• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 語り処_2017.01.30

    2017-01-30 17:15
    324pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    語り処_2017.1.30目次
    1.ひとことオピニオン(今年は世界も日本も、大きく動く)
    2.季節の話題(岩手のブランド米に注目!)
    3.ご質問を受けて(共謀罪法案について


    1. ひとことオピニオン
    今年は世界も日本も、大きく動く

    新年おめでとうございます。
    昨年も皆さんに本当にお世話になりました。今年もよろしくお願い致します。

    さて、今年は内政も、そしてそれ以上に国際情勢が大きな変化を迎える年になると感じています。国内的には、アベノミクスという言葉がすっかり色あせたてしまいました。衆院本会議での施政方針演説で、安倍首相は「野党はただ批判に明け暮れるばかりだが、私は結果を出している」と胸を張りました。しかし、国内の景気は全く好転せず、国民の実質所得は下がっています。こんなおかしな結果を出しておきながら、そんなことにはお構いなし。何かに取り憑かれたように、自分を正当化する安倍首相の姿を見て、私は何

  • 語り処_2016.12.26

    2016-12-26 18:38
    324pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    語り処_2016.12.26目次
    1.ひとことオピニオン(国会で野党はもっと「真剣」に暴れるべきだ)
    2.季節の話題(自由な発想が囲碁の神髄)
    3.ご質問を受けて(最近の世界の動きについて


    1. ひとことオピニオン
    国会で野党はもっと「真剣」に暴れるべきだ

     第192回国会(臨時会)が、83日間の会期を終えて12月17日に閉会しました。今年1年間の政治状況を振り返ると、安倍内閣が傍若無人に何でも数の力で押し切ってしまった、という印象が強く残ります。一方で野党は、それに徹底的に抗戦することもせず、かといって賛成というわけでもなく、誠に中途半端な対応に終始した1年だったように思います。

     TPP(環太平洋経済連携協定)承認・関連法や、いわゆる年金カット法、カジノ解禁法にしても、本当に反対するなら、委員会の段階で徹底的にやらなければ意味がありません。野党は議会で少数派なのですから、多少荒っぽいことを

  • 語り処_2016.11.21

    2016-11-21 14:40
    324pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    語り処_2016.11.21目次
    1.ひとことオピニオン(トランプ現象”を考える)
    2.季節の話題(まだ養子に行っていないおしどりたち)
    3.ご質問を受けて(自由党の理念や今後の方針について


    1. ひとことオピニオン
    ”トランプ現象”を考える

    大方の予想に反して、アメリカ第45代大統領は共和党のドナルド・トランプ氏に決まりました。既存のエスタブリッシュメントや高学歴の人たちは、そのほとんどが民主党のヒラリー・クリントン氏支持だと日本では伝えられてきました。また、日本の中央省庁や財界からも、トランプ氏は泡沫候補で、クリントン氏が圧勝するという声が聞こえ、マスコミもそう喧伝してきました。しかし結果を見ると、それは自分たちの周辺の情報だけを伝えたか、あるいは願望を込めた判断であり、米国社会の実態や現実の米国民の声を正確につかんだものではなかったということわがかりました。

     当初、トランプ氏は職を失っ