ざっくり戦闘指南まとめ@サガスカ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ざっくり戦闘指南まとめ@サガスカ

2016-12-19 04:36



     ここの姉さま加入を見送ったら何故かぼったくり船乗りが仲間になって爆笑したうさぎです。しかも肩書が「怪しい男」だよw

    なおストーリーの方はまだあんまり進んでません。寄り道しまくってるしー



    炭鉱夫を脅しまくって素材集めとか丸一日やってたりしてたので(笑)あと貧乏性なのでこまめにLP回復させようとムダに戦闘重ねちゃうんですよね。でも寄り道しすぎると何の脈絡もなく初見殺しリザーブコンボ(後述)で全滅させられたり、easy1戦に見せかけて4連戦(最後hard)させられたり、挙句の果てに


    LP1まで減らされる罠イベントとか殺意高くてまじヤヴァくてたのしいですw

    まあでもこのゲームの醍醐味である戦闘はたっぷり研究したので今回はその話。ゲーム内TIPS
    とかそこらの攻略サイトとかぶってもしょうがないので要点なるべくまとめていきます。


    *戦闘準備編

    (1)基本的な編成と育成方針
     サガスカはLP回復を行う都合上予備メンバー育成が必須。こまめに入れ替えをして育成をしましょう。またその際以下の事に注意するとローテしやすい
      ・前衛向けキャラのピックアップ。高LP、得意武器に挑発やプロテクト技あり、盾持ち等
      ・武器の斬打突の偏り。技が増えると多少無視できる
      ・技の種類の偏り。特に遠隔攻撃は一人は必要
    (2)ロールとサブ武器
     ロールは2種以上の武器の技習得で覚えられることが多いがある程度技と熟練度ないと戦力にならないので2種くらいに絞る。LP回復のザコ戦周回の時とかに1~2人持ち替えてちまちま技覚えるのが効率的。スキルレベルは低いと火力落ちるけどすぐ上がるので気にしなくてもいい。
    (3)武器強化
     ひらめく技は武器ごとに指定された系統で決まっている。この系統は強化の派生によっては変化するのでよく見る事。最初に持っている予備武器も場合によっては使ったり強化しなきゃいけないので大事にすること。特に大剣は初回特典のアイスソードあるからって浮かれないで初期装備も使おう(つかあの剣ガード率が低い罠武器でもある)いらない武器を強化して鍛冶レベルを上げる足しにも出来る

    *戦闘基礎編(各特殊技解説)

    (1)バンプ技
     バンプの用途は攻撃前の敵の行動順を遅らせて味方を先に行動させる他、タイムラインで連続してる敵の末尾を孤立させたり敵同士の真ん中で死にかけてる奴が連撃や全体攻撃のとばっちりで死んで敵の連撃が発動しないように押し出したりもできる。ただし攻撃した後にどこまで押し出されるかは事前にわからないので間違えて不利になっても泣かない。
    (3)インタラプト技
     最大の利点は自分の行動順(運動性)を無視できる点。インタラプトしても敵は行動するのでそのタイムライン移動と技自体の副次効果がメイン。余談だけど例えば打対応のインタラプトを同ターンに二回行動させることはできない(敵が二回打攻撃しても)かたっぽ不発になる。その他相手のリザーブ技の種類を特定する(斬打突の場合)なんて使い方もある
    (4)遠隔攻撃
     リザーブ技を解除する時の注意が、インタラプトは対応属性を使うと先に発動されるということ。具体的には弓で撃ったら突対応のインタラプトを先に食らう。つか突未対応のカウンターを潰されると突対応のインタラプトに切り替えるという行動パターンの敵が実際存在して全滅しました。突以外の遠隔攻撃は殆どないので突インタラプト使う敵は覚えておきましょう(ゴブリンとか)
    (5)挑発技
     ちょっと変わった使い方として挑発使った味方にプロテクト技をかけて確実に防ぐという使い方がある。てゆかディフレクトはこれを使って熟練度上げないとBPが重い。その他素手と大剣は挑発とカウンター両方持つので挑発してカウンター使うマッチポンプ戦法がある(ただしカウンターは確率発動)
    (6)各種状態異常とバフデバフ
     TIPSにもあるが状態異常の相手や事前に状態異常をミスった相手には状態異常が効きやすい。また敵の思考にスタンマヒなど行動止まる状態異常は自分より行動遅い相手を狙うルーチンがちゃんと存在するため行動遅い大剣や斧は行動潰されやすい。またバフデバフは相殺や重ね掛けが有効
    (7)術の利点と使い方
     術は威力どうこうと言うより発動ターンのBPコスト(+無防備になるリスク)をストックして指定ターンに吐き出して火力に緩急をつけるといった方が正しい。また敵の総BPの少ない最初の方で使うと妨害受けづらい

    *戦闘実践編

    (1)基礎戦術
     味方の被害を減らし、確実に敵の頭数を減らしていくことが大事。具体的には以下の条件の敵をボコる。
      ・一番早くか一番遅く行動する
      ・タイムラインで味方が囲んでいる、味方を孤立させている
      ・ダメージを受けている、状態異常や詠唱中
      ・厄介な状態異常を持っている
      ・植物系(後述の理由)
    (2)BP分配
     行動しないキャラは防御状態になり生存率が上がるので全員で殴るより1~2人で大技使う方が安定性は上がる。ただ防御は武器ガードが発動するだけなので盾持ちやガード率が低い武器はそこまで効果がある訳じゃない。これは逆に敵にも言えるので防御していようと囲んでボコるとあっさり落とせたりする
    (3)植物系を優先的に殴る理由
     最も低消費の特攻技(斧の初期技)があり、その他棍棒のヒートビートも効く(どちらも2BP)耐性も弱いので低BPで倒しやすい為。
    (4)以上を踏まえた最初のターンの行動
     初期BPで頭数を減らすことは難しいのでなるべくダメージの高い技をタイムラインの最初か最後の敵に当てる。植物族居るなら4BPでも十分倒せるので狙う。その他バフ技や術などを妨害の少ない内に使う
    (5)敵の行動の阻止
     マヒやスタンを狙うより、とりあえずバンプしてから殴り殺した方が確実な場合も多かったりする。ただし熟練度上がって消費BP減るとその限りではない。あと敵種別に耐性が決まってるのでTIPS見てよく覚える
    (6)連撃は喰らわせるより喰らわない
     連撃は発動対象がランダムなので場合によっては連撃され返してむしろ被害が増える場合もある。そうでなくても味方を倒される→敵連撃でさらに被害はなるべく避けたいので味方のダメージは分散し(プロテクトなど)、敵へのダメージは集中させる


    あとまたなんか思いついたら追記します。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。