• 【考察】プロ野球における前年のファームタイトルはどれほど当てになるのか

    2018-03-22 22:17

    いよいよ今年もプロ野球の開幕が近づいてきましたね!

    という訳で、プロ野球においてファーム(二軍)でタイトルを取った選手は翌年一軍で活躍できているのかふと気になったので調べてみることにしました

    今回は球界再編問題以降の楽天が新規参入した2005年以降について、
    二軍における以下9つのタイトルについて検証しています
    【投手】最優秀防御率・最多勝・最多奪三振・最多セーブ
    【野手】首位打者・最多安打・本塁打王・打点王・盗塁王


    ①最優秀防御率
    2006(二軍)       2007(一軍)
    1.80 岸田護(サ)  → 39試合 4勝-3敗-3H 2.93
    2009(二軍)           2010(一軍)
    2.38 山井大介(中) → 19試合 7勝-4敗-1H 3.75
    2011(二軍)          2012(一軍)   
    1.64 吉川光夫(日) → 25試合 14勝-5敗 1.71 最優秀防御率
    2012(二軍)         2013(一軍)
    1.33 千賀滉大(ソ) → 51試合 1勝-4敗-1S-17H 2.40
    2015(二軍)          2016(一軍)
    1.66 岩嵜翔(ソ)  →  35試合 4勝2敗1S9H 1.95

    二軍で最優秀防御率のタイトルを獲得した選手の中で、翌年一軍で大きく活躍した選手は上記の5人ですね
    一軍で登板機会を与えられたものの思うような結果を残せない選手や、そもそも翌年一軍での登板機会が無かった選手も結構いました
    防御率1点台でこのタイトルを獲得することが翌年一軍で活躍できるかどうかの目安になっているように感じますね

    2017年獲得者
    2.21 吉田侑樹(日)
    2.10 阿知羅拓馬(中)


    ②最多勝
    2005(二軍)          2006(一軍)
    9勝 ダーウィン(神) → 49試合 1勝-2敗-2S-12H 3.79
    2007(二軍)         2008(一軍)
    9勝 近藤一樹(サ) → 25試合 10勝-7敗 3.44 初の二桁勝利
    2011(二軍)         2012(一軍)
    9勝 吉川光夫(日) → 25試合 14勝-5敗 1.71 最優秀防御率
    2011(二軍)         2012(一軍)
    9勝 野上亮磨(西) → 23試合 8勝-5敗 2.97
    2014(二軍)        2015(一軍)
    9勝 東浜巨(ソ)  → 23試合 9勝6敗 3.00
    2015(二軍)        2016(一軍)
    10勝 岩嵜翔(ソ) → 35試合 4勝-2敗-1S-9H 1.95
    2016(二軍)         2017(一軍)
    9勝 秋山拓巳(神) → 25試合 12勝-6敗 2.99 初の二桁勝利

    最多勝で該当するのはこの7選手ですね
    ここに挙げていない選手の中にも、翌年一軍でまずまずの成績を残した選手が多いように感じました
    2009年の木佐貫洋(巨)や2012年の永井伶(楽)など、過去に一軍での活躍がある選手が二軍で獲得しているケースもあったりします
    このタイトルに関しては翌年の一軍での活躍の有無との関連性は薄いように感じますが、このタイトルを獲得すると翌年の一軍での登板機会は多くなるように感じました

    2017年獲得者
    9勝 今村信貴(巨)
    10勝 山田大樹(ソ)


    ③最多奪三振
    2007(二軍)           2008(一軍)
    98奪三振 山口俊(湘) → 51試合 5勝-4敗-18S-7H 3.27 クローザー起用
    2011(二軍)            2012(一軍)
    99奪三振 野上亮磨(西) → 23試合 8勝-5敗 2.97
    2012(二軍)             2013(一軍)
    108奪三振 八木亮祐(ヤ) → 26試合 5勝-13敗 4.44 ローテ定着、最多敗
    2015(二軍)             2016(一軍)
    122奪三振 高梨裕稔(日) → 37試合 10勝-2敗1H 2.38 新人王
    2015(二軍)            2016(一軍)
    96奪三振 千賀滉大(ソ) → 25試合 12勝-3敗 2.61 初の二桁勝利

    最多奪三振に関しては、翌年一軍で大きく活躍した選手は上記の5人ですね
    最多勝と同様に、最多奪三振を獲得した選手は翌年の一軍での登板機会が比較的多いように感じました
    また、こちらも2011年の小松聖(オ)や2016年の中村勝(日)など過去に一軍での活躍がある選手の受賞もちらほら見て取れます

