キャラミんのモーションの無断利用について 制作会社との話し合い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キャラミんのモーションの無断利用について 制作会社との話し合い

2014-07-06 21:37
  • 22
AHSの方に問い合わせを行ったところ、制作会社T社の方へメール転送されました。
その後はその制作会社T社のS氏とのやりとりが始まります。
メール内容は一部伏せ字にしてあります。

まず最初の回答(2014/5/21)から
私どもで配信中の下記モーションコンテンツは、制作されたモーションクリエイター様にそれぞれ対価をお支払いしてデータを御支給いただき、配信しておりまして、私共でモーション自体を制作している訳ではございませんことをご承知おきください。

 ・キャラミん OMP、キャラミん Studioデフォルト・・・・A氏
 ・「POP/Rock Dance 001」・・・・あひるP氏  
 ・「POP/Rock Dance 002」・・・・あひるP氏
 ・「POP/Rock Dance 003」・・・・あひるP氏
 ・「POP/Rock Dance 004」・・・・あひるP氏
 ・「おとなし目のノリ集」・・・・瓜ウリP氏
 ・「ロック ステージ パフォーマンス」・・・・瓜ウリP氏              
             ※「POP/Rock Dance 001」の製作者はiriver氏だが書き間違いと思われる。

とのことで、モーションクリエイターとの話し合いを求められます。
どの動画の何秒あたりがどのモーションが該当するのか?という質問とこちらの要望を聞かれましたので、資料を添付し以下の要望を出しました。
・モーションを利用したクリエイターとその理由が知りたい。
・無断で配布モーションを利用することは制作の段階で社の方針として問題なかったのか。
・今後の販売は私の配布モーションを削除した形でお願いしたい。


その後のメール(2014/5/22)で
キャラミん OMP、キャラミん Studioのデフォルトモーションの一部であると推察されます。

これによりましてご指摘のモーション提供者は同定出来ましたが、次なる問題は、私共が対価をお支払いして使用を許諾いただいた際、製作者はこのモーションをご自身の作とされている点です。
これにつきまして、私共としてはクリエイター様の言葉を信用する以外には術がなく、また、この作品が提供者自身のものではない、という確認、証明も非常に困難です。
このモーションがいわゆるコピーされたものか、トレースであるものかも認定が難しく、微小な差異であっても違いがある場合、コピーであることの証明はさらに困難になるものと想像しております。
  
先に申し上げましたとおり、本作の製作者とhino様との間でお話し合いをしていただく以外に
最終的な決着の方法は無いのではないか?と想像しております。

との回答を頂きます。
デフォルトのモーション担当は前回のメール内容だとA氏になります。
A氏が自分のモーションと一緒に他人のモーションを売っていたということです。
A氏のモーションが使われているのは知っていましたが、自分と同じ無断利用されたのだと思っていました。
A氏の配布モーションはア◯◯◯やD◯◯◯のトレースですのですぐ分かりました。
それを売っている事自体危ういのに他人のモーションも売っているとのことです。
ここでカッとなってしまいツイッター上で「びっくりした~」とつぶやいてしまいました。
この後、A氏が真犯人だと確証が取れたらツイッター上で突撃するつもりでした。

また要望を聞かれましたので、再度要望を送ります。
1.モーションを無断使用したユーザーの特定とその理由の提示
2.製作時における配布物を無断で利用することに関して御社の方針の提示
3.今後のキャラミんの販売は無断使用したモーションの削除

この回答(2014/5/22)として
1.につきまして。
モーション総数について現在調査をおこなっております。これは相応の時間が
かかるものと存じますので、少々お待ちくださいますようお願いいたします。
 
2.方針としまして、許諾なく著作物を使用するつもりはまったくございません。
キャラミんの公開以来、ステージ、キャラクター、モーション、各ストアコンテンツについて
制作者様より一つ一つ許諾をいただき、対価をお支払いすることで進めて来ております。
今回ご指摘いただきました件につきましても、1.の精査を行い真摯に対応申し上げる
ことをお約束申し上げます。
 
