VESPERIA CIRCUS あらすじ ⑤「響復活篇」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

VESPERIA CIRCUS あらすじ ⑤「響復活篇」

2017-01-11 17:27
    陽川Pによる響復帰作戦が始まった!



    まずは〈シャドーマーズ〉の知名度を活かし、響の復活をネットの世界に広める陽川。



    ネット上の動きが765プロの計略であると見抜いた黒井は即座に対応に出る。



    陽川の基本方針は「世論を動かす事」だった。『ダンスマスター』で名勝負を繰り広げた我那覇響菊地真が手を組み〈ジュピター〉に挑む。その物語性に、日本中のダンスファンが対決を待望する、という流れを作り出そうとしていた。




    だが黒井社長は頑として響を飼い殺しにするという方針を替えようとはしない。
    黒井にとって響は貴音を孤高の存在たらめるための手段であり、飼殺すことに価値がある存在であったのだ。


    それでもなお陽川の仕掛けは止まらない。
    世論を動かすために〈ジュピター〉を挑発し、冬馬から勝負を買って出るかのような発言を引き出す。




    しかし、それも最終的な獲物を捕まえるための仕掛けの一つに過ぎなかった。
    陽川の標的はそれより先になったのだ。





    IU執行部の天ノ河プロデューサー。世論づくりも、〈ジュピター〉への挑発も、
    全ては黒井と蜜月関係にあったこの男を落とすための罠であった。
    天ノ河との癒着によって黒井と貴音はIUでの勝ちを約束されている。黒井は彼の意向を無視するわけにはいかなかった。

    こうして棋戦は陽川と765プロが勝利するかに見えたが、黒井は鬼の一手でそれを打ち砕いてしまう。




    「ダンス留学」と称して響を強制的にアメリカへ送り半年間戻さない。その間にIUで優勝しつつ、国内の響待望論を風化させてしまおうとしたのである。









    こうして陽川たちの目論見は失敗に終わるかと思われた。
    だが、彼らは961プロに対してもう一つの罠を張っていたのだった。



    ちょうどその時、961プロでは一つの計画が始動していた。翌年のIUでの覇権を目指す新アイドル育成プロジェクト〈ProjectCinderella〉である。





    この計画の中核となるアイドル候補生たちが一斉に876プロへの移籍を申し出た。











    それは高木社長の盟友、876プロの石川社長をも巻き込んだ壮大な作戦だった


    かたくなに響を飼い殺しにしようとする黒井の態度は、〈ProjectCinderella〉の候補生たちに不信感を抱かせるのに充分であった。石川はそこをついて大規模な引き抜き工作を始める。彼女たちが抜ければ計画は立ち行かなくなり、来年以降の戦略を見直さねばなってしまう。

    そこで石川社長は好感条件を提示する。




    響の移籍に応じれば、それは候補生たちの黒井への不信感をぬぐわせる事にもつながる。
    そこまでが陽川と765プロが考えに考え抜いた策略だったのだ。

    「やられたよ社長、これはアンタの……いや、俺たち961プロの負けだ」

    前任Pの説得でついに黒井は響を手放すことになる。




    こうして響は961プロをやめ、876プロのアイドルとして、そして真ややよいとのチームメイトとして新たな門出を迎えた。彼女は生まれ変わった。あの日、貴音との決戦で敗れた後、一番の心からの笑顔でスタートを切る響。




    彼女の目標は真ややよいとともに『ダンスマスター』で〈ジュピター〉に勝つこと。


    そして、もうひとつ……














    ⇒様々な想いが交錯する中、第三部「the Riv@ls」開帳!










    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。