• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

なぜ勉強するのか?:その25(1,587字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜ勉強するのか?:その25(1,587字)

2018-06-14 06:00
    人間の脳は、そもそも曖昧さに対応するよう作られています。そのため、厳密なものごとを処理するのは苦手なのですが、しかしそれは、逆に利点が多いことでもあるのです。

    例えば、曖昧な脳は人の顔を判別するときに役立ちます。
    そもそも、人間の顔というのは毎日少しずつ違っています。髪が伸びたり、体重の増減があったりするからです。
    そのため、もし人間の脳が厳密だったら、同じ人でも昨日と顔が少し違っているので、「違う人」と認識してしまう危険性があります。その意味で、厳密さは融通が利かないところがあるのです。

    しかし人間の脳は、ものごとを厳密に判断しません。それよりも、曖昧さを重視しています。
    ですから、昨日と多少違っていても、「似ている」という曖昧さを感知できるため、同じ人だと判断することができるのです。

    人間の脳は、そもそもキャパシティに限界があります。そのため、顔を正確には覚えられません。その人の顔にほくろがいくつ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。