• あの神ブロガーが引退するってマジ!?

    2017-12-02 09:132
    オタクマガジン引退するってマジ!?
    今後ははてなブログで活動するらしいwwwwwww
    はてなブログリンク





    基本的内容は、主にオタクマガジン初期の頃のようなアニメとかグッズ・フィギュア関連の記事にシフトしていこうかなと考えています。ニコニコとは違い、ブログ自体に何らかの専門性を持たせて運営していく考えです。


    ほんと、切実に、オタクマガジン好きだよって人はマジではてなの方ブクマに入れろ。




    ニコニコを去る理由

    もう未来に期待出来ないと確信したからです。今までは純粋にニコニコが面白いと思っていたし好きだったけど、段々とつまらなく感じるようになってきて、さらにこないだの新バージョンの発表で「こりゃ駄目だな」と思い、即刻プレミアム会員を解除したという次第です。


    つまらなくなった理由として、”お金稼ぎが出来ない”というのは一番デカかったなぁと思います。いや、コレは「俺がブログで稼げない」っていうわけではなくてですね、一般的な動画投稿者の扱いがあまりにひどいなと思うわけです。だって、YouTubeに同じ動画投稿すれば月収ウン十万!のポテンシャルを持ってるとするならば、ニコニコにわざわざ投稿する意味ってほぼないですよね。今や、ニコニコでなければならない理由なんて皆無です。


    ニコニコのデカいコンテンツとして
    ・歌ってみた
    ・踊ってみた
    ・ボカロ
    ・ゲーム実況
    がありますが、この全ては最早ニコニコ特有のコンテンツでは無くなりました。


    他サイトがどんどん多様性を認めて収益化システムを構築していく中で、ニコニコだけはいつまでも変わりませんでした。その結果、ニコニコ発コンテンツはことごとく他サイトに奪われ、残ったものは決して他人にはオススメ出来ないようなクッソ汚い汚物動画かYouTubeの動画を転載して皆でバカにするという”ニコニコに元々あった面白いと考えられているもの”だけになりました。



    どんどんと面白い投稿者が減っていく中で、付け焼き刃のくだらないクソ機能を追加するとか、あるいは1080pへの対応やクソシステムの改善などの神対応が万が一実施されるとしても、もうどうにもならないんじゃないかと俺は思うわけです。



    ニコニコに残された選択肢はコレです。
    ①YouTubeのような広告を付けて金を稼がせ、投稿ユーザーを増やす
    アカウント無くても見れるようにし、潜在ユーザーの数を増やす。

    ②このまま衰退させて一旦すべてをリセットし、再出発
    (ただしビジネスとして考えると成功するか疑問)


    多分ですが、ニコニコユーザーが真に望む「お金稼ぎじゃない純粋な面白さが欲しい」というのは、不可能だと思うんですね。この時代、自己顕示欲と他人からの評価だけで創作活動を行える人なんていないでしょう。どうせなら、お金貰えるほうがいいだろうし、お金貰えるから批判にも強くなれるというのはあるはずです。




    動画投稿者を漫画家
    視聴ユーザーを読者
    ニコニコ運営を出版社(作ってるとこ)として考えると、
    面白い漫画を作る・読ませるために出版社が読者へ配慮するってバカげた事だと思いませんか。順番としてはまず漫画家が楽しく、快適に、経済的に自由に創作活動を行えるようにするべきです。そうすれば自ずと面白い漫画はユーザーの手元に渡るはずです。この考えから、視聴ユーザーに配慮するような「システムがどうのこうの」「画質がどうのこうの」っていう変革はあまり意味なくて、コンテンツ供給元に対してダイレクトな変革がないと、もう駄目なんじゃないかと思うわけです。



    或いは、このまま衰退させてとことんジャンルを絞りつくしましょう。そうすれば、ニコニコユーザーの望む真の面白い動画サイトが戻ってくるんじゃないでしょうか。ですが、コレは運営的にはお金稼ぎ出来ないのでビジネス的にはアウト感があります。やっぱり何を言ってもこれからの時代多様性を認めていかないと置いてけぼり感は否めない。でも、ニコニコ民的には厳しいものがありますね。だから思うのはですね、”ニコニコ技術部”カテゴリをそのまま独立したサイトにするってのはどうでしょうか。どういうことかというと、エンジニアやプログラマ向けのゴリゴリの技術サイトを作るんです。専門分野でなんかちょっと入りづらい感もあるんですけど、投稿動画はニコニコ元来のオタク感あるようなものだからハードルは低い…企業とのコラボで商品化していくのもアリでしょう。YouTubeと差別化出来る唯一のジャンルかなと考えています。




    と、いうわけで長くなりましたがこんな感じです。
    4年くらいですか、ホントありがとうございました。
    そしてニコニコ運営、たまに宣伝してくれてありがとう。



    以上、オタクマガジンでした。
  • 広告
  • 映画版ごちうさ 入場特典フィルムをGETしてきたゾ!

