• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 弱者性と強者性は転倒する? 『絶対絶望少女』の先進性に学べ!

    2016-09-17 22:162

    56233992f0c351672b2d04b712bc4c5c58a2813b

     というわけで、『絶対絶望少女』です。
     本作は『ダンガンロンパ』の外伝で、発売自体は二年ほど前の作品。ですが、目下絶惨放送中の『ダンガンロンパ3』に本作のキャラクターたちが登場したのを見て、ちょっとまとめておこうと思い立ちました。
     後、ヒット数を稼ぐため、○○師匠を彷彿とさせるセンスのない週刊誌のリード文風タイトルをつけてみましたが、いかがでしょうか?

    *     *     *

     以前にも、ぼくは本シリーズの腐川冬子罪木蜜柑という、二人の女子キャラを採り挙げ、作り手(シナリオの小高さん)について「女災について並々ならぬ洞察を持つ人物」と評してきました。
     腐川はこじらせた喪女で、エロを嫌っているテイを取りつつ、「私にいやらしいことをするつもりでしょう、××するとか!」と被害妄想を募らせることで専ら自分だけが相手にエロ話を振っているという、「超高校級のセクハラ冤罪」でした。
     罪木は気の弱いいじめられっ子で、被害者としての性格の強いキャラでしたが、学級裁判で追いつめられると「私のことが嫌いだから疑うんですね」と理論を超えたことを言い出して周囲の同情を買い、状況を有利に持って行く「超高校級の女子力」でした。
     端的に言えば、「被害者」として振る舞うことに成功している罪木は「一般女子」、失敗している腐川は「フェミニスト」であるとまとめてしまうことができそうです。

     こうした女性性への鋭い洞察は、本作においても十全に発揮されております。
     もっとも、本作の見かけ上の構造は、基本的には「大人vs子供」なのですが。
     本作の悪役は「希望の戦士」と名乗る五人の子供たち。彼らは他の子供にモノクマ型ヘルメットを被らせて洗脳、「モノクマキッズ」として手駒に使い、また量産型モノクマを街に投じ、大人たちを大量殺戮します。彼らはそれぞれが親からの虐待を受けており、大人を「魔物」と称して激しく憎んでいます。「魔物」を殲滅し、「子供の楽園」を作ることが、彼らの目的なのです。
     ――ぶっちゃけておくと、本作は全体的な評価としては否定的な意見も散見されました。そもそもがTPSとしていささか微妙である点。モノクマが単なる「量産機」として安っぽく使われた点(いろいろなコスプレモノクマが出てくるのは可愛くて楽しいのですが、さすがにゾンビ型はNGでしょう)。
     またこのゾンビモノクマが象徴していますが、本シリーズのキャッチフレーズであるはずの「サイコポップ」からポップさが抜け落ちてしまっている点。「コミカルさの中にインモラルさを隠す」のがサイコポップだと思うのですが、本作ではあまりにも陰惨な大量殺戮が延々と描かれ、ただの残酷趣味に堕しています*1
     また、そこまで挑発的意欲的なテーマを扱っておきながら、正義側によりにもよってジェノサイダー翔が配され、しかも当人の殺人鬼としての過去についてはあまり深くつっこまれない点など、ぼくも気になりました。
     が、それはまあ、置きましょう。

