z二_ ___`ー≧__    失敗した際、その場でそれを
            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
           /        ヽ `Y′之>   「損」であると決めつけるのは
    .      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
          l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))   早すぎると思う。
        (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
          '、 `|   ヽ    「)'/|/ /     γ´ ̄`ヽ
             \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/    .  l ほう 
            < l 7Eニ::ィ1    〉       ヽ、__ノ
             ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
               i´ ̄ `ヽ::|
              j|       <
             /    ヽ  \


             , : ´  ̄`゛ :: .
           ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\    損をしたから失敗であって、
            .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
           .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l    損してないなら失敗じゃないんじゃないですか?
          |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
          |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
          |:::::|:´:|、_  /ヤ:.ノ:::i `     γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
          |:::::|:::::{´,/ .∧:|:::::|      l んーとね
           |:::::|:::::|イ    ,/:|:::::|      ヽ、____ノ
           |:i|:|:::::|    /l'i:|:::::|
           |:||:|::,i'l、_,. ィ" j__||,、i'|
           || |ッ'゙\   /‐イヽ.
          | |:::||  `iー   |ィ´

                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、      例えば仕事で自分のミスで   
              _>z二_ ___`ー≧__
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <     会社が大損こいたり、
             /        ヽ `Y′之>
       (⌒'Z   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }< r-^)   それで会社内での自分の立場が
        ',  '(   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ /::::/
        \:::\ |ハ |(●) (●) / / ,/レ′:/    微妙なものになったとするじゃない?
         \:::\ `|   ヽ    「)'/|//::,.イ
           ヽ:::ヽヽ、_  ―  _,.ィT::::::/    
            ヘ:::`l 7Eニ::ィ1::|::::::/
             `ヽ:::'イ/ヽ::::'::::::/
               ` i´ ̄ `ヽ:::|
                j|      Y

              _   _,
           ___,> Y´'ー-、      
          _>z二_ ___`ー≧__   この時の経験が元となって、
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
         /        ヽ `Y′之>    すごい仕事ができる人間になったとしたら、
    .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |      それはお得じゃない?
        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
          `|   ヽ    「)'/|/
          ヽ、_ へ _,.ィT/            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            /|| ̄ || 丶             l そうはいいますけどねぇ
    .      / .,_|L_,」|__,  ',            ヽ、__________ノ
    .      |  !     i  |
           i └ 、 , -┘ |
          ゝ-― ' ー― '
           /  ^`   ヘ
            /         \

             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__   失敗した時に、この失敗をきっかけに、
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>  「あの人は失敗したらこういう行動をとるんだ」
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |    と、周りに見せつける計算をするんです。
       |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
         `|   ヽ    「)'/|/
         ヽ、_  ―  _,.ィT/       いつでもどこでも打算的。それでいいと思う。
           / Eニ::ィ -、 |
          /::::;/ ヽ:::/:::/'::  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /:::/へ ヘ/::::/:::   l 誠実な俺、かっこいいだろぅ? って態度はムカつきますけどね
         /:::::\ ヾミ::::/|:::    ヽ、__________________________ノ
        (;;;;/| \;;;;ノ/:::
           /    〈:::      演技はバレちゃダメダヨ。



          __≧ー\ソ<_
           >    x=ュ-──´─ - _      何かの作品で出た言葉なんですけどね、
        _≦   ,ュ彡"´           `丶
        `フ   //               \    「意地の張りどころを間違えるな」
        /                        ヽ
       ⌒ク八:′ ,/  ,/      |       `    '    って言葉があります。
         / :i   ′ ′:| | |!:i| | |   !  !   :
          /   |  |   |   |:.|:||八| |! |i: |! :| :|!    |
         }    |   レハ土士八 jノルj!i土士ル   !|   
         jリ     ||! i| |r‐rテi〒    ‐rテi〒r|:   八   何か事象があった際、
         |!    从八| 弋.(ソ      弋(ソ..: ,/
         八:i|  f   i| 、、、      .    、、 |i|/      その事象を1つ1つ反芻して、
           }: |!  八                 八
           レ个ーf }|丶      _    . '        「これは自分が意地を張るところか?」
             / ̄ ̄ ̄`¬ー- 、.._´    イ-――- 、
    .        }=‐-___        ̄ー=三三三三ミ、   と、考えるのです。
            /三三三三三≧=-__      ̄ー=三三!
         /-=ニ三三三三三三三三≧-__      ̄`\
        /ー-_、   ̄‐=三三三三三三三三三三三ニ=-ヽ
      /=‐__>、_     ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
    .  i/ ̄       ̄ー- _     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ }


                 _   _,
              ___,> Y´'ー-、
             _>z二_ ___`ー≧__    誰かと喧嘩した際、
             >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
            /        ヽ `Y′之>   よくよく考えてみたらクダラナイ事だったら、
    .       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
           l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )     意地を張る必要はありませんし、
           |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′
             `|   ヽ    「)'/|/       
             ヽ、_  ‐-  _,.ィT/          ここで意地を張らないと、
               l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩
              /     ヽレ:::::::::::::::::::| |- /}、   お互いの為にならないと思ったら、
               /      `、;;;..-.,,_ 丿},ノ / ノ
                /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃   意地を張る必要があります。
            /        ノ′   `' ='''"´
             /         {


                  _   _,
               ___,> Y´'ー-、      何かで失敗した。
              _>z二_ ___`ー≧__ 
              >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <    その失敗で周りに迷惑をかけた。
             /        ヽ `Y′之>
             rヽ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
             i !7Tハ T寸寸 |  }ノ |    「自分は悪くねえ」と意地を張ったり、
          r;r‐r/ | |(●) (●) / / ,/レ′
          〈_L (`ヽ .}`|   ヽ    「)'/|/      「自分が悪かったから周りから同情をもらえるまで
         l` ( ``/ ヽ、_  ―  _,.ィT/
         ヽ   l    l 7Eニ::ィ1│        ペコペコしましゅーー」って意地を張ったり。
          ヽ::::::.ヽ  . 'イ/ヽ::::`l┘

          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__   そういう意地はだいたい損になる。
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>   もっと打算的に考えよう。
    .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<    
       l ,ィT7T寸寸l |i  | |  }ノ |
       |ハ ( ●)   / /   ,/レ′     失敗へのリカバリーに意地を張ったりするのも
         <      「)'   /|/          
         ヽ、‐   ノ ,_,.ィT/         いいかもね。まぁリカバリーもいろいろあるけど。
           Eニ::ィ1リハ:ソ
          ィ':::::::::::::::::`.:           
          |::||::::::::::::::: || 

                 __    __
                 \ ヽ/ ∠_     「風俗店で外れを引いたとき、
                  <⌒\ /ヘ
             -=ニ¨ 匸>=<二\      当たりが来るまで引き続ける意地を張るより、
                  >'"´ ̄ ̄`\ ー≧__
              /            ̄ 7 <  もうお金は使わないと意地を張るほうがいい」
            /,  / /_|   \__ヽ `Y′之>
    .        イ/  |:/|:∧ :|\{\ ! } ヽ }<  と、とある人がいうてまして。
            ノ八 .{ ---\l --- ||  }ノ |
    .         \| (三)  (三).ノr'/     変な例えですが「意地の張替え」は良いと思います。
    .           人''  __   u ィT´
               ` ァ┬=≦:ノj ∨
                   〈xく矢¨¨ヽ|__八


                       、___ ,≧`ヽ∧,ィ
                      _,>   . . .  '¨ ̄\   特に「お金」関係の意地は、
                     ,>-<__:.:)〃    <二 _,
         .         __,ィ' ´ ̄ ̄`` マ¨`ヽYⅣ: . : . . . /   どこに意地を張るかで大違い。
                  -=彡' ,ィ  ,ィ    Y′}} } : : : : : : `ゝ
                イ/ん|/マト、    /||,j/|/): : :i`ゞ 
                    レ●) (● )Ⅵ / / / j}|:|: ://:弋_   お金が係わる時は、自分の姿を見て、
                 ノヽ      j/ノく イ| |:|  : : {`ー一
                 '、ヘ       ´そイ|:|:U:.| ,イ:人     「ここは意地を張るところか?」
                   ヽ __ ,.´ ∨xケ|:!|:|ラ彳/ j/
                        ト-イY´:.〉|:!|;|,イ从         と、常に自問自答しながら、
                       ,辷_彡':.:.:.\`
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\           行動した方がいい。
                  f'.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
                 |:.:〃ム入:.:.:.:.:.、!:.:.:.:.:.!
                 |:.:.j/: : : : ∨:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
                 |:.:八 :人:_:.:\.:.:| :.:.:.:.|
                 |.:.:.:.:ト=:-: : : : ヽ| :.:.:.:.|
                 |:.:.:.:.|ヘ: : : : : : : | :.:.:.:.|



