• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

なぜ勉強するのか?:その8(1,648字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜ勉強するのか?:その8(1,648字)

2018-02-15 06:00
    人間にとっての学問は「歴史」から始まりました。村落に伝わる歴史を紐解いていくと、そこから浮かび上がった事例のいくつかに、今起きている問題の解決に役立つものが見つかったからです。そのため人は、どんどんと歴史を学ぶようになりました。

    その過程で、新たな問題が立ち上がりました。それは「解釈の難しさ」です。
    歴史は、ときに解釈が簡単な事例もありますが、ほとんどが難しいものばかりです。「人感万事塞翁が馬」の諺通り、それをどう解釈したらいいのか、悩まされることが数多くありました。

    そのため人は「解釈の精度」を上げる必要が出てきたのですが、その過程で発達したのが「言語」と「学問」でした。
    まず「言語」は、考えるための道具です。言葉がないと、考えることすなわち解釈もままなりません。例えば「矛盾」という言葉がないと、矛盾した事象を解釈できないのです。そうした理由で言語がどんどんと発達していきました。

    もう一
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。