    *1 これはギャグ要素の希薄な『ダンガンロンパ3』では更に顕著になっており、ここ数話で完全に一線を越えてしまいました。

     本作に登場するキャラクターの白眉と言えるのは、やはり「希望の戦士」のトップであるモナカでしょうか。
     車椅子に乗った小学生女子、しかも異母兄弟にいじめられて育ったという、「超小学生級の弱者属性の乗っけ盛り」。序盤から「可哀想な子供って、最強なんだよ」と豪語し、自覚的に自らの弱者属性を武器に使います。最終的には主人公に対し「子供たちの殺戮行為を止めるにはこれしかない」とモノクマキッズを殺させるよう誘導し、「大人と子供の戦争」を引き起こさせようとするのですが、そこでも「子供の被害者って、そこまで強烈なんだよ」と、それによって世論が冷静さを失うことをも作戦に織り込んでいるのです。ここには当然、既に子供によって大量に作られた大人の死体の山に、それが勝るという計算が働いているのですね。それは丁度、「ミソジニー」という言葉の方が、「ミサンドリー」という言葉に比べて相手を遙かに感情的にさせるのと、全く同様に(伏線)。
     この終盤、彼女は実は異母兄弟からの虐待はさほどでもなかった(自己申告で盛っていた)ことをあどけなく吐露、また主人公たちの前で車椅子から降りて、自分の脚で立ってしまいます*2。つまり自らが完全に作られた、偽の弱者であったことを、呆気なく明かしてしまうわけです。
     さて、ところでモナカは「希望の戦士」の実質的なリーダーなのですが、決してリーダーであるとは名乗りません。モナカ以外のメンバーは大門大、煙蛇太郎、空木言子、新月渚と、言子を除いて男子で構成されています。メンバーたちはモナカを「ぼくたちのお姫さま」と称し、この組織は「オタサーの姫」を頂いた「オタサー」としての性質を持っているのです。
     実のところリーダーを名乗っているのは大門大であり、彼は『コロコロコミック』の主人公でも務めそうな男性ジェンダーに忠実なキャラで、リーダーシップを発揮しようとするのですが、一方、モナカは序盤から駄々をこね出すと聞かず、結局は彼女の思い通りにことが運ぶ様が描写されます。本当に舵を取っているのは肩書き上のリーダーではないぞとの描写が、ここではなされているのですね。
     もっともこの大は第一章で倒され、退場してしまいます。それ以降は新月渚が二代目リーダーを受け持つのですが、彼はナイーブな天才少年キャラ(それこそ『コロコロ』ならライバル役です)で、終盤に入り、モナカとはややミゾが生まれます。
     大人からの虐待から自分たちを守るため、「子供の楽園」の建設を最優先事項と考える渚に対し、モナカは実のところ、江ノ島盾子(『ダンガンロンパ』シリーズを通してのラスボス)に魅入られた愉快犯的人物。「子供の楽園」の構想そのものが、実のところ彼女にとってはどうでもいいものでした
     渚は「親の期待に押しつぶされた子供」である、少なくとも本人はそのように認識しているのですが、モナカは彼を平然と裏切っておいて、「本当は誰もあなたに期待していなかったんじゃないの?」と問いかけます。と同時に彼へと口づけ、「モナカが好きなんでしょ?」と女子力を武器に使うのです。男性原理的な彼の理念、構想、その根本にある彼のアイデンティティを全て叩き潰し、骨抜きにして、女子力の一点突破で彼を傀儡と化してしまうわけです。
     江ノ島盾子は「絶望教の教祖」といった趣で、やや観念的に過ぎる存在でしたが、それに比べモナカは非常にリアルで、それだけに凶悪なキャラクターであると言えます。

    *2 ただしこれは、単に「障害者を悪役にすることのタブー視」があったためとも、それを逆手に取った手法とも言えます。余談ですがモナカはラスト、瓦礫の下敷きになっており、明示はされませんがその後は、本当に下半身不随になったと思われます。
     更に更に余談ですが、ピー・プロダクションはこの「下半身不随の悪役」というモチーフにやたらこだわる会社で、『スペクトルマン』の初期設定では猿人ゴリが「万能椅子によって高い知能を得るが、反面給付として下半身不随に」とされていたのが、放送上不適切ということでなかったことにされ、『風雲ライオン丸』では幹部アグダーが両脚を切断されているがため、万能兵器の六能陣車で移動するという設定ですが、この脚については明確な描写はほとんどされず、また『電人ザボーガー』では「健常者のクセに何か、趣味で車椅子に乗っている」悪之宮博士がラスボス、といった具合です。

