• 水木聖來、松本沙理奈、ノベマス用立ち絵配布

    2017-08-11 23:431

    こんにちは平蜘蛛です。

    今回アップしましたこの動画で申し上げているとおり
    水木聖來さんと松本沙理奈さんの改変立ち絵を公開いたします。


    まずは聖來さん!


    ・ダンシングガール
    ・犬耳
    ・ハートビートUSA
    ・マーメイドパラダイス
    ・魅惑のバニー



    ・セーラーミズギ(初)
    ・チャイナドレス(初)
    ・N髪型チェンジ(初)
    ・温泉アイプロが羨ましくて作ったバスタオル(初)

    続いて沙理奈さん!!

    ・セーラーミズギ(初)
    ・チャイナドレス(初)


    ↓↓↓ダウンロードはこちらから↓↓↓
    https://ux.getuploader.com/hiragumo01/
    ・水木聖來_衣装バリエーション.zip(DLpass:seira)
    ・松本沙理奈_衣装バリエーション.zip(DLpass:sarina)

    ------------------------------------------------------------------------------
    【注意1】
    なお今回の立ち絵は、衣装差分のみで表情パーツは同梱しておりません。
    オリジナルの立ち絵は晴嵐改さん(聖來)ゆでだこP(沙理奈)がそれぞれご制作されていますので
    そちらをDLの上、PhotoshopやGIMPでレイヤーを追加してご利用ください。

    ■水木聖來立ち絵(晴嵐改さんご制作)
    http://blog.goo.ne.jp/seiran-kai/e/06c23062aab170b872cb35fbd9e93f15

    ■松本沙理奈立ち絵(ゆでだこPご制作)
    http://ch.nicovideo.jp/yudedako_p/blomaga/ar695635

    【注意2】
    魅惑のバニー(特訓前)のみ耳パーツの都合上、縦サイズが他の衣装と一致しません
    そのためpsdファイルに入れずに個別のpngファイルとして公開いたします。
    ご利用の際は元データの画像サイズを調整の上、インポートしてください。

    ------------------------------------------------------------------------------
    なお衣装の改変はご自由にどうぞ。
    今回、動画中でPが二人に当初着せようとして衣装も同梱しておりますw
    衣装製作時のガイドになれば幸いです


  • 広告
  • the Riv@als 第2話 side B 「自称・カワイイの意地」

    2017-04-10 01:4231








    麗華

    「マーケティング部から報告があったわ。
    765プロと961プロがそれぞれprprのイベントに出るって」


    ともみ

    「prprって動画サイトよね? ネットアイドルの育成を主体とした」

    りん
    「あっ アタシも知ってる。ペロペラーってやつだ」

    麗華
    「キー局の特に重要な仕事はアタシ達が独占している状態だからね
    すこしでもメディア露出が可能な方法を模索しているのでしょう」

    ともみ
    「麗華、まさかあなた…?」

    麗華
    「フッ 安心なさいともみ。アイドルには格というものがある。今更ネットアイドルの真似事なんてするつもり無いわ。……けど」



    麗華

    「少しは遊んでやっても良いかもね。たしかウチの事務所にもネットを活動拠点にしているのがいたわね。連れてきなさい」




    -----------------------------------------------------------------------


    幸子
    「それでボクたちに白羽の矢が立ったわけですね! フフーン なかなかいい目の付けどころですよ!




    麗奈

    「アーハッハッハッハ……ゲホゲホ!
    と…とうとうこのレイナサマの出番が来たというわけね!!」




    麗華

    「輿水幸子さん、小関麗奈さん。あなた達のキャラクターがネット上で話題になっているのをレポートで読みました。あなた達には特別に任務を与えます」

    幸子
    「わかってますよ、プロダクションマッチフェス!
    カワイイボクが出れば優勝は間違いな……」

    麗華
    プロダクションマッチフェスで天海春香を潰しなさい

    幸子
    ………え?




    麗華

    天海春香は持ち歌である『I want』を出してくるでしょう。あなた達のキャラクターはそれを歌うときの天海春香に似ています。あなた達が先に出れば、キャラかぶりを恐れ『I want』を歌えなくなる…これが作戦です」

    麗奈
    「作戦って……」

    麗華
    「ユニット名も既に用意しています。

    『Red Shoulder』

    我が東郷寺プロが特定の相手を潰すときに編成する特務ユニットのコードネーム
    本来は表立って使われる名ではありませんが、あなた達二人のイニシャルをかけたダブルミーニングとして、今回は実芸名とします」




    幸子
    「……………」

    -----------------------------------------------------------------------
    麗奈
    「随分とふざけた『命令』だったわね… これじゃあアタシらただの当て馬じゃない」

