アイマス年表002(2003/09-2004/02) 中村繪里子のとんでけテケテケ!での発表~AOU2004で筐体4台出展
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイマス年表002(2003/09-2004/02) 中村繪里子のとんでけテケテケ!での発表~AOU2004で筐体4台出展

2013-02-18 20:56
    2003年9月12日:RADIO(中村繪里子のとんでけテケテケ!)

     ウェブラジオ番組『中村繪里子のとんでけテケテケ!』第33回がGeeSTORE.comにて配信された。番組パーソナリティは、中村繪里子。
     中村が、アイドルマスターのヒロインである天海春香役に決定したことを発表。携帯サイト『声優グランプリi』にて連載していたコラム『中村繪里子のはるかなる野望』でも同様に春香役に決まったことを発表した。
     ちなみに、ラジオ本編中にて語られているコスプレデビューとは、この年の夏コミでジーストアブースの売り子をシスター姿で行ったことを指している。

    関連動画:『中村繪里子のとんでけテケテケ!』第33回




    2003年9月24日:itv24.com(ぷちリセ-Petit Lycee-)

     ウェブ動画番組『ぷちリセ-Petit Lycee-』第2回がitv24.comにて配信された。番組パーソナリティは、中村繪里子、たかはし智秋。
     番組パーソナリティの2人が出演するゲーム『アイドルマスター』を紹介。番組中で紹介されたアイドルマスターのポスターには『COMING SOON!!』と記載されていたが、開発真っ只中である。

    関連動画:『ぷちリセ-Petit Lycee-』第2回




    2003年9月30日:MAGAZINE(月刊アルカディア)

     アーケードゲーム専門誌『月刊アルカディア』2003年9月号がエンターブレインから発売された。価格は680円(税込)。アイドルマスターの情報が掲載された。

    関連サイト:エンターブレイン / 月刊アルカディア2003年9月号



    2003年10月17日:RADIO(中村繪里子のとんでけテケテケ!)

     ウェブラジオ番組『中村繪里子のとんでけテケテケ!』第36回がGeeSTORE.comにて配信された。番組パーソナリティは、中村繪里子。
     中村が歌う『太陽のジェラシー』が番組内で初披露された。

    関連動画:『中村繪里子のとんでけテケテケ!』第36回




    2003年11月21日:RADIO(中村繪里子のとんでけテケテケ!)

     ウェブラジオ番組『中村繪里子のとんでけテケテケ!」第39回がGeeSTORE.comにて配信された。番組パーソナリティは、中村繪里子。ゲストは、若林直美。
     アイドルマスターのプロモーションビデオを見たリスナーから、ビデオで流れていた主題歌『THE IDOLM@STER』の歌詞を書き起こしたものが送られ、答え合わせとして、中村・若林の2人で実際に主題歌が歌われた。



    2003年12月25日:ラジ@(らじにょ)

     インターネット放送局『ラジ@』で生放送された『らじにょ』に、中村繪里子、今井麻美、落合祐里香が出演した。番組内でアイドルマスターを紹介。中村、今井、落合の3人で主題歌『THE IDOLM@STER』を披露した。ちなみに、その他の出演者は、ショッカーO野・吉田真弓、森永理科、中島沙樹、伊月ゆい、笹島かほる、又吉愛、吉住梢と、ナムコサウンドスタッフ(佐々木宏人、神前暁、中川浩二)。

    関連動画:『らじにょ』(中村、今井、落合出演部分)




    2003年12月26日:GAME(アーケード版アイドルマスター)

     ゲームタイトルである『アイドルマスター\THE IDOLM@STER』が商標登録された。



    2004年1月17日:EVENT(アニメエキスポ東京)

     アニメエキスポ東京にて、インターネット放送局『itv24.com』で放送されていたウェブ動画番組『アギュー』の公開録音イベントが開催された。出演は、おたっきぃ佐々木、中村繪里子、今井麻美。ゲストは、下田麻美。
     司会のおたっきぃ佐々木と下田が、アイドルマスターのゲーム紹介を行った。佐々木から歌の話題を振られた下田が、アイドルマスターの曲に関して「かなり名曲?…名曲じゃないけど…これから名曲になるようなね!」と、しどろもどろに語った。
     アイドルマスターミニコンサートとして、中村による『太陽のジェラシー』、今井による『蒼い鳥』、中村・今井による『THE IDOLM@STER』の計3曲が披露された。

    ライブセットリスト:
    M01:太陽のジェラシー(ショートVer.) 中村
    M02:蒼い鳥(ショートVer.) 今井
    M03:THE IDOLM@STER(ショートVer.) 中村・今井

    関連動画:『アギュー』公開録音(ライブ+ゲーム紹介、本来の時間軸では順番が逆)




    2004年2月20,21日:EVENT(アミューズメントエキスポ)

     『アミューズメント・エキスポ2004(AOU2004)』が幕張メッセにて開催された。アイドルマスターの筐体が4台出展され、ゲームをプレイすると先着100名限定で各アイドルがデザインされた缶バッチ1個を貰うことができた。ゲームの開発度はこの時点で約20%。

    関連サイト:電撃オンライン / アイドルを育成!ナムコ、『アイドルマスター』を参考出展
    関連サイト:ファミ通.com / ナムコブースには『湾岸ミッドナイト』最新作が!
    関連サイト:GAMEWatch / AOU2004ブースレポート
    関連サイト:ITmedia / AOUナムコブースに湾岸ミッドナイト新作登場だよーッ
    関連サイト:ARCADIAMAGAZINE.com / 出展ビデオゲーム機一覧




    【あとがき】
     アイマス年表第2回目は、『中村繪里子のとんでけテケテケでの発表』から『AOU2004で筐体4台出展』までを紹介しました。

     2004年にゲームが稼働予定ということで、広報活動が目立ってきた頃となります。その広報活動を行うのが、アイドル役の声優さん達。本来であればこういった仕事はナムコの広報の方が行う仕事のように思いますが、これこそがアイドルマスターの重要な要素なのだろうと思います。アイドルマスターのプロモーションビデオにも声優さん達が紹介されていることからして、このコンテンツとともにゲーム、そして演者も売り出していく展開を最初から考えていたのかもしれません。

    アイマス年表001へ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。