    2017年獲得者
    92奪三振 今村信貴(巨)
    99奪三振 山田大樹(ソ)


    ④最多セーブ
    2007(二軍)          2008(一軍)
    18S 坂元弥太郎(ヤ) → 31試合 6勝-1敗-2H 3.18
    2008(二軍)         2009(一軍)
    21S オビスポ(巨) → 14試合 6勝-1敗-1H 2.45 飛躍の年に
    2010(二軍)        2011(一軍)
    19S ロメロ(巨) → 41試合 1勝-3敗-11S-8H 3.29 クローザー→中継ぎ
    2014(二軍)         2015(一軍)
    19S 香月良仁(ロ) → 40試合 1勝-1敗-1S-2H 2.92 飛躍の年に
    2016(二軍)          2017(一軍)
    11S 祖父江大輔(中) → 35試合 2勝-2敗-1S-9H 2.57
    2016(二軍)         2017(一軍)
    11S 嘉弥真新也(ソ) → 58試合 2勝-0敗-14H 2.76 飛躍の年に

    最多セーブに関してはこの6人ですね
    全体的にこのタイトルは外国人選手の活躍が多いように感じました
    他のタイトルと比べるとかなりムラが激しく、翌年一軍で活躍できるのは5~6人に1人といった感じですね
    翌年すぐに一軍で活躍というよりは、翌年が一軍での飛躍のきっかけとなる年になった選手が多かったです

    2017年獲得者
    18S 戸根千明(巨)
    23S メンデス(神)


    ⑤首位打者
    2009(二軍)            2010(一軍)
    .358 バルディリス(神) → 118試合 .301 14HR 50打点
    2012(二軍)        2013(一軍)
    .295 中村晃(ソ) → 109試合 .307 5HR 44打点

    首位打者に関しては翌年一軍で活躍したといえるのはこの2人だけですね
    多くの選手は翌年一軍で結果を残せずにシーズンを終えていたり、出場機会をほとんど与えらずに終わっているように感じます
    二軍で首位打者を獲得したから一軍で即通用するという訳では無さそうですね

    2017年獲得者
    .295 高濱祐仁(日)
    .331 メヒア(広)


    ⑥最多安打
    2009(二軍)            2010(一軍)
    93安打 バルディリス(神) → 118試合 .301 14HR 50打点
    2012(一軍)           2013(一軍)
    116安打 中井大介(巨) → 48試合 .324 4HR 17打点

    最多安打に関しては翌年一軍で活躍したと言えるのは2009年のバルディリスくらいですね
    このタイトルに関しては、翌年に限らずともその後一軍で活躍した選手自体がほとんどいないように感じました
    首位打者同様にそこまで当てになるタイトルではないのかもしれないですね

    2017年獲得者
    103安打 廣岡大志(ヤ)
    133安打 メヒア(広)


    ⑦本塁打王
    2009(二軍)          2010(一軍)
    21HR 岡田貴弘(オ) → 129試合 .284 33HR 96打点 本塁打王
    2016(二軍)          2017(一軍)
    22HR 山川穂高(西) → 78試合 .298 23HR 61打点 プロ入り後初の日本代表選出

    本塁打王に関してはこの2人ですね
    中田翔・筒香嘉智・柳田悠岐など、数年後にチームの主力選手になるような選手が多く獲得しているように感じました
    とは言え、喜田剛や竹原直隆のように複数回獲得しながらも一軍で活躍できずに引退した選手や、二年連続で獲得しながらも翌年戦力外になったカニザレスのような選手もいるので今後の活躍が約束されているとは一概には言えないですね

    2017年獲得者
    18HR 内田靖人(楽)
    18HR 森山恵佑(日)
    21HR バティスタ(広)
    21HR 陽川尚将(神)


    ⑧打点王
    2009(二軍)           2010(一軍)
    59打点 岡田貴弘(オ) → 129試合 .284 33HR 96打点 本塁打王
    2015(二軍)          2016(一軍)     
    62打点 細谷圭(ロ) → 116試合 .275 3HR 40打点

