• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.158 結城浩/再発見の発想法/春休みに息子と数学をする/仕事の心がけ/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.158 結城浩/再発見の発想法/春休みに息子と数学をする/仕事の心がけ/

2015-04-07 07:00
    Vol.158 結城浩/再発見の発想法/春休みに息子と数学をする/仕事の心がけ/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2015年4月7日 Vol.158

    はじめに

    おはようございます。 いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

     * * *

    すっかり春ですね!

    ときどき寒かったり、逆に暑かったりしますけれど、 確実に春がやって来ています。 そして、朝の眠気も……

    でも、せっかくの春ですから、 新たな気持ちで毎日を進めましょうね!

     * * *

    新刊の話。

    『数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて』は、 いよいよもうすぐ刊行です。 結城が書店さん向けにサイン本を作るのが2015年4月14日ですので、 これ以降、書店さんにサイン本が並んでいくでしょう。 来週の後半くらいには通常の配本も始まるはずです。

    ぜひ、応援してくださいね!

     ◆『数学ガールの秘密ノート/微分を追いかけて』
     http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797382317/hyuki-22/

    また、書店さんに並ぶサイン本とは別に、 結城が個人的に企画している《サイン本無料プレゼント》の企画もあります。 ぜひ、結城のツイートをチェックしてください!

     ◆結城浩 - Twitter.com
     https://twitter.com/hyuki/

     * * *

    文章の話。

    国語の問題で、

     「次の文章を読み、下線部の意味を答えよ」

    というものがよくあります。 ところで、その下線部の意味を多くの人が読み違えるとしたら、 そもそも、もとの文章の書き手が悪いのではないでしょうか。 そんなふうに思うことがあります。

    似た話題。 数学の「演算子の優先順位」の隙を付くような問題が、 ときおりネットで話題になります。 先日見かけたのは「6÷2(1+2)」の答えが何になるかというもの。 割り算を先にするか、(×が省略されている)掛け算を先にするかによって、 答えが分かれるというわけです。

    まあクイズはクイズとして、もしも答えが分かれるとしたら、 数式の書き方としてはまずいのではないでしょうかね。 なので、書き手としては、 誤解が生じないように書き直したほうがいいだけの話では? と思ってしまいます。

    プログラミングではそれが顕著になります。 プログラム中に a + b * c / d * e のように複雑な式を書いたとき、 その意味が不明確なら、明確になるように書き直した方がいいでしょう (コードを書き換えられない状況というのも存在しますが)。

    結城は書き手の側に立つことが多いので、 書き手に責任を負わせる傾向が強いです。 つまり、

     「誤読するのは書き手が悪い」

    という主張をすることが多いのです。

    だって、書き手は読み手ひとりひとりのそばにいって、

     「いや、実は、ここはこういう意味だったんだよ」

    と弁明をするわけにはいきませんよね。 文章は、書き手を離れて読まれるから意味があるのです。 書き手が文章にぴったり付き添っていなければならないとしたら、 文章の意義は半減してしまうでしょうね。

     * * *

    お知らせメールの話。

    あるWebサービスからリニューアルのお知らせメールが来ました。 まあそれは特にめずらしい話ではありません。

    あまり何も考えずにぱらぱら読んでいたのですけれど、 読んでいるうちに誤字脱字が多いことに気付きました。 それだけではなく、箇条書きの粒度がそろっていなかったり、 書いている内容(こんなところが新しくなりました)の文章も、 あまり校正されていないようです。

    しかも、Webサービスのリニューアルのお知らせメールなのに、 肝心のそのWebサービスのURLが書いていない(!)。

    せっかくのお知らせメールなのに、 これでは宣伝として逆効果じゃないかな、 と思いました。もったいないことですね。 お知らせメールを出すときには十分注意しようと思いました。

     * * *

    さて、それでは今週の結城メルマガを始めましょう。

    今回は「再発見の発想法」をPDFでお送りします。 ダウンロードしてお読みください。

    その他の記事として「春休みに息子に数学を教える」という経験の話。 また、「数学における暗記法について」思ったこと。 それから「仕事を通しての学び」についてつれづれに思ったこと。

    そんな内容をお送りします。

    お楽しみください!

    目次

    • はじめに
    • 再発見の発想法 - Diff(ディフ)
    • 春休みに息子に数学を教える - 教えるときの心がけ
    • 数学における暗記法について - 教えるときの心がけ
    • 仕事を通しての学び - 仕事の心がけ
    • おわりに
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。