            _   _,
         ___,> Y´'ー-、        また、仕事のような大きな話じゃなくてさ。
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>    日常にも失敗はいっぱいあると思うんだ。
      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     そういう失敗はメモとか記録しておいて、
      |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′
      '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/       後々に役に立てば失敗ではなくなるんだよね。
    .      ヽ、  ― _,.ィT/
            r-l   l= 、i
         r‐'  `ヽ、 l つ          やっちまった時に意地の張りどころを考えて、
         'v――-、¨ r'' ヽ         
        /     l l i .l          そして、いつかこれは役に立つと思って、
        i   /   .! l ヽ
        /   i      l /          そうなるよう、準備した方がいい。



                                 __    /{     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                ⌒ァ 二_ー:′└- 、    l アナタが失敗する度に、
                               ,ィ彡ィ __  V ⌒ヽ.  \  l  
                          ヽ. __ 才,ィ /厶-‐;`‐rチ:、 ‘, ト l 「これは○○だったから、
                            ーァ /^{/  "⌒ `ヾ}/ ハ ヽ l  
          .. -―… ‐- ..     ー=彡 ′   /     _ノハi  ', { l  後で役に立つんだ!」  
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ     / / ‐大  /rt、  l  Y ト廴 l
        /:::::〃::i::::i::::::::::i:::::ハ::::::::::::::.   /ィ  //-ハ / -v \j  i |/  7 l って言い訳する姿は   
      /::::://::Ll::::|_l::_l::」::i|::::::::::::::i   { ∧ !T;:;T、 { T;::;:Ti ィトぐ i .. l  
      i:::::从「ToT   ToTi|::::::::i:::::|  ヽハ {,, ー  \ ー,,/ ィノ ノ ∧{  l あまりにも悲惨で……。
      |::::::::::},, ー    ー,, |::::::/: : |   八「`  (__,   , u厶ク_夭 { ヾ ヽ、_________ノ   
      レ1::〈     ′     i/:l:::::::|     ヽ>  _ ̄__ ..ィ7 ト>ミx
        |:::::j>  _^__ ..イ::::::l:::::::|       /L____/ ∧ `ヘ〉       うっさいやい。
        |:::::川  ∨/  `l:::::::l:::::::|      /:::√⌒⌒く::::ヽ



    ::::::::::::::::::| |<,___  
    ::::::::::::::::::| |_二z<_      私の場合、なにか失敗をしたら何かを始めてみる事が多いです。
    ::::::::::::::::::| |~`'┴<
    ::::::::::::::::::| |     \     それが楽しくなったり役に立てば失敗したけど損では無かったと
    ::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
    ::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l     なりますからね。
    ::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
    ::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川     
    ::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛      最近、ちょっとした失敗したんですが、
    ::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ
    ::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉     久々に絵描きでも再開しようかな。
    :::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン ソッ
    ::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7       ペンタブ買いなおしたりする必要があるけど。
    ::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
    ::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
    ::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\                                 それではまた。



    .ノ(どっとはらい)

    --------------------------------------------------------------------------------
    姫路鹿之助 2018年10月27日

    基本方針(其の二十四、我が妄想、登用教、萌求道)
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1316511

    月読帝國
    http://serizawa.nomaki.jp/tukuyomi/

    リレイ嬢の庭
    http://serizawa.nomaki.jp/toyou/

    メゥリリー族
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1418329

    プロフィール
    http://ch.nicovideo.jp/himezi/blomaga/ar1637752

    七里香雪亭
    http://ch.nicovideo.jp/himezi