    打点王に関してはこの2人ぐらいですね
    本塁打王と同様に中田翔・筒香嘉智・柳田悠岐の3人もこのタイトルを獲得していますが、それ以外の選手の中に一軍で活躍している選手がいるかと言うと…
    喜田剛や小斉祐輔、中川大志は複数回このタイトルを獲得していますが、一軍で結果を残しているかといわれると…正直残せてはいないですよね
    とは言え細谷圭は2度目の獲得となった2015年の翌年に一軍で結果を残しているので、去年が二度目の獲得となった阪神の陽川尚将が今年どこまで活躍できるか注目ですね

    2017年獲得者
    66打点 内田靖人(楽)
    91打点 陽川尚将(神)


    ⑨盗塁王
    2007(二軍)           2008(一軍)
    26盗塁 赤松真人(神) → 12盗塁

    盗塁王に関しては、翌年一軍で(盗塁面で)活躍できた選手は皆無と言っていいかもしれません
    二軍で盗塁できたからと言って一軍ですぐ盗塁できるという訳では無いようで、ほとんどの選手が翌年一軍での盗塁死が多くなってしまっていました
    梶谷隆幸や安部友裕、外崎修汰や上林誠知など、数年後にチームの主力として活躍している選手はそこそこいますが、盗塁面での活躍という感じではないですね

    2017年獲得者
    28盗塁 島井寛仁(楽)
    26盗塁 釜元豪(ソ)


    ファーム個人タイトルに関しての考察は以上になります
    2005年以降のタイトル獲得者の中で翌年新人王を獲得したのが2016年の高梨しかいなかったというのは意外でしたね
    全体的に野手タイトルに比べ、投手タイトル獲得者の方が一軍で活躍する割合が高いように感じました

    最後に、前年のファームで首位だったチームは翌年の一軍での順位がどうだったのかまとめて終わろうと思います


    ⑩ファーム優勝
    a.前年ファーム優勝→翌年一軍でリーグ優勝
    2007 巨人、2009 中日、2011日ハム、2013 ソフトバンク、2014 ソフトバンク、2016 ソフトバンク

    b.前年ファーム優勝→翌年一軍で最下位
    2010 ロッテ、2013 ヤクルト

    前年ファームで優勝したチームの翌年の一軍での順位の平均は2.71でした
    翌年一軍でBクラスになったチームが2005年以降は5チームだけだったので、よほどのことが無い限りAクラスは固いと考えられるかもしれませんね

    2017年優勝
    イースタン 巨人
    ウエスタン 広島


    という訳で今回の考察は以上になります
    2018シーズン開幕が楽しみ!
  • 広告
  • 【検証】パワプロ・パワポケの固有捕手の中で一番強い選手は誰なのか

    2018-02-24 14:01

    「これまでのパワプロ・パワポケ全作品の中で最強の捕手は誰なのかな」
    ってふと気になったので、せっかくなので調べてみることにしました

    能力は今回も下記のサイトを参考にさせていただいてます
    【パワプロシリーズ選手能力まとめ Wiki】


    ※ルール
    ◎対象は全パワプロ・パワポケ作品
    →パワポタ、パワメジャ、アプリ、ヒーローズも含みます
    →パワポケ甲子園やパープレは対象外

    ◎固有キャラ、及び固有モブの中で正ポジションが捕手の選手
    →サブポジ捕手の選手は対象外としています
    →あくまでサクセスキャラのみなので実在するプロ野球選手は対象外となります

    ◎対象キャラが複数作品に参加している場合
    →その中で一番能力が高いもので検証しています、もし超!は対象外

    ◎検証方法
    →各能力値のMAXを100点とし、全能力値合計を最大600点満点で数値化しました
    →特殊能力も効果毎に数値化し、それぞれ選手毎に合計値を算出しています
    →弾道は設定されていない作品もあるので対象外としています

    その他細かい検証方法についてはかなり長くなってしまうので省きます


    という訳で、ここから検証結果を各項目ごとにランキング形式でまとめていこうと思います


    ①総合力
    (各基礎能力値の合計点+特殊能力合計)
    a
    1位:533点(基礎能力480+特殊能力53)
    雨崎(パワポケ13:混黒高校)
    A(14) A(180) B(12) A(14) A(14) B(12)

    人気者、威圧感、キャッチャー◎、アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、チャンス◎、ブロック〇、粘り打ち、連打〇、初球〇、チャンスメーカー、慎重打法

    2位:530点(基礎能力510+特殊能力20)
    課長(パワプロ6:黒獅子重工)
    A(6) D(90 ) A(15) B(13) A(15) A(15)
    キャッチャー◎、アベレージヒッター、チャンス〇、初球〇