    幸子
    「ボクはね…これでも一生懸命やってきたつもりですよ!
    ネットアイドルの世界で僕のカワイサが通用するって事を証明するために必死でやってきて…」




    麗奈

    「その結果がこんな仕事とはね。
    …まぁ、これはこれで面白そうだしアタシはやるけど、どうする? 降りる?」




    幸子

    「誰が降りるですって? そんなことしたらボクがボクのカワイサを否定するようなもんじゃないですか!!やられたことはやる! その上で証明してみますよ! ボクが誰よりも一番カワイイってね!!」



    麗奈

    上等ォ! それならとことん付き合ってやろうじゃない!!
    ククク… こうなったら天海春香の時代を終わらしてやるわ!!
    彼女のファンを奪い、愚民どもをひれ伏せさせるのよ!!」


    「ククク…アーハッハッハッハ……ゲホゲホゲホゲホ!」




  • the Riv@als 第2話 side B 「prpr動画」

    2017-04-10 00:421





    ???

    「千川さん、765プロへ行ってもらいたい」



    ちひろ

    「765…プロですか?」


    ???
    「ああ、実は向こうから打診があってな。
    次のプロダクションマッチフェスに出たいそうだ」

    ちひろ
    「フェスに? たしか346プロからも申し出がありましたよね?」

    ???
    「本来はネットアイドルたちの祭典
    だがそこにリアルワールドを拠点とするアイドルたちも注目しているみたいだね」




    ちひろ

    「ただの動画配信サイトだったウチがそれだけ成長した、ということでしょうか?」

    ???
    「そうとも取れるが…彼女たちが目指すIUが一部のアイドルによる寡占状態となって
    あぶれた者たちが流れてきているというのが実態だろうな」

    ちひろ
    「そんな…すこし斜に構えすぎていませんか?」

    ???
    「いいや、大方そんな所で間違いないだろう。
    961プロの内紛が良い例さ。あそこは社長とナンバー2の統括プロデューサーの間で軋轢がある。」


    ???
    「IU執行部やエンペラーレコードと太いパイプがある四条貴音は社長お気に入りのアイドルだ。

    彼女はIUの優勝候補と目されているが、統括Pが担当している星井美希は精彩を欠いている。
    本来なら同じくらい日の目を見て良いはずなのにな…」



    ???

    「昔っから大手マスコミの論理だけが正義の息苦しい世界だからな。
    星井は苦しい状況の中で少しでも世間に知られようといろいろやっているみたいだ」

    ちひろ
    「随分お詳しいんですね」

    ???
    「本人から聞いたからね」

    ちひろ
    「えっ?」



    ???

    「実は、961の統括プロデューサーもうちに売り込みに来たんだ。星井美希じゃないけどね。
    <トライアドプリムス>というユニットをフェスに出したいと」

    ちひろ
    「346プロに961プロですか… そして私には765プロへ行けと?」

    ???
    「765プロは876プロと提携して5人組のユニットで出たいらしい。
    そのメンバーの中に少し気になる名前があってね…だから君にサポートをしてほしいんだ」




    ちひろ

    「この名前は…… まさか私に彼女を勝たせろと…?」

    ???
    「そこまでは言っていない。ただ真意を見極めて欲しい。
    かつてこの世界で女王だった彼女が再び舞い戻ってきた真意を」

    ちひろ
    「はぁ…」


    ???
    「それに、彼女以外のメンバーはネットライブは初体験だろう。その手助けの意味もある。
    もちろん他の事務所にも、サポート要員を派遣する。
    けど、あそこには一番信頼している君に行ってもらいたい。」

    ちひろ
    「わかりました。あなたのことですから何か考えがあるのでしょう。
    しっかりと彼女たちを見てきますね!」


    ???
    「ありがとう」

    ちひろ
    「それにしても…これだけリアルアイドルの出場が増えると…うちの既存会員の反応が気になりますね」

    ???
    「確かにな…彼女たちの中にはリアルアイドルに敵愾心を持っている者も多い。
    けどコレはいつか通らなければならない道だと思っている。
    ネットアイドルの注目度が上がるほど…そしてリアルアイドルの世界の淀みが進むほど
    彼女たちの歩く道は交差する運命にあったとね…」


    ちひろ
    「…………」

    ???
    「ネットアイドルたちはリアルアイドルの侵攻を塞がねければ自分たちの活動場所を奪われてしまう。リアルアイドルはネットアイドルを蹴散らさなければ自分たちの認知度を広められない。
    せいぜい、互いに切磋琢磨しこのイベントを盛り上げてほしいものだ」