3.今回の一件を教訓とし、制作者様より提供されたモーションについては公開前に
さらに厳重に精査するものといたします。
また、制作者様のご指摘がございました場合には、出来得る限り削除する、
ストア配信を差し止める等の対応をしますことをお約束いたします。

と回答をいただき

私共にhino様がご指摘の作品について、きちんと対価をお支払いした上での配信を許諾いただけないでしょうか。

との相談を受けます。

この時点ではT社は被害者というイメージでしたので
・振付師から許可を得ること
・モーション利用のクレジットを入れること
・A氏協力の下で他の方のモーション利用についても連絡の上クレジットを載せること
を希望して継続的な配信の許可を出す返答をしました。

その後のメール(2014/5/23)にて
・キャラミんOMP、Studioのデフォルトモーションには、A氏より使用を許諾いただいたものに加え、キャラミん開発当初の運営母体「A社」(仮にA社といたします)から私共に支給されたモーションの2つの由来があることが判明いたしました。
 ・ご指摘いただいておりますhino様のモーションは、現在はキャラミん運営より離脱しております、キャラミん開発当初の運営母体「A社」から支給されたモーション由来であることがほぼ確認されています。

突然ここで実はA社から支給されたものという回答をもらいます。

A氏は関係なかったのですか?との質問と続報をよろしくお願いしますと返答します。
仕方なくツイッター上では
「今回の経緯はHPなどで報告するとのことなのでこれ以上のツイートは自重します。」
とつぶやき一旦収束させます。

即日だった返答も、ここから非常に遅くなります。
(2014/5/28)

<調査結果>
ご指摘いただいておりますモーションデータは、消去法による作業ではありますが、
先日お伝えしました、A社から供給されたものである、との結論に至りました。
これでデータの出自は確認されたものですが、そのデータの制作者の特定となりますと
困難を極めるものです。
「同じモーションデータである/ではない」 の断定は、そのどちらも大変困難であります
ことから、以下の対応をさせていただきたく、ご検討いただければ幸いです。

つらつらと長いのですが、振付師に許可を取り対価を払う、振付師から許可が出なければ削除する、利用ユーザーへの対応は~というものでした。
希望した他にも無断利用されている人への対応などは書かれていません。
よって、キャラミんに対する自分の考えをまとめたく以下の質問を送りました。
質問1.
 キャラミんにはD◯◯◯やア◯◯◯の振付が見られます。
 これは御社がA氏から買い取ったものとの話ですが、
 □□や△△△の版権に触れていると思われます。
 御社は□□と△△△から使用許可を取得しているのでしょうか。
 またその振付の著作権に関して御社の考えを教えて下さい。
質問2.
 無断利用したモーションには私以外のものも含まれています。
 そのモーションを特定して連絡を取り正規の手続きを行う予定はありますでしょうか。

その回答(2014/6/5)として
ご質問1.に回答申し上げます。
ご指摘の件につきまして、当該企業様よりお申し出がございましたら
本件同様お話をさせていただくつもりでございます。

ご質問2.に回答申し上げます。
こちらもまた、当該制作者様よりお申し出がございましたら
本件同様お話をさせていただくつもりでございます。

質問1の回答から、なぜデフォルトのモーションで正式に買い取っているA氏とその振付元のクレジットがどこにもないのか理解しました。
質問2の回答が決め手で、やはりキャラミんとは関わり合えないと決断しました。
この後の返答で、振付師の許可があってもモーション利用の許可は出せないと回答し、以下の要望を出しました。

1.hino制作のモーションをキャラミんから削除
2.削除の対応を行う行わないの判断と別としてモーションの無断利用があったことの早期発表

かなり乱暴なメールを送ってしまったのですが、その後の返答(2014/6/13)で
A社より提供を受けたモーション部分の削除」を約束してくれました。
本件経緯につきましては、まとめてユーザ様へのお知らせを申し上げる」とのことです。