    3位:509点(基礎能力490+特殊能力19
    九州(パワプロ6:するめ大学)
    B(5) B(120) D(8) A(15) A(15) A(15)
    キャッチャー◎、アベレージヒッター、ブロック〇、満塁男

    4位:499点(基礎能力460+特殊能力39)
    佐藤寿也(アプリ:海堂学園高校)
    B(75) A(80) C(65) A(85) B(75) A(85)
    球界の頭脳、アベレージヒッター、アーチスト、送球◎、粘り打ち、初球〇、逆境〇、選球眼

    5位:496点(基礎能力480+特殊能力16)
    王嶋(パワプロ2013:竜王学院)
    A(81) A(81) A(81) A(81) A(81) A(81)
    アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、ヘッドスライディング、積極守備

    ②基礎能力値合計
    (各基礎能力値の合計点、特殊能力は除く)
    a
    1位:510点/600
    課長(パワプロ6:黒獅子重工)
    A(6) D(90) A(15) B(13) A(15) A(15)

    2位:490点/600
    九州(パワプロ6:するめ大学)
    B(5) B(120) D(8) A(15) A(15) A(15)

    3位:480点/600
    雨崎(パワポケ13:混黒高校)

    A(14) A(180) B(12) A(14) A(14) B(12)

    3位:480点/600
    王嶋(パワプロ2013:竜王学院)
    A(81) A(81) A(81) A(81) A(81) A(81)

    5位:460点/600
    佐藤寿也(アプリ:海堂学園高校)
    B(75) A(80) C(65) A(85) B(75) A(85)

    ③総合打撃力

    (ミート・パワー・走力の基礎能力合計値+攻撃型特殊能力合計)

    1位:281点(打撃基礎能力240+攻撃型特殊能力41)
    雨崎(パワポケ13:混黒高校)
    A(14) A(180) B(12)

    威圧感、アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、チャンス◎、粘り打ち、連打〇、初球〇、チャンスメーカー、慎重打法

    2位:256点(打撃基礎能力240+攻撃型特殊能力16)
    王嶋(パワプロ2013:竜王学院)
    A(81) A(81) A(81)
    アベレージヒッター、パワーヒッター、広角打法、ヘッドスライディング

    3位:245点(打撃基礎能力235+攻撃型特殊能力10
    課長(パワプロ6:黒獅子重工)
    A(6) D(90) A(15)
    アベレージヒッター、チャンス〇、初球〇

    3位:245点(打撃基礎能力225+攻撃型特殊能力20)
    ママライオン(パワポケ12:ジコーンズ)
    B(13) A(140) B(12)
    アベレージヒッター、対左投手〇、安定感、緊縛

    5位:241点(打撃基礎能力235+攻撃型特殊能力6)
    飛山(パワプロ2013:壱琉高校)
    C(65) A(99) B(75)
    パワーヒッター、ヘッドスライディング、強振多用

    ④総合守備力

    (肩・守備・エラー回避の基礎能力合計値+守備型特殊能力合計)

    1位:312点(守備基礎能力300+守備型特殊能力12)
    九州(パワプロ6:するめ大学)

    A(15) A(15) A(15)
    キャッチャー◎、ブロック〇

    2位:297点(守備基礎能力285+守備型特殊能力12)
    日下部(パワプロ7:ヤクルト)
    A(14) A(15) A(15)
    キャッチャー◎、ブロック〇

    3位:285点(守備基礎能力275+守備型特殊能力10)
    課長(パワプロ6:黒獅子重工)
    B(13) A(15) A(15)
    キャッチャー◎

    4位:283点(守備基礎能力260+守備型特殊能力23)
    六道(パワプロ13:聖タチバナ学園)
    C(10) A(15) A(15)
    キャッチャー◎、ささやき戦術、送球4

    5位:260点 ※同率で3人いるので詳細は割愛
    猪狩進(ヒーローズ:あかつき大附属)
    金村(パワプロ6:むつご大学)
    佐藤寿也(アプリ:海堂学園高校)


    ◎最後に
    以上で今回の検証は終わりになります
    上位陣の顔触れは基本的にほとんど変わりませんでしたね
    1項目だけ低い能力がある選手はその部分が足を引っ張ってなかなか上位に食い込めなくなってしまっていました(出井田やシルバーなど)

    15段階査定の時期の選手はMAXの15を付けられている選手が多いため、100点満点に換算した際に上位に来やすくなってしまっています
    100段階査定で100を付けられていたのは矢部兼の走力しかありませんでした