    2017-11-25 19:001
    ども!オタクマガジンです!!!
    劇場版ごちうさの入場特典フィルムをGETしてきたのでご紹介!




    おなじみの銀袋に包まれたフィルムちゃんです。
    インデックスの時は透明袋で、けいおんの時は紙袋でしたね。
    まどマギ・ラブライブとかは確か銀袋だったような・・・?

    Twitterにも書いたのですが、この銀袋はスマホ標準のライトで簡単に突破されます!
    ですので、オークションの未開封フィルムを購入するときは相当の覚悟が必要です。
    (俺なら絶対100%買わない)



    早速フィルム紹介!左右裏表逆だったらゴメン!



    一枚目
    一枚目は…多分ですが”ココアの実家付近の木々”です。
    うちってそんなに田舎なのー!?のシーンですかね…
    正直糞ハズレ引いちまいました…
    (ネタにもならねぇ!)



    二枚目
    二枚目は…”寝ぼけるココア”です。
    これだけ見ると、我が嫁、けいおん!の唯に似てますね。
    やっぱりバカっぽいキャラはこういう表情が似合うと思います。(褒め言葉)

    キャラが単体で写ってるんでかなり大当たりといえますね。
    成し遂げたぜ。




    三枚目

    三枚目は…”微笑むリゼ with見切れるマヤ”です。
    いやいや、これ天使すぎるでしょ。
    正直言っちゃうとですね、リゼはいらない子だと思ってたんですよ。
    でも、この笑顔は流石に可愛すぎるわ・・・
    自分、推し変いいすか?


    見切れマヤがいるので、絶品とは言えませんが大当たりではありますね。
    正直、無茶苦茶嬉しいです。




    総評

    とりあえず3枚中2枚がキャラのドアップってことでかなり良い結果だと思いました。前回のブログ「映画版ごちうさ見てきたゾ♡&特典フィルムについて」で予想したように、背景フィルムに当たる方が難しいというのは正解なのかもしれませんね。実際オークション相場を見てみると、キャラのアップでもそんなに高値取引されてなさそうです。(量が多いから)……で、残念ながら魔法少女チノは当たらなかったんですけど、天使リゼの降臨があったので今回は大大大満足の結果でした。



    皆も、在庫があるうちに劇場へ急ごう!





    フィルム保管について

    こないだTwitterに書いたやつなんですけど、
    やっぱ100均フレームだと長期で保存するには向いてなさそうです。


    対策として、フィルム用保管ファイルを購入したので届き次第レビューしたいと思います。
    追加でごちうさフィルムを入手出来たらそちらで紹介します!



    というわけで、今日はこんな感じで映画フィルム紹介でした!
    次回は…中二病ですかねぇ・・・?

    オタクマガジンでした。
  • 久しぶりにゲロ吐きましたという日記

    2017-11-21 21:18
    ついこないだ、クソ久しぶりにゲロを吐きました。どれくらい久しぶりか?を思い出してみると、2年くらい前に調子乗ってアホみたいに酒を飲み、居酒屋出た途端に盛大にゲロったあの時以来です。いやぁほんとあの時はもう体が「ゲロ吐かないと死んじゃうゾ」って警告してましたよ。


    吐いたその日はいつも通り仕事だったんですけど、昼飯食ったあたりから急激に腹が痛くなりまして、何度も何度もウンチしにいったわけですが、驚くことに下痢でもなくいつもの健康的なブツだったんですね。でもクソほど腹痛いし、段々と手先が震えてきて「これはヤバイ、またあの時(ウツ)の再発か?」と焦ってきたわけですが、ここ最近の俺は順風満帆とはいかずともまぁまぁ順調ってところで全く心当たりがないわけです。そんななか、あーはやく帰りてぇとか思ってる間に、これ吐くぞと。なんとなく直感で思ったんですね。なんていうか、口が酸っぱくなってきて、下腹部がキュッと締まるような。甘酸っぱい青春のラブストーリーだったらいいんですけど、こっちはここ数時間腹とウンチの事しか考えていなくて、もしそんなヒロインがいたとしたらもうマンガ業界も終わったなみたいな。どんだけイカれてもヒロインがウンチのこと想像してたらアカンでしょうと。


