2017年1月9日の注目レースPART4 笠松・園田・高知のメインレース予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2017年1月9日の注目レースPART4 笠松・園田・高知のメインレース予想

2017-01-08 23:50
  • 1
9日分の最後の記事となるこちらでは、笠松・園田・高知のメインレースを予想します。

笠松競馬10レース「ことぶき特別」(B1特別)

◎(本命) (9)番 ワイルドジーク
○(対抗) (3)番 マイネルボールド
▲(単穴) なし
☆(特注) (7)番 ウインステージ
△(連下) (8)番 エニシイチダイ、(10)番 カンテラガール

<自信度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=A  3連複BOX=A


ワイルドジークは昨年10月に転入すると、ここまでオール逃げ切りで4連勝。時計・内容とも優秀で、早く上のクラスでの戦いを見たいところ。ここは5連勝濃厚と見て、私も本命を打つ。

相手もまともならマイネルボールドで、向正面まくりで後続を千切った前走の走りが出色。元中央500万の実績もあり、まくりが嵌れば逆転する目も残していると見る。

底を見せていない存在にはウインステージもいるが、好位で立ち回れる点で印上位2頭を上回る。それが活きれば一角崩しの場面もありそう。あと3着候補として、エニシイチダイカンテラガールを取り上げておく。

園田競馬9レース「DASH心斎橋新春特別」(B1特別)

◎ (6)番 ブルーウィザード
○ (2)番 クラウドチェンバー
▲ (9)番 ラガーギアチェンジ
☆ (12)番 ジョウショウキセキ
△ (8)番 セイヴァイタル、(3)番 トウケイロイヤル

<自信度> ◎単勝=E  ◎○ワイド=D  3連複BOX=B


上位拮抗の混戦と見ているが、明け4歳のブルーウィザードで一発を狙ってみる。3歳馬同士の戦いでは逃げる競馬が多かったが、対古馬戦になってから差す競馬を覚えさせようとしている。そんな競馬が3戦続き、まだ成果が出ていないが、ソロソロ面白いのではないかと判断した。

相手筆頭のクラウドチェンバーはA2からの降級戦。A2では長い距離を使って崩れた部分もあり、距離を戻してきた点も含めて、巻き返し必至。注目は中央から転入初戦となるラガーギアチェンジ。当時のダート経験は少ないものの、一定の適正は披露していたのでアッサリまであるが、様子を見る意味で単穴評価に止めた。

昇級戦となるジョウショウキセキは、先行馬が揃った組み合わせで自慢の末脚が通用すれば、面白い存在に。相手なりに走れるセイヴァイタルに、休み明けでも地力上位のトウケイロイヤルまで押さえる。

高知競馬11レース「伊尾木洞特別」(C1-1組選抜特別)

◎ (8)番 ホクセツサンデー
○ (3)番 クァンタムギア
▲ (2)番 エポナジャスミン
☆ (4)番 テイクミーホーム
△ なし

<自信度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B


C1昇級後は快進撃が止まったホクセツサンデーだが、前走は前が止まらない流れもあった。このクラスでは格上的存在なので、小頭数となって前を捌きやすくなった今回は、巻き返し必至と見て本命を打ちたい。

対抗としたクァンタムギアは、道営A級の格を考えれば転入後3戦の走りはもどかしく感じるが、赤岡修次騎手に乗り替って前進を期待。穴ならスピードあるエポナジャスミンで、転入2戦目で粘りが増せば、残り目もあると見て単穴評価とした。

選抜戦では近走やや苦戦しているテイクミーホームだが、今回は好調馬が乏しい組み合わせ。このメンバーなら4番手評価には置いておきたいところ。この他の各馬もチャンスはあると見ているが、配当面などを考えればこれ以上手を広げることは難しく、4つ巴の予想とした。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)

明日以降の予定
1月11日 船橋記念(船橋)
1月12日 白銀争覇(笠松)

広告
×
笠松のメインは、△◎△で入線して馬複1040円・3連複2750円的中。ただし△の2頭は3着候補と見ていたので、この的中はあくまで形だけ。(競走除外があるので注意)
園田のメインは、8番人気のブルーウイザードが勝って単勝2090円・馬複4200円的中。想定した展開とは違っていたのでやや恥ずかしいが、園田の生え抜き明け4歳世代の層の厚さを改めて垣間見た。
高知のメインは、◎○▲で決着し、単勝170円・馬複320円・3連複1180円的中。印上位馬が力を発揮した1戦で、上のクラスでどれだけ戦えるのかも考えたいが。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。