    その他に気になる選手や順位などがありましたらコメントしていただければ答えていこうと思います

    ありがとうございました


  • オススメのマイナーな東方アレンジ紹介

    2017-12-22 21:36

    1300枚くらい東方アレンジのCDを持ってるので、マイナーなオススメの東方アレンジの曲をいくつか紹介していこうと思います

    個人的にマイナーだと思った曲を選んでいるので、中には有名な曲もあるかもしれませんがあまり気にしないでいただけると助かります


    【インストアレンジ】
    ①Dream Express ~ Red / White

     サークル:danmaq
     CD  :東方夢終劇 ~ Concealed the Conclusion
     原曲  :Dream Express、二色蓮花蝶、他
     アレンジ:MyonMyon



    danmaqさんから発売された『東方夢終劇』という二次創作ゲームのBGMです。
    作者が色々あってかなり批判された作品ですが、ゲーム自体やBGMは本当に素晴らしい作品だと思います。
    現在は無料で配布されているみたいなので気になった方はぜひ遊んでみてください。
    ちなみに自分は購入から10年経つんですが未だにNormalがクリアできていなかったり。
    公式HP

    ②万年置き傘にご注意を

     サークル:PHOENIX Project
     CD  :Pre-Innocence
     原曲  :万年置き傘にご注意を
     アレンジ:稲井ゆう



    ゆうさんのアレンジはBPMが速かったり発狂ピアノが多かったりな曲が多くて個人的に大好きだったりします。
    この曲も疾走感があってハンドクラップが綺麗なのですごく好き。
    PHOENIX ProjectさんのCDは個人的にどれもオススメ。

    ③妖怪宇宙旅行

     サークル:=NeutraL=
     CD  :BRIGHTNESS
     原曲  :妖怪宇宙旅行
     アレンジ:nazz-can



    =NeutraL=さんは一時期かなりのペースで新しいCDを発売していたので割と有名かもしれないですね。
    中でもnazz-canさんのアレンジはニコ動でも人気が高かったように感じます。
    妖怪宇宙旅行は好きなんですけどアレンジがそもそも少ないんですよね。
    nazz-canさんが好きな人には同サークルの『DARKNESS』ってCDがオススメ。

    ④Scarlet Master
      
     サークル:ビタミンごはん 
     CD  :ENGAGE DIRECTOR’S CUT
     原曲  :亡き王女の為のセプテット
     アレンジ:ripple

     ※会場限定版にのみCDが付属
      

    ビタミンごはんの『ENGAGE DIRECTOR’S CUT』という同人誌の会場限定版にのみに付属しているCDに収録されている曲です。
    同人誌の方と連動するように楽曲が収録されているので、読みながら聴くのがオススメです。
    最後の“割れる”音が特徴的。
    この同人誌自体は凋叶棕さんの『薦 -susume』というCDの中でもオススメされているので機会があればぜひ読んでみて下さい。

    ⑤Tears Of Eden

     サークル:羽っ鳥もさく共和国
     CD  :OPUS×EDEN
     原曲  :夜が降りてくる
     アレンジ:oiko



    前半の静かな曲調から後半に掛けて少しずつ盛り上がっていき、静かに終わる曲。
    最初から最後まですごくきれいな曲で、夕方とかお散歩しながらとか聞きたくなる感じ。
    このCDの中の『ぼくらのEden』って曲も色んな意味で面白いですよ、最初東方アレンジじゃないんじゃないかと思っちゃうくらい。

    ⑥【闇】 Immortal Terror -再生-

     サークル:東部開拓地
     CD  :オオイナル
     原曲  :月まで届け、不死の煙
     アレンジ:稲井ゆう



    東部開拓地さんの『オオイナル』というCDの中の1曲ですが、アレンジしているのはゲスト参加している稲井ゆうさんです。
    上記したPHOENIX Projectの『Pre-Innocence』にも再収録されていますが、初出だったこちらで紹介します。
    『オオイナル』自体がRPG風をテーマにしたCDなので、いかにも戦闘曲といった感じのアレンジですね。
    KHシリーズのボス戦みたいな曲って言って伝わってくれると嬉しい。

    ⑦InfiniteDrive+

     サークル:-
     CD  :-
     原曲  :無間の鐘
     アレンジ:Pesot.jp/



    TOHO CLOCKというニコニコ動画で公開されている400名以上の参加者によって作られた作品の中の一曲です。
    『無間地獄大脱出 ~ Infinite Dash』という曲のフルバージョンですね。
    原曲の良さを生かしつつ切迫感や疾走感がプラスされた素敵な曲だと思います。
    こちらで楽曲が公開されていますのでぜひ聞いてみて下さい。