     さて、彼ら「希望の戦士」は希望ヶ峰学園初等科の問題児であった、と設定されています。言うまでもなく希望ヶ峰学園は『ダンガンロンパ』シリーズの舞台。苗木誠など、シリーズ本編のキャラクターたちは超高校級の才能を持った者として同校にスカウトされてきたと設定され、この「才能」というファクターは本シリーズのテーマとなっています。
     しかし本作の主人公は何ら才能のない普通の少女、苗木こまる。彼女が「超高校級」である腐川冬子とペアを組むことで、才能のある者とない者との対比がテーマとして描かれるのです。こまるは「普通」であり、そのため、「超高校級」の才能を持つ腐川に再三、依存する様が描かれます(ただし、ジェノはともかく腐川の才能はあくまで「文学少女」という本件と関わらないものであり、その彼女へとむしろ元気で身体能力の高そうなこまるがやたらと依存するというのは、正直テーマとキャラ設定とが噛みあっているとは言い難いように思いました)。
     また一方、本作では子供たちに襲撃された大人たちが、難を逃れ地下に潜んでいます。「レジスタンス」と名乗っていますがそれは名ばかり、反撃に出ようともしない彼らを腐川は物語当初から難じ、こまるもまた中盤で一喝します。
    「普通の、何者でもない、弱い人間であることを言い訳に、いつまでも被害者ヅラをするな」。
     こまるの檄は当然、腐川に依存し続けていた自らへの叱咤でもありました。
     これまた、正直、ドラマとしてはどうかと思う部分はないでもありません。少なくともこの段階で、大人たちは子供に対抗する手段を持っておらず、また子供たちの襲撃から物語の時間は、どう多く見積もっても数日しか経っていないのだから、「今は雌伏の時だ」との大人たちの言い分にも充分、理があるように思えますから。
     しかし、こまるの依存に対し、腐川がいかに「超高校級」と言えど自分だって怖いのだ、いっぱいいっぱいだと吐露する場面などもあり、強者も弱者も同じ人間には変わりがない、強者にばかり依存し、強者のせいにばかりし続けるのはどうなんだというテーマは(上には噛みあってないと書きましたが)本作を貫くものになっていたように思います。
     本作は「子供vs大人」の物語です。
     が、ここまで見てくると、同時に「弱い強者vs強い弱者」の物語であることも、わかってきたのではないでしょうか。

     ――いきなり話題が飛びますが、目下、『広がるミサンドリー』を読んでいるところです。そう、久米泰介師匠、待望の翻訳書ですね。
     実のところ大著であることに加え、大変に読みにくい文章でレビューできるのがいつの日か、ちょっと見当がつかないのですが、ぼくとしてはこの「ミサンドリー」という言葉を濫用することには、慎重でありたいと思っています。それは要するに「男性差別」という言葉に対する忌避感と同じく、「分が悪いから」という理由に尽きます。
     本作ではモナカが再三、「可哀想な子供は最強」「子供の被害者はそこまで強烈」と繰り返すのと対照的に、大人たちは「私の妻も子供たちに殺された、恐ろしい!」「助けてくれ!」とただひたすら「子供に」怯え続ける様が描かれます。しかし、いかに子供たちがモノクマという超兵器を持っているからとは言え、(上には理があると書きましたが)「ただ怯えて救いを求める大人」を助ける人は、誰もいないのです。仮に街の外部からの介入がなされたら、外部の者は「被害者は子供」だと判断するだろう、とのモナカの推測は示唆的です。
     フェミニストやその信奉者が「ミソジニー」という言葉を使う時の自らの無謬性への盲信は、モナカの言葉と「完全に一致」しています。それは「我こそは弱者という最強の存在なり」という揺らがぬ自信です。
     一方、ぼくたちが「ミサンドリー」という言葉を発する時のドヤ顔に潜んでいるのは、「理論上、我々は正しいことを言っているのだ」との姑息な計算です。
     しかしそんな姑息なリクツが彼ら彼女らの情念に勝てるとは、ぼくには思えません。
    『広がるミサンドリー』は序盤を読む限り、フェミニズムの「ミソジニー」についての研究を称揚し、「ならば次はミサンドリーの番だ」と説く書です。恐らく著者は、ジェンダーフリーをこそ、起死回生の策として考えているのではないでしょうか。
     しかし、それにあまり意味はありません。
    「男性差別」から俺たちを救ってくれと漠然と上を向いて救いを乞うても、恐らく救いの手は差し伸べられない。外部――この場合は例えば政府などを想定すればいいでしょうか――は相手をこそ被害者であると判断するだろうとのモナカの推測は、正しい。仮に男子と女子とが対立していて、男子の方こそが被害者であったとしても、外部が男子の肩を持つということは、非常にレアケースと考えざるを得ないのです。
    「ミサンドリー」という概念は、非常にラディカルです。
     しかしそのラディカルさをわきまえず、ただ「ミソジニー」への対抗概念として持ち出すのは、愚の骨頂です。
    「ミソジニー」という言葉の本質は繰り返す通り、「人間の精神の自由など認めぬ」との彼ら彼女らのおぞましい本音の表れであり、また「私は愛されて当然、そうでなければ差別として糾弾してやるのだ」との彼女らの幼稚で無自覚な「被愛妄想」の表れでした。
     翻って「ミサンドリー」とは「男性は女性よりも愛されない」というジェンダーの本質的な傾向です(その意味で、「ミサンドリー」は実在しますが、「ミソジニー」は非実在です。まるで非実在概念の二次概念であるかのように扱うというやり方は、本当に、致命的にまずいのです)。
     ぼくたちに必要なのは「ミソジニー成金」であるフェミニストに「乗っかる」ために、「ミサンドリー」という言葉を振り回すことではない。
     必要なのは「ミソジニー」という言葉を振り回して相手を黙らせるフェミニストたちの凶悪さ、卑劣さを認識すると共に、「ミサンドリー」という善悪で断罪しても仕方のない感情の実質を分析することです。
     そこを分析し、計算した上で逆襲に出るのであればともかく、「ダンジョビョードーだから」と一本調子で糾弾しているだけで、解決される問題は何一つ、ない。
     本作では「弱者としての武器を自覚的に使う者」の凶悪さが余すことなく表現されていると同時に、「弱者に転がり落ちた強者が決して救済されないこと」もまた、十全に描破されました。
     そしてこまるちゃんは、そんな大人たちを叱責しました。怯えるのを止め、自分で戦うしかないのだと。
     ぼくたちはこまるちゃんの言葉に唱和して、「横暴な弱者」に毅然と立ち向かわなければならないのではないでしょうか。

