2017年1月9日の注目レースPART2 佐賀「レディスヴィクトリーラウンド第3ラウンド」一挙予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年1月9日の注目レースPART2 佐賀「レディスヴィクトリーラウンド第3ラウンド」一挙予想

2017-01-08 22:30
  • 1
昨年11月にスタートしたレディスヴィクトリーラウンドは、盛岡と名古屋が終了し、これが第3ラウンド。これが終わると2月22日に高知で行われる最終ラウンドを残すのみとなる。このイベントを通じて少し気になるのは、レースを成立させるために参戦する地元騎手の扱いがどうなっているのか。既に行われた盛岡と名古屋の状況を入手していないのは申し訳ないが、女性騎手のシリーズとしての戦いはそれとして、ラウンドごとに地元騎手もモチベーションを上げられるような大会を併催できないのだろうか。それが何もないのであれば、騎乗機会以外のメリットが見えないのだが。

佐賀競馬9レース「レディスヴィクトリーラウンド佐賀 第1戦」(C2-1組)

◎(本命) (4)番 ユメミグサ
○(対抗) (5)番 ホクトジャガー
▲(単穴) (6)番 クイズリングテラス
☆(特注) (8)番 カシノリクノオウ
△(連下) (2)番 クリオロ

<自信度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C


ここまで2ラウンドを終了した時点では、鈴木麻優騎手がトップに立っている。ただしイベントは折り返し地点を過ぎたところだし、3着以内に入ると手にするボーナスポイントも順位を大きく左右する。佐賀のラウンドが終わっても、総合優勝争いが絞られる状況になるかは不透明だろう。

第1戦はC2級の1400m戦。上昇馬と既成勢力の力関係が微妙だが、本命は3連勝中のユメミグサ。自在に立ち回れる脚質と、1戦ごとに時計を詰めている点を評価して、期待をかけてみた。手綱を取る下村瑠衣騎手は目下最下位でもあり、巻き返しに向けてチャンスが巡って来たといえよう。

同じく3連勝中のホクトジャガーは、当時は減量騎手が騎乗してのもの。今回は地元騎手では最上位となる、昨年リーディング4位の石川慎将(しんすけ)騎手とコンビを組むが、割引が必要とみて対抗評価。村松翔太騎手が乗るクイズリングテラスは、4連勝後に2戦続けて崩れたが、距離や相手関係の問題。多少戦いやすくなった組み合わせで巻き返し可能と判断し、単穴評価に持ってきた。

宮下瞳騎手が手綱を取るカシノリクノオウは、近走は成績が安定しないが、上位級でも実績を残している馬。流れ1つでまとめてまであると見て4番手に。近走安定している、木之前葵騎手が乗るクリオロまで押さえる。

佐賀競馬10レース「レディスヴィクトリーラウンド佐賀 第2戦」(C1-2組)

◎ (4)番 スラッシュ
○ (6)番 ツースターク
▲ (10)番 シゲルナマハゲ
☆ (8)番 ダノンサイクロン
△ (2)番 ブーケオブローズ、(3)番 サムソンズライト

<自信度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=D  3連複BOX=C


第2戦はC1級の1800m戦。このクラスの安定勢力にB級からの降級馬が加わって難解さが増したが、ポイントは距離適性と展開と判断。その結果、B級からの降級馬は全部ノーマークとしたが、それだけ際どい組み合わせと判断していただければと思っている。

本命は鈴木麻優騎手とコンビを組む、明け4歳のスラッシュ。3歳時にはロータスクラウン賞で4着など、トップクラス相手にも差のない競馬を披露しているだけでなく、その当時から距離経験が豊富な馬。また展開が紛れやすい騎手交流戦は、末脚勝負型であるこの馬に向く流れになるのではと見た。前走は末脚不発に目を瞑り、狙ってみたいと思う。

相手は下村瑠衣騎手が騎乗する、こちらも明け4歳のツースターク。中央未勝利から転入後、2戦2着が続いた後の前走で初勝利。まだ底を見せておらず、転入初戦で1750mをこなしたことから、距離も問題なさそう。スラッシュに期待をかけた分だけが対抗評価になったが、不発になれば当然アッサリの立場にいると見ている。

不気味なのはシゲルナマハゲ。佐賀転入後は1勝のみだが、掲示板を外したことがない安定味がこの馬の強み。しかも長い距離を選んで使われており、経験値が豊富なことも注目だが、何より魅力なのは転入後、全てのレースで手綱を取る山下裕貴騎手が引き当てたこと。手の内に入れているコンビで一発の目が出て来たと考え、単穴に抜擢した。

別府真衣騎手が手綱を取るダノンサイクロンは、佐賀の1800m戦が2戦2勝ということで、もっと評価を上げたかった存在。他馬を抜擢したことでこの序列になったが、上位陣と力量は互角だ。あとは極端な流れになった時に台頭しそうな馬として、単騎逃げが叶えば押し切る力がある、川島拓騎手ブーケオブローズに、先行馬総崩れになった時に間に合う目がある、山口以和(もちかず)騎手サムソンズライトにも印を回した。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)

このあと、年末年始特別体制の最終日として、本日行われるその他の競馬場のメインレース予想も掲載することにします。

広告
×
第1戦は本命馬が2着も、勝った馬がノーマークでハズレ。別府真衣騎手のレース運びの巧さが目立った1戦と感じた。
第2戦は▲○☆の順で入線し、馬複2560円・3連複1030円的中。狙ったスラッシュは4着だったが、印上位の各馬は期待通りの走りを見せたと思う。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。