• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

世界的なプロダクトを生み出す日本の美的感覚:その61(2,006字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界的なプロダクトを生み出す日本の美的感覚:その61(2,006字)

2017-03-21 06:00
    1990年にスーパーファミコンが発売され、ハードの性能は大幅にアップした。
    ただ、この頃までに日本のゲームは、性能の低いファミコンにアジャストする中で、その独特の美的感覚を研ぎ澄ませてきた。だから、たとえ性能の良い新しいハードが出たとしても、すぐにはアジャストできなかったのだ。

    ファミコンにアジャストしたグラフィックの中で、取り分け進化したのが「ドット絵」だった。ドット絵は、少ない容量でも豊かな表現が可能だったため、デザイナーやグラフィッカーたちはここぞとばかりにその技法を研ぎ澄ませ、この頃には驚くほどの豊かな表現力を獲得するまでになっていたのである。

    その代表格といえば、スクウェア社が発売していたRPG作品だろう。中でも中心的な役割を果たしていたのが『ファイナル・ファンタジー』で、ゲーム性や物語性に勝る『ドラクエ』に対抗するため、自分たちの得意分野でもあったグラフィックにリソースを集中さ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。