  • KTBアニキを含め全てのフェミニストは、バッドフェミニストである

    2016-08-28 20:272

    e52977974a645c407d7e40747b64853aa22c62a9 

     夏休みまんがまつり 予告編
     マジンガーY対暗黒フェミ将軍

     夏休み、女災対策的随想がよい子の皆さんに贈る長編漫画映画『マジンガーY対暗黒フェミ将軍』。
     ドクターKTBを凌ぐフェミ王国の支配者、暗黒フェミ将軍率いる七つの軍団。
     その魔の手は全世界を震え上がらせた。
     ロンドン。
     パリ。
     ニューヨーク!!
     そしてモスクワ。
     世界の都市は壊滅的な打撃を受けた。
     残るはマジンガーYの守る東京だけだ。
     だが七つの軍団は強い。実に強い。
     女災理論で身を固めるマジンガーYも砕け、溶け、或いは裂ける。
     強い。実に強い!
     暗黒フェミ将軍率いるバドフェミ獣軍団。
     危うしマジンガーY、頑張れマジンガーY!!

     ――というわけで以前、当ブログでも著作を紹介した、KTBアニキが話題となっています……が、本稿はそれがテーマではありません(ちょっとだけ絡めるのでガマンして読んでください)。
     KTBアニキに関しては、まあ以前から疑いは持たれてはいたものの、要するに「JKの制服を性的に見る文化は許せぬ」と言っておきながら、かつては「JKの制服大好き」と語っていた、現行不一致だと責められているようです。もっともご当人がおっしゃる通り、「かつてはそうだったが正義に目覚めたのだ」とのストーリーには一貫性があり、それだけでアニキを責める気には、ぼくにはあまりなれません。
     またツイッター民が騒ぐ通り彼が「オフパコ」とやらのために「フェミニズム」を政治利用していたとして、それって「表現の自由クラスタ」とどこが違うのか、ぼくにはわかりません。彼らに唱和して投石する気になれないのは、そういう理由もあるからなのですが、それは置くとして、本題です。