    ⑧Last Dist Remote

     サークル:-
     CD  :-
     原曲  :ラストリモート
     アレンジ:safla



    ニコ動に投稿されている自作アレンジの曲です。
    静かで綺麗な曲調のアレンジですが、やはり何といってもラストのピアノソロの部分が圧巻ですね。
    saflaさんのアレンジは埋もれてる曲が結構多いのですが、どれも綺麗で素敵な曲なのでこの曲以外のアレンジもオススメですよ。
    こちらで聞くことができるのでぜひ一度聞いてみて下さい。



    【ボーカルアレンジ】
    ①箱庭

     サークル:Aftergrow
     CD  :Colors of soundscape
     原曲  :亡き王女の為のセプテット
     ボーカル:fuyuhito



    Aftergrowさんの1作目のCDで、このCDの中の『god bless』はニコ動でもかなり有名になりましたね。
    この曲はしっとりとした男性ボーカルのセプテットアレンジで、物悲しい歌詞も相まって隠れた名曲だと思います。
    数年前にこのCDはMP3で無料配布されていたようですが、今はどうなんだろう。

    ②音女神 ~ 幻想浄瑠璃

     サークル:As/Hi Soundworks × 東部開拓地
     CD  :お前が元気になあれ
     原曲  :幻想浄瑠璃
     ボーカル:Atori


    As/Hi Soundworksさんと東部開拓地さんの合同CDの中の曲で、両サークルの良さが存分に出た一曲だと思います。
    かなり疾走感があるアレンジで、ラストに向けての盛り上がりがすごく好き。
    このCDの中だと『水火晴嵐 ~ 始原のビート』とかもかなりオススメです。

    ③蒼想

     サークル:Color&Color
     CD  :虹色パレット
     原曲  :明日ハレの日、ケの昨日
     ボーカル:ランコ



    このCDは大手サークルの方が結構参加してるコンピレーションCDなので割と有名かもしれないですね。
    アレンジャーによってそれぞれ曲調がかなり違うので色んなランコさんを楽しめます。
    この曲も豚乙女で歌っている時とはまた違ったランコさんの良さが出てて個人的にかなり好き、かわいい。

    ④パーティー・スカーレット

     サークル:Color&Color+
     CD  :虹色キャンバス
     原曲  :亡き王女の為のセプテット、U.N.オーエンは彼女なのか?
     ボーカル:ユリカ、irony



    上の曲と同じサークルのCDですが、こちらはツインボーカルアレンジのCD。
    ツインボーカルの声を左右で分けているせいか、このCDは全体的に歌声がバックの音楽から若干浮いてる印象があるのが少し気になったり。
    とは言え素晴らしいアレンジであることには変わりないのでオススメです。
    このCDの中だと『ふたりの唇』とか『Orange Recipe』とかも大好き。

    ⑤rosé+e

     サークル:<echo>PROJECT
     CD  :[rosée]
     原曲  :紅楼
     ボーカル:Pyn



    レミリアと咲夜の寿命による別れの曲、しっとりとした悲しい曲。
    曲調もそうですが歌詞が本当に素晴らしくて個人的にボーカルアレンジの中では1,2を争うくらい好きな曲。
    寿命ネタはずるいよね、本当に。

    ⑥とびだせゐ!伝説の簦職人を夢視て


     サークル:全自動少女
     CD  :櫻雨キネマトグラフ ~大正壹佰年奇譚~
     原曲  :万年置き傘にご注意を
     ボーカル:蒼-aoi-


    大正浪漫コンセプトのアルバムで、古臭いというよりは一風変わった雰囲気のCD。
    この曲も胡散臭い曲調で進みつつサビで一気に突き抜ける疾走感が特徴的なお気に入り。
    この曲が気に入った人は<echo>PROJECTさんの『Mary had a little love』っていうCDの『鉄塔』っていう曲もオススメ。

    ⑦とある少女の幻想魔法

     サークル:GIr's short hair
     CD  :幻想魔法
     原曲  :ラクトガール ~少女密室
     ボーカル:yonji



    ニコ動の歌い手として活動してたyonjiさんのサークルですね。
    yonjiさんに関しては色々言われてるけど、原曲重視なアレンジはかっこいいし男性ボーカルの中では歌もかなり上手い方だし個人的にかなり好き。
    2012年でパタッと活動が止まってしまったのがちょっと残念。

