• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ・メルマガ

  • ネットハイ

    俺らがゲームに、なりました。  いえ、去年の今日、11月26日、丁度一年前に発売したゲームなので、正確には「なっていました」。  それが今回ご紹介する『ネットハイ』。

    2016-11-26

    • 13 コメント
    ダウンロード
  • 秋だ一番! 男性学祭り!!(その2.『男子問題の時代?』)

    ボクはフェミクマ。 「ジェンダー規範」に則った悪しき行動を行う者たちをバングルでバンバンやっつけていく正義の味方なんだ。 ピルつきよりも正義だよ?

    2016-11-20

    • 4 コメント
    ダウンロード
  • 秋だ一番! 男性学祭り!!(その1.『非モテの品格』)

    杉田俊介師匠の奇妙奇天烈摩訶不思議な「男性批評」。 近年の「男性学」と称される一群の人権ポエムと同様、「男性の味方をする」と自称しつつ「フェミ棒」で弱者男性を狙い撃ちにしているだけの書です。 恐らく本書は「ダブルスタンダード」の実例として、歴史に名を残すことでしょう。

    2016-11-13

    • 4 コメント
    ダウンロード
  • お知らせ

     ネットマガジン『 ASREAD 』様でちょっと書かせていただきました。 「 『君の名は。』は女の子向け『シン・ゴジラ』である。 」です。 『君の名は。』が何故ここまで人気になったのか……がテーマですが、マニアックすぎて記事に組み込まなかったことを少しここに記しておけば、『君の名は。』は『トリプルファイター』である、とも言えるのでは、というのがぼくの考えです。 『トリプルファイター』は1972年に放映された変身ヒーロー番組。  三人の兄弟、グリーンファイター、レッドファイター、オレンジファイターが合体変身し、トリプルファイターとなって敵をやっつける物語ですが、各々がそれぞれ頭脳、力、そして心を司るとされます。  心を司るオレンジは紅一点であり、同時期の『魔神ハンターミツルギ』でも、また『ウルトラマンA』、『アイゼンボーグ』でも男女合体変身の際、女性が愛や心を司るのがお約束となっておりました。 「男女が協力することで初めて完全体となる」的な発想は、普遍的な感覚と言えるわけです。 『トリプル――』は低予算の10分番組であり、正直大した作品ではありません。ちょっとカネのかかった『レッドマン』レベル。  しか...

    2016-11-08

    • 4 コメント
    ダウンロード
  • 秋祭りだよ! 石坂啓

      ゲンロンデンパ3  THE END OF フェミヶ丘学園 絶望編  ――俺の名は絵炉川湖南(えろかわこなん・声:高山みなみ)。  超高校級の???の持ち主。記憶喪失で、自分の才能すらもわからない男だ。  入学した者が将来を約束されるという、フェミヶ丘学園の門を叩いた俺だったが……しかしどういうわけか南海の孤島へとワープして、ミサンドリアイ修学旅行を強要されてしまった。  学園長を名乗るのは、右と左で雄と雌に別れたあしゅら男爵のようなぬいぐるみ、フェミクマ(声:TARAKO)。  そんな絶望的な状況の中、フェミニズムの反社会性を身を持って知っていった俺たちだったが、超高校級の女流エロ漫画家・小左右田手似非良子(こそだてえせいこ・声:茅野愛衣)はフェミニストの児童虐待を擁護し出した――。 フェミクマ「それじゃあ今回のフェミ裁判のテーマは『石坂啓は児童を虐待したか』だよ!」   フェミ裁判開廷!!  テーマ『石坂啓は児童を虐待したか』   議論開始!! 小左右田手「ふええぇぇぇ……フェミニズムは全ての弱者の味方ですぅ! そんなことするわけないじゃないですかあぁぁぁ~~~~!!」 絵炉川「初っ端か...

    2016-10-22

    • 6 コメント
    ダウンロード
  • お知らせ

     ネットマガジン『 ASREAD 』様でちょっと書かせていただきました。 「 サブカルがまたオタクを攻撃してきた件ーーその2 オタク差別、男性差別許すまじ! でも…? 」です。  前回のものの後編。 「ミサンドリー」、或いは「男性差別」という言葉に対して、現状では最も突っ込んだ分析がなされております。  ともあれご一読いただければ幸いです。

    2016-10-18

    • 2 コメント
    ダウンロード
  • お知らせ

     ネットマガジン『 ASREAD 』様でちょっと書かせていただきました。 「 サブカルがまたオタクを攻撃してきた件ーーその1 トランプを支持するオルタナ右翼とは? 」です。  タイトルだけでおわかりかと思いますが、また町山さんがなさった軽率な発言についてのツッコミです。  そして、「その1」とあるようにこれは前後編になっており、近日公開の「その2」では「ミサンドリー」という言葉に対するぼくのスタンスを明らかにします。  考えるとこの「ミサンドリー」という言葉、一番流布しているのが「表現の自由」界隈、言い換えればフェミを取り込もうとしている人たちであることに、何らかの意図を感じないでしょうか……?  ともあれご一読いただければ幸いです。

    2016-10-14

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • ムスコン

    目下、「ムスコン」という言葉が話題になっております。  元は『週刊ダイヤモンド』の記事らしく、「 「息子の初体験は私が!」暴走する“ムスコン”母はなぜ生まれる 」というタイトルだけでもうおなかいっぱいという感じですね。  もっとも、この記事内 *1 でも「特に目新しい話ではない」というカウンセラーの言葉が載っているように、元から日本人は母子関係が非常に濃密な民族であり、この傾向自体は今に始まったことではありません。

    2016-10-07

    • 6 コメント
    ダウンロード
  • 弱者性と強者性は転倒する? 『絶対絶望少女』の先進性に学べ!

    というわけで、『絶対絶望少女』です。  本作は『ダンガンロンパ』の外伝で、発売自体は二年ほど前の作品。ですが、目下絶惨放送中の『ダンガンロンパ3』に本作のキャラクターたちが登場したのを見て、ちょっとまとめておこうと思い立ちました。  後、ヒット数を稼ぐため、○○師匠を彷彿とさせるセンスのない週刊誌のリード文風タイトルをつけてみましたが、いかがでしょうか?

    2016-09-17

    • 4 コメント
    ダウンロード
  • KTBアニキを含め全てのフェミニストは、バッドフェミニストである

     黒人フェミニスト、ロクサーヌ・ゲイ師匠による、「バッドフェミニスト」という概念を提唱した記事が話題になっています *1 。  私の好きな色はピンクです。ファッションマガジンを読んでかわいい物を見るのも好きです。『The Bachelor』やロマンティック・コメディを観たり、おとぎ話が現実になるようなばかげた幻想も抱いています。

    2016-08-28

    • 4 コメント
    ダウンロード

Twitter

生放送

放送済みの番組はまだありません。

動画

7:56

ドクター差別と詰られし者たち

再生3,061 コメ488 マイ3