• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Vol.207 結城浩/再発見の発想法 - DSL/作りながら考える「小さなWebサイト群」/知的納得を求める気持ち/
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Vol.207 結城浩/再発見の発想法 - DSL/作りながら考える「小さなWebサイト群」/知的納得を求める気持ち/

2016-03-15 07:00
    Vol.207 結城浩/再発見の発想法 - DSL/作りながら考える「小さなWebサイト群」/知的納得を求める気持ち/

    結城浩の「コミュニケーションの心がけ」2016年3月15日 Vol.207

    はじめに

    おはようございます。

    いつも結城メルマガをご愛読ありがとうございます。

     * * *

    新刊の話。

    『数学ガールの秘密ノート/場合の数』 の初校読み合わせは無事に済みました。 今週末に再校がやってくるまでの間は、 『数学ガール6』の方をできるだけ進める予定です。

     ◆『数学ガールの秘密ノート/場合の数』(結城浩)
     http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797387114/hyam-22/

    まだ公開はできませんが、 『数学ガールの秘密ノート/場合の数』の すてきなカバーイラストもできあがってきました。

    どうぞお楽しみに!

     * * *

    学校生活と幸福について。

    Twitterでときどき、 「数学的には正しいのに、テストでバツをつけられた」 という話題を見かける。掛け算の順序などの話。

    結城は学校生活で、 「テストの答案が正しいのにバツつけられた」 という経験はあまり記憶にない。 もしかしたら、とても幸運だったのかもしれない。

    逆の経験がある。 小学一年で「正しい気温の測り方」のテストがあった。 クラス全員が、温度計を直射日光に当てる方を選んだけれど、 私だけが「日陰にする」という正しい方を選んだ。 たぶん、何かの科学雑誌で読んだ知識があったのだと思う。 先生はわざわざ私をほめてくれた。 あれから四十数年過ぎた。 その誇らしい気持ちと「ちゃんとした知識は大事」という記憶、 それから「先生から正当に扱われた」という体験は忘れていない。

    いろいろ思い出してきたぞ。 講談社ブルーバックスや、科学雑誌で仕入れた知識を授業でひけらかしても、 教師から怒られた記憶が一回もないな。 中学校で先生に苦笑されたことはあったけど。 私の先生は、いつも私の勝手な言動をうまく扱ってくれたんだなあ。 ときには授業やりにくいこともあっただろうに。改めて感謝である。

    小学校や中学校のとき、 授業で先生がしてくれる話は、ファンタジーの世界のように楽しかった。 授業の時間は、先生の話から自分で自由に想像の翼を広げる時間だった。 小学校では五年生が、中学校では二年生が一番楽しかった。 数学と理科が好きだったっけ。

    私が描く「数学ガール」の世界は、 私が体験した学校生活を蒸留して描いているのかもしれないなあ。 理想の学び舎として。理想の知的対話として。

    小学校のときの先生が言ってたことを思い出す。 正確な言葉は覚えてないけど、 「君(結城)が何を言おうとしているか、 ときどき難しくてわからないけれど、なかなかいいよ!」 ってほめてくれた。 せせこましい世界に押し込めずに、 結城のことを適当に(適切に)放置してくださったんだな、と思う。 私はきっと、とても幸運な学校生活を送ったのだね。

    そういえば、 NHKの連ドラ「あさが来た」では女子の高等教育の話題が出てきている。 いい教育はきっと未来を作り、しっかりした国を作る。 いい国を作る、なんて書くと政治的にどうこうと思う人がいるかもしれないけど、 いい国を作りたいと思うのは大事だと思う。 国という枠が大きすぎるなら自分の周りだけでもいいけれど。 自分の周りを住みよくしたい。 みんなで、それぞれの力を合わせて住みよい社会を作りたいというのは、 大事な気持ちだ。

    そういう幸福な社会を作っていく上で、教育はとても重要である。 極端なことを言うと、文章を読めず、論理的に考えることができず、 自分の健康に良い食事を選べないとしたら、 個人として幸福に生きることは難しい。 そして幸福に生きることがむずかしい個人が集まっても、 幸福な社会にはならないだろう。 身の回りの説明文を読んで意味を理解する力は、 幸福に生きるために大切な力だ。

    教育は、幸福な社会に欠かせない基礎の一つなのである。

     * * *

    指示に従わない人の話。

    一般論である。

    世の中には「命じられたことはやらない」という人がいる。

    「こうしてください」という指示を口頭であれ文書であれ受け取ると、 そうしたくなくなるという人がいる。

    命じられたことだけをあえてやらなかったり、 言われた方法とは違うやり方をしようとしたり、 このくらいでと指示された量をわざと変える人がいる。

    相手に対する意地悪な気持ちや、 悪意を持ってそのような行動を取る人もいるが、 特に悪意がないのに何となくそうする人がいる。

    特にそういう人を批判しているわけではないし、 そもそも特定の誰かを思い浮かべているわけでもない。 天邪鬼だと揶揄したいわけでもない。 ただ、そのような人が存在することは確かだ。

    指示に従わない理由が何なのかは知らない。もしかしたら、 指示によって自分が「支配される」ことが嫌なのかもしれない。 つまり、あえて指示に逆らうことによって支配から逃れようとする試み。 指示に逆らうことができると確かめて、 自分の自由を確認したいのかもしれない。

    結城はどちらかといえば、 言われたことをその通りするタイプなので、 本当のところはよくわかっていないのだけれど。

     * * *

    子供との数学の話。

    日曜日の午後、家でごろごろしていたら、 高校生の子供が数学の問題を持ってきました。 問題を見ると、きっと解けるはずの問題。 そこで、子供に言いました。

     問題文を読んでください。
     グラフをちゃんと描いてください。
     グラフはコチャコチャと小さく描くのではなく、
     大きくしっかりと描きましょう。
     あとは、よく考えてください。

    しばらくしたら、彼はちゃんと問題を解いたようです。 よかったよかった。

    それからまたしばらくして、 子供が今度は数学の質問を持ってきました。 極限のようです。二人でいっしょに勉強することにしました。 いっしょに声を出して教科書を読み上げ、 私が何点か行間を補足して説明をしました。 適切な例を挙げようと思って、教科書の次のページを見たら、 まさにその適切な例が書かれていました。 数学の教科書ってすばらしいですね。

     * * *

    そんなところで、今週の結城メルマガを始めましょう。

    今週は「再発見の発想法」のコーナーでPDFをお送りします。 また、まだよくまとまっていないのですが、 結城が作る「小さなWebサイト群」の話。 そして「知的納得を求める気持ち」に応える、 教えるときの心がけ。

    そんな読み物をお届けします。

    どうぞ、ごゆっくりお読みくださいね。

    目次

    • はじめに
    • 再発見の発想法 - DSL
    • 作りながら考える「小さなWebサイト群」 - 仕事の心がけ
    • 知的納得を求める気持ち - 教えるときの心がけ
    • おわりに
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。