    ⑧Red2012

     サークル:Illusion Sonic
     CD  :illusion sonic
     原曲  :ラクトガール ~少女密室、メイドと血の懐中時計、ツェペシュの幼き末裔
     ボーカル:TMDC、Guriri

     

    おそらく知ってる人はほとんどいないんじゃないかと思われる韓国のサークル。
    歌詞カードも日本語と韓国語と英語が入り乱れてカオスな感じになってます。
    この曲も韓国語と英語の曲で男女ツインボーカルというかなり珍しい組み合わせ。
    韓国語とかラップとか抵抗ある人も多いかもしれないけどサビは盛り上がるしカッコいいしなかなか良いですよ。

    ⑨コリドール

     サークル:MN-logic24
     CD  :ファンタスティックパンダワールド
     原曲  :平安のエイリアン
     ボーカル:mineko、イチ



    minekoさんの個人サークルMN-logic24の中の一曲。
    しっとりとした曲調の平安のエイリアンアレンジで、静かな盛り上がってラストを迎える素敵な曲。
    2:04という短さだけが残念というか、もっと聞いていたくなるというか。
    コリドールには回廊という意味もありますし、繰り返し聞くのもいいのかもしれない。

    ⑩echoing dream

     サークル:ORANGE★JAM
     CD  :memories
     原曲  :夢消失
     ボーカル:Renko



    ORANGE★JAMさんはメンバーの出身地がアメリカ、スウェーデン、スペイン、オーストラリアなどなど国際色豊かなサークルですね。
    ボーカルのRenkoさんはSOUND HOLICやFELTで作詞とかもやってるので知ってる人も多いかも。
    このサークルはとにかくお洒落な曲が多くてお散歩しながらとかドライブしながらとか聞きたくなる感じ。

    ⑪無重力sinker

     サークル:OSUSHI PROJECT
     CD  :OSUSHI PROJECT ①
     原曲  :G Free
     ボーカル:ichigo



    OSUSHI PROJECTは岸田教団のichigoさんが友人二人を誘って結成した音楽サークルですね、知ってる人も多いかも。
    この曲は岸田教団の『.JP』というCDに収録されている同名曲のリアレンジです。
    元の曲からガラッと雰囲気が変わっており、しっとりとした、より宇宙感が増した曲になっているように感じます。

    ⑫孤独の夜に舞い落ちた忘却の翼

     サークル:Rastel Arts
     CD  :Blindness Eve
     原曲  :ネクロファンタジア
     ボーカル:サリヤ人



    太鼓の達人とかで知られるAILEさんのサークル、かなり大雑把に言うとTatshさん関連の人たちのサークル。
    サリヤ人さんはニコ動でも歌い手として有名でしたね。
    王道のネクロアレンジで、アレンジもボーカルもとにかくレベルの高い一曲だと思います。

    ⑬迷いの閨

     サークル:Sprite Wing
     CD  :幻想郷の星雨日和
     原曲  :遠野幻想物語
     ボーカル:遊女



    豪華なメンバーが集まったSprite Wingさんの東方アレンジCDの中の一曲。
    とにかく遊女さんの歌声がカッコよくて、バックで流れてる原曲のメロディも素敵な曲。
    実谷ななさんの『春風』とか櫻井アンナさんの『泡波の花』とかもすごく良いのでこのCD自体がオススメ。

    ⑭覚醒の火種

     サークル:Thousand Stories
     CD  :散牡丹
     原曲  :魔女達の舞踏会、魔法使いの憂鬱
     ボーカル:めらみぽっぷ



    中島岬さんや黒岩サトシさん、azukiさん、めらみぽっぷさんととにかくメンバーが豪華!
    フルボーカルストーリーアルバムということなので、この一曲というよりはCD全体を通して聞くのがオススメですね。
    とにかく壮大でかっこよくて歌詞も良い、本当すごいCDだと思う。

    ⑮現夢‐genmu‐

     サークル:TUMENECO
     CD  :Re.TMNC
     原曲  :ジャパニーズサーガ、リーインカーネイション
     ボーカル:yukina


    四面楚歌さんの同人誌である『現夢 -genmu-』に収録されている同名曲はニコ動でもかなり有名ですが、こっちは割と知らない人も多いかも。
    TUMENECOさんによるリアレンジで、元の曲よりしっとりとした悲しい曲調で、歌詞もかなり悲しく残酷な感じになっています。
    視点変更や後日談的なリアレンジとも捉えられるかな。
    「君と過ごしたあの夏まで もう二度と 戻ることができないならば…」