現時点で実行されていませんが、元より約束を守ってくれると信用していません。
とりあえず自分はこういう対応をしたと報告ができれば良いという経緯で今回のブロマガの作成に至りました。

以上です。





                                            
広告
他12件のコメントを表示
×
>>11
サポートからの回答では、現在、運営元に詳細を確認中とのこと(かなり時間が経過しているので、あまり信用できない気もしますけど)。
もう少し時間をくれということみたいですね。真摯な回答をしてくださいとはお願いしています。
自分としては権利関係がクリアになったら使用を継続しますが、有耶無耶になるようなら、もう使いません。
hinoさんの対応と考えには納得できる部分が多いので、しばらくキャラミんは封印します。
52ヶ月前
×
>>13
回答がありました。
公式サイトの http://www.charamin.jp/ にて説明がなされています(私が質問したから出したのか、元々本日出す予定だったのかまではわかりません)。
またキャラミん登録ユーザー全員に、説明メールを出すそうです。

他には、
・モーション削除版は制作中とのことで、提供時期はまだ未定。
・すでにキャラミんを使って作成したものの権利関係は、まだ待って欲しい(T社とhino氏との調整次第らしいけど、そんなアクションが実際に行われるのかどうかは、私にはわかりません)。
・返品を受け付けるそうです(これまでに購入したコンテンツがどうなるとかは不明)。
などの回答がありました。

この手のソフトサポートとしては、珍しく素早く、そして結構真摯に回答をしていただけたので、その点は評価したいと思います。
しばらく様子を見るつもりです。
52ヶ月前
×
>>14
AHS社長さんが動いてくれたおかげでかなり早く動きましたね。
こちらの要望では今後販売のキャラみんから削除だけだったんですが過去の動画は削除要請するつもりはなかったです。
振付師の事情もありますので、今後の話し合いになると思います。
52ヶ月前
×
話は進展していますが、いまだモーションの出処がわからない状況ですね。
A氏ことあずPさんも、ご自分が提供したデータに盗用はないと表明されましたし。。
[あずP→A社→T社]の流れからするとA社にボールが投げられた感じですかね。

ところで、あずPさんも表明しましたが、
ブロマガのA氏のくだり削った方がよくないですかね?
TwitterでここのURL拡散されていますし、
上の方だけ読むと誤解する人もいると思うので...
52ヶ月前
×
>>15
今日(7/11)にAHSサポートからユーザーへメールが出されていますね。
とりあえずモーション削除用のパッチを用意したみたいです。
新規で作成する場合は、これで安心して使えるようになりますね(たぶん)。
ただ削除モーションはかなりの数に上るので、これまでのプロジェクトファイルでは散々な目にあいます。
モーションの差し替え方法などはAHSのページに書かれているので、当面はそれでしのぐしかないようです。
代替モーションは用意してくれるみたいです(どんな感じのものなのかや、提供時期は不明。数は増やすみたいです)。
まあ、対応自体はかなりまともなものになりそうですね。