    実際はそんな事を考える余裕もなく、ただただ横になって楽になりたいと。もう早退させてくれと脳から白旗宣言が出たわけですが、仕事を途中で帰るとなると色々手続きが面倒くさいじゃないですか。いや、そういうとこ冷静になっちゃうんですよ。どれだけしんどくてもなんかね、こう…なんだかんだ楽になれる道はねえよってのがわかってますから。じゃあもう我慢しようと、小学生時代に学校でウンチしたこと無い俺だったら出来るだろうと。頑張ってたんですよ一人で。でも吐きそう警報が出たら駄目だと。もう諦めようと。トイレに駆け込んだわけです。


    トイレに行き速攻個室に入り、ペーパーを数枚水面に浮かべ、跳ね返りを少しでも軽減しようという素晴らしい対策を施し、さあ吐こう!と思ったものの、隣の個室ではウンチ真っ最中の人がいたんです。いつもの俺だったら、どれだけブリブリ言わせようがプピュ!と高音のおならが出ようが全く気にしないのですが、それって然るべき場所で然るべき事をしているから恥ずかしくないわけで、ウンチするべき場所でゲロを吐く事は、完全にアウェイでありイレギュラーであり、恥ずべきことなんです。


    そんな事を考えながら、隣の人が完全にトイレから出るまで待ち、さあ吐こうとなり、勢いつけて「オエぇ!」とやってみたんです。そしたら、ただトイレにクソでかい「オエぇ!」が響いただけでした。そう、俺はここに来て吐き方を忘れてしまったのです。ヤバイ、吐きたいし吐かなきゃヤベえけど吐き方が分からないからどうしようもない。この時俺は、過去に見たゲロ系AVの事を思い出しました。彼女達はどのようにゲロを吐いていただろうかと。そしたら、喉の奥に指を突っ込んで吐いている姿が浮かびました。


    ですが、本当にそれは正解だろうかと。そもそもですが、ゲロAVは苦しみと苦悶の表情を見て楽しむモノです。自らゲロを誘引する指つっこみ行為は、自分の努力を放棄したということであり根本から存在を否定する一番やってはいけないことなのです。その禁忌とも言える行為をここで許してしまっては、今まで自分を裏切る事になるのではないのかと。そして単純にこの後むっちゃ指臭くなるんじゃないのかと考え、結局は自力で吐く事を決意したんです。


    その後、数分頑張ってみたのですが、吐き方を忘れているわけですから中々思うようにいきません。もう諦めてトイレ出ようかな…そろそろ結構時間経つしあんまり戻らなかったら駄目だよな…そんな事を考えていたのですが、ふと思ったのです。今自分がいるこの場所で、吐く事の出来るナニカがあるのではないか?と。必死に探しました。そしたら、まさか、この敵地とも言える場所にあったんです。吐くことの出来る唯一のナニカを…



    「便器に残ってるウンチ臭を嗅いで気持ち悪くなればええんや!」



    そこからの行動は自分でも驚くほど早かったように思います。誰のかもわからない便器に付着したウンチおしっこその他諸々の汚物臭を嗅ぎ集め、脳に対して「吐け!吐け!」と司令を送りました。すると4秒後…「ゲロドボボボ!」勢い良く昼に食べたアレやそれが吐き出され、便器の水は一瞬にして黄色に染まりました。この時、跡が付くんじゃないかと思うくらいに左手が腹を必死に掴んでいて、よくある病室で死にゆく病人の手を握りしめるシーンはきっと嘘じゃないなと思いました。



    その後、結局腹痛が治まる事はなく、帰宅後も何も出来ないほど腹が痛かったのですが、何も食べず一晩寝たらようやく治まりました。一件落着です。もうウンチの臭いを嗅ぐ必要はなくなったのです。



    結局原因は分かりませんが、こないだ部屋の掃除をした時に換気のため数時間部屋を開けっ放しにしたり、あまり厚着をせず出かけたりした事が若干の心当たりがあって、冬の厳しさを実感しました。皆さんも、気をつけてください。







    というわけで、長くなりましたがゲロ吐きましたという報告ブログでした。
    予定していたプレミアモノ紹介ブログは後日更新ということになりそうです。
    いやホント、寒さ舐めたら駄目っすね。


    以上オタクマガジンでした。