    ⑯Last Kiss

     サークル:Яiselied
     CD  :姫神子ノ眠ル蜜ナル世界
     原曲  :ラストリモート
     ボーカル:ハル



    Яiseliedさんは同CDにも収録されている幻影水鏡がニコ動でもだいぶ有名になりましたね。
    この曲はサビの疾走感やハルさんの高音がすごく特徴的な隠れた名曲だと思います(JOYで配信して欲しかった)。
    ハルさんはボイトレに通ってるって言っててすごく期待してたんですけどブログやサイトの更新がパタッと止まっちゃったんですよねぇ、残念。

    ⑰誓いの箱舟

     サークル:ししまいブラザーズ
     CD  :蒼月
     原曲  :ヴォヤージュ1969
     ボーカル:Cherose、遊女



    ししまいブラザーズさんはインストアレンジの印象が強いですけどボーカル曲も結構いい曲が多いんですよね。
    この曲はCheroseさんと遊女さんの男女ツインボーカルアレンジ曲で、二人の良さが存分に発揮された曲だと思います。
    Cheroseさんは『ラストリモート』みたいな激しい曲も好きだけど、この曲とか『アリスマエステラ』みたいなしっとりとした曲も上手いですよね。

    ⑱緋と蒼の硲

     サークル:音召缶
     CD  :Fantastic Judgirity Beat
     原曲  :幼心地の有頂天
     ボーカル:UTA、まめみ




    音召缶さんはMUZIK_SERVANTが運営している東方に限らず幅広く活動している同人音楽サークルですね。
    この曲は原曲のテンポの速さを生かしたツインボーカルのハイテンションなアレンジ。
    バックの音楽と歌声の音量が若干合っていないように感じるのだけちょっと残念だけど、カッコいい。

    ⑲苺空 ~Strawberry Sky~

     サークル:鶫
     CD  :Major ignition
     原曲  :古きユアンシェン
     ボーカル:リボン



    鶫はmonochrome-coatやサリーの姉妹サークルで、より怪しいというかメロディアスな曲が多い印象ですね。
    この曲も青娥の妖艶さがよく表れた一曲であるように思います。
    何て言うかエロい。

    ⑳ムーンダスト

     サークル:はちみつれもん
     CD  :Lucent Moon
     原曲  :懐かしき東方の血、エクステンドアッシュ~蓬莱人、プレインエイジア、月まで届け、不死の煙
     ボーカル:凛、悠花


    はちみつれもんとGET IN THE RINGのコラボCDの中の一曲で、はちみつれもんverのムーンダストですね。
    GET IN THE RINGさんの方はニコ動でもかなり有名になりましたが、こっちはどちらかというとあまり知られてないような気がしますね。
    みぃさんとはまた違った良さがある、そんな曲だと思います。

    ㉑REGRET

     サークル:Jumble Box
     CD  :Jumble Music
     原曲  :亡き王女の為のセプテット
     ボーカル:39*



    ボーカルの39*さんをいじり倒すために作られたサークル、実際かなりマイナーというか知らない人も多いような気がします。
    39*さんは女性ボーカルの中では個人的に1,2を争うくらい大好きな方で、この曲もとにかくかっこいい、本当かっこいい。
    39*さんの音域の広さや歌声の力強さが存分に発揮された曲だと思います。
    このCD自体がかなりオススメで、DL販売もされているようなのでぜひ手に取ってもらいたい、それくらい本当オススメのCD。

    ㉒籠乙女謡

     サークル:-
     CD  :秋葉文化祭 コンピレーションアルバム Vol.2
     原曲  :少女さとり、ハルトマンの妖怪少女、おてんば恋娘
     ボーカル:nazuna、金子未佳



    秋葉原で開催されたライブイベントの秋葉文化祭のコンピレーションアルバム。
    とにかく参加者が豪華なのでVol.1と併せて買っておいて損はないCDだと思います。
    この曲はアレンジしているサークルがサークルというか株式会社だし、歌っている二人はプロの声優の方だしで色んな意味ですごい曲。
    この3つの原曲を違和感なくミックスできている辺りは本当すごいと思う。


    という訳で紹介は以上です!
    現在では入手困難なCDも結構ありますが、機会があればぜひ聞いてもらいたいと思います。

    ではまた~