• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「きみは勉強ができないんじゃない、勉強の仕方を知らないだけなんだ」第27回(1,637字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「きみは勉強ができないんじゃない、勉強の仕方を知らないだけなんだ」第27回(1,637字)

2017-09-14 06:00
    ヘウレーカの快感を味わうためには、まず「分からない」を通過しなければならない。料理を美味しくする最大のこつはおなかを減らすことだというが、ヘウレーカもこれと同じで、まず「分からない」という煩悶がなければ、快感にはなりえないのである。

    しかしながら、人はその苦痛になかなか耐えられない。「分からない」というのは元来、好奇心旺盛な人間にとっては最大の苦痛ともいえ、それに対する耐性はそもそも備わっていないのである。

    おかげで、ほとんどの人はすぐにそこから逃げてしまう。その逃げるとき、最もポピュラーな方法はいわゆる「酸っぱいブドウ」だ。心理学用語では「防衛機能」ともいうのだが、そこで「知的好奇心を満たす必要はない」あるいは「満たしたとしても対して快感は得られないだろう」と自分自身を騙すのである。自己暗示をかけて傷つかないようにするのだ。

    驚くべきことに、この自己暗示は方法を習ったことのない子供でもす
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。