• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

平均評価

クリックでコメントを表示

ストーリー

1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」、2作目「ハリー・ポッターと秘密の部屋」がともに驚異的な観客動員記録を打ち立て、日本の映画興行史における歴代の動員記録でも2作品が揃って5本の指に入るというモンスターぶりを見せつけた「ハリー・ポッター」シリーズ!驚異のメガヒットシリーズの3作目は、今までとは桁外れに違う新しい世界を切り拓き、さらなる伝説に挑む!

今回ハリーは外見も内面も驚くべき成長を遂げる13歳。ハリーもハリーを演じるダニエル・ラドクリフたちも今までにない劇的な変化を見せる。襲いかかる恐怖もこれまでとは趣を異にする。人のつらい記憶を探り出し、それを糧にする吸魂鬼「ディメンター」、死を予告する死神犬「グリム」など、新モンスターもかつてないリアルな不気味さで登場。半身半馬の「ヒッポグリフ」、人とのあいだを行き来する「狼男」。「夜の騎士バス」「怪物的な怪物の本」、「忍びの地図」、「ニンバス2000」を上回る最新仕様の「ファイアボルト」など、続々と登場する魔界の住人や新アイテム。そのいずれもが格段にグレードアップされたCG効果のもと、前作をはるかに凌ぐ魔法の世界を創り出す。なかでも圧巻は、嵐の中で繰り広げられる大迫力のクィディッチ・シーン。さらに魔法の村「ホグズミード」などの探検で、舞台はホグワーツの外へも広がりを見せていく。

13歳になったハリーを待ち受けるのは、かつてない危機と驚愕の真実。両親を死に追いやった凶悪犯シリウス・ブラックの脱獄に迫り来る恐怖。不吉な死の予言さえ告げられる中、ハリーが直面する両親の死の真相。今まで見えなかったものが見え始め、わからなかったことがわかり始める第3章。登場人物たちの真の姿がいよいよ解き明かされていく。1章目で彼らと出会い、2章目でその成長を見届け、3章目で初めて知る、彼らの存在の意味。壮大な物語の根底をなす、時を超えた人物相関図が、今、明らかになる!
HARRY POTTER characters, names and related indicia are tarademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) J. K. Rowling. Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (C) 2005 P of A Productions Limited. (C) 2004 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

スタッフ

監督:アルフォンソ・キュアロン 製作:デイビッド・ヘイマン/クリス・コロンバス/マーク・ラドクリフ 脚色:スティーブ・クローブス 原作:J.K.ローリング 音楽:ジョン・ウィリアムズ 撮影:マイケル・セレシン 編集:スティーブン・ワイスバーグ 製作総指揮:マイケル・バーナサン/カラム・マクドゥーガル/ターニャ・セガーチェン

キャスト

ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/トム・フェルトン/マイケル・ガンボン/ゲイリー・オールドマン