• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

世界的なプロダクトを生み出す日本の美的感覚:その74(2,057字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界的なプロダクトを生み出す日本の美的感覚:その74(2,057字)

2017-06-20 06:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    日本には、きわめて突出した三人のクリエイターが存在する。マンガの手塚治虫、アニメの宮崎駿、ゲームの宮本茂である。この三人はあまりにも突出していたため、「出る杭は打たれる」とはならず、むしろ「出すぎた杭は打たれない」となった。

    そのため、これら三人の共通項を見出すことができれば、すぐれたクリエーション、もしくはすぐれたクリエイターの育成を再現することもできるのではないか。出過ぎた杭を生み出すことができるのではないか?
    そう考えて、今回はこの三人の共通項について考えてみる。


    この三人共通項といって、まず思いつくのがその美的感覚である。
    手塚治虫も宮崎駿も、当然ながら絵が上手い。宮本茂の絵が一般に公開されることはほとんどないが、彼がデザイナー出身だったことはよく知られている。初期のマリオやゼルダのデザインはほとんど彼がした。

    さてしかし、単に絵が上手いだけとなると、彼ら以上の存在はたくさんいる。
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。