     黒人フェミニスト、ロクサーヌ・ゲイ師匠による、「バッドフェミニスト」という概念を提唱した記事が話題になっています*1

     私の好きな色はピンクです。ファッションマガジンを読んでかわいい物を見るのも好きです。『The Bachelor』やロマンティック・コメディを観たり、おとぎ話が現実になるようなばかげた幻想も抱いています。


     他の全てのフェミニストのマニフェスト同様、「本人は革新的だと信じて疑わないが、新しさが微塵もない」聞き飽きた宣言です。
     ゲイ師匠はまた、ポルノ的なラップが大好きだともカムアウトしています。

     たとえその歌詞が女性を貶めるようなものでも、それが私の核心をつくのです。イン・ヤン・ツインズの名曲『Salt Shaker』はマジでヤバいです。

    「濡れたTシャツで動かせビッチ お前のアレが痛くなるまで振り続けろ」


    「フェミニズムの主流に反する、悪いフェミニズム」というのが彼女の自己規定ですが、「ピンク」や「ロマンチック・コメディ」などを楽しみつつ「男たちが押しつけたジェンダー規範はけしからぬ」というのは平仄にあいませんし(女性に「ピンクを着ろ」と強制する男性は稀なはずですが、ジェンダー論とはそこを「いや実は強制があるのだ」と強弁するために生まれた疑似科学でした)、ふざけたことに彼女はこのようにも言っています。

     男性的な仕事なんてまったくやりたくないと思っています。
           
     家事も含めてですが、虫を殺したり、ゴミを捨てたり、芝を刈ったり、車のメンテナンスをしたり。1つもやりたくありません



     汚れ仕事、危険な仕事、大変な仕事は男性がやらねばならないようです。それで、男女の収入格差については許すまじ、とでもおっしゃるおつもりでしょうか。指摘するのも面倒ですが、こんなの単なるいいとこ取りでしかありません。
     これに共感した日本のフェミニスト、七海師匠の発言が、togetterでもまとめられておりました*2

    正しいフェミニストには、「男に奢って欲しい」とか「結婚したら専業主婦になりたい」なんて、言っちゃいけないような空気があるっていうね。男は「専業主夫にしろ」「女が俺を養え」って言いたい放題なのにね。女はどうしても『良い子』を演じなきゃ同性からも受け入れられないんだなあっていう

    「専業主婦になると離婚した時困るから仕事は続けなきゃ駄目』とか『男に奢らせると付け上がるから割り勘にしなきゃ駄目』とか、そういう『正しい』ことしか言えない空気があるよねっていう


     身勝手もいい加減にしろという以外の感想が、湧きようがありませんね。
     そしてまたバッドフェミニズムは「白人上流、中流階級」以外の女性にも目を向けるのだそうです。
     いや……そもそも「白人上流、中流階級」以外にも目を向けようという動きは、フェミニズム内部でも大昔からあったはずです(ブラックフェミニズムなど)。ゲイ師匠は「セクシャルマイノリティにも目を向ける」と得意げに言っていますが、フェミがセクシャルマイノリティと癒着してからも、かなりの年月が経っているはずです。
     七海師匠の発言でもわかる通り、フェミニストは「客観的事実」を認識する能力において絶望的なまでの欠落を抱えているのですが、それにしても……としか言いようがありません。

    *1「私はピンクが好きな悪いフェミニスト」完璧さを求めがちなフェミニズム運動に対する、一人の女性からの提案
    *2 バッドフェミニストという概念が素晴らし過ぎた

     ゲイ師匠の発言を見ていくと、「フェミニストたちの評判が悪いこと」へのグチがだらだらだらだらと並べ立てられています。

     私が若い頃、10代や20代の頃は、フェミニストに関する変な考え方を持っていました。気難しくて、怒りっぽく、男嫌いで、セックスも嫌いな女性。それが悪い女性だと思っていたのです。

     多くの女性が、特に革新的で産業のリーダーである女性は、フェミニストというレッテルを貼られることを恐れています。彼女たちは立ち上がり、「そうです。私はフェミニストです」と言うことを恐れています。