ただ気になっているのが、既に動画サイトへ投稿したものの扱いです。
AHSのメールでは「差し替えを行って頂けますと幸いです」との表現で、曖昧です。
私としては、hino氏が合意した結果で、動画の削除や再アップなどを考えていたので、現状ではまだ保留にしています。
これについてはAHSサポートへ問い合わせ中です(ユーザーとしてはいい加減、バシッと決めてもらいたいのが本音ですw)。
52ヶ月前
×
大本の制作者hinoさんの個人的目線からの社会に対する意見は理解出来ます。
ただ、今回の件を100%著作権の問題と捉えると、
AHS社等が問題発覚後の対応を誤っているとは思えません。
企業活動は法規に則って行われます。
著作権問題は基本的に著作権者が申告して成り立つのです。
他の著作権者については、気付いてから、
hinoさん同様、自らの意志を例えば半年以内の様な一定期限内に示さなければ
権利を放棄したものと見なされます。
これはそうしなければ、世の発展にとってさらにデメリットや不具合を
起こす沢山の事例があった所から世界的にそうなりました。
(最後まで先発明主義にこだわったアメリカもサブマリン特許を捨てました。)
個人の日常感覚で「その対応は不誠実だ、だからこの会社は信じられない」と感じても、
実際はどんな企業がやってもそのようにせざるを得ない法律ルールがあるのです。
我々は逆にそれで守られてもいます。
クリエイターならば、著作権の基本的な考え方については勉強された方が良いかと思います。
社会的に不正が行われていた場合には、当然対応を求める事が出来ますが、
その手順にはルールがあると言う事です。
もちろん詐欺等問題のある人物がいれば罰せられますし、
損害が発生すれば賠償責任を問えますし、
製作意図に反する使用方法等を差し止める事も出来ますが、
hinoさんは単に「この企業は自分の期待とは異なる対応を取るので
人間に例えれば誠実では無く、信用ならないのでつきあいたくない」
と思い込まれているだけのような気がします。
そこには個人と企業の混同、社会活動に対する誤解が有ると思えます。
最後に、AHS社等、問題を起こした関係企業には、
著作権に関してさらなる慎重な取り組みを願いたいです。
多数のクリエイターが今回のごたごたで発表作品等を取り下げる事態となりました。
社会的影響は甚大です。早期に事実を究明され、問題点や責任の所在を広く公表される様、願います。
52ヶ月前
×
>>17
何度かサポートとやり取りをしましたが、最終回答を得ることができました。
既にアップした動画は削除してくださいとのこと。例外はありません。
また削除しないことによる何らかの問題があったとしても、何も対応はしてくれません。
盗用を含む問題のあるモーションの作者の了解のもと、盗用発覚までに投稿された動画の継続アップを認めるような対応は取らないとのことです。

まあ、予想通りです。企業としても間違った選択はしてないとも思います。
あとはこの行き場のない怒りとやるせなさをどうにかするだけですが、これは私個人の問題です。
52ヶ月前
×
>>19
大雑把に書きすぎなのでもう少し要点をまとめてほしいですね。
特に、例示にしても著作権と特許権、時効がごちゃごちゃなので、これでは誤解しか生みません。

権利放棄とみなす~ の記載については今回の件について大いに誤解を生むため、補足しておくと、
著作権侵害についても民事、刑事ともに基本的に時効は設定されていますが、
(刑事告訴の場合、親告罪で提起されている期限に基づくため、
 著作者が犯人を認知してから6ヶ月以内に告訴を行わなければならない等)
今回の事例でいう、現在反復継続中の侵害行為の禁止、将来の侵害の防止等の、
”差止請求”に関しては一部例外を除き、
原則として明確な時効、除斥期間はありません。
51ヶ月前
×
あと、hiro氏が上記文面上で 関わり合えないと判断した と記載している部分ですが、著作権は、コメント記載時点では法律上【親告罪】と定義されているため、
 ・自分と直接関係ない人の著作物への差止請求はできない
 ・著作者本人から直接請求がない限りは差止等に応じる必要、義務は一切ない
ということは注意しておいたほうがよいと思います。
この点においては、いくら不満があったとしてもどうしようもない部分でもあります。
(かといって非親告罪化されると、二次創作の件もありますが、それ以外の無関係なものまで告訴される事態が多発する恐れがあるため、現在進行形で論議されているわけです)
どうしても気になるのであれば、各権利者に直接侵害行為について知らせる事はできます。ただしその後差止めや損害賠償の請求をするかどうかは当事者次第です。

今回は、結果論ですが疑わしきモーションはすべて削除いただけるようなので、対応としてはかなり真摯なほうではないでしょうか?
そういう意味では、最終的に企業が今回の件を商品の販売に関して信用問題になると判断されたのでしょう。
51ヶ月前
×
なんていうファイルを削除したらよいのでしょうか?「このモーションは再生が許可されていません。別ユーザーのモーションパックを使用している可能性があります。」と左上に赤字で表示されて、踊りが停止してしまうので困っています。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。