     若い頃の彼女の考え方の方が正しいし、それこそがフェミニズムが受け容れられない理由のような気がするのですが……。
     こうしてみると、「バッドフェミニスト」には、フェミニストたちの軟化政策という側面がありそうです。イスラム教が豚肉食を許容するからウチヘ来て来て、と言ってるような。しかし、(豚肉食には宗教の根幹に触れるタブー性はないと多分、思うのですが)「バッドフェミニスト」はそもそもフェミニズムの根幹を否定してしまっている。
     そこに何ら疑問を感じていない辺りがもう、「お察し」という他ないのではないでしょうか。

     しかし七海師匠は、これにいたく感服なさっています。

     私はピンクが好きな悪いフェミニスト。堂々とこう名乗れる女性はロックでかっこいい

     ピンクが好きでも、王子様を夢見ても、少女漫画のドSイケメンが好きでもいいんだよ。そんなフェミニストがいてもいい、って力強く言えるような空気は日本にはないのでアメリカや韓国が羨ましいと思った


     どう考えても身勝手で幼稚な駄々を、「ロックでかっこいい」と信じきるのはフェミニスト共通の特徴ですが、七海師匠の中ではそれなりの「情緒的整合性」があるのでしょう。
     ぼくがいつも言及する、80年代後半から90年代前半にかけてのフェミバブル。その当時に出ていたフェミ雑誌『ニュー・フェミニズム・レビュー』のVol.3「ポルノグラフィー」特集号を読むと、そうそうたるフェミニストたちの「レイプポルノ大好き」というカムアウトが並んでいてクラクラ来ます。

    私はふだんバカな男をキューダンするようなことを言ってるくせに、残念ながらセックスに関しては定番どおりの「横暴な男にいじめられる女」というパターンが、けっこう好きです。
    「女をモノ扱い」するのもいいなー。
    「強姦ごっこ」も「リョージョク」されるのも「縛られる」のもいいなー。

    なぜなら私がレディース誌に典型的であるとしてとりあげようと思っていたパターン――たとえば男の強い眼光に射すくめられ、抗いながらも魅かれていく自分をどうすることもできない、とか、何らかの事情で抵抗できない状況に追いこまれて処女を奪われ、徐々に官能そのものの存在に作りかえられていく、とか、あるいは縛られて身動きできない状態で男に好きなようにいたぶられる、といったパターンそれ自体が、実は、私自身大好きなパターンでもあることに気がついてしまったのだから。


     前者は石坂啓師匠、後者は藤本由香里師匠の発言です。
     石坂師匠って男性向けポルノを(ご自分で仰せの通り)否定なさっていたんですけどね。
     藤本師匠は皆さんご存知であろう腐女子フェミニストであり、ポルノに比較的鷹揚なのですが、同時に著作ではドウォーキンの「すべてのセックスはレイプである」とのロジックを肯定的に引用してもいます*3
     しかし、これとて驚くには値しません。これらバブル期におけるフェミニストというのは、内田春菊的「女流エロ漫画家」と同じ位置にいたと思われるからなのです。
     彼女らはただ単に「エゴイズム丸出しな女が男を小馬鹿にする」以上に特に取り立てて何ら特徴のない愚作にエロをまぶしただけのものを連発しては、「性を赤裸々に語る作家」としてギョーカイ人から神のように崇め奉られていました
     他に例を挙げるならば、『男性受難時代』でもご紹介した(そして、当時馬に喰わせるほどに溢れていた)「女子大生座談会」や、やはり女流エロ漫画家の近似種と言える女流コラムニストの低クオリティなコラムなども同様と言えましょう。
     今ではすっかりなかったことになっていますが、バブル期は「男勝りで攻撃的で優秀で美貌の、そして男たちを挑発するエロい女たち」がこの日本に大量発生しているという「設定」になっており、女流エロ漫画家もフェミニストも同様な「薄さ」でギョーカイに受け容れられていたのです(今のオタ論壇の中枢にいるリベラル君たちが非現実的なフェミ崇拝をしている理由も、一つにはこの時のトラウマにあるかと思われます)。上野千鶴子師匠がまさにそのような売り出し方をして、吉本隆明に「娼婦だ」と言われていたことが思い出されますね。
     即ち、「バッドフェミニズム」はどう考えてもこの三十年、(少なくとも日本においては)主流であり続けていたのであり、彼女の言はそうした三十年をスルーすることでしか、成立し得ないものなのです。
     ゲイ師匠の発言は、ここ三十年の流れを無視した「自分が見えてない」ものではありますが、同時に「とうとう居直って、自分たちのエゴイズムを言語化した」という意味あいを持っていました。
     これからフェミニストたちはいよいよ居直り、いいとこ取りを図々しく要求していく、その皮切りが本件だったのでは、というのがぼくの感想です。

    *3 『快楽電流

     それともう一つ。
    「バッドフェミニスト」とは上にもあるように「ポルノを認めてくれるフェミニスト」です。いえ、恐らく実際には、身勝手極まる主観的判断で「自分に快いポルノ(具体的には責めがイケメンである)」以外は女性差別であるとの論法を持ち出すことは、今から想像できてしまいますが、「表現の自由クラスタ」が持ち上げる「リベラルフェミニスト」であるはずのピル師匠も「おっぱい募金」を否定なさっているのですから、同じことです。
     となると「表現の自由クラスタ」はバッドフェミニストを称揚しないことには、平仄にあいません。果たして彼らは、どのように反応していくのでしょう。これ幸いとバッドフェミニストに乗っかるのでしょうか(先のまとめを見る限り、否定的な人がいるので、そう決めつけるわけではありませんが)。
     となるといよいよ、KTBアニキを論難できる者は少なくなる。
     ゲイ師匠も、KTBアニキも表現の自由クラスタもピル師匠も、鳥越さんを支持したフェミニストたちも、みな同じく「バッドフェミニスト」です。
     自分のエゴとフェミニズムを論理矛盾も顧みずに「魔獣錬成」して「ぼくのかんがえたさいきょうのふぇみにすと」を生み出している、と言う点ではみな、同じなのですから。
     彼ら彼女らはみな、「バドフェミ正機説」の前に救済される。
     救済されないのは、「免フェミ符」を購入しなかった者だけ。
     そしてこれからもフェミは「手形売り屋さん」として、未来永劫栄えるのでした。
     めでたしめでたし。

  • お知らせ

    2016-08-17 22:102

     ネットマガジン『ASREAD』様でちょっと書かせていただきました。
    『シン・ゴジラ』は『ゴジラ対フェミニスト』である。
     タイトル通りの『シン・ゴジラ』論ですが、ちょっと取りこぼしたことをここに書いておくと、本作においてはまたしても兵頭新児の予言が当たってしまいました。
     本作制作途中、誰かが『日本の一番長い日』を持ち出していたのを見てぼくはむしろ「マットアロー1号発信命令」なのでは……と言っていたのですが、見事的中です。まあ、『ゴジラ』なんだからその辺を出せば当たるのは順当ではあるのですが。
     もう一つ、誰も言わないのだけれども、あれって他のネタ元をもう一つ出すと「決戦!怪獣対マット」だよな、と。
     後は「シミュレーションであるがため、石原さとみ以外は“キャラ”ではなかった」というのが上の記事におけるぼくの作品評なのですが、実はゴジラもその例外ではなく、「キャラ」足り得てなかった。
     だからこそいいとの評もあるようですが、ぼく個人としてはあのゴジラそのものはちょっとなあ……というのが感想でした(あの顎が割れるところとか)。
     更にもう一つ。タイトルから何とはなしにおわかりになるかと思いますが、ぼくの記事では巨対災の尾頭ヒロミについて「正直、無愛想で見ていてあまり好感を感じない」人物として、捉えられています。
     しかし公開から日数を経るにつれ、ネットでは無視できないほどに尾頭ヒロミ人気が膨れ上がって来ていることも、ご存知の方が多いかも知れません。
     正直これについては随分意外でありました(いえ、一般のドラマをよく見ていれば驚くほどのことではなかったのかも知れませんが)。
     が、そのことが先の記事の価値を損じるものではないようにも思えます。もし本作に石原さとみが出なかった(或いは石原さとみの役割を男性に置き換えられていた)としたら、作品としてはそれでも充分成り立つけれども、「でもさすがにそうはしなかった」理由を考えた時、それは理解